« 愛の抱き合い 今朝の中日新聞  | トップページ | 4月の出前紅茶 »

2014年4月 4日 (金)

13日、認知症カフェ@紅茶の時間

Photo 4月のとくべつ紅茶は、福井ですてきな在宅医療の支援をしてるオレンジホームケアクリニックと「みんなの保健室」のスタッフさんやご家族の方に来てもらって、出前認知症カフェ・トマリギ。

4月13日(日)1:30open  2:00〜5:00 
@水野宅「紅茶の時間」 参加費800円
お申し込みは水野まで tel:076−288−6092

「認知症カフェ」って、認知症の方やそのご家族が気軽にたちよって、病気についてや、家族の困りごとなど、なんでも相談したり、語り合ったり、くつろいだりできる場所。今、日本でもじょじょにそんな場所がふえてきてます。

福井でそういう活動してるオレンジさんとみんなの保健室さんにきてもらって、わが家でそれをしよう!とトマリギさんとも共同で企画しました。

けれどもいかんせん、「認知症カフェ」の「認知」度が、日本ではまだまだ低いためか、お申し込み希望がいまのところ、ちと心もとなく。
福井から、スタッフと参加したいひと、計10名がみえるというけど、それより紅茶の参加者がすくなかったらどうしよう(笑!)。
こんなすてきなちらしも、つくってくださったのです(プリントアウトしたけど画像が鮮明でなくすみません)140401_

というわけで、再度のご案内を。

認知症セミナーを、トマリギ店長さん(本職は看護士さん、でも当日はカフェのかっこいい店長)にしてもらって、ご家族からのお話も。そして後半はきもちキャッチボールタイムで、質問や感想などなど。

なにより、若くてきもちのいいスタッフがいっぱいいるオレンジホームケアクリニックのこと、「みんなの保健室」の「認知症カフェ」のとりくみなど、あわせて知っていただけたら、って思ってます。

駅前商店街にある「みんなの保健室」は去年の夏にオープンしたのですが、その前に、スタッフさんが紅茶に見学にもみえましたし。紅茶と「保健室」はおそらく、どこかでつながっている気がします。

*********

これから先の日本は、二人に一人が認知症、という予想もあるそうです。
なので、たぶん誰にでも関係ありそうなお話。何もわかってないうちに深刻な状況になるよりも、今のうちに聴いておいたらいいお話も、きっと出ると思うな。

何より、こんなささやかな場を通して、認知症について知る機会になれば。そして、認知症カフェ、って言葉自体、もっと身近になればいいなと思ってるのです。

それにこの日にいらっしゃると、紅茶の時間でいま展示中の、小林憲明さんのダキシメルオモイの絵も、あわせてごらんいただけますよ。


|

« 愛の抱き合い 今朝の中日新聞  | トップページ | 4月の出前紅茶 »