« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

3月6、7日。奥田愛基くんの話を聴こう!

ピースウォークカフェの、いちばんでかい企画です。

********

ピースウォーク金沢2015 presents!
Mr.SASPLに聴け!
SASPLの中心メンバー、奥田愛基(アキ)くん(明治学院大学3年)来沢!

2015年3月6日(金)19:30~21:30 
(19:00~ SASPLデモの映像上映)
ワンドリンクつき 1,500円 (学生1,000円)

※要申込※ FBイベントページに「参加」 orメロメロポッチ TEL/FAX 076-234-5556
主催・ピースウォーク金沢2015実行委員会
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2015

特定秘密保護法に反対する まったく新しい学生のムーヴメントは、いかにして可能になったか?!
そのヒミツに迫ります!

<奥田愛基(アキ)くん>
1992年生まれ。福岡県北九州市出身。明治学院大学国際学部3年。高校卒業後、東日本大震災の被災地支援に関わる。監督した短編ドキュメンタリー『生きる311』は、UFPFF+国際平和映像祭受賞作品となった。震災後について考える若者の団体などを運営するなど積極的に活動を行なってきた。一昨年12月に、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)を友人たちと設立。

☆翌日もイベントあり!☆
3月7日(土)14:00〜16:30 
金沢学生のまち市民交流館の、交流ホールにて。(交流館は片町ラブロがあった建物の裏手です。大きな屋根の町やの手前に、会場となる交流ホールがあります)

 「民主主義ってなんだ!?」SASPL奥田愛基(おくだあき)くんと
    「いのちの授業」金森俊朗先生(北陸学院大)の対談が実現します。
参加費は1000円。要お申し込み。
FBイベントページまで https://www.facebook.com/events/1007556359272596/
またはtel/fax 076-240-0143 (コハラさん)まで

紅茶つながりで参加希望の方は、直接私に連絡くださってもいいですよ。

|

2015年2月26日 (木)

たんなん夢レディオ

150226_ 越前の「ラクガキ屋 HISA」こと、ひささん。若い絵描きさんで、絵本もつくってる。

ひささんと私、会った回数はすくないけど、彼女の感性と勇気と意志に、いつもこっちがちからをもらう人。

そのひささん、月に一度、たんなんFMのラジオ番組をもっていて、3月の彼女のラジオの時間に、私がださせてもらうことになりました。
お時間ある方、ひささんの「ラジオ横丁からこんにちは」を聞いてみてくださいね。

放送日は、3月2日(月)午後1:16~2:30  再放送は、3月8日の14:30〜

「たんなん夢レディオ」で検索すると、オレンジ色の枠でかこまれた「USTREAM 生配信」の文字がすぐみえるので、その真ん中の青いとこおすと、パソコンでもスマホからでも、ラジオを聴けます。
http://www.ustream.tv/channel/tannanfm
地元でラジオ聞ける方は、周波数FM79.1Mhz。

*********

2月4日、紅茶で笠木さんを想うCDコンサートをした日に来てくれたひささん。
紅茶の時間が始まる前の午前中、なんのうちあわせもせずに始まり、それぞれが、紅茶のこと原発のこと平和のこと憲法のこと後藤さんのこと、、、今思ってること、感じてること、そのままの語りあいを収録。

きもちを言葉にしつつ、対話のキャッチボールをして、気づいたら1時間、ノンストップでしゃべってた。
あ、途中で、薪ストーブの上のお鍋がぐつぐつ言うので少しお鍋をずらしたり、かかってきた電話をとりに立ったり、と、めっちゃアットホームなBGMもはいってるみたいけど。

*******

たんなんFM(たんなん夢レディオ)は、福井県鯖江市からコミュニティーラジオ放送を行うNPO法人。
この理念、すばらしい!
  ↓
福井県鯖江市において"誰のものでもなく、誰のものでもある"公共放送を広く市民のみなさんに開放し、利害や立場を超えて誰もが一度はラジオマイクの前に立ってほしいという主旨のもとに開局させていただいたラジオ局です。

 立場や利害を越え、人であれば平等・皆一緒というポリシーで日本で一番敷居の低い公共ラジオ局となっております。ゆえに、高齢者の方や外国人の方はもちろんのこと、引きこもり・うつ等の心に風邪をひいた方にも積極的に参加していただいております。また、放送の経験が全くない方も大歓迎です。参加していただいた方が生きがいを見出し、豊かな人生を謳歌していただけたら幸いです。

 現在も多くの方が番組会員となり、市民パーソナリティとして自分の担当番組を持って放送しています。もちろんこれまで放送経験がなかった方が大半です。
たんなんFMはインターネット(USTREAM)でも同時放送いますので、パソコンやスマートフォン・タブレット端末等で全国~海外でも聴いていただいております。(後略)

*******

3月2日か、再放送の8日、もしもパソコンかスマホできいてくださったら、ひささんともども、うれしいなっ。

|

2015年2月25日 (水)

25日の紅茶ピースウォークカフェ

150225_ 今日25日の紅茶ピースウォークカフェには、年代のさまざまな14人が集ってくれました。ふだんの紅茶メンバーよりは、紅茶はじめてのひとが多かったかな。

最初に、ピースウォーク金沢の歴史(14年も続けると、それは歴史になるよね)を簡単に。そして21日のピースウォークの前に、大中小のピースウォークカフェをひらこう、となって、今日の紅茶もその一つ、と。

奈良井さんが、よく通る声で「戦争のつくりかた」の紙芝居をよんでくれます。 ーわたしたちの国は、60年ちかくまえに、「戦争しない」ときめました。

ここで、あれ?と思った人がいたかも。70年近く前のはずなのに、と。 そう、この紙芝居のもとになった絵本は、実はもう11年前につくられていたのです。
去年、改訂版「新・戦争のつくりかた」が出ましたが、中の文章はあえて前のまま。 巻末には、この10年間に、実際どういう法律がとおったか、自衛隊がどこまで出かけていってるか、詳しい法律的な資料と年表つき。

前の本ではまだ予想や未来だったことが、もうとっくに、現実になってる、もうここまで来てる、と、驚かされます。

紙芝居のあとはフリートーク。

・いい国民、って言葉と、国がほめてくれます、っていうのがなんか、、最後まできいていたら、身震いした。

・誰にとっての、いい国民なんだろ。時の政府にとっての、つごうのいい人?

