« 鎌ちゃんトークとカノンだより上映会報告 | トップページ | 1日は、むぎわらぼうし+2日は、「100人の声・命を読む」 »

2014年2月28日 (金)

覚悟が要るんです、と阪田さん+「茶色の朝」朗読会

集団的自衛権の行使をめぐって、国会でのやり取りが続いている。

「国の最高責任者は私です」
つまり、自分の判断で憲法解釈を変えることができる、といったアベさん。

その発言に、さすが自民党内部からも、それは立憲主義に反する、と声があがった。
ならば、閣議決定で憲法解釈を、といいかえたけど、それだって、国会も憲法もないがしろにしてること。
時の政府の解釈改憲で、憲法の中味をころころ変えられてはたまらない。

9条変えたい、でもむずかしい→なら、96条変えよう、それもむずかしそうだ→なら、私が決めるぞ、あ、これもだめか→なら、閣議決定ってことでなんとか。

と、ここまでもうさしせまってる憲法の危機。

                  *******

法の番人、といわれる内閣法制局。これまでずっと、集団的自衛権は行使できない、という判断をしてきたところ。
その長官をしていた坂田さんをまねいての勉強会の様子を、IWJがレポート。そこから一部抜粋します。

                **********

安倍政権の暴走に懸念を抱く超党派の国会議員らが、元内閣法制局長官・阪田雅裕氏を講師に招いて、「第一回 集団的自衛権を考える超党派の議員と市民の勉強会」を開催した。

阪田さんいわく
  ↓

私が何よりも言いたいのは、これは、『国の形が大きく変わる』ということです。いい悪いは別として、自衛隊が海外で戦争するとすれば、イラク戦争のときのように、自衛隊員に戦死者が出ないという保証はまったくありません。自衛隊の銃砲で外国の将兵を傷つけることも起こりうる。国民全体として大きな覚悟がいる話だと思います。

 ですから、覚悟の程を示してもらうことも重要でしょう。憲法の改正は幸いにして国民投票が必要です。でも政府が解釈でやるのであれば、国民の出番もありません。これでは覚悟の示しようもありません。

 解釈改憲による『集団的自衛権』の行使の本質は、最悪の場合、国民が戦うということです。そんな重要なことを、一内閣が解釈を変更するだけで決定できるのであれば、法治国家の根幹に関わる問題です。改憲賛成、反対という立場を超え、立憲主義、法治国家を護るという観点から声を上げていただきたいと思います」

                *******

きのう2月27日のテレ朝モーニングバードで、同じテーマで、阪田さんがインタビューに答えていた。
集団的自衛権を解釈改憲するということは、憲法の歯止めを無力にしてしまいかねないこと、として、

「日本が、外国同士の戦争に加わることができる、ふつうの軍隊になるんです。
アメリカ並み、中国並みの軍備で、ベトナムにもイラクにも出て行ける」

「国民にも覚悟が要るんだよ。自衛隊からも犠牲者が出る、日本の軍が、他国の人を殺すこともある。こんなはずじゃなかったと言われても困る」

「アベさんは、国はこうあるべき、という観念的国家像を持っているのだろう。自前の軍隊を持つべきだ、という国家像を。集団的自衛権を行使できない国のありようがいやなのだろう」

                ****

同じ番組で、もと防衛官僚の柳沢さん(秘密保護法にも反対している)も、こう発言してる。

「憲法は政府に枠をはめるためにあるのだから、首相が決めるというのでは国民主権と言えない」

「アベさんは、したい、ってことなんだろう。自分の代で憲法解釈の見直しをやった、ということに意味をみいだしたいんだろう。理念的、観念的なことが、そうしたい大事な動機なのだろう」

                 *****

そんなあ、、、そんな理由で解釈改憲されちゃたまらないよ!

日本が戦争のできる国になっていくことの、覚悟は、あなたに、ありますか。

平和、と言うのも、戦争反対、と言うのも、ある意味、今はたやすい。
戦争のできる国になるのに、反対、も、今なら言えるはず。
このままみんな黙ってるとね、この国は「茶色の朝」になってしまうと、私は思う。

      *****

3月15日、その朗読会あります。先日、鎌仲さん講演会を主催した、ピースウォーク金沢2014の主催です。
          ↓

ピースウォーク金沢2014presents!
朗読&LIVE 『茶色の朝』
 https://www.facebook.com/events/1425197627720059/

歩きつづけよう 
考えることをやめないで

朗読&LIVE 『茶色の朝』

ひそかに話題の問題作『茶色の朝』を、陽気なレゲエとともに。ちいさなカフェでのプライベート感覚ライブをお楽しみください。

朗読:奈良井伸子&熊澤真弓
ライブ演奏:マリ&フレンズ
フランク・パヴロフ作『茶色の朝』(藤本一勇訳、大月書店刊)
ライブチャージ(投げ銭)&ワンドリンク注文ヨロシク!

① 2014年3月15日(土)19:30~(予約優先)
会場:ワンワンオッタ  
(金沢市池田町三番丁29-3 TEL: 076-255-3021 )    

② 2014年3月15日(土)21:30~(予約優先)
会場:満月喫茶フルムーンカフェ 
(金沢市金沢市片町2丁目4?2)

主催:ピースウォーク金沢2014実行委員会

申し込み:イベントページの申し込みスレッド①もしくは②へ、人数を明記して申し込んでください。

 ☆・・・☆・・・☆・・・☆そして3月21日のピースウォークのお知らせもあわせて。

  「歩きつづけよう 考えることをやめないで」
        ピースウォーク金沢 2014

       ☆・・・☆・・・☆・・・☆120603_

  ありがとう!「中央公園」
       (平成26年 名称変更予定)

2014年3月21日(金・春分の日)
13:30 中央公園(金沢市広坂)集合 集会
14:30 ピースウォーク スタート!

ことしは、タテマチ広場で解散予定♪
ピースウォークに参加したら、いいことがあるかも!?
こうご期待☆

https://www.facebook.com/pwkkanazawa2014

|

« 鎌ちゃんトークとカノンだより上映会報告 | トップページ | 1日は、むぎわらぼうし+2日は、「100人の声・命を読む」 »