« 桐生悠々展 | トップページ | 芽が出た!今日は律子さんのおはなし会l紅茶 »

2015年5月20日 (水)

丁寧な説明。

名古屋のバンドエイドこと坂東弘美さんのがま口塾ブログ
http://gamaguchi-jyuku.seesaa.net/
と紅茶なきもちブログは、ほんとによくシンクロする。
バンドエイドが、私たち、感覚双子?!っていうくらい(笑)同時に同じことかいてたりする。
うん、まさに、平和と戦争への周波数が、酷似してるんだ。

安保法制のシール投票を金沢でした時の、賛成票を投じた人たちの意見、
・中国せめて来たらどうするのよっ!日本だけじゃだめなの!
・アメリカと仲良くしないと日本が生き残れない(中学男子)
・いざという時、やっぱり自衛隊がでていかなきゃ。徴兵制も国がきめたら、しょうがない(中学男子)
・自分のことは自分で守らないといけないと思うから。

これを紅茶のブログで読んだバンドエイドが、「こういうことこそ家庭で論議すべきこと、こういう質問に私たちがどう、丁寧に返して行けるか」ってがま口塾ブログで書いていたけど、まさにまさに。

それに私としたら、安倍さんが会見でいった、
「日本が、戦争にまきこまれるようなことは、絶対に、ありえません」
にも、自分の意見を持って反論したいと思う。

アメリカその他の国がしてる戦争のお手伝いに、後ろの方(後方支援)にしたって自衛隊が武器もっていけるようになる「国際平和支援法」。
行くのは現在、戦闘現場じゃないとこだよ、というけど、そこはあした、戦闘現場になるかもしれないとこで。
そこに武器持っていく日本の自衛隊の隊員さんは、当然、戦争にまきこまれるわけで。
そこが危険になったらすぐに退避させます、と安倍さんは言ったけど、そんなことできるわけないと思う。
(先日、金沢にみえた柳沢協ニさんも、そういってらした)

木村草太さんが報ステで、
「私たちは戦争を知らない、というけど、知ってますよ。今、世界のあちこちで現に戦争しているでしょ、私たちは知ってるんですよ、戦争を」
と。これにも通じる話です。

日本国内で戦争していなければ、日本が戦場になっていなければ、私たちは戦争を知らない、ということにしていいのか。
自衛隊の人が中東かどこかの戦争で殺し殺されても、それは私たちとは関係のない戦争なのか。
「日本が巻き込まれることは絶対にない」と安倍さんがいいきったこと、
そこには、外国の戦地で戦死するかもしれない自衛隊のひとのいのちは入っていない、ということ。

1800人の自衛隊員がすでに殉職しているのです、と安倍さんは言ってた。
でもその中に、戦争に巻き込まれて戦死した人は一人も居ない。9条が、殺させなかった。他国の人も、自衛隊の人のいのちも。



|

« 桐生悠々展 | トップページ | 芽が出た!今日は律子さんのおはなし会l紅茶 »