« ふたたび、シール投票 | トップページ | 5月の詩の時間 »

2015年5月15日 (金)

今日のシール投票報告

安保法制、閣議決定翌日の、シール投票。

はじめに、あすわかの徳田弁護士さんによる、安保法制のミニミニ青空勉強会を、立ったままで聴く。
なるほど〜、えーそれも?これも?と10+1の法案の中味がおぼろげながら見えて来る。自衛隊の出ていくところ、することが、こんなにもふえて、変わっていこうとしてる!

そのあと、シール投票を2時ころまで。この安保法制に、あなたは、賛成?反対?わからない、の三択で街行く人たちに貼ってもらいました。

150515__3 今日は、ピースウォーク仲間もたくさん駆けつけてくれたおかげで、おとといより多くの人に声をかけることができて、大きなボードがシールでうまりました。
きのうの安倍さんの会見やその後のニュースを見たも多くて、さすがに、おとといよりは手応えある反応。

背広姿の男のひとが、黙って「反対」にシールを貼る場面が、何度も。これは今までにないことでした。
ひとりのおじさん、「(反対に)一枚じゃ足りない、もっともっと貼りたいくらいだ、もう、問題外だ!」と。

とりわけ今日は、たくさんの中高生が参加してくれたのがよかった。中味まではよくわからないなりに、関心もって話も聞いてくれて。

投票結果は、賛成16 反対129 わからない92 でした。

真剣に考えながら、反対、のシールを貼った中学生の女の子が、「もったいない、いのちが、、」ともらした言葉が、胸にくいこみました。

賛成の数はすくなくても、その人たちは、「意見」を持っている(ようにみえる)。
・中国せめて来たらどうするのよっ!日本だけじゃだめなの!という女のかた。
・アメリカと仲良くしないと日本が生き残れない(中学男子)
・いざという時、やっぱり自衛隊がでていかなきゃ。徴兵制も国がきめたら、しょうがない(中学男子)
・自分のことは自分で守らないといけないと思うから。

かんちがいしてる人も、安倍さんの言葉を信じてる人も、この中にいるなあ、と思
う。でもシール投票は、不特定多数のひとの声をきくこと、世論を感じさせてもらうこと、シール投票を通して関心を持ってもらうこと、が目的だから、こちらの意見をおしつけることは、しない場。
率直な意見を知り、それに対して、自分はどう返していったらいいのだろう、と自分なりに考える、そういう宿題を、今日ももらったシール投票でした。

参加してくれたみなさん、手伝ってくれたみなさん、ありがとう。
みんな、ちいさな12条を、今日もしたね!

|

« ふたたび、シール投票 | トップページ | 5月の詩の時間 »