« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月29日 (月)

バンドエイドと、花色木綿としきんそう合唱団コンサート

150628_ ひささんのとくべつ紅茶の日の夜は、遠方よりのなつかしき友、名古屋のバンドエイドこと、坂東弘美さんと多いに語り合いました。

私たちは、感覚双子か?!と思うほど、社会や政治をみてて感じる事がにているので、お互いのブログに、しめしあわせたわけではないのに、まったく同じ記事をとりあげてたり、同じ事かいてたりして、そのシンクロにいつも、ぎゃ!ぎょ!ってなっちゃう。
バンドエイドがこの日、津幡に泊まったのは、翌日に金沢で「金沢紫金草合唱団」15周年記念コンサートがあるためもあってのこと。

中国との戦争からもどった日本人兵士が、中国で見たうつくしい紫の花の種をもちかえり、その種を日本中に蒔いていった。その花、むらさきはなだいこんの物語が絵本になり、そこから合唱組曲が生まれて、今も全国のしきんそう合唱団によって、歌い継がれているのです。
この合唱団は、北京でもコンサートをひらいたけど、それは中国の国際放送局で当時おしごとしていたバンドエイドがかの地にいて、日本の合唱団と北京とをつないでくれたおかげでした。

バンドエイドと中国とは深い関わりがあり。今は、マンガ「はだしのゲン」の中国語版をなんとか中国で出版にこぎつけようとふんとうしてる真っ最中です。

*****

コンサートの前に、ちょうど花色木綿さんで開催中の、「写真が語る沖縄 戦後70年と今」をバンドエイドと一緒に見ました。

花色さんでは、2週間前にも「被爆二世の写真展」を見たばかり。尾崎神社の向かいの町家カフェが、このところぐんぐん、とても有意義な空間となり、いろんな人と人が出逢える、語り合える、貴重な場所になっています。

昨日も、今回の写真展にあわせて来沢された、フリージャーナリストの森口豁(かつ)さんにお会いできました。お話はコンサートの時間と重なっていたのでお聞きできなかったけど、森口さんの撮られた米軍占領下の沖縄の写真集「アメリカ世(ゆー)の記憶」を購入してきました。お話で聞けない分、このご本を読ませていただこうと思っています。

写真展は今日まで。花色木綿さんでは、豊里友行さんの写真展が、歩いて2分の西町教育研修館では、森口さんと森住卓さんの写真展がひらかれています。どちらも今日の6時まで。

|

2015年6月28日 (日)

ひささんのお話とくべつ紅茶

150627_ 昨日はつめたい雨の日。でもまわりのみどりにつつまれた紅茶の空間は、ぬくかったなあ。越前のラクガキ屋HISAさんこと、ひらたひさこさんのとくべつ紅茶。金沢や富山、福井、津幡、そしてもっと遠くから来てくれた10数人で、ひささんの自分語りをおききしました。

一卵性のふたごの、一分遅れの妹として生まれたひささん。
自作の絵本「光り届く あたらしい朝」は、中学で家をでて、一人で社会の中にでていった自分のことを、それとほぼ同じ時間をかけて一冊のものがたりにしたもの。うらがえせば、それだけの歳月が、かたちにするまでに必要だった、ということ。

ひささんは、小さな絵本を一ページずつ読んでくれながら、そのページの奥にある深いきもちを、そのページごとに語ってくれました。

ある時、おかあさんからもらえた、たったひと言のうれしさで、絵でつたえるひとになろう、と決めたときのキモチ。
子どもの時から感じた、差別やいじめといった、たくさんの不条理。
なんでだろう、なんでだろう、といつも考えるひささんが、いたんだなあ。
学校にもういかない、と自分できめて、家をでようと自分できめて、しらない町で暮らそうと自分できめて。

人生の場面場面で、出逢ったひとのぬくもり、つらいときや迷った時に、あとからおもえば必然だった、貴重な出逢いがあり。
おおきなおおきな自然のちからにも、たすけられてきたひささん。
そしてある時にもらえた、ほんとうは大切で大好きなひとからもらえた、和解の言葉。
あとからわかる、ってことが、人生にはいっぱいあるんだねえ。
ほんとに、のち悟らん(これは私の父のくちぐせ)、だねえ。

ひささんは今も、考えることをやめない。
不平等なこの社会のこと、原発のこと、憲法のこと、政治のこと、戦争と平和のこと。
右へならえ、の学校教育に、あんまり長いことつかってなかったってことが、自分で考える、ってことにつながったのかなあ、というようなことを、ひささんが自分のFBで書いてたけど、うん、私もそう思う。