・未来の先取り、っていったけど、アベさんはさらにその先の先取りしてる。

・こういうこと見たり考えたりするのがこわくて、見て見ぬふりしてたけど、関心持ってるママが近くにいて。私にもなにかできることないかな。自分も世の中の動きもっと知りたい。

・むずかしいことわからんけど、ちょっとでも意識もっていたい。

・子どもを守る!って強い想い、直感で動いてもいいんじゃない?なぜそれが理論より下にみられるんだろ。

・直感も大事、理屈ばかりよりも。でもまた、知識も必要。学んですとん、と納得したら、ぶれないで人にも言っていけるかも。

・ねえ、みんなは戦争、ってどんなのをイメージしてるんかな。

・ヘイワカツドウが、過去のかわいそうな出来事として語られて終わり、っていうのはちょっと違和感ある。今、起きていること、自分に関わること、っていう視点がほしいなあ。

・何も知らないできたけど、知らない、って言ってもいいんですね。

・そうそう、知らないってわかれば、これからいっぱい学べるわけだからね。そんなこともしらんのか〜って言われたら、もうそこでとまっちゃうもんね。 などなど。

今日の人数は、語り合えるのにちょうどいいサイズ。
これだけの人数でも、ちがう意見、異なる考え方。その違いを認めあって、そうか、そういうふうに思うひともいるんだなあ、って互いを知って行くことでまた何か生まれてくるものもきっとあると思う、もしも目指してる方向が同じなのであれば。

おでん囲んで憲法カフェ、で学んだことのおすそわけも、奈良井さんと2人でなんとか。

改正草案には、国民の義務が22も盛りこまれてるんだよ〜〜。権力をしばるのが憲法の本来なのに、国民のわたしたちをしばる憲法に変えられそう、私たちの権利がせばめられる、ってことなんだよ、と。

私ね、「無関心」の「無」が消えるだけでも、大きな変化じゃないかな、っていつも思うんです。何しろ若いころは社会や政治にとんと関心もたない、頭ピーマンの私だったのだからね。

ピースバナーは、紅茶に参加した人たちがまた言葉を書き足して、奈良井さんの手から、あさってのベビーカフェのこのちゃんちへバトンタッチ。
奈良井さん、あんやと!今日は若いひとたちの参加もうれしかったです。

|

2015年2月24日 (火)

河合監督お話つき「日本と原発」上映会

22日の河合監督のお話つき「日本と原発」は超満員でした。翌23日の北陸中日新聞に、とても大きくいい記事が載ってました。

ほんと~~に、お話すばらしかった。監督・(くろちょぼ)弁護士、という名刺のお話からはじまって、ぐいぐいひきこまれました。

「ぼくのモットーは、本気ですればなんとかできる。本気ですればなんでも楽しい。本気でしてると誰かがが助けてくれる」というとおり、河合さんの本気が迫って来るお話。
何度も何度も会場から大きな笑い声、そして拍手。こんな講演会って、めったにないのでは。ましてや原発関連で。

この映画見てもらったら、確信もって原発はいらない、と言えるようになる。そういう目的をもって、そのためのツールとして、この映画をつくった、という河合さん。
裁判官に見せたい、アベさんに見せたい、原子力ムラの議員に見せたい、と言うたびに会場から拍手!原発の裁判の中で、このDVDを証拠のひとつとして裁判官に見てもらいたい。実際に伊方原発の裁判の中でもう見られている。

この映画の中に時間的制約もあってついに入れられなかったのが、テロと原発のこと。サイバーテロもだが、通常兵器でねらって、火の海にできる。原発は、自国にのみむけられた核兵器だ、というくだりでは、会場がし〜〜〜んと静まり返りました。

お話の最後に、映画の中にもあった飯館村の村民歌を、河合監督が歌ってくださいました、朗々とした声で、直立不動で。
おもわず涙。監督の目にもきらりと光るものがみえました。

見れなかった方、24日は加賀の大聖寺教務所 18:30〜
27日 金は加賀市 光せん坊  19:00~
28日 土は最後 野々市市 常讃寺 19:00~

昨日試写でみた鎌仲監督の「小さき声のカノン」とあわせて、まったく違う切り口で、2本ともきっと見ていただきたい映画です。

|

3月6、7日。奥田愛基くんの話を聴こう!

元SASPLの奥田あきくんが金沢にやってくる!
その第一弾は3月6日@メロメロポッチ。
第二弾は、7日@金沢学生のまち市民交流館。この日は、アキくんと金森俊朗さんとのコラボです。

3月21日のピースウォークの前に、あっちこっちでピースウォークカフェしよう、っていうのの、これも一環。
ちなみに、明日25日の紅茶での、絵本「戦争のつくりかた」の紙芝居とフリートーク、というのもその一環です。

*******

ピースウォーク金沢2015 presents!

Mr.SASPLに聴け!

SASPLの中心メンバー、奥田愛基くん(明治学院大学3年)来沢!
https://www.facebook.com/events/1007556359272596/

2015年3月6日(金)19:30~21:30 
(19:00~ SASPLデモの映像上映)

ワンドリンクつき 1,500円 (学生1,000円)

※要申込※ FBイベントページに「参加」 orメロメロポッチ TEL/FAX 076-234-5556

主催・ピースウォーク金沢2015実行委員会

特定秘密保護法に反対する まったく新しい学生のムーヴメントは、いかにして可能になったか?!  そのヒミツに迫ります!

<奥田愛基>
1992年生まれ。福岡県北九州市出身。明治学院大学国際学部3年。高校卒業後、東日本大震災の被災地支援に関わる。監督した短編ドキュメンタリー『生きる311』は、UFPFF+国際平和映像祭受賞作品となった。震災後について考える若者の団体などを運営するなど積極的に活動を行なってきた。一昨年12月に、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)を友人たちと設立。

☆翌日もイベントあり!☆
3月7日(土)14時~は金沢学生のまち市民交流館で
 「民主主義ってなんだ!?」SASPL奥田愛基(おくだあき)くんと
    「いのちの授業」金森俊朗先生(北陸学院大)の対談が実現!

☆超スペシャルな、かっこいいフライヤー、明日から県内で配布開始!☆
メロメロポッチ・コミュニティトレードal で24日より配布開始!(予定)
みなさん、いち早くGETしてくださいね(^o^)丿!

県外からのご参加も、お待ちしています!


2014/12/30 朝日新聞
(ひと)奥田愛基さん 特定秘密保護法への反対活動を続ける明治学院大3年
http://www.asahi.com/articles/DA3S11530781.html

SASPL 「特定秘密保護法に反対する学生有志の会」
https://www.facebook.com/saspl21

・10/25特定秘密保護法に反対する学生デモFINAL@SHIBUYA告知CM:
https://www.youtube.com/watch?v=t95SCp97Myg

・SASPL 141210 Final → Brand-New Start 01:https://www.youtube.com/watch?v=ThQKt9kUWTE

・自由と民主主義のための学生緊急行動 HP:http://www.sealds.com/
・SASPL HP: http://saspl1210.wix.com/students-against-spl
・自由と民主主義のための学生緊急行動(ex.SASPL)twitter:@S4SPL

*~*~*~*

ピースウォーク金沢2015は、
2015年3月21日(土・春分の日)
13:30 旧・中央公園集合
   集会スタート
14:30 ウォークスタート

中央公園出発ータテマチ広場解散予定
PEACE割、今年もやります!
今年のテーマ 「つながろう 集まろう!
           語ろう、自分の言葉で。」
ピースウォーク金沢2015
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2015


|

2015年2月21日 (土)

