« 「空の村号」札止めとなりました. | トップページ | 原始林窯展の前日 »

2014年10月28日 (火)

鎌仲ひとみさんが、わたしの12条宣言のことを。

鎌仲ひとみ監督が、津幡町の水野スウさんの、私もだーい好きな「わたしの12条宣言」のことを書いてくれています。 うれしかったので、転載します♡と、鎌ちゃんのマネージャーである、小原みゆきちゃんが、FBに書いてくれたのを、またここにも転載します。

鎌ちゃんは、「いのみらつうしん」が、もう1000号って勘違いししてたので、いえいえ、100号でござりまする、とここでは、訂正させていただいてます。(鎌ちゃんも、お金をはらって、いのみら通信の、定期購読者さんでいてくれるのです)

☆~~~~ 鎌仲ひとみ監督のウォールから ~~~~☆~~~☆

石川県に「紅茶の時間」というサロンを開いていらっしゃる水野スウさんというとっても素敵な女性がいます。子どもたちに絵本を読み聞かせたり、様々な問題を暮らし目線で話すような会を地域に開いていらっしゃいます。
「いのみら通信」というかわいい手書きの文字で通信をすでに100回も出していらっしゃいます。

最近、いただいたその100回記念の「いのみら通信」の中に
「わたしの12条宣言」という別紙が入っていました。
以下に転載します。

141028_ 「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」と書かれた憲法12条を私はこう読みます。
私たちの自由や権利は、ほかから奪われたりおかされたりしないもの。
だけどもそう書いてあるからといって、憲法にまかせっきりってわけには、実はいかないんだ。

そもそも憲法は、国という権力をしばるためにつくられたもの。
しばられる側は、それが不自由で窮屈だから、なとかそれをゆるめようと、絶えずチャンスをさぐってる。
だからこそ、私たちは、国をすることを、いつだってちゃんとよく見はってなきゃいけない。
国が私たちの権利をないがしろにする時、おかしなことをしようとした時、
はっきりと声にだしておかしい、いやですって意思表示しなきゃいけない。
国と私たちの、おしくらまんじゅうが必要なんだ。

そういう努力を休まず続けることで、、わたしたちの自由や権利ははじめてやっと保たれる。
不断の努力を普段からする、つってことがきっと12条の本質なんだ。

(中略)

生きることは、息すること、だよね。
息するように一人ひとりがされぞれのささやかな12条をするっていうのはどうだろう。
自分にできないことを数え上げたらきりがないから数えなくていい。
活動家にならなくていい。大きなことでなくていい。
だって息切れしちゃったら、あとが続かないからね。
そのかわり、自分にできることを一生懸命に考える。

誰かのPeaceにつながる呼びかけにこたえる。
だれかのしているPeaceがいいな、って思ったら応援する。
一緒に行動する。
これいいな、っていう文章や表現を見つけたら、それを知らせる、伝える、ひろげる。
毎日の暮らしのなかで、息するように、平和と戦争について考える、
(中略)
これまで黙していた人が声をだしたら、それはたとえ小声でも
大きな意味ある声だ。

(以下、略。)

そして水野スウさん、先日、「カマレポカフェ」をやって下さいました。
そのフィードバックはこちらにあります。素敵な報告と写真
ぜひ、見てみてくださいね。
http://kimochi-tea.cocolog-nifty.com/…/cat1821015/index.html

*******

って、鎌ちゃんのウォールは、ここまで。
うれしいなあ、こんなぐるぐるぐるが!
これも、憲法と平和を介して、ひととひとがつながってくことのひとつだね。

鎌仲さんのお話、11月29日に北陸学院大で。1:30〜3:30
だれでも聴きにいけます。映画もいいけど、トークもとってもいいのだ!
ぜひぜひ。

|

« 「空の村号」札止めとなりました. | トップページ | 原始林窯展の前日 »