*******

ひささんのお話きいて感じたきもち、自分の育って来た環境や、親との/わが子との関係性などなど、きもちキャッチボールタイムでそれぞれ話しました。
ゲストのお話から触発されて、自分のきもちを語る、こういう時間がいつもとてもすき。
一般論で語らない。自分の言葉で語る。ひささんの生き方を、すごい!のひとことでしめくくらずに、自分だったらどうするだろう、と我が身に引き寄せて、考える。

そうやって考え続けることが、今のわたしたちにはとっても必要だよなあ、と今のこの国をみてて、すごく思うよ。
これまでも、そしてこれからはもっと、自分の頭で考えないような教育がおおでをふるいそうだから、なおのこと、そう思うよ。

ひささん、お話にきてくださってありがとう!おつれあいさん、小さい方の娘さん、ひささんを連れて来てくださって、ひささんが落ちついて語れる時間確保のご協力、ありがとう!

150628_ 写真は、ひささんが紅茶にプレゼントしてくれた、ピースアクション用のプラカードです!

|

2015年6月26日 (金)

明日は、ひささんのとくべつ紅茶

明日27日は、とくべつ紅茶。

越前にお住まいの絵描きさん、ひらたひさこさんをおむかえして、お話を聴きます。
お話のタイトルは、「わたしの選んだゼロ地点 17歳(あのとき)の気持ち」

150226_ お話の芯になるものがたりは、「光り届く あたらしい朝」という美しい絵本にもなっています。
ひささんのこれまでの作品、絵本や詩集やポストカードもこの日、もってきてくださるので、その場で、お求めいただけますよ。

2:00〜5:00@紅茶・水野宅。 
参加費は、500円。
紅茶は1:30からあけています。

天気予報はどうやら雨のようです、
福井からも富山からも、もっと遠くから見える方もいます。みなさま、どうぞ気をつけていらしてくださいね。
お待ちしています。

|

野火

150625_ 夕べ、塚本晋也さん監督・主演の「野火」の先行上映(日本の映画館で最初)、監督さんのトークつき@金沢シネモンド。

原作は大岡昇平さん。
映像もだけど、音楽も、もうあまりの衝撃で、はじめっから自分で自分の腕をぎゅううっと押さえたまま金縛りにあったようで、映画見おわった時は腕にツメあとが残ってた。おわった直後は声もでず。

生きてた者が、一瞬でモノになる。
戦争ってどういうものが、瞳孔みひらきっぱなしで見てほしい。
あびてほしい。

と、塚本監督。
ずっと映画に作りたいと思い続けて来た。
加速度的に近づいて来てる、今作らないと作れないと思った、と。

アレンネルソンさんが、戦争映画からは血の匂いがしない、といってたけど、
この映画からは、した!

残虐で、凄惨で、人が人でなくなっていく、そのまわりで、自然はなんて大きい、うつくしい。紅いケイトウが、なんて紅い。
人間はほんとうにちっぽけ。
私たちは、一体なにをしているんだ?

安倍さんに今一番見せたい映画、石破さんにも中谷さんにも。
7月25日よりシネモンドで上映開始。ぜひぜひ、見にいってくださいませ。

映画がこわくて、夢にまでみそうだったけど、昨日は朝から出てたのでさすがに疲れて、綿のようにねむりました。

|

2015年6月23日 (火)

明日の紅茶で、「生きづらさの理由」

150618_ 明日の紅茶はふつう紅茶ですが、
「生きづらさの理由」ミニミニDVD上映会。

自閉症や発達障害の若者たちが、彼らのペースで学んでいるひふみ学園に、MIZUHOさんが3年通ってつくった番組。

ひふみの先生たちと彼らのやりとり、おうちでの様子、おかあさんのきもち、彼らが学園を卒業してはたらいてる姿、MIZUHOさんがていねいに取材しています。

番組は約1時間。2:00〜うちのテレビでみます。
見終わったらまた、感想など、話し合おうね。知らずにくる方もよかったら、一緒にみませう。
参加費はもちろんいりません。

150621_ 家にあがる階段の途中に、白い花々がおちているかもしれません。
今がさかりの、沙羅双樹の樹。夏椿、という別名もある花、ほんとに一日でちってしまうのです。はかないうつくしい、大好きな花です。

|

金沢市議会の意見書のこと

おとといのピーススタンディングにかけつけた人が、NHKのニュースで知ったんだけど、ショックだった、とこんな話をしてくれました。

全国の地方議会が、安保法制に対して賛成/反対の意見書をだしてる。圧倒的に「反対」や「慎重に」が多い中で、
「賛成」はたった3市議会なんだけど、なんとその一つが金沢市議会なんだって!と。

スタンディング中のみんなも一瞬ざわめいたのだけど、金沢市議会の意見書がだされたのは、去年6月、つまり、集団的自衛権閣議決定もまだされていない時期だったことが判明。
ちょうどそこに来てくれた市議の広田みよさんが、あとからくわしい報告をFBにアップしてくれました。