2月25日 紅茶ピースウォークカフェ 絵本「戦争のつくりかた」

Photo 2月25日(水)は、紅茶ピースウォークカフェ。
絵本「戦争のつくりかた」の大型紙芝居を、奈良井伸子さんによる朗読で。
2:00~ @紅茶の時間 津幡町の水野宅 076-288-6092 参加費は500円 (紅茶は1:00からあいてます)
今のとこ、こじんまりしたカフェになりそうですが、参加ご希望の方、資料準備や駐車スペース確保の都合もありますので、できたらお申し込みいただけるとありがたいです。その日にならないとわからなくて、という方は無理しなくていいですよ。

紙芝居のあとは、みんなでフリートーク。
今、平和について、戦争について、思うこと、語りあいたいこと、きっとみなさんおありでしょう、おおいに語りましょう。
今、国会でも、自衛隊を海外にいつでもどこにでも出せる法律をつくろう、って話になってるからね。
先週のPWカフェ、おでん囲んで弁護士さんと憲法カフェの時に学んだことのお裾分けもできたら、と考えています。

*******

「戦争のつくりかた」は、これが今から11年前に生まれたとは思えないほどリアルに、私たちの国の今を表現してる、ちいさな、だけど大きな意味のある絵本。
住むところも年齢も職業も違う「りぼん・ぷろじぇくと」の20人が、当時の国がしようとしてること、何かへんだな、不安だね、これっておかしくない?とさまざまな疑問をもちより、そこから浮かびあがってみえてきたジグソーパズルのピースを、一つ一つつなぎあわせるようにしてつくっていったものがたり。

パズルのピースのつなぎ手には、金沢の飯森和彦弁護士も、ピースウォーク金沢実行委員の小原美由紀さんも、参加しています。
去年だされた改訂版のあとがきに、「話すことから、なにかが始まると信じて」とあるように、私もそのなにかを信じて、この紅茶ピースウォークカフェを企画しました。

読み手の、奈良井伸子さんは、ピースウォーク金沢2015実行委員会の一人、「わらべうたとえんげきの広場はちみつ」を主宰して、児童館、幼稚園、学校などでわらべうたやお話を語っているストーリーテラーさん。
大人向けの朗読や音楽つきのライブもあちこちで。「福島の民話を語る会」による、飯館村を舞台にした朗読劇「空の村号」では、主人公の空くんを演じています。
この絵本をすでに読んだことのあるひとも、ないひとも、どうぞいらしてください。

********

そして3月21日のピースウォークも、一緒に歩けたらなお、うれしいです。
「わたしたちの国を守るだけだった自衛隊が、武器を持って よその国にでかけるようになります。
世界の平和を守るため、 戦争でこまっている人びとを助けるため、と言って。
せめられそうだと思ったら、先にこっちからせめる。とも言うようになります。」
(「戦争のつくりかた」より)
「新・戦争のつくりかた」
https://www.facebook.com/sentsuku
*~*~*~*
ピースウォーク金沢2015は、
2015年3月21日(土・春分の日)
13:30 旧・中央公園集合
   集会スタート
14:30 ウォークスタート
中央公園出発ータテマチ広場解散予定
PEACE割、今年もやります!
今年のテーマ 「つながろう 集まろう!
           語ろう、自分の言葉で。」
ピースウォーク金沢2015
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2015

|

2015年2月20日 (金)

栴檀のつどい

120507_ きのうの夜は七尾へ。一本杉通りおかみさんたちとの勉強会「栴檀のつどい」に。

10年はたったなあ、と思っていたら、ちゃんとまめに記録遺してくれてるメンバーがいて、早もう16年目と判明。われながらびっくり、みなさん、ようまあ、飽きずに通ってくれて。

その間に一本杉通り花嫁のれん展もはじまり、花嫁のれん関連でニューヨークに行ったり、フィレンッエに行ったり、七尾以外の市や町で花嫁のれん展をひらいてその地の商店街ともつながったり、と、おかみさんたちは以前よりずいぶん忙しくなったのだけども、みんなこの一本杉が大好きで、その一環で、この栴檀のささやかな集いも続いています。

そもそも栴檀がどうして始まったのかといえば、なが〜〜い一本杉通りでお商売してるおかみさんたち同士、おたがいもっと知り合いたい、ということと、自分にも相手にもきもちのいいコミュニケーションを学びたい、ということでスタートしたのでした。

昨日はひさしぶりに原点にもどって、「言葉の、その先に」をテーマに学び直し。

自分のことも、同時に相手のことも大切にしながら、まっすぐにきもちを伝える「私メッセージ」と、言われた相手が、なんか責められてるな、非難・批判されてる?威圧的な口調やだな、上から目線で言われてるなあ、これって嫌みだよ、ムカツクな、ぐさっ、ちくりと来た、と感じるような「あなたメッセージ」との違いを、まず具体的に感じることから。

ほとんどのひとが意識しないでしょっちゅう「あなたメッセージ」を放ってるのがふつうだから、こっちはもう練習する必要なし。日ごろ言い慣れてない「私メッセージ」だからこそ、練習しないとね。

自分が言われた「あなたメッセージ」を出し合うと同時に、自分もいってたことに気づくワークショップ。ありゃ〜〜、私も言ってる言ってる!と、みんなで大爆笑。
この、自分で気づいてく、ってことがまず大事。相手をせめ口調の「あなたメッセージ」から「私メッセージ」への変換は、そうすぐにはできないけど、それでも練習する価値は確かにあり、ってこと、具体例を出して知ってもらう、濃い学びの時間になりました。

言葉の、その先に。

自分の発した言葉がひきがねになって、相手をどういうキモチにさせるか。アベさんの言葉を例に出すまでもなく、日常的にもまずい関係になっちゃうこと、よくあるもんね。

クッキングハウスでしてるコミュニケーションの練習から、私も学び始めたのだけど、これはいつまでたっても卒業しない学びです。でも、おもしろい。そしてだんだん、「あなたメッセージ」を言うと、言った私が気分悪い、って変化してくとこがなおおもしろいな、と思っています。

花嫁のれん展は、ことしで12年目。ゴールデンウィークから母の日までの約2週間、七尾一本杉通りのさまざまなお店が、花嫁のれんをかざる、まちのギャラリーになります。私も一本杉通りのおかみさんたち応援団のつもりでいるので、期間中どうぞお運びくださいね。

120507__2 写真はどちらも鳥居醤油店さんにかざられてたしょうゆさし。

|

2015年2月19日 (木)

伝える人がいた、ということ

150124_ 紅茶なきもちのブログと平行して、facebookをはじめてほぼ一年。

そこで書く言葉はできるかぎりこのブログにもうつしとっているけど、ほかのひとのFBでいい記事があれば、即それをシェアしてそれを共有して、自分からまた拡げて行ける、このfecebookというメディアのすばやさ、利便性には、ブログはとてもおいつけないです。

今日はFBにこんなことを書きました。
*********

このFB読んでくださってる方に、あらためて、ありがとうをいいます。「いいね」を押してくださってるお名前のなかに、遠くの地のかたや、若いひとや、じかにあってこういう話をしたことのない方を見つけると、うれしくなります。
とりわけ、遠くの、近くの、若いひとが、このFB内の憲法や政治や差別やテロに関すること読んで、興味をもってくれることが、うれしいです。

