« 秘密保護法パブコメカフェ@花色木綿さん | トップページ | 石川ピース9フェスティバル »

2014年8月10日 (日)

ショールから、ちくちくちく、、、

昨日の夜から思い立って縫いだしたちくちく。
朝にはできあがったので、今朝、嵐の来る前に写真撮影。
(今しがたから、津幡にも雨がだいぶ強く降り出しました)

何年も前に、クッキングハウスの松浦さんから、アジアの旅のおみやげにいただいていた、薄手の綿か麻の、大判ショール。

ショールとしてはあまり活躍してなかったのを思い出し、ガザの街頭募金の日に着ていった紺色の服を、ショールの上において、いきなり、裁ちバサミでジョキジョキジョキ、、。

140810_ いつも縫う布は、姉の遺した着物地ばかりなので、身ごろはかならずはぎあわせなきゃならないけど、これは幅広の生地なので、その分、あまり時間かからずに縫いあがりました。

透ける布だから、もちろんインナーが必要。
着物の裏地で何枚か縫った、特製キャミソールやスリップがあるので、そのどれかを下に着ましょう。

襟ぐりが大きいのは、下に色のきれいなものを何か組みあわせるために開けてます。

ちくちくセラピーは、私のこころをおだやかにするだけでなく、私のものさしの中で大切にしてる、“原発的でない”モノコト、の代表選手でもあります。

|

« 秘密保護法パブコメカフェ@花色木綿さん | トップページ | 石川ピース9フェスティバル »