みよさんの解説を読んではっきりわかったけど、金沢の賛成意見は、今がそうです、という意味じゃ必ずしもない、ってこと。
金沢市民にとっては不名誉でも、全国的に見れば、圧倒的に地方議会は安保法制に反対してる、ってことがわかります。

このNHKニュースでまちがってるのは、ここの部分。
「去年7月の閣議決定以降、先週までに、全国の地方議会のおよそ14%に当たる246の議会から提出され、国会に受理されていることが分かりました。」
金沢の意見書は、その決定前にでてるわけなので。

そして不名誉な部分は、ここ。
「さらに、それぞれの議会の意見書の内容を調べたところ、▽賛成の立場が3つの議会、▽反対の立場が181の議会、▽慎重な審議を求めるものが53の議会などとなっています。
このうち賛成の立場では、石川県の金沢市議会が「我が国を取り巻く安全保障環境は急激に不安定になりつつあり、安全保障法制の整備を推進するよう強く要望する」としています。」
でも、これよんだら誰でも、今が今の話って思ってしまいますよね。

***

これを書いた後で、金沢市の安保法制に対する意見書(去年の6月21日に出されたもの)について、市議会事務局にお電話してみました。
とてもていねいにくわしく説明のうえ、どのような意見書を提出したかもファックスで送ってくださいました。

「安全保障法制の整備を推進するよう強く要望する」という意見書で、内容的には、安倍さんが集団的自衛権行使容を含む与党協議を開始したのにあたって、それを先取りして後押しする、といった意味あいのもの。

でもその文面を読むと、さすがに1年前のものなので、今国会で審議されてる安保法制の中味とは多少ピントがずれてる感がいなめません。
(と、市の担当の方もおっしゃってました)

だからなおさら、これがNHKの全国調査にのったのは残念。
衆参の事務局がNHKに閣議決定前の分の金沢の意見書も加えて応えたことがミス、
また、一つ一つの意見書がいつ出されたのか、きちんとチェックしなかったNHK側の不備かもしれません。

もともとは、金沢保守議員会というところからこういう意見書を出したいという提案がでて、
それを6会派で話し合い文面など多少調整して、5会派が賛成したので、意見書として採択されたものだそうです。

4月の統一地方選で、議員の顔ぶれも去年とはかわってきています。
今年の6月金沢市議会に、うんと注目、です。議会の最終日は7月3日。

意見書採択の時に、賛成反対意見の討論がおこなわれるのがどうか訊いたところ、多くは会派間で事前に話しあって一応の結論をだしておくので、
3日の意見書採択は形だけのものになりやすいとのことでした。
その結果は翌日の北陸中日の紙面でわりとくわしく載るようです。

みよさん、森さん、熊野さん、こんな意見書がきっとまた例の会派からだされるでしょうが、採択させたくないね!応援してますね!

|

2015年6月21日 (日)

21日のピーススタンディング@金沢

150621_ 金沢のピーススタンディングには、たぶん25、6人くらいが参加してくれました。おわりがけにファミリーや子ども連れでかけつけてくれた人もいて、いろとりどりのボードやうちわが、とってもきれい。ちいさな子どもたちの参加もうれしい!!子どもたちの吹くシャボン玉が空に舞ってました。

何か自分も行動せねば!と、珠洲から、七尾から、能美から、駆けつけてくださった人も。みんな、ありがとう!一緒に立って、意思表示できてうれしい、今はもう、大きな声で、NO!といわなきゃなんない時ですもんね。150621__2

*********

最初に、みゆきちゃんのミニ報告会。「金沢の主婦」である彼女が、国会議員会館にまで行っちゃったいきさつ。それは単に、あべさんとしいさんの論戦(後方支援は武力と一体化そのもの)を書き起こしてFBにアップして、それが爆発的にシェアされたから、だけではないのでした。

日ごろから、都合良くきりとられ、操作された情報に踊らされずに、大事な情報をキャッチする感度いいセンサーを立て、ぴぴ!ときたものをすばやくとらえて即、これまでも発信し続けてきた、そういう美由紀ちゃんだからこそ、数ある国会論戦の中から、あの部分まるごとの書きおこしをすることができたのだ、と美由紀ちゃんの話を生シェアしながらつくづく思ったよ。

民主党の原口さんをして、「一人の市民のしたことが国会のありかたを変えるほどのちからをもちうる」と言わしめた、こういう一人ひとりの行動が、つながって、連鎖して、大きな潮目をつくることができる。それをいま、たくさんの人が感じ始めてる。

