« 川越紅茶で、はったんのおはなし | トップページ | 「ほめ言葉のシャワー」のあるところ・和びさびさん »

2014年3月16日 (日)

3月の東京

はったんのお話@川越紅茶のあとは、クッキングハウスでマッシー先生のサイコドラマに参加。

この日は少人数だったこともあり、参加してる一人一人にとってのともだちをテーマに、サイコドラマをした。

ともだち、なかま、しりあい。微妙にちがう。

この日の私のこころに浮かんだともだちは、逢いに行きたい、大好きなあのひとのこと。

その彼女との再会の場面をドラマにしたのだけど、ほんとうにじかにあってるような、そのひとを大好きなきもちがその場でわきあがってきて、自分でも不思議だったなあ。

それぞれの人の、高校時代や、学生時代の、友だちとの楽しかった場面。悩んだ時に逢いにいった人との場面、病気の時に駆けつけてくれた人との場面。

マッシー先生とのサイコドラマは、帰り道、いつもあたたかなきもちに包まれる。

                  *****

140314_ 翌日は、練馬の冷えとりと雑貨のお店の、キャンディケイトさんに逢いに行く。
4月18日のクッキングハウスへの出前お話会の翌日、キャンディさんとこに出前に行くので、そのうちあわせもかねて。

キャンディさんと出逢ったのは6年ほどまえだろうか。
自分にできることはなんだろう、と考えながら、真剣に、謙虚に、生きてるひと。
不思議なひととの出逢いがいっぱい起きる、不思議な場所、キャンディさん。

冷えのこと、ホメオパシーのこと、経血をとめる方法のこと、などなど、関心あるひとはどうぞキャンディさんにお問い合わせください。

西武池袋線の富士見台駅から、駅前商店街を抜けてすぐのお店です。

キャンディさんのワークショップ情報はこちら

http://www.candykate.com/hpgen/HPB/entries/2.html


|

« 川越紅茶で、はったんのおはなし | トップページ | 「ほめ言葉のシャワー」のあるところ・和びさびさん »