« 7月20日 ちょっとでてみよっさコンサート | トップページ | ドラマ・リーディング「空の村号」 »

2014年7月10日 (木)

こころのふるさと@9日の紅茶の時間

昨日、9日の紅茶には、6月の京都あゆみ助産院での出前紅茶に参加してた、その名もふるさとさん、というひとが宇治から。

先週につづいて、今週もなぜかはやってる紅茶となり、遠くからのひとやはじめて来たひともいたので、それぞれひとことづつ。
即席ワークショップのテーマは、「あなたのこころのふるさとについて話してください」。

おじいちゃんおばあちゃんの田舎、というひとあり、
父母亡き後、きょうだいたちだけで暮らした、幼ないころのあの日々、というひとあり、
お兄ちゃんたちと遊んだ、木の上や塀の上や、、というひとあり。
「お産です!」というひとあり。
(注*お産するたびにバージョンアップした自分にあたらしくうまれかわる、みたいな感覚で、それが原点のように思えるから、とのこと)

ちなみにまあさんのは、「海」。
私のは、「私の中にずっと住んでくれてる、亡き父や母や兄や、あね」。

ひと言ずつまわしながら、7月1日以来の、もやもや/ぐちゃぐちゃ/めらめら、、、の、まだうまく言葉にならないきもちや不安を語るひとも、いた。

そうだよ、3.11の後みたいに、混乱しても、どうしていいかわからなくても、思ってることを言葉にして言っとくことが、とっても大事。
今のきもちを忘れないためにも、自分のできることを見つけるためにも。

私は、あらためて、7月7日の日にブログにかいた「個人的なしあわせ」のきもちのこと、みんなの前で語ったよ。

              Photo_3

この日は、小松からさわこさんも来てくれて、あと10日後にせまった、「ちょっとでてみよっさコンサート」の、こかるんるんのコカリナの練習をすこし。

バスガイドさんの木下さんも、30年前に作詞した「能登巡り」の歌(その曲に、ほっとらいんのタクさんがギターで伴奏をつけてくれてる)を、リハーサルかねてみんなの前で歌う。

20日のコンサート、ほんとに手作りであったかいコンサートです。2:00〜小松の第一小学校横の第1コミュニティセンターにて。入場無料です、どなたでもおいでくださいな。

私もここんとこ、その日に歌う♪For the first time in my lifeの、自主練習中です。



|

« 7月20日 ちょっとでてみよっさコンサート | トップページ | ドラマ・リーディング「空の村号」 »