金曜日の国会前のSEALDsの若者たちのキャッチフレーズは「本当にとめる!」です。若者たちの本気に、おとなたちも本気で本気ださんとねと感じるお話でした!
生シェアできなかった人は、みゆきちゃんよんで、もっとたっぷりの時間で、報告会ひらいて聴いてね!
美由紀ちゃんの報告、とてもリアルで臨場感あって、やっぱライブで聴くっていいなあ、って思ったからね。

******

150621__3 そのあとは、参加してる人が順に、みんなとむかいあって立って、自分の想いをミニスピーチ。
マイクなしでもきこえる一人ひとりの声。このシェア感もとてもよかった。
みんなの前に立つと、お〜〜!この人数でもけっこう迫力あるじゃん。
何してるかわかって拍手しながら通って行く人もいたよ。
スタンディングしてみてよかった!です。みんな、来てくれて、ありがとう。

空にも感謝。立ってる間は降りませんでした!       *****

今日は、京都で、SEALDs Kansaiの若者たち中心のデモがくりひろげられてる。2000人くらい参加してるそうです!

******

追伸*

翌日の北陸中日の記事です。

安保法案 草の根ノー ボード掲げ 声上げ行進 金沢
http://www.chunichi.co.jp/…/20150622/CK2015062202000055.html

|

今日、ピーススタンディング

朝から雨だ〜〜〜雨のなかのスタンディングになるかなあ。どうか晴れてくれ〜〜。

150620__4 ボードは字だけだとちょっとさびしかったので、ひささんのポストカードにもくわわってもらいました。ひささんも参加してくれてる気分!!
女の子が種をまいていてるのと、あかちゃんをおんぶしてるおかあさんの上に、かさぐるまがまわっているの。こっちのは、3年半ぐらい前、越前にお話に行った時に、ひささんが描いてくれたポスターのなかの一部。

******

6月21日(日)安保法案=戦争法案へのピーススタンディングします!
11:50@金沢の四高記念公園(旧中央公園)時計台下あたりに集合、
12:00〜15分くらい、小原美由紀さんの青空ミニミニ報告会

AB(あべ)さんとC(しい)さんの国会審議を美由紀ちゃんが書き起こしてFBに投稿。その爆発的シェアがきっかけで、6月12日、国会議員会館の原口さんに会ってきたお話+夜は国会前でSEALDsの若者たちとの集会に参加したお話など、美由紀ちゃんからじかに聴いて、生シェアしませんか。
12:15〜1:15 その場で、めいめいが意思表示のボードやプラカードをもって、ピーススタンディング。もちろん、身一つで来てくださっても、大歓迎。

|

ミントレイノでオルゴールセラピー

150620__3 昨日は、白山のミントレイノで、オルゴールセラピー。
月いちのコミュニケーションの練習の場、ともの時間の仲間たちと、初の移動勉強会、というより、たまにはこんな自分へのごほうびタイムを自分にプレゼントするのもいいよね、ってことで計画してたもの。

150620_ 霧雨で、緑のより濃い、ミントレイノを囲む森の木々。
ランチにでてきた、白山麓のとれたて野菜のサラダ、15.6種類はありそうな野菜の、一つ一つがあまいこと、なんと野菜そのものの味がすること!
オルゴールセラピーを一時間半あまり、たっぷり。

7つある木のベッドが私たちでちょうど満員。
頭の上からふってくるカンパネルラにつつまれて、わたしはもう即!あっちの世界へ。なんども体験するうち、響きをすぐ体で感じるようになってる私なので、味わう間もなく、ねちゃうのです。
でも、セラピストの高田さんによると、体は寝てても聴いてるそうなので、もったいなくはないのだ。

いびきかいて寝てるのに、起きてるもう一人の自分がいたひと。
なぜだかいっぱい涙がでてきたひと。
すっきりしたひと。
はじめ、からだの弱いとこがいたんだけど、そのうち痛くなくなったひと。
私はほとんどねちゃってたのであたらしい感想はないのだけど、始まる前は足がつめたかったのが、おわったらぽかぽかしてたよ。血流がよくなって、体温があがるのは、いつも経験ずみでした。

この日は、ともの仲間たちが時間やりくりして、遠い場所まで来ていっしょにオルゴール聴けたことがほんとにうれしかった。いつもよりみんなちょっぴりおしゃれさんしてやってきて。
ランチしながらの気分調べや話したいことを話すときは、これまでのやく10年間で、自分も家族も、きづけばずいぶん変化してきてるのがわかるお話がいっぱいでて、それもとってもうれしいことでした。150620__2

ひとって、家族って、○○したい、の願いがある時に、具体的に自分からうごいていくと、何かが少しずつ変化していくのだよなあ。
家族はシステムだから、ちいさな変化がめぐりめぐって変化を伝播させていくのだなあ。
それをとりわけ強く感じたこの日のともの時間でした。

ワイルドだったハーブガーデンが、今少しずつまた手入れされてきて、和のハーブがたくさん植えられていました。白山瀬戸野の信号からすぐです。ミントレイノ、ぜひいちどおたずねください。オルゴールセラピー受けるにはお電話予約がいりますが。076−256−7660

|

2015年6月19日 (金)

21日、ピーススタンディング!

