« 4月7日 NHK経営委員会に2万6千896筆提出 | トップページ | 出前のつづき »

2014年4月12日 (土)

9条がノーベル賞にノミネート

金曜の夜、佐藤せいじさんのセルフストーリイオペラ with  AKIRAさん、を聴きに羽咋へ。

20数年前、事故で大やけどを負ったせいじさんが、ご自分の、これまで生きてきたものがたりを語り、AKIRAさんが、語りと語りの間に歌う。
「勇者の石」「パズル」「ありがとう]、、、。

このライブの主催者が、先週の紅茶ではじめて逢ったばかりの船長さん(小林さんの見えた日に、甘エビとバイ貝を山ほどもってみえた、あの船長さん)
というのが、またなんとも不思議でしょ!?

*******

もどってくるなり、報道ステーションから耳にとびこんできたすんごいニュース。
憲法9条が、今年のノーベル平和賞にノミネート!

戦後68年間、憲法9条を守って来た「日本国民」が、その対象となる。

9条にノーベル賞を、は、もともと神奈川県に住む高鷲さんという一人のお母さんが思いついたこと。

戦争は、決してしてはいけない。
憲法9条を大切にしなければ。
でもいったいどうすれば大切にできるだろう。
そうやって考えて、こんなアイディアを思いつくって、なんてすてき!

賛同します!という24000人の賛同署名を添えて、提出されたとのこと。
(私も、24000分の1)

ノミネートされたということ自体、世界が9条を知っている、というしるしなんだと思う。

*******

9条にノーベル賞を、の運動のこと、1月3日付けの紅茶なきもちに、もっとくわしく。さかのぼってご覧くださいね。140409__3

   ↓
神奈川の鷹巣さんという人が、最初はひとりではじめた運動。
ノーベル平和賞を欧州連合がおととし受賞したことにヒントを得たとのこと。
でも、平和賞は個人や団体に与えられるもので、憲法のように抽象的なものは候補になれない、という返事をノルウェーのノーベル委員会からもらった。ならば、「戦後70年近くも日本に戦争をさせなかった9条を保持している日本国民、という枠組みで申し込もう」と。

********

13条のうたのCDに添えた読みものの中に、これまで9条を変えさせなかったのは、9条の大事さを知って、決して変えてはならないと思って行動した人々のちから、people power、と書いたけど、まさにそのとおり、と思います。

|

« 4月7日 NHK経営委員会に2万6千896筆提出 | トップページ | 出前のつづき »