« まどさん | トップページ | ピースウォーク金沢2014 最新情報 »

2014年3月 3日 (月)

ドイツの放送局のつくった「福島の嘘」その2

ドイツZDF(公共第2TV放送)が2月26日に放映したドキュメント番組「福島の嘘」その2。
(日本語字幕つき・29分)がここで見られる、と友人が教えてくれた。
この放送局は、前にも「福島の嘘」という番組をつくっている。

http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-1624.html
(日本語字幕のほか、文字起こしもつき。ただし、一部の登場人物に、著作権の関係でぼかしがはいってます)

見ていて、悔しくて情けなくて悲しくて、恥ずかしくて、、。

つくっているのは、公共放送!
こんな番組、今の日本ではぜったいつくれないだろう。
ぜひ、ぜひ、みて、まわりの方に知らせてください。
伝えなければ、何もなかったことにされるのだから。

**********

双葉町長、
小出裕章さん、
馬淵さん、菅もと首相、
新潟県知事の泉田さん、
福島で牛を飼っている人、
除染作業につくホームレスの人、
阿武隈川の放射能汚染を調べ続ける人、

汚染水は今も毎日、漏れ続け、海へ流れている。
環境に放出された放射能は、チェルノブイリと同じ量だろう、しかも現在も進行中です、と小出さん。

阿武隈川流域一帯は高濃度のセシウムに汚染されているが、事故前の基準値100ベクレル・kgを、事故後は8000ベクレル/kgにあらためたので、すべて基準値以下とされる。

オリンピック招致で、状況はコントロールされている、と首相が宣言した後の10月、行政からの指示で、調査結果をマスコミに発表することが禁止された、と、放射能汚染の専門家。

40年牛を飼って来て、こんなことは未だなかった、と、牛にあらわれる白斑を見せる牧場主。国から専門家が来てしらべた後、殺処分命令が出たが、彼は、牛を殺さない。
「牛が生きていると困るから、証拠が残るから、殺せというのだろう」と。

双葉町長は、ご自身もヒバクされて、からだの不調もはっきりとあるが、それはヒバクのせいとはみなされない。

町長は、「日本政府は非人間的だ。私たちはバカにされているのです」と。

********

在ベルリンジャーナリスト・梶村太一郎さんのこの番組に関する記事は
こちら↓です。
http://tkajimura.blogspot.jp/2014/02/zdf.html

|

« まどさん | トップページ | ピースウォーク金沢2014 最新情報 »