150619_no あさってのピーススタンディング用のボードをつくりましたっ!
これなら遠くからでも何してるかわかるでしょ?
すべて切り絵でつくってみました。

*******

6月21日(日)安保法案=戦争法案へのピーススタンディングします!
11:50@金沢の四高記念公園(旧中央公園)時計台下あたりに集合、
12:00〜15分くらい、小原美由紀さんの青空ミニミニ報告会

AB(あべ)さんとC(しい)さんの国会審議を美由紀ちゃんが書き起こしてFBに投稿。その爆発的シェアがきっかけで、6月12日、国会議員会館の原口さんに会ってきたお話+夜は国会前でSEALDsの若者たちとの集会に参加したお話など、美由紀ちゃんからじかに聴いて、生シェアしませんか。

12:15〜1:15 その場で、めいめいが意思表示のボードやプラカードをもって、ピーススタンディング。

国会での安保法制審議、憲法学者さんたちの意見、聴くほどに知るほどに、この法案の憲法違反ぶりやごまかしや拡大解釈があらわになってきています。
それに対する、それぞれの意思表示を、街行く人たちにも見えるかたちで示したいのです。大きな文字で書いたボードか、ピース旗か、ポスターか、何かしら持って来てもらえるといいな。
あ、でも手ぶらできてもいいのですよ。身ひとつでいらしてくださるも可!

|

学校保健委員会+七尾

昨日の午後は、小松の中学校の学校保健委員会へ。
全校生徒さん+先生たち+校医さん+歯医者さん+薬剤師さんも出席しての、保健委員会。子どもたちの発表や保護者さんたちからの発表もある形式のは、小松だけではないかな。これまでも保健委員会への出前は、小松市内だけだもの。

この日の生徒さんたちのアンケート調査は、いわれてうれしい言葉、やる気が出る言葉、その逆のやる気がなくなる言葉、という内容だったので、私の話ともぴったりリンクしてた。

「あなたは、ほかの誰ともとりかえがきかない」という題で、45分間。そのなかに「ほかの誰とも」の歌もはいるので、話自体は40分弱。でも伝えたかったことはたぶん、伝えられたと思います。私の15歳の時の話もできたし、ね。

おわってから、雅子ちゃん先生のいる保健室で放課後紅茶。
生徒さんをおむかえにくるおばあちゃんが、もぎたてトマトをもって登場。えええ〜〜、こんなにいっぱい!

*********

たくさんトマトをいただいたのでうれしいおすそわけをしよう!とおもって、トマトともども、七尾線に乗る。
この日は4ヶ月ぶりの一本杉通りおかみさんたちの会なのでした。
めっちゃ中味の濃い勉強タイムとなり、みんなの頭はパンクしそう!
なにせ、お商売で一日疲れた上に、憲法草案について勉強したんだものね。

おかみさんたちに見送られて、終電車にのるためいつもの時間に七尾駅にむかったら、あれれ?電車とまってないな〜、え?もしかして?がび〜〜〜ん、3月のダイヤ改正で、もういっちまってた、、、。

なので、昨日は駅前のビジネスホテルにとまりまして、朝帰り(笑)。ま、でも終電の七尾線で寝過ごす恐怖(なんどか経験ずみ)が、そのおかげで心配なかったわけで。

まあさんが東京にいってるので、万一うちに電話して不在を心配されるといけないので、こちらから電話。夕べは父娘で国会前にいったとのこと。
寂聴さんもきてお話してたって。娘いわく、平均年齢高いデモやったよ、と。
それはね、93歳の寂聴さんもいたしね、SEALDsの子たちのいる金曜日じゃなかったしね。

|

2015年6月18日 (木)

マガジン21号がアップされました。

「お待たせしました。無料web版 対人援助学マガジン21号がアップされました。新連載も続々です。ご覧ください。」と、このマガジンの編集長、団郎さんからのお知らせです。

http://t.co/XgyuX5n8Ba

毎回、あたらしい書き手さんがふえる、不思議でわくわくしちゃう、このwebマガジン。

団士郎さんが編集長さんしてる、ウェブ上のこの雑誌。もう21号になるんだね〜〜年4回なので、もう6年目にはいるってことだ。  

クリックして、世界のどこからでも、どの人のページも、読むことができます。
目次のところから、自分の関心あるひとのページを読めます。どれも結構長い文章がおおいので、そのひとの分だけプリントアウトして読むのが、おすすめ。  

