« FB9条の会から | トップページ | 依って立つところ、としての9条 »

2015年1月23日 (金)

サザンの「ピースとハイライト」って、わーわーわー?

今日1月23日付けの、北陸中日新聞(北陸版東京新聞)の「中日春秋」で、サザンのこと。

サザンの風刺はすばらしい!って私は思う。

それにしても、モミイ会長のこの発言!雑音にしか、彼には聞こえないらしい。
紅白でこの歌をうたわれて、こうとしかいいようがなかったのかな。

*******

http://www.chunichi.co.jp/…/…/syunju/CK2015012302000105.html

 この歌が、「わーわーわーわー」としか聞こえない、と言う人もいる。桑田佳祐さんが作詞作曲したサザンオールスターズの「ピースとハイライト」だ。こんな詞である

▼♪…都合のいい大義名分(かいしゃく)で 争いを仕掛けて 裸の王様が牛耳る世は…狂気(インセイン) 20世紀で懲りたはずでしょう? 燻(くすぶ)る火種が燃え上がるだけ…希望の苗を植えていこうよ 地上に愛を育てようよ…

▼この歌が「政権批判の歌」に聞こえると主張する向きもいて、桑田さんがわざわざラジオ番組で「それこそ都合のいいカイシャク」と釘(くぎ)を刺したらしいが、風刺が効きながら毒々しくならない、いい歌ではないか

▼さて、紅白歌合戦にも出場したサザンの歌を、記者会見という公の場で「わーわーわーわーって歌」と言ったのが誰かと言えば、NHKの籾井勝人会長である。籾井氏は、安倍首相に「あのわーわーわーのどこがいいのか?」と聞いた方がいいかもしれない。何せ安倍さんは昨年末、サザンのコンサートに足を運んでいるのだ

▼それにしても、放送文化の一角を担うべき籾井氏の文化的資質以上に心配なのは、風刺を許さぬような最近の風潮である。NHKのお笑い番組で、政治家を風刺するネタがすべて没にされたらしいが、為政者への妙なおもねりがあるのだとしたら、風刺の毒よりはるかに危険だ

▼そんなことは、20世紀で懲りたはずでしょう?

|

« FB9条の会から | トップページ | 依って立つところ、としての9条 »