« 出前紅茶のおしらせいくつか | トップページ | 朝日新聞石川版で、13条のうた「ほかの誰とも」のこと。 »

2014年1月31日 (金)

脱原発をいえなかった教授

脱原発の意見をNHKラジオで言おうとしたら、選挙中だからという理由でその番組に出れなくなった大学教授の話が、今日の北陸中日に出ていた。脱原発に、NHKが早くも圧力?新会長の影響?

東洋大学の中北教授は外務省を経て研究者となり、第一次安倍政権で「アジア・ゲートウェイ戦略会議」の座長代理を務めた人。
NHKでは「ビジネス展望」だけでなく、二〇一二年三月二十一日の「視点・論点」(総合テレビ)で「電力料金 引き上げの前に改革を」と論じたこともある。

 中北教授は「特定の立場に立っていない内容だ。NHKの対応が誠実でなく、問題意識が感じられない」として、約二十年間出演してきた「ビジネス展望」をこの日から降板することを明らかにした。

            *******

NHKの新会長は今日の国会の予算委員会で質疑をうける。
私たちの受信料で成り立っているNHK。もの申す権利を一人一人が持っている。

|

« 出前紅茶のおしらせいくつか | トップページ | 朝日新聞石川版で、13条のうた「ほかの誰とも」のこと。 »