« 小森陽一先生の朝の授業その報告 | トップページ | 12月10日、オルゴールコンサート@紅茶 »

2014年12月 8日 (月)

6日の日の、愛をたやさない。

2014127 7日の朝、めざめてびっくり。さらなるどか雪!
7日が授業の日だったら、来れない人もおおかったろう、空に感謝。写真は、6日の朝と7日の朝。雪の量がちがうよね。
こっちが6日の朝の雪。2014126

6日は、授業を終えた小森陽一さんを駅にお見送りした後、いんのしまいさん(広島県の因島から、小森さんのお話を聴きにきた今井さん。何度も私を出前紅茶によんでくれてる人です)とまあさんと、ランチしてからいったん津幡にもどって、やはり授業を聴きにきてた津幡の長曽さんとわが家で合流。
雪ふりしきる庭を眺めつつの臨時紅茶。こりゃちょっと因島では見られない風景。

そういえばいんのしまいさんは、9月、大阪でのこじょうけんの出前紅茶の時もきてくれてたけど、個人的な時間はまったくもてなかったので、ゆっくりと語り合うのは、今年初かも。12月すぐの大雪も、語り合う時間も、ますますいちごいちえ、と思う。

そんなんで、夜はいんのしまいさんと、小森学級よくがんばりました&はるばるよくぞ来てくれました、ということでおんな二人のごほうびデート。

*******

私も忙しかったことし一年をふりかえり(ってまだ終わってないけど、この秋のような忙しさでは多分ないはずなので)、いろんな人にいっぱい支えられた年だったなあ、としみじみ思った。

去年のおおみそかに、今年の私のキーワードは「愛を、たやさない」にしよう、と宣言したけど、それを意識して一年ここまでこれてよかったよ。

これは言葉だけ聞くと、まわりやみんなへの愛をたやさない、みたいに聞こえてすんごい博愛主義とおもわれそうだけど、どっこい。この矢印は、自分への、愛です。自分を大切にすること、自分をいとおしむこと、自分のきもちを尊重すること、っていう意味での、愛です。

なぜってね、大きなちからにあらがうって、とってもとてもエネルギー消耗することだからね、使うだけだど疲れ果てて枯渇してがさがさになっちゃう。

だから、自分を大切にするきもちをたやさない。大好きな人たちからやさしいきもちをもらう。逢いたい人に逢いにいく。仲間とかたりあう。なんでも一人でぜんぶしちゃわない。しごとっぽいものでも、仲間たちとそれをわけあう。親しい人と楽しい時間をすごす。美しいものを愛で、美しいものを聴く。大切なひとを大切にする。

そういう全部が、愛をたやさないってこと。私にとっての。
このことはもう何度もかいてきてることだけど、あらためて書くとまた意識できるからね、書くのだ。

12月6日はその意味でも、朝から晩まで、私のなかに愛がたくさん充電された日でした。

****** 

マスキングテープ入れをいんのしまいさんからもらったので、わが家のラインアップをいれてみました。141208_

|

« 小森陽一先生の朝の授業その報告 | トップページ | 12月10日、オルゴールコンサート@紅茶 »