« お盆の日の紅茶――ムロママ、来たる | トップページ | ちくちくちく、、のやさしいちから »

2014年8月14日 (木)

園長さんの平和の伝言+私の12条宣言

津幡図書館の「詩を楽しむ」の読書会にでかけるまぎわに、ポストにぽとん。

待ちに待ってた、稲城のひらお保育園の園長先生から、「園長の伝言」の小冊子、できたて増刷分の30部がちょうど届いたのです。

140814_ 7月1日の閣議決定を受けて、
「寝ていては いけないのだと思う
 黙っていては いけないのだと思う
 あきらめては いけないのだと思う」
とはじまる園長さんの、心からの平和への伝言。

園長さんが、この伝言を書かずにおれなかったきもちや、7月26日の東京新聞にとりあげられてからの、大きな反響ーー様々な「自分たちもなにかできることが」というきもちと行動があちこちでわき起こってる中で、伝言の増刷をきめたこと。

東京新聞の記事コピーも同封されて、それらが一部一部、小冊子とともにクリアファイルにはいっていました。
(小冊子は、大きな文字組で11ページ、一部100円です。)

ファイル詰めも、園長先生の手作業で。
13条のうたのCDずっとかけながら、手を動かしててくださったそうです。

立場が○○だから言えない、できない、という人もいるでしょう。
子どもたちの平和をねがう、そういう仕事をしている自分だから、いわねばならない、と思う人もいるでしょう。
園長さんは、後者のかた

とってもお会いしたくて、10月の上京の時に、お目にかかりに行くお約束をしたところです。

******

園長先生がすばやく送ってくださったおかげで、詩の時間の仲間たちと「伝言」を輪読できました。

そして、おととい書いたばかりの12条の私流解釈文も、「私の12条宣言」という題をつけて、はじめて輪読しました。

7月21日付けの中日新聞から、
若松丈太郎さんの「なかったことにできるのか」
アーサー・ビナードさんの「安全審査」なども。

声に出して読む、って、黙読とは違うね。
その声を、人も、読んでいる自分も聴くからです。

いま、それぞれの言葉で、表現すること。
意思表示すること。
だいじ!だいじ!

|

« お盆の日の紅茶――ムロママ、来たる | トップページ | ちくちくちく、、のやさしいちから »