最初の方の、著者短信、をよむと、どんな人たちが書き手さんしてるか、わかるよ。私もすぐにみなさんの全文は読めないけど、この短信はとても楽しみにして早いうちに読みます。

このマガジンは、今、という時代の貴重な記録。私も「きもちは、言葉をさがしている〜紅茶の時間とその周辺」と題して、ずっとここに書かせていただいています。

|

27日のとくべつ紅茶は、ひささんのお話。

150614_ 6月27日、とくべつ紅茶のゲストにおむかえする、絵描きさんのラクガキ屋HISAさんが、FBでこんなふうに書いてくださってます。

*********

6月27日(土)14時〜「わたしの選んだゼロ地点 17歳(あのとき)の気持ち」
石川県津幡の水野スウさん宅で、お話をさせていただきます。ご参加されたい方は、スウさんかわたしに。

水野スウさんは、「きもちは言葉を探している」や「ほめ言葉のシャワー」などの作家であり、週に一度のオープンハウス「紅茶の時間」を32年間、開いておられます。

「特別紅茶」の日は、ゲストの日。
27日は、わたしがゲストとして伺います。わたしのほうが、みなさんに教えていただきたいことがあるくらいで、語り合いの時間を楽しみにしていますがぜんぜんレールの上を歩いて来なかったへんてこりんなわたしの今までをしばし聞いていただけたらうれしいです。

子どもたちに、様々な評価がつく時代です。
診断、成績、偏った教育、こうでなければ、こうであるべきが、ますます子どもたちを不自由にさせていくような、そんな社会の流れを感じながら私も子育てしています。

そんな時代に、少しでもわたしの経験が「それでも生きていく」力になればと願います。不登校の子たちとお話すると「ヒサさんみたいに生きてきた人もいるんだから、わたしも生きていける!」と言ってくれるときがあります(笑)

わたしは、それがとてもうれしいです。立派じゃない、地位も名誉もなんにもない自分で、よかった・・!と思うのです。

排除して切り捨てていく世の中でなく、誰もが生きていける、生きていい世の中を望みます。

「紅茶の時間」は、県外からもお客さまが来られます。
そこは、普段語り合えないことが安心して口に出来るようなスウさんが、毎週毎週積み重ねてきた優しい時間が流れています。

*******

ですって、こんなふうに書いていただいて、うれしいねえ。
27日は、1:30open
2:00〜ひささんのおはなし。ティータイムときもちキャッチボールタイムはさんで、5:00まで。参加費は、500円。ひささんの詩や絵や絵本、ポストカードなど、その場で分けていただけるものもお持ちくださいます。手にとってごらんになって、その場でお求めいただけます。150614__2

|

福井からのあじさい きのうの紅茶

150618_ きのうの紅茶には、福井から初のお二人が見えました。
そのうちの一人、まさみさんと私のご縁のきっかけは、たかはしべんさんだったって。それもずい〜〜ぶん前に、私の名前をべんさんから聴いていたのですって。

そこへちょうどやってきたMIZUHOさん、話してるうちに、まさみさんとFBつながりだったことを同時に発見!して、きゃー、わ〜、と固い握手。こんな場面にたちあえるって、しあわせなきもちね。

この日の紅茶で、学校の話や、行きにくい子どもたちの話や、「君が僕の息子についておしえてくれたこと The reason I jump」の話、などなどでて、MIZUHOさんのつくった番組「生きづらさの理由」の話題もでて、それ、うちに録画あるよ、ということから、紅茶で見ようか、となり。
そうやって話が連鎖していったことで、来週、6月24日のふつう紅茶で、録画を見ることにしました。

自閉症や発達障害の若者たちが、彼らのペースで学んでいるひふみ学園に、MIZUHOさんが3年通ってつくった番組。ひふみの先生たちと彼らのやりとり、おうちでの様子、おかあさんのきもち、彼らが学園を卒業してはたらいてる姿、MIZUHOさんがていねいに取材しています。

番組は約1時間。2:00〜うちのテレビでみます。見終わったらまた、感想など、話し合おうね。知らずにくる方もよかったら、一緒にみませう。

******

写真は、福井からのすてきなあじさいと、まさみさん手作りの、本物の緑つきウエルカムボード。150618__2

|

2015年6月17日 (水)

21日、ピーススタンディングします!

150617_ 6月21日(日)安保法案=戦争法案へのカウンタースタンディング、あらてめ、ピーススタンディングします!

