« シール投票しました。 | トップページ | 今日もシール投票します。 »

2015年5月14日 (木)

ダキシメルオモイ 紅茶での最終日

香林坊でのシール投票から、もどって、紅茶をあけて。
ダキシメルオモイの最終日、見たくて、と迷子になりながらいらしてくださった方達、ありがとう!

今日の午前中、小松の勝光寺さんに、紅茶でひと月余り展示したダキシメルオモイたちを、お届けしにいきます。みさなんからいただいたカンパもおもちします。

小林さん、ありがとうございました。

最後の最後に駆けつけた方の感想がとてもうれしかったので、ここでもシェア。

このKさん、小林さんが紅茶用のファイルにおさめた、避難した方たちのメッセージを、残らず朗読してくれました。
最終日にふさわしい、心にしみるエンディングでした。

**********ここから、Kさんの感想です。

そして、今日紅茶での最終日。閉店ぎりぎりで到着。見せていただきました。

お部屋に入ると、目の前に飛び込んできました。直接見る画布に書かれた等身大?の絵は、やさしさより、力強さを感じました。

何より、描かれた方たちを、駆け寄って抱きしめたくなる絵でした。お母さん、お父さんが、子どもさんたちをどんなに強く強く抱きしめていることでしょう。

「ハグ」という言葉をよく耳にしますが、「ハグ」という響きは軽々しく聞こえます。「ダキシメル」ということは、そんな軽いものではない。息が止まるほど、ギューッと、力いっぱい抱きしめて離さないということ。

この絵は「ダキシメル」意志を感じました。理屈ではない親の思い。子どもたちの命は、私が護る。体を張って子どもを庇う必死な「オモイ」を見ました。向こうが透けて見えるような、ムシロバタのような、画布なのに。

ありがとうございました。mさん、Iさん、ありがとうございました。

*******

150429_ なお、小林さんのダキシメル、のポストカードは紅茶にまだありますので、ご希望のかた、おわけできますよ。

|

« シール投票しました。 | トップページ | 今日もシール投票します。 »