« おかえり | トップページ | 2月1日のこと、その1。ウクライナにいった中日の記者さんのお話。 »

2014年1月24日 (金)

53本のスイトピー

いつもは雪のこの季節。ことしはおだやかな一日。
町の花屋さんは毎年1月にたくさんスイトピーを注文する私をもうおぼえてくれている。

母の53回目の、いのちの日。

140124__2

今年は娘がとくに、この母、文ばあちゃんのことを想ってくれたようだ。

dear family weddingを準備する中で、娘が古いアルバムの中の母と何度も再会したこと、
wedding bookの中に、母を登場させてくれたこと(同じように、父のことも姉のことも)、
母が、昭和17年の結婚式の日に着た花嫁衣装の打ち掛けを、娘が記念写真を撮る日に着たこと、
などなどで、これまでは遠かった文ばあちゃんとの距離がぐっと近くなったらしい。

53年もたって、孫からそんなふうに想ってもらえる母もきっとどんなにうれしかろ。

あなたの白い打ち掛けは、姉が、真っ赤に染め直して娘の成人式のために用意してくれて、それを大学の卒業式にも着て、そして今回も。

あなたの花嫁衣装を着た孫娘、心からしあわせな笑顔でしたよ。

|

« おかえり | トップページ | 2月1日のこと、その1。ウクライナにいった中日の記者さんのお話。 »