« この国が大きく変わった日。 | トップページ | 閣議決定は、憲法を越えない »

2014年7月 2日 (水)

考えることをやめない 岡崎さんと村上さんの言葉から

7月1日の報道ステーションに出演してた安保法制懇の岡崎さん。

安倍さんがまだまだ隠しておきたいことを、この人は、ばんばんいってる。
「これで世界中を、アメリカと一緒になってパトロールできる」と実にうれしそうに。

それがまさに、安倍さんの本音でしょう。  

街の人のインタビューをみていて、賛成、というひとは、安倍さんの言ってることをそのままうけとって、だから賛成、といってるように思える。
だって、理由のせりふがそっくりだもの。
オリンピックを招致する時の安倍さんの大嘘を、この人たちはそのまま信じれたのだろうか。

人のいうことをそのままうのみにして、思考停止になってはいけないね。
だまされるものの責任を感じなくてはいけないね。

わからない、むずかしすぎる、という声もたくさん。

憲法をかえます、といえばわかりやすいけど、かいしゃくかいけん、とか、しゅうだんてき、とか、きいただけで自分と関係ない、って思っちゃう人も多いのだろう。
そここそが、たくみな落とし穴なんだけど。

そもそも、個別的と集団的、のちがいもごっちゃになってる人が多い気がするよ。

******

村上誠一郎さん!!ただ一人、自民党の中ではっきり反対された方です。
12月の特定秘密保護法の時もきちんと反対されてた方です。

こういう考えをきちんと言える人が、自民党には、このひとしかいないの?

長いけど、ぜひよんでくださいませ。
とても詳しく、今回の流れについてもお話してくださってます。

集団的自衛権に自民党で一人反対、村上誠一郎議員が会見。

6月28日、自民党の村上誠一郎議員が外国特派員協会で会見を行った。村上氏は、集団的自衛権の行使容認に向け公明党との協議を続ける自民党内にあって、一人、異議を唱え続けている...続きを含めて、ここにくわしく。

  ↓

http://blogos.com/article/89500/

|

« この国が大きく変わった日。 | トップページ | 閣議決定は、憲法を越えない »