« 栴檀のとき。マガのとき。 | トップページ | 夏支度 »

2014年6月 2日 (月)

小森陽一さんのお話+12月のこと

Photo_2 9条平和小杉の会主催の、小森陽一さん講演会に行ってきました。

小森さんは東大院の文学部教授で、9条の会事務局長さん。
安倍さんのしてきたこと&してることを、ノンストップで密度濃く、それでいておいてけぼりをつくらない、安心感ある語り方。
9条を巡る歴史的議論の、ジグソーパズルがぴたりとあった!という感じのお話でした。

終わってからの交流会にもまぜてもらい、偶然隣り合わせた黒部からきた方と、二人声をあわせて、お話に来てください!とお願いして、12月6日にいらしていただくことが、即、決定。
(なぜ12月かというと、年内の土曜か日曜で、小森さんのあいてる日がほぼその日くらいしかなかったからです。このところ毎週、全国各地で、今回のようなお話されてる由)

というわけで、突然ですが、12月6日午前に金沢で、午後に黒部で、小森さん講演会。

今の、集団的自衛権(たえいけん、日本が戦争する国になるかどうかの瀬戸際)問題が、その時どうなっているかはわからない。それでも、その時にできることをせいいっぱいしようと思う。どうか、カレンダーにこの日をマークしておいてくださいませませ!

           ***

交流会は、小杉の会のスタッフが用意してくれた手作りのサンドイッチや柿の葉ずしをつまみながら、20人近くで小森さんを囲んで一時間余り。

持って行ったいしかわ9条ネットの大判リーフレットは、小森さんにはもちろん、小杉の会の方たちにもお配りした。
小森さんにお渡ししたら、「ああ、これが噂の」と言ってらしたよ。全国的にも、有名なリーフレットなのだ!

140602_

この会の現代表の土井さんは、小杉町のもと町長さん。子どもの権利条例にもとても理解を示してくださった方。13条のうたのCDが12月に中日新聞で紹介された時、すぐに申し
こんでくださった方で、この日、はじめてお会いできました。

              ****

交流会で、ある人が、「それにしても、文学部の先生がどうしてこういう活動されるようになったんですか」と小森さんに質問した。

その答えがすばらしかった。9条の会が発足する前のあるできごとに対して、小森さんは、本当に一人一人の地域のひとたちに、誠実に語りかけたんだ。
小森お父さん、すごい!と思った。

一人ひとりへの声かけ、働きかけ、が実は大きなちからを持つこと。
草の根の市民のちからが、けっして無力じゃないこと。いっぱい感じる講演会でした。

12月の、小森さんのお話を聴く会に、どうか、あなたのちからも貸してくださいね。

|

« 栴檀のとき。マガのとき。 | トップページ | 夏支度 »