中でも憲法改正のこと。来夏の選挙後には、はっきりでてきます。
その前に、今の憲法と草案と、どこがどう変わるのか、ちょっと読むだけでも、びっくりするくらい違う。そのこと、多くの人に知ってほしくてたまりません。

******

若いころの私、いや、具体的には親になるまでの私は、社会や政治に関して、頭はまるきりピーマンでした。私にはかんけーないや、って。

紅茶をはじめて、国家秘密法案(またはスパイ防止法案)という名のあやしい法律(特定秘密保護法の前身ね)ができそうになったのを知って、紅茶仲間と知りあいの弁護士さんと勉強会したこと。反対したこと。
チェルノブイリの原発が爆発して、幼子かかえておろおろしながら仲間たちと学び、できることから行動し出したこと。

ヘンだ、オカシイ、あぶなそう、と私のアンテナが立った時、幸い私の近くに、前からそう思ってる人、詳しい人がいて、そういう人たちがそのつど、私に危険性を教えてくれた、伝えてくれた。

伝えてくれた人たちがいて、一緒に学ぶ仲間がいて、そういうことが今の私をつくって、ピーマン頭がすこしづつうまって来たかな、と思ってる。
順送りに今度は、私が誰かに、伝える人の一人になりたいと思うのです。
なので、発信を受けとめてくれる人がいることは、私の希望です。

****

テレビ見てて、どうしてこんなニュースえんえん流す?と思うことありすぎ。
たとえばピーナッツ。全部は見ないけど、他局みてチャンネルもどすとまだやってる!確かに、こういうの報じてる分には政権批判にならず、よってお咎めもない。視聴者の関心、好奇心もくすぐる。
でもこれって、国民の頭ピーマン化・思考停止促進プロジェクトじゃね?って危ぶむ。

テレビなんて、とはじめから見ない手もあるけど、ニュースはできたらいろいろ見て比較したい。がんばって大事なこと伝えてくれるひとたちもまだ居てくれる。そういうニュースはほかの人にも知らせたい。そう、こんなFBというメディアでね。

長くなったけど、そういう意味であらためて、キャッチしてくれてありがとう、ってお礼を言いたかったのでした。

****と、FBに書きました。

|

「日本と原発」@紅茶シネマ

「日本と原発」@紅茶シネマ、37名ものかたが参加してくださって、超満員御礼
となりました。足やお尻が窮屈だった方、字幕が小さかった方、ごめんなさい。
でもかぶりつきで見て、逆にすっごくみじかに自分のなかに入ってきた、と言ってくださったかたもいて、ほっ。
紅茶はじめてのかたがたくさん。原発裁判をたたかってる弁護士さんが監督した映画、ということで注目されてるのでしょう。

原発はこわいけど、いやだけど、「でも」原発「ないと」、動かさ「ないと」、日本は困る、経済立ち行かぬ、という、「でも、ないと」の呪縛に、3.11後はとくにしばられてる人が多いと思ってる。この映画は、その「でもないと」を、一つ一つ見事に論破、ぶっとばす力を持ってる映画、と見てて思った。

国産自己完結型エネルギー、という核燃サイクルのまやかし。
原発を続けたい本当の理由。
再稼働しないと燃料代がたかくて、年に3、6兆円国富の流出、という脅し。
真の国富、とは何か。大飯原発差し止め判決で裁判長がはっきり述べている。
原発がCO2削減に役立つ、のごまかし。
失敗しながら科学技術は進歩していく、というが、個でなく、人間としての種の死をもたらしかねない原発事故に、それはあてはまらない。
国破れて山河あり、じゃないのが、原発事故。

原子力ムラの全体構造もじつにくっきりみえる。
北欧のエネルギー事情とムラの現実の両方をしっている飯田哲也さんの確信。
原発、核とずーっとむきあってきた小出裕章さんの冷静な言葉。
安全な原発をつくってきた自負があったけど、チェルノブイリ以降、考えをあらためた田中三彦さん。

理、だけでは語れない原発。
ふるさとをなくしたひとたちのきもち。
そこにいる、とわかっていても捜索にはいれなかった現実。
事故さえなければ、亡くならずに在ったいのち。
浪江町長の言葉の重み。

原発をとめる!そのために裁判に勝つ!という河合さんの本気が迫る。
よくぞこんなすごい映画つくってくださったなあ。
原発を知らない人にも実によくわかる。自信もって、原発いらない!と思える映画。
政府や電力会社の嘘を見抜けるちからをくれる映画、と思います。

河合弁護士監督のお話もじかにききたいので、2月22日1:00〜の上映会+トークにいきます。@教育会館 参加費当日1200円。
映画見てない方もこの機会にぜひぜひ。
河合弁護士のキャラクターもじかにぜひ。

|

2015年2月18日 (水)

おでん囲んで憲法カフェ

今夜17日の「おでんを囲んで、弁護士さんとの憲法ピースカフェ」。

憲法を理解するのにも、表現するのにも、感と理がいる(理論も必要だけど、そこに想像力や感性も必要)。
その意味からも、自分の言葉ときもちでかたってくれた新谷愛子弁護士さん、とてもよい講師さんでした。

改悪草案では、私たちの自由と権利が狭められて、私たちの義務ばかりいっぱいふえてる!国に私たちがもろ、しばられる憲法になってる!
そもそも憲法って、権力をしばるためのもので、それゆえの立憲主義なのに、これじゃその真逆です。

前文をよみくらべるだけでも、今の憲法との違い、草案の意図が、はっきりみえてきます。

「公共の福祉に反しない限り」という言葉が、「公と公益の秩序に反しない限り」、という言葉におきかえられていて、なんと権力をもつ側に都合のよいものになってることだろう!

来週の紅茶ピースウォークカフェ「戦争のつくりかた」の紙芝居のあと、今日一緒に学んだことのお裾分けも少ししたいね、と奈良井さんとも話しています。

*******

150217_ 先日のピースウォーク実行委員会で出たアイディア。今年のピースウォークにむけて、一枚のおおきな横断幕をつくりたいね、と。
ピースウォークカフェのそれぞれの場所で参加した人たちがかきこみしていって、3月21日の当日にそれを持って歩きたい、という楽しみな計画。

瑞江ちゃんがすてきな土台をデザインしてくれました。さっそくピースウォークカフェ初日のかきこみをみんなでしたよ。150217__2

*****

さて、あしたの紅茶は「日本と原発」上映会。
定員20名が、ご予約でほぼいっぱいとなりました。わが家のテレビ画面なのでちいさいですが、おゆるっしゅ。

一足先にみせてもらいましたが、2時間15分、あきさせません。
原発のこと、これまでくわしくなかった人が見てもよくわかる。
ふるさとを奪われた人たちの声もよくきいてる。
いろんな専門家にも話をきいてる。電力会社の経済の構図もよくわかる。
そして希望も、どこかにみえる。
河合弁護士さん、よくぞ作ってくださったと思います。

|

2015年2月14日 (土)

