« いのちの未来の語りあい その1 | トップページ | いのちの未来の語りあい その3 »

2014年10月11日 (土)

いのちの未来の語りあい その2

Photo いのちの未来の語りあい。
伊那で2日目の紅茶。10月6日の午前は、「現在(いま)を伝えあう―ほめ言葉のシャワー」。

みんなで輪になって、はじまりはじまり。
31年目の紅茶のこと、紅茶での私の役割。
doの土台としてのbeをどうか大切に。
お世辞やおだてでない、「ほめ言葉のシャワー」のこと、そしてほめシャワのワークショップ。
この日はひさしぶりに、「贈りものの言葉」のうたを最後に歌いました。

子育て中のママたちもいれば、子どもサポートセンターにかかわる大人もいれば、それに関係なく来てくれた人もいる、まぜこぜ空間。いろんな響き合いが楽しい。

ある女の子が17歳の時、サポートセンターで目にしたという手作り冊子の「オキナワニッキ」(バイクで沖縄を走った娘の旅日記)。こんな旅させてくれる母って一体どんなひとだろう!って思ったけど、その人がくるっていうんで参加しました、っていう女の子。うれしいなあ、こんな来方。

8年前に伊那の紅茶に来た時、お泊まりしたすてきなロッジの娘さん、結婚されて住まいもかわってるのに、覚えてて来てくれたのも、うれしい再会。

やはり同じその時、一泊目のおうちにとめてもらった花ちゃんも来てくれて、懐かしさにおもわずハグハグ。

*******

お昼は、100人の母たち写真展、最終日のコミニュティカフェのセジュールさんにて。

ハンバーグサンドのランチ(パンをめくって、見た目はもろ、お肉なので、あ、どうしよう、、って顔したら、花ちゃんがすかさず、それ、もちきびだよ、って。よかった、残さず食べられました。)
午後の紅茶にも残る人たちがここで順番こにランチを食べたので、セジュールさん、満員御礼。

|

« いのちの未来の語りあい その1 | トップページ | いのちの未来の語りあい その3 »