« 6月のおしらせ 京都と、津幡で | トップページ | 解釈変更で、憲法の中味をかえてはいけません »

2014年5月27日 (火)

14年目の川越紅茶

140527_ 写真は、今年はじめて今日咲いた、ニコチアナの花。

10周年の時から毎年、誕生月6月の川越紅茶は、いつものジュンコさんちから場所を移して、遠くのひと、近くのひとたちが、その年どしの会場で一堂につどい、出逢いと再会をし、ともに創る時間をわけあっています。

ことしは、6月28日(土)
テーマは、「“大切”をみつめて」

10:00〜4:00 @川越西文化会館 和室
参加費800円 要予約 
持ち物などはお申し込みの際、ジュンコさんからきいてね。
tel: 049−232−6357 金子さんまで。

午前中は、私と娘が語る「大切が いったりきたり」を中心に。
お昼は、一品もちよりサンドイッチバイキングのランチタイム
午後は、みんなで創るキモチのもちより「大切」タイム ワークショップ+α

もちろん、13条のうたも聴いてもらいますね。
このうたを通して、何かを/誰かを/あなたを/わたしを、大切にする、ってどういうことだろう?と、みんなで考えあい、語りあえたらいいな、と思っています。

いつもの出前よりも、川越紅茶は長丁場。
それでも毎年、あっという間に時間がたちます。
聴いて、しゃべって、出逢って、笑って、おいしくたべて、わけあって、という時間です。
もちろん、お時間ない方は居られる時間だけでも。

同じ会場で、ひととモノの交流の場、恒例の紅茶shoppe(この綴りには、ふうがわりなお店、という意味もあり)もひらかれます。

私も、紅茶ブランド!の商品、というか、小品(笑)をだすつもり、お楽しみに。


|

« 6月のおしらせ 京都と、津幡で | トップページ | 解釈変更で、憲法の中味をかえてはいけません »