11:50@金沢の四校記念公園(旧中央公園)時計台下あたりに集合、
12:00〜15分くらい、小原美由紀さんの青空ミニミニ報告会

AB(あべ)さんとC(しい)さんの国会審議を美由紀ちゃんが書き起こしてFBに投稿。その爆発的シェアがきっかけで、6月12日、国会議員会館の原口さんに会ってきたお話+夜は国会前でSEALDsの若者たちとの集会に参加したお話など、美由紀ちゃんからじかに聴いて、生シェアしませんか。

12:15〜1:15 その場で、めいめいが意思表示のボードやプラカードをもって、ピーススタンディング。

********

はじめは、カウンタースタンディングしよう、っておもったんだけどね、すなおに、ピース、にしました。

カウンターとは、対抗する、という意味です。
国会での安保法制審議、憲法学者さんたちの意見、聴くほどに知るほどに、この法案の憲法違反ぶりやごまかしや拡大解釈があらわになってきています。
それに対する、それぞれの意思表示を、街行く人たちにも見えるかたちで示したいのです。なので、安保法案に対してのカウンター、って意味で。でもピースの方がわかりやすいかな、と、ピーススタンディングです。

大きな文字で書いたボードか、ピース旗か、ポスターか、何かしら持って来てもらえるといいな。

ウォークと違って、歩きません。そこに立ってるだけ。話しかけて来る人もいるかもしれないし、何か対話も生まれるといいですね。

スタンディングに参加できそうな方、できればお名前をおしらせください。
自分は行けないけど、ともだちに知らせよう、声かけてみよう、って方はどうかこのよびかけを、まわりの方にお知らせください。

どれだけ学者さんたちが違憲といおうが、どれだけデモに人が集ろうが、どれだけ私たちが声をあげようが、選挙で信を得たのさ、それが民意さ、って思っている人たちが、政治のど真ん中にいます。どんな手で、この戦争立法を無理やり通しちゃうか、わかりません。

シール投票に続き、しょっちゅうのよびかけでみなさんを忙しくさせてるけど、動ける時に今、動かんと!って思うので、集れ、同志よ!ピーススタンディングへ。

*******

スタンディングの後は、@金沢東別院の真宗会館 2:00〜3:20、奈良井伸子さんたちによる「相馬移民奇譚」の朗読公演があります。無料です。「心の相談室」主催。朗読講演のあと、残れる方は4:00まで語りあいの時間もあります。
お時間とご都合の許す方、スタンディングと朗読公演のハシゴをどうぞ。

|

2015年6月16日 (火)

もしゃもしゃのひこばえ

150615_ 2階の窓からの眺め。
去年12月に、wood jobのおじさんにお願いして、大きくのびすぎたクヌギの木を、一階の小屋根の上あたりでばっさり、伐ってもらったのです。

秋の強風で庭の栴檀やナラの木が折れたこともあり、のびたクヌギの枝がもし折れでもしたら、それはとても危険なことなので。

木のプロにばっさりとクヌギを伐られた瞬間は、ずきん!としたのですが、5月にはいってからはどんどんひこばえが出てきて、いまはこんなふうにもしゃもしゃ葉っぱがでてきています。

冬、家の向いの雑木林に里山保全のため、木のおじさんがはいり、木の具合を
見ながら、だいぶん大幅に木を伐っていました。ナラやクヌギ、といった雑木は、20年〜30年に一度、木を伐ることで、切り株からひこばえがでて、やがてまた再生していくので、これは雑木林にとって必要なwood job.

その作業中のおじさんに声をかけて、わが家のクヌギを伐ってもらったのでした。

22年前、アースデイで100円で買ったのクヌギの苗木。
伐られた太い枝々は、もちろん、まあさんの手で同じ長さにそろえられ、さらに割られて、来年の冬のストーブで燃やす、カタギのよい薪となるのです。

|

2015年6月15日 (月)

長谷部教授の、ロングインタビュー

150610__2 国会の憲法審査会で、自民党が推薦した憲法学者さんとして、安保法案は違憲、とのべた長谷部教授。
高知新聞のインタビューに、長谷部さんがとても明解に、率直にこたえておられます。

長いけど、全文読んでいただきたいな。
全部は無理、って方は、ここだけでも。

戦争が起きる可能性について語っておられるところ、戦争を終わらせるためには、憲法を根本から変えなきゃならなかった、ってとこ。
今は、夕食の献立の方が大事だけど、5年後は?という話は、めっちゃリアリティがある。

(でも当時の日本には、あたらしい憲法を書ける、主体としての日本人がいなかったのだもの。それでも、GHQが書いた草案の中には、昭和の憲法研究会の草案も活かされてるし、その地下水脈には、明治のはじめに書かれた204条からなる五日市憲法草案の精神も流れてる)。

**********

 ―長谷部さんは「戦争とは憲法と憲法の戦い」だと述べています。

 「憲法が違うと、最悪の場合、戦争が起きるのでね。どの国と仲良くするかを決めているのは憲法なのです。かつて、憲法の違いから(日本は)アメリカと戦争をして、ポツダム宣言で『戦争を終結したいなら憲法を根本的に変えろ』と言われたわけです。憲法が再び根本的に変われば、大戦争が起きる可能性は常にあります」

 ―一方、私たちは日常生活で、そこまで憲法を深く意識していません。

 「日々の生活との関係は薄いし、もっと大事なことだってあるでしょう。『夕飯の献立の方が大事だ』と。私もそう思います。実は、憲法のことを日々考えなくて済むのは大変ハッピーな国民なんですよ。ただ、安保法制は憲法の根幹を変えるという話。いずれ、憲法のことを日々考えることになるかもしれない。今は夕食の献立が大事だけど、5年後はそんなこと考えていられない、となるかもしれません」

 ―選挙で政治家を選ぶ際の基準も、憲法は上位ではありません。

 「まず経済。どこの国もそうです」

 ―経済に引っ張られて最終的に憲法が変わり、国が変わったという例はありますか。

 「まさにヒトラーがそう。政権を取って景気が良くなりました。大規模な公共工事をやって、失業率はどんどん下がった。でも、日本では国民1人当たりの所得はここまで上がっているので、再び独裁制になるとは思いません」

 ―それでも、ふと気付くと、深刻な変化に気付くことはあり得るのでしょうか。

 「ああ、あのときだったか、とね。今回は一つのポイントだと思います」

 ―憲法の事実上の改正を解釈変更によって行うことが、なぜ駄目なのか。あらためて聞かせてください。

 「要するに『変な国』になっちゃう、ということ。憲法は他国と交渉する際の、最後のよりどころです。『憲法にこうあるから無理だ』と言えてきたのを『いや、それは自己都合で変えられる』って天下に示したわけですから。今後は『じゃあ解釈を変えればいい』と言われますよ」

 ―憲法のありようは私たちの内面と関わっているのでしょうか。

 「人の生き方、考え方はそれぞれだから、それを公平に認めようというのが今の日本国憲法です。しかし残念ながら、与党にはその考え方自体が気に入らないという方々がいらっしゃるようです。だから憲法を変えて、人々に同じ考えをしてもらおうとするのは困ります。また戦争をしないといけなくなるので」

******

上記インタビューを含む、全文はこちら。
高知新聞より。
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=339110&nwIW=1&nwVt=knd

|

美智子さんと,五日市憲法

150610_ 美智子さんが、79歳のお誕生日の言葉として語られた中にでてくる、五日市憲法草案のこと。

明治の初め、自由民権運動の高まりの中でうまれた、数ある私擬憲法の一つ。小学校の先生や、農家の若者たちが、集っては熱く語り合い、204条からなる、すぐれた草案を書き上げた。後に、今のあきる野市、旧・五日市町の土蔵の中で発見された。

笠木透さんは、それをこんな歌にしています。

「1881年五日市憲法」

暗い夜道をけもののように 駆け抜けていく青年たち
恋人に逢いに行くような 燃える想いを胸に抱いて
思うことは ただこの国の明日(あす)
願うことは ただ人々の自由

夜ごと夜ごと語りあった いろりを囲んだ青年たち
厳しい言葉 優しい笑顔 薪がはぜて炎が揺れる
思うことは ただこの国の明日
願うことは ただ人々の自由

笠木さんの語りで、
「日本国民ハ各自ノ権利自由ヲ達ス可シ、他ヨリ妨害ス可ラス、且国法之ヲ保護ス可シ。」ーー五日市憲法45条
(日本国民は、各自の権利・自由を達すべし  他より妨害すべからず かつ国法これを保護すべし  )

思うことは ただこの国の明日
願うことは ただ人々の自由

一冊の書物をみんなで読んだ 憲法を夢見た青年たち
ろうそくのあかり 瞳の輝き 音もなく雪が降りしきる
思うことは ただこの国の明日
願うことは ただ人々の自由

思うことは ただこの国の明日
願うことは ただ人々の自由

*******

美智子さんの言葉(2013年10月20日)
  ↓
5月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。

主に新聞紙上でこうした論議に触れながら,かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。

明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。

当時これに類する民間の憲法草案が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。

長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。





|

ひさん個展とひささんのとくべつ紅茶

150614__2 昨日は、山代温泉通りのギャラリー・パノニカさんへ、越前のひらたひさこさんの個展を見にいってきました。(6/14〜7/5)

元信用金庫だったという建物の、向かって右手がギャラリー、おとなりはパノニカさんのお連れあいさんがしてる、感じのいい、落ちついたジャズバー。Ms.パノニカさん、なんと15年くらい前に、私の出前の話をきいてくださってた方でした。

ひささんが通った震災後の東北の、おばあちゃんや子どもたちとの出逢いを、奈良井さんのやