« あたらしい座布団カバー | トップページ | 紅茶じるしのおにぎりコースター »

2014年6月12日 (木)

怒りよ、麦になれ

140606_ 写真は、ちょうど今咲いている、八重のどくだみ。

名古屋のバンドエイドが、がま口塾のブログで、「怒りよ、麦になれ」と書いています。

テレビの国会ニュース見て、怒ったり呆れたりしても、その声は届かない。

麦には、いろんな意味がきっとこめられてる。
一粒の麦、地におちなば、、、の意味もあれば、
はだしのゲンの麦、という意味もあるかもしれない。

とにかく種を蒔かなきゃ、ね。
私がどこかにお話の出前に行くときも、話のどこかにいつもひっそりと、麦の種を蒔いているよ。

今日もひとつ、FBに種まき。

********

今国会中に閣議決定、という安倍さん。あと10日もないかもしれない、集団的自衛権(たえいけん)の容認。

公明党が鍵をにぎるのなら、そこにきもち伝えなくちゃ、と公明党のFBにコメントかきました。

みなさんもいかがですか。

*******

山口さんの発言、行動をずっと注視しています。
学会の方達だけでなく、今、日本の多くの人がそう感じてらっしゃると思います。

安倍首相の、集団的自衛権行使容認への(それだけじゃないですが)あまりの暴走、どうかこびっと止めてください、もの申してください。

安倍さんは、「時間をかけずに」今国会中に閣議決定、といっていますが、憲法の本質とこの国のかたちに大きく関わる、つまり私たちのいのちや安全にかかわる、こんな大事なことを急いでしゃにむに通そうとする、その姿勢そのものが、憲法をないがしろにしていることです。
安倍さんは、憲法99条で定められた、憲法を守らねばならない側の一人であるにもかかわらず。

集団的自衛権が認められれば、自衛隊の方が今後は、海外で人を殺し、殺される可能性も出てくる。そのことに気づいた多くの人が声をあげだすと、安倍さんはその危惧を打ち消すように、「海外派兵はしません、戦争にまきこまれることはありません」と言い出しましたが、とてもその言葉を信じることはできません。

閣議決定する文章の中に、何が何でも「しゅうだんてきじえいけん」の文言をいれることにここまで執着することこそ、先の約束を裏切る何よりの証拠。まさに、アリの一穴です。
その文言さえいれておけば、あとからなんとでもその幅をひろげていけるのですから。

山口代表、平和の党の党首として、どうか安倍さんの暴走をくいとめてください。何としても集団的自衛権を容認しないでください。

|

« あたらしい座布団カバー | トップページ | 紅茶じるしのおにぎりコースター »