« 足湯たんぽ | トップページ | 紅茶から、年末年始のおしらせあれこれ »

2014年12月29日 (月)

peaceにつながる+12条の実践

Photo 一年のふりかえりをした時、
「そのほかにも、peaceにつながるいろんなアクションに参加したなあ」と書いたけど、たとえばーー。

秘密保護法の勉強会や、3月のpeacewalk金沢や、5月、上野での「女たち いのちの大行進」や、夏には秘密法パブコメの書き方勉強会やガザの募金、秋から冬には、鎌仲監督のお話会、SASPLの若者たちの秘密保護法反対デモライブ中継をメロポチで見る、などなど、、、。

金沢のコハラ美由紀ちゃん(もうりっぱな大人の、すてきな女性なのだけど、彼女が小5の時から知ってるものだからつい、いまだこう呼んでしまう)が、実にタイムリーにいい声かけをしてくれるので、参加できる時には一緒に。

8月に「わたしの12条宣言」を書いた時、「誰かの、peaceにつながる呼びかけにこたえる。誰かのしてるpeaceがいいな、って思ったら、応援する。一緒に行動する。それも12条するってこと」とも書いたけど、その「誰か」が、美由紀ちゃんだったことも多い。

国のしてることをちゃんと見てて、おかしいことにはおかしいと、いやだと思うことにはNo!と声をあげる、不断の努力を普段からすること=12条するってこと。

おおきな行動でなくても、一人ひとりが普段から戦争と平和について考え、憲法をもっと学び、憲法を自分の言葉で語っていく。それも12条するってこと。

そうやってpeaceのささやかなpiecesをつなげていこうよ、の願いをこめて書いた12条宣言だけど、その12条の実践が、来る年にはきっともっともっと必要だね。

*******

12月初めにあった、小森陽一さんの憲法の授業。その準備を中心になってしたのは、これまでpeacewalkやカマレポカフェなどでつながって来てた人たちとつくった小森学級生徒会。

子育て中の若いママたちも多くて、全員で顔合わせてミーティングするのはむずかしかったけど、逢える時に逢える同士でうちあわせ。あとはFBのMLを共有して連絡をまめにとりあい、それぞれが自主的にうごいて、そのチームワークがすばらしかった。

先日、その小森学級生徒会のうちあげをした。
ほぼ全員が奇跡的にその日に集れて、ふたをあけたら、大人の数よりおさなごたちの方が多かった!

めっちゃしあわせでおいしい時間を共有しながら、美由紀ちゃんと二人、「ね、ここにいるみんな、考えてみると、あの3・11がなかったら、出逢えなかった人たちだよね」と語りあってた。
この日の生徒会の中の何人かは、関東から移住して来た人たちでもあり、このうちの3人は、朗読劇「空の村号」の演じ手でもあって、だからよけいに、平和と原発と福島といのちとが、濃い〜〜くつながってる気がしたんだ。
根っこはきっと同じなんだと思う。彼女たちと出逢えて、ほんとうにうれしい。

Cacrct8q おさなごたちの笑い声も、ママ達の笑顔も、今という時代の、暗闇のなかでみつけた希望。この希望の灯を、消しちゃなんね!だよね。

|

« 足湯たんぽ | トップページ | 紅茶から、年末年始のおしらせあれこれ »