« 一年の最後の日に。 | トップページ | 憲法9条にノーベル平和賞を »

2014年1月 2日 (木)

こころに栄養。

春に咲くはずの花。
玄関先の植木鉢の中で、寒そうにつぼみを抱いた茎が伸びてて、うちにいれてあげたら、こんなふうに花になった。
131211_

大晦日に、ご挨拶メールを送った友人から、

「なんだか非常に危険な方向に向かう昨今。
でも、陰極まって陽に転ず、を信じ、
自らに沈黙を許さず、
アウトプットしてゆくつもりです。」と。

同感。

北海道の友人からは、
通信を出し続けることが、秘密法や原発に反対する「自分運動」だと。
私も私の「すううんどう」を続けて行こう。いのみらや紅茶のブログで。

別の友人からは、「穏やかな一年であってほしいと願うばかりです」と。

もちろん私もそう願ってるけど、願って黙って待ってるだけではそうならないと思うので、声を出そうよ、と返信。

今年も、うれしい、楽しい、幸せな時間をたくさん持ちたいから、これからもそうしたいから、そのために、うれしいことばかりじゃない自分のできること、をしよう。
こころエネルギーが枯れないように、好きなひとたちにいっぱい逢おう、こころに栄養をたやさないようにしよう。

って、思っています。
そういう私を、今年もどうかよろしくお願いします。


|

« 一年の最後の日に。 | トップページ | 憲法9条にノーベル平和賞を »