« アメリカでの演説 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネの日々 »

2015年5月 3日 (日)

そうだかずひろさんの言葉

5月2日の北陸中日「こちら特報部」で、想田さんのコメントが紹介されていた。

国民は衆参の選挙で、自民党の憲法無視の提案に、消極的ながらお墨付きをあたえているということを自覚しないと、と。

「国民自身が憲法を軽視して、自民党の提案を黙認して来たことをまずはみとめること、そこから出発しないかぎり、有効な手だてはみつかりそうにない」という厳しい指摘は、耳にここちよくはないけど、ほんとのことだと感じるのです。

○○はひどい、野党がだらしない、と、ひとのせいにする前に、自分はちゃんと憲法をいかしてきたか、権力に憲法をまもらせるための不断の努力、12条をしてきたか、って、自らに問わないといけないんだ。

12条することをかつてはさぼっていた私だったと認めます。認めた上で、自分のできることをしなくちゃ、ってますます思うのです。

***********

想田 和弘さんの言葉
  ↓
新聞記者の方から「いまや憲法が事実上停止したような状況ですけど、何か打つ手はありますかね」と聞かれたので、「できることはほとんどないと思います」と答えました。

「憲法が事実上停止したような状況」は、残念ながら多数派の主権者によって容認ないし黙認されているからです。消極的支持かもしれませんが、要は民意に支持されているのです。日本の政治体制はまだいちおうデモクラシーですから、「民意」がそうならどうしようもありません。

したがって、われわれにできる数少ないことといえば、いい加減「安倍首相は主権者の意思を無視している」という認識と話法を捨てることだと申し上げました。安倍首相によるデモクラシーの破壊が、主権者の容認ないし黙認ないしネグレクトのもとに進んでいるのだという厳しい現実を直視するのです。

だってそうですよね。安倍自民党に三権分立や立憲デモクラシーに対する敬意が欠けていて、むしろそれを破壊しようとしていることは、自民党改憲案が公表された3年前から分かっていることです。それに「ノー」を言う機会は、少なくとも国政選挙だけでも3度あった。でもそれらのどの機会でも「ノー」の声は少数派でした。秘密保護法の強行可決や集団的自衛権容認の閣議決定、メディアの統制など、僕から言わせれば「暴挙」としかいいようのないことがあっても。

今回の米国議会での演説内容や日米ガイドラインの合意も違憲行為ですけれど、残念ながら、それを厳しく問う声はそれほど強まらないのではないかと感じています。主権者の多くは、彼の行為を容認しているように感じるからです。

私たちは、そういう「認めたくない現実」を認めることから出発するしかないのではないでしょうか。

|

« アメリカでの演説 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネの日々 »