« 栴檀の実の、クリスマスツリー | トップページ | オルゴールコンサート@紅茶の時間 »

2014年12月11日 (木)

114分と77秒

114分 VS 77秒。この数字、なんだと思います?

NHKのニュースウォッチ9で集団的自衛権行使容認に関してとりあげた回数は、22回あったそうです。その中で、賛成の意見をこのニュースで流した時間=114分。批判的、もしくは反対の意見を同じ番組内で流した時間=77秒。

は?と一瞬、耳を疑った。77分でなくて、77秒!?

12月10日、金沢に講演にみえた、元NHKディレクター、池田恵理子さんのお話にでてきた数字。元NHKの同僚が、ニュースウォッチ9をウォッチして数えたのです。

批判の意見は、どれだけ縮小されたか、矮小化されたか。
「慰安婦」問題も然り。
今回の選挙戦報道の、少なさ、白熱のなさ,突っ込みの浅さも然り。
これと同じことがおきてる気がする。

******

池田さん共著のご本「NHKが危ない!」を今、読んでいます。このタイトルの真意は、知る権利が奪われる、私たちの民主主義が、今、危ない!という意味 。
メディアの役割は、戦争をさせないこと、と池田さんは、この夜、何度も言ってらした。

2000年のETV「女性国際戦犯法廷」に政治介入して番組の中味を変えさせたのが誰だったか、決して忘れてはいけない。
「記憶の暗殺者」に引きづりこまれてはならない。
作られた”世論”に誘導されないために、自分の意見を持つために、学ばないわけにいかない、って思う!

|

« 栴檀の実の、クリスマスツリー | トップページ | オルゴールコンサート@紅茶の時間 »