2月のとくべつ紅茶・シネマと朗読「戦争のつくりかた」

110227_ 2月18日(水)は、「日本と原発」上映会
2:00~ @紅茶の時間 津幡町の水野宅 076-288-6092 参加費は500円 
(紅茶は1:00からあいてます)

定員20人ですが、まだすこし余裕があります。ちいさな紅茶シネマだけど、参加希望でお申し込みまだのかた、どうぞご連絡くださいませ。

********

2月25日(水)は、紅茶ピースウォークカフェ。
2:00~ @紅茶の時間 津幡町の水野宅 076-288-6092 参加費は500円
(紅茶は1:00からあいてます)

絵本「戦争のつくりかた」の大型紙芝居を、奈良井伸子さんによる朗読で。
そのあとは、みんなでフリートーク。
今、平和について、戦争について、思うこと、語りあいたいこと、きっとみなさんおありでしょう、おおいに語りましょう。

「戦争のつくりかた」は、これが今から11年前に生まれたとは思えないほどリアルに、私たちの国の今を表現してる、ちいさな、でも大きな意味のある絵本です。
住むところも年齢も職業も違う「りぼん・ぷろじぇくと」の20人が、当時の国がしようとしてること、何かへんだな、不安だね、これっておかしくない?とさまざまな疑問をもちより、
そこから浮かびあがってみえてきたジグソーパズルのピースを、一つ一つつなぎあわせるようにしてつくっていったものがたり。
パズルのピースのつなぎ手には、金沢の飯森和彦弁護士も、ピースウォーク金沢実行委員の小原美由紀さんも、参加しています。

去年だされた改訂版のあとがきに、「話すことから、なにかが始まると信じて」とあるように、私もそのなにかを信じて、この紅茶ピースウォークカフェを企画しました。

読み手の、奈良井伸子さんは、ピースウォーク金沢2015実行委員会の一人、「わらべうたとえんげきの広場はちみつ」を主宰して、児童館、幼稚園、学校などでわらべうたやお話を語っているストーリーテラーさん。
大人向けの朗読や音楽つきのライブもあちこちで。「福島の民話を語る会」による、飯館村を舞台にした朗読劇「空の村号」では、主人公の空くんを演じています。

この絵本をすでに読んだことのあるひとも、ないひとも、どうぞいらしてください。
奈良井さんの朗読で大型紙芝居でみると、またひと味もふた味も違いますよ。
そして3月21日のピースウォークも、一緒に歩けたらなお、うれしいです。

「わたしたちの国を守るだけだった自衛隊が、武器を持って よその国にでかけるようになります。
世界の平和を守るため、 戦争でこまっている人びとを助けるため、と言って。
せめられそうだと思ったら、先にこっちからせめる。とも言うようになります。」
(「戦争のつくりかた」より)

「新・戦争のつくりかた」
https://www.facebook.com/sentsuku

|

3月7日のピースウォークカフェは。

3月21日のピースウォーク金沢の前に、ことしは大中小のいろんなピースウォークカフェがあるけど、そのなかで一番でっかいカフェは、
元SASPLの奥田愛基(おくだあき)くんが金沢にきて、3月7日に金森俊朗さんとジョイントする、っていう企画。

あきくん、その前の日の晩は、メロポチでも語るよ!

追ってもっとくわしくご案内するけども、そのあきくんは、いま沖縄にいる。
辺野古からの現地報告。ぜひぜひ読んでみてください。

SASPL - 特定秘密保護法に反対する学生有志の会
【ex SASPL 『IN OKINAWA』】
http://ex-saspl.tumblr.com/post/110711056878

|

2015年2月12日 (木)

2月18日 「日本と原発」上映会

弁護士の河合弘之さんが制作、監督した話題の映画「日本と原発」の石川県内連続上映会、紅茶では2月18日に上映します。

今日の中日新聞にも、二度目のおしらせがのっていました。まったく知らない方からもお申し込みのお電話をいただいていて、関心の高さがうかがえます。

県内一、ちいさい紅茶シネマだけど、今のところ、定員まで、まだ余裕があります。他の会場とちがって、ちいさな画面で(おおきなスクリーンでなく、うちのテレビ画面でみるので)よければ、どうぞお越しください。

上映時間は2時間15分。見た後、いつものとくべつ紅茶らしく、きもちキャッチボールタイムとして、感想をいいあいましょう。なので、紅茶では2:00〜5:00まで。(こういう語り合いタイムのあるとこが、ちいさな上映会のいいところ)

もちろんいつもどおり、紅茶は1:00からopenしてますので、早めにいらっしゃりたいかたはどうぞ。
お問い合わせのお電話は、水野まで。076−288−6092 
紅茶おなじみの方は、おくるま駐車のご協力もよろしくおねがいします。脇の雑木林は、できるだけはじめての方が停められるようにしてあげてくださいね。

◆2月22日のは、監督さんのお話つきです。 13:00〜 ・石川県教育会館大ホール  ・入場料 前売り1000円、当日1200円、大学生500円、高校生以下無料  ・問合せ 076-263-9328(中垣)、       076-233-2170(平和運動センター)

|

2015年2月 8日 (日)

旬の「野の花に コンサート」

150208__2 小松の旬の「野の花にコンサート」、今年は笠木透さんのつくった歌を中心に。

このコンサートのために、旬のリーダーのともちゃんがつくったゴリラ、もとい、笠木さんのお人形がコンサートを見守ります。

この日は、旬の一人ひとりが、自分の一番好きな笠木さんの歌をそれぞれ歌いました。「アザミの歌」「ひとつぶの涙」、もちろん「私の子どもたちへ」など。

ゲストのでえげっさぁの歌も、「長良川」「わが大地のうた」そしてクッキングハウスのテーマソングの「不思議なレストラン」、私の大好きな「君は君の主人公だから」とほとんどが笠木さんの詞のうた。

「♪一人ひとりそれぞれが 握りしめてきた
 悲しさという名の透明な水を やかんにつめてお湯をわかそう
   〜〜
 外には冷たい風が吹いていても ここはあったか クッキングハウス
 不思議なレストラン 心の居場所 
ここにいても いいのですね」
            (不思議なレストラン) 
「♪君のやさしさは 君のものだから 
  取りかこむ世界に ゆだねてはいけない
  きのうを今日に つなげるために
  今日をあしたに 手渡すために」
             (君は君の主人公だから)

笠木さんの詞は、なんとやさしく、なんとあったかく、なんと凛とし、時に激しく、切なく、胸に迫る。
笠木さんのこれまでにつくった歌は、1000曲にもおよぶという。

37歳の時に書いたという「時は流れて」を、今日はじめて聴きました。笠木さん自身が、この歌を越える歌はつくれなかった、という歌。
聴きながらメモしたので違うかもしれないけど、こんな歌詞でした。機会があったらまたゆっくりと聴いてみたいうたでした。

♪石や木や 名もない草にまで
近くへ近くへと 近寄ってすぐ近くまで
近寄って見たかった 

今はもう私は年をとって
今はもう私にできることは少ない
山や空や海や ひろがる草原を
遠くから遠くからはなれて
ずっと遠くから ただずっと見ていた
目をつぶっていた方がよく見えるような気がして

******

笠木さんゴリラはまちがいなくこの日の会場にいて、一緒に聴いていたね。
不思議なことに、知ってる歌だと、歌ってるのが女声でも男声でも、笠木さんの太い、よく響く声となって、私の胸に響いてきたよ。

旬という歌のグループが生まれて19年。
その半年前に、でえげっさぁが生まれて、今年10月にはでえげっさぁ20周年記念コンサートをひらくそうです。
笠木さんの蒔いた音楽と表現の種は、石川でこんなに深く根づいて、芽をだして、成長の途上です。

|

クッキングハウスの通信から

今から、小松にでかけます。笠木さんと出逢ったことで生まれた保母さん仲間の歌グループ「旬」さんの、春の恒例コンサート。ことしは笠木さんの歌特集、とのこと。

こんなふうにあちこちで笠木さんの歌を歌い継ぐこと。彼のメッセージを自分たちで伝えて行くこと。今日のゲストのでえげっさぁさんたちもするし、クッキングハウスでもするし。

150208_ 紅茶で笠木さんのCDコンサートした日にとどいたクッキングハウスの通信は、巻頭言から、松浦さんのかいた笠木さんへの想い。まさに何ページもの特集号。読みたいひと、紅茶に来た時に読んでみてね。

通信の終わりのほうには、私の出前紅茶のご案内もこんなふうに。松浦さんの娘さんによるイラストは、いつも私のことかわいく描きすぎで気がひけますが。4月17日、お時間あったらクッキングハウスへぜひ!150208_pw
 よく18日は川口のちいさいおうち紅茶へ、20日は練馬のキャンディケイトさんへ、出前紅茶します。

|

2015年2月 7日 (土)

古賀さんの言葉

IWJの岩上さんが、古賀さんに訊いています。
報道ステーションで、古賀さんが「1am not Abe」と発言したことの真意を。

後藤さんは、日本国憲法の精神そのもの。戦争によって傷ついた人たちの暮し、貧困を、伝えようとしてきた。敵、味方なく、信頼にもとづいて。

そういう憲法によってこそ、日本は守られて来た。

日本は大国の中にあって、異例なほど敵の少ない国。
70年間かけて、戦争しないし、人道支援だけをしてきた日本。それをアベさんが全部つぶしていこうとしてる。

アベさんのいってること=日本、ではないのだよ、といいたくて、not Abeと言ったのだ、と。

古賀さんの言葉、もういちどくわしく聴いてみてください。
   ↓
『I am Kenji』こそが、日本の心であり、憲法の心であると思います。しかし安倍総理が、それと違うことを言って歩いているわけですね。だから我々日本人は、『I am Kenji』と『I am not Abe』をセットで世界に発信すべきではないでしょうか」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/229813

|

2015年2月 6日 (金)

映画「日本と原発」県内上映会の、一覧表

110318_ 弁護士の河合弘之さんが制作、監督した話題の映画「日本と原発」の連続上映会@石川の、予定一覧表です。紅茶では2月18日に上映します。県内一、ちいさい紅茶シネマだけど、定員まで、まだ余裕がありますよ。ちいさな画面でよければ、どうぞお越しください。

映画は2時間15分。見た後、いつものとくべつ紅茶らしく、きもちキャッチボールタイムとして、感想をいいあいましょう。なので、紅茶では2:00〜5:00まで。
もちろんいつもどおり、紅茶は1:00からopen、早めにいらっしゃりたいかたはどうぞ。

富来上映会と七尾上映会のはじまりの時間が変更になったそうなので、そちらに行こうと思ってる方は、開始時間のご確認をお願いします。

2月22日は河合監督のお話つきです。

*********

◆2月15日(日)①10:00    ②13:30
 ・ラポルトすず    ・入場料 カンパ
 ・問合せ  090-7589-1583(佐伯)

◆2月18日(水)14:00〜17:00
 ・紅茶の時間 (津幡町・水野宅  Tel::076-288-6092)
 ・定員  20名    ・入場料 500円    

◆2月20日(金)19:00(!!18:30ではなくて、19:00!!)
 ・富来活性化センター(町役場富来支所) ・入場料 カンパ  
 ・問合せ 090-5172-1907(堂下)

◆2月21日(土)17:00(!!16:00ではなくて17:00!!)
 ・真宗大谷派能登教務所 ・入場料 カンパ  
 ・問合せ 0767-68-3643(志田)

◆2月22日(日)13:00  監督トークあり
 ・石川県教育会館大ホール
 ・入場料 前売り1000円、当日1200円、大学生500円、高校生以下無料
 ・問合せ 076-263-9328(中垣)、
      076-233-2170(平和運動センター)

◆2月24日(火)18:30
 ・真宗大谷派大聖寺教務所 ・入場料 500円 
 ・問合せ 090-9046-0101(保木もつぎ)

◆2月27日(金)19:00
 ・光闡坊(こうせんぼう) ・入場料 カンパ      
 ・問合せ 0761-74-0508(佐野)

◆2月28日(土)19:00
 ・常讃寺(野々市市役所向かい)・入場料500円   
 ・問合せ 076-248-7203(藤場)

|

おでんを囲んで弁護士さんとピースウォークカフェ

Photo 3月21日の金沢ピースウォークの前に、今年は、県内あっちこっちでピースウォークカフェ。

おとといの笠木さんCDコンサート@紅茶も、中味といい主旨といい、PWカフェの一つだったと自負してますが、こちらはPW公認(ふふっ、こんな言葉きっとないね)、ピースウォークカフェ「おでんを囲んで弁護士カフェ〜「自民党憲法案」をみんなで読んでみようか。」のご案内。

アベさんはいよいよ、改憲発議の日程をだしてきました!来年の参院選のあとに、と。

憲法のこと知らないでいて、かえたほうがいいのかよくないのか、って判断できないよね。
だから、学ぼう。
若い弁護士さんたちを水先案内人に、一人で読むとむずかしい憲法を、そして今の憲法がどのようにかえられようとしてるのかを、みんなで読みこんでみよう。

定員は15人です。お申し込みはお早めに。私も参加します。

場所:長町集真藍(あぢさい)工房   金沢市長町3-9-25  080-1488-0236(吉村)
  聖霊病院前用水沿いに150m下る  (病院から50mは7時迄歩行者道路)
参加費:500円+おでん代カンパ

講師:徳田隆裕さんと新谷愛子さん お二人とも80年代生まれ、金沢弁護士会所属の弁護士さんです。

|

2015年2月 5日 (木)

越前のひささんと

150204_ 昨日の、笠木さんを想う紅茶の時間の午前中、福井の越前からひささんが来てくれました。

ひささんは絵描きさん。アトリエ「らくがきや HISA」もしています。そして、月に一度、福井のローカルFMの番組も持っています。

前に、「13条のうた ほかの誰とも」も番組で紹介して、CDをかけてくれたひささん。

きのうは、午後の笠木さんの歌を聴きにくるのと、ひささんと私のおしゃべりを録音するのと、二つのことで津幡まで来てくれたのです。

20年近く前に紅茶で、越前のベロ亭さんのやきもの展をしましたが、なんと、そのベロ亭さんともおともだちだったひささん!この日のサラダを盛った大皿も、ベロ亭の岩国さん作でした。

*******ここから、ひささんwrote:

津幡のスウさんちで、

越前市の陶芸家、ベロ亭さんのお皿登場(^^)♪
繋がってますね。

収録兼ねた語り合いのあと、美味しいお食事をいただきました。

午後からの「紅茶の時間」が終わり
帰る途中です。

ボイスレコーダーで、ちゃんと録音できてたか今頃、確認、、、良かった、出来てた(;´▽`A

放送は、たんなんFM「ラジオ横丁からこんにちは」第一月曜日ラクガキ屋ヒサで、3月2日(月)午後1時16分からの予定。3月8日(日)午後14時半〜再放送もあります。Ustreamでパソコンやスマホからも聞けます。
詳しくはまた掲載しますね。

32年間、子育てとともに「紅茶の時間」を続けてきた水野スウさん。

「紅茶の時間」ひとことでは表せないけれど
今日わたしが分かったのは
子育てで切り離せない社会のこと
子どもに残したい未来のこと
日常で口にしたら孤立しそうな不安も、ここでは語れる、学べる、そんな場所。

32年の間に起きたこと。チェルノブイリの原発事故、2度の大震災、福島第一原発の事故、改憲などの政治の動き。
ついに後藤さんたちが犠牲になり、わたしたちもテロの標的になった今回のことも。

普段から語り合ってきたスウさんだから、原発のこと、憲法のこと、
とても自然に語り伝えているんやね。

平和憲法はどんなふうに変えられようとしているの?なにがどういけないのか、

頭にイメージが広がり誰でも理解できる
そんなスウさんの言葉。

ぜひ聞いてみてください。周りとの温度差にひとりで不安抱えている方に届いたらうれしいな。

なんだかすぐに放送したいくらいや。。

*******ですって。ひささんのFBここまで。
よかった、私のちいさな声でもちゃんと録音されてて。

|

笠木さんを想う、紅茶の時間

141025_cd 昨日4日は、12月22日に亡くなられたフォークシンガー、笠木透さんを想う、紅茶の時間。

笠木さんのつくった歌を、笠木さんの歌ってる歌を、笠木さんの語りを、津幡から、金沢から、福井から、富山から、集った10数人で聴きました。

そのうち、11月のコンサートに来ていた人は約半数。
歌は知ってるけど、笠木さんとはあったことのない人も。
この日はじめて、ここで笠木さんの声を聴いた人も。

CDコンサートなんだけども、1曲終わるごとに、思わずみな拍手。
笑いあり、涙あり、一緒に歌うとこでは一緒に歌い。
ほんとうにそこにいる笠木さんを、いっぱいいっぱい感じあう時間でした。

終わってからはまた、みんなでトーク。
笠木さんから、私たちが託されたもの、終わらない宿題を、どうひきついでいくか、なにができるか。

シリアで、悲しすぎる、やりきれないできごとがあった後だけに、この悲しみや怒りを、憎しみの連鎖にしてはならないこと、なども。 

「平和の暦」の歌詞にあるとおり、「うまず、たゆまず、あきらめず」それぞれの12条、していきます。
笠木さん自身は、その一生をかけて、不断の努力を普段からし続けてきたひとだと思うから。

*******141023_cd

CDコンサートの最中にとどいたおいしいもの。
因島のいんのしまいさんから届いたはっさく大福。もちろん、この日が、笠木さんを想う紅茶と知ってて、この日めがけて送ってくれたのね。ありがとう!

紅茶がおわってから郵便受けをみたら、黄色い封筒がのぞいてた。あ、クッキングハウスからの通信だ。
いそいで封をきると、今号は、笠木さん特集でした。12月6日の、笠木さんと雑花塾の大望年会の時の笠木さんの様子、笠木さんの言葉を、松浦さんが悲しみこらえて書いてくださっていました。

笠木さんが歌詞をプレゼントしてくれたクッキングハウスのテーマソング、「不思議なレストラン」の歌を、みんなで泣きながら歌ったことも。笠木さんからの贈りものは、ともに生きてゆく文化、だということも。

通信の終わりの方のページには、4月17日の出前紅茶、「スウさんのピースウォークーー私の12条宣言」の予告編ものってました。
通信の特集号で、笠木さんとちょぴっと共演できたみたいでうれしかったな。

笠木さんの歌、はっさく大福、クッキングハウス通信、と、笠木さんつながりのシンクロが起きまくった一日でした。

   ******

来たる2月8日日曜日は、笠木さんから歌と表現の種をもらって、小松の保母さん仲間で歌のグループをつくった「旬(しゅん)」の、恒例「新旬コンサート」。
ことしは、笠木透さんを明るく、楽しく、偲ぼう、がテーマ。
ゲストは、やはり笠木さんとの出逢いからフォークグループをつくった、「でえげっさぁ」のみなさん。

午後1:30〜 @小松の陽だまり庵(矢田野小学校横)
無料。おいしいおぜんざいつき。
私も聴きに行きます。

|

2015年2月 3日 (火)

明日の紅茶で、笠木透さんのCDコンサート

110227_ 明日4日は紅茶で、12月に77歳でなくなられた笠木透さんのコンサートを、CDで聴くコンサートです。2:00〜 @水野宅

笠木さんの、ちから強く、そしてユーモアにあふれた語り、歌声。
雑花塾の仲間たちとともに歌う、平和の歌、憲法の歌、原発の歌、いのちの歌。
いい歌がいっぱいはいってるコンサートのCDを聴くコンサート。

心の底から平和を願い、地位や肩書きを求めず、その一生を通じて、ひとびとの歌(そう、まさに、フォークソングだ!)をつくり、歌い、出逢う人たちに、自分の言葉で表現することの大切さを、よろこびを、伝え続けた、とてつもなく大きなひと。

そんな笠木さんの歌と語りを、紅茶につどう人たちと一緒にいま聴くことに、こういう時だからこそいっそう、とっても深い意味があると思う。

私たちに託したメッセージを、笠木さんが遺した宿題を、しっかりとうけとめたいです。
笠木さんの息づかいそのままの語りを、まるごと聴きたいです。

11月のコンサートに来た人も来れなかった人も、一緒に聴きましょう。
明日は福井県からも富山県からも、聴きにくるひとたちがいますよ。

*******

2月の紅茶からのおしらせもあわせてここに。会場はどれも水野宅。

2月18日は映画「日本と原発」上映会 2:00~ 500円

監督は河合弘之さんという有名な弁護士さん。私財をなげうって、この映画をつくりました。 これをみれば誰にでも原発というものがわかってもらえる。裁判官にも、と。

各地で上映会がはじまっていて、評判もよいです。前後10日間あまり、県内で上映会。 紅茶はいちばんちいさな映画館です。県内の他の予定もまた、追って書きますね。
22日は、監督さんのお話つき上映会が教育会館であります。

******110414_

2月25日は、紅茶ピースウォークカフェと銘打って、絵本「戦争のつくりかた」の紙芝居を、奈良井伸子さんに読んでもらいます。

2:00~ そのあとはみんなでフリートーク。参加費は500円です。

今、平和のために語りあいたいこと、きっとみなさんおありでしょう、おおいに語りましょう。

ちなみに、今年のピースウォークは3月21日、金沢の中央公園からタテマチまでを集った人たちと歩きます。
今年は、その日までの間にあちこちで、大中小さまざまなピースウォークカフェがひらかれる予定。紅茶のも、その一環です。

ご都合つく日がありましたらいらしてくださいな、そしてピースウォークもぜひご一緒に!

























|

ちいさんのつぶやきカレンダー

150203_ ちいおばさんこと、木島知草さんのつぶやきカレンダーがとどきました。

今年からは、3月はじまりのカレンダーとなります。(でも1、2月の暦も、今年のには書いてありますからね)。

昨年予約されたかた、どうぞ紅茶までいらしてくださいね。

ご予約なくても多めにお願いしてるので、早いうちならお分けできるとおもいます。いつもどおり、一部500円です。

|

2015年2月 2日 (月)

ワイツゼッカーさんの言葉

Photo 94歳で亡くなられた、ドイツのもと大統領、ワイツゼッカーさんの言葉。
あの有名な「過去に目を閉ざすものは、現在も見えなくなる」がはいっている演説です。

今、この言葉を何度でも読み直したい。

ワイツゼッカー元大統領が1985年5月8日、ドイツの終戦40年の記念日に独連邦議会で行った演説の要旨は次の通り。

*******

 私たちは、この日に向き合う必要がある。自分たちの基準を自ら見つけなければならない。美化し一方的になるのではなく、事実をありのままに見る必要がある。この日は人々の苦難を思い出す日であり、正直に向き合うほど私たちはより解放され、その結果に責任を持つようになる。

 この日はドイツにとってお祝いの日ではない。多くのドイツ人は祖国のため戦うのをよしとした。だがそれは犯罪的な政権の非人間的な目的に寄与するものだった。この日はドイツの間違った歴史の終わりの日だ。

 この日は記憶の日でもある。記憶とはそれが自分の内部の一部となるように正直に、純粋に思い出すことだ。私たちは、独裁的な政権によって殺されたすべての人、特に強制収容所で殺された600万人のユダヤ人を記憶する。

 命を失ったドイツ国民や兵士、祖国を追われたドイツ人を記憶する。ロマ民族や同性愛者、宗教・政治上の理由で殺された人を記憶する。死者の苦しみや、傷つき、強制的に断種され、逃走し、空襲の夜を過ごした苦しみを記憶する。

 どの国も戦争や暴力に罪深い間違いを犯した歴史から自由になれない。罪は少数の者に主導されたが、ドイツ人一人一人はユダヤ人の苦難に共感できたはずだ。良心を曲げ、現実を見ず、沈黙していた。全国民が有罪か無罪かということではない。罪は集団的ではなく個人的なものだ。

 ドイツ人だから罪を着せられるわけではないが、先人は重い遺産を残した。私たち全員が過去に対する責任を負わされている。それは過去を乗り越えることではないし、過去は変えられない。過去に目を閉ざす者は、現在も見えなくなる。非人間的な行いを記憶しない者は、また(非人間的な考えに)汚染される恐れがある。和解は記憶なしではあり得ないことを理解すべきだ。

 若者は当時のことに責任はない。だが歴史から生み出されるものに責任はある。私たちは過去の人間よりましなのではなく、常に危険にさらされている。だが私たちはそれを乗り越える力がある。若者に呼びかける。憎しみや敵意に陥らず、共生することを学び、自由を尊び、平和のために努力しよう。



|

わたしたちが慎重にならなければいけない理由

Cailztsb 朝一番に知った、後藤さんの、あまりに悲しい知らせ。胸がつぶれそうになる。
ご本人にとっても、おつれあいさんにとっても、お母さんにも、お兄さんにとっても、なんと残酷な結果だろう、、、。

首相は、今回のことをもって、集団的自衛権関連の法案作りをどんどんすすめていくだろう。海外での邦人救出のために、自衛隊をどこへでも出せるような法の準備を。
12月の選挙で、集団的自衛権の行使に関してはすでに信を問い、その信任も得てるのだし、と。

この先、わたしは十二分に、慎重でなければならないと思う。
悲しみと憤りの感情まっただ中の時、誰かが 、こうだ、と決めた一方向に、どどーっとなだれ込むわたしであってはならないと思う。

*******

9・11後の、テロとの戦争、という言葉。
アメリカが一つになってしまったかのような、あの時の空気。
その後に嘘からはじまったイラク戦争は、かたちを変えて、まだちっとも終わっていない。

アメリカの大統領がテレビから国民にといかけたのを憶えてる。
正確じゃないかもしれないけど、たしかこんな言葉だった。
Are you with us? or with the ax of evil?
あなたは私側につくのか?それとも悪の枢軸側につくのか?さあ、どっちだ。

私たちの国の首相も似たようなこと、いいだしそうだ。

テロに屈しない、テロを許さない。 テロと闘うために〜〜。
その方法は、自衛隊を外国にだして、有志連合と一緒に闘うってこと?

9・11で亡くなった方のご遺族が、彼の死を報復の理由にしないでほしい、彼はそれを望んでいない、というようなことを言ってらしたのを思いだす。

後藤さんの死を口実に、日本が有志連合と一体になってテロとの戦争につきすすんでいくとしたら、それはもっと残酷なことだと思う、後藤さんの生き方や願いに対して。

もっと残酷なことは、
首相は2人の拘束を知りつつ、また、こんな事態を引き起こす可能性をも予測しながら、エジプトやイスラエルであのような発言をしたこと。

そんな事態がおきたらそれをてこに、自分の思う方向へと世論を誘導しやすい、と思ったんでは、とかんぐりたくさえなる。もしもそうだとしたら、もっともっと残酷だ。

*******

私たちが慎重にならなければいけない理由は、今回とてもはっきりした。

イスラム国と闘う中東諸国を支援する、という発言が、ISにはこのように利用されるのだ。
だとしたら、憲法9条を変える、と言った時、変えた時、日本はいったいどんな危険にさらされるのか、ってこと、想像しなくちゃならない。

戦後70年。
日本は戦争をしない国、相手を攻撃しない国、9条を持つ国だと、信じられてきたことが、どれだけこれまでのわたしたちを守ってきたか。

「私の細胞は平和憲法でできている」
これは、イラクで拘束された高遠さんの言葉だけど、わたしの細胞だってきっとそうだ、って、今回のことで、今あらためて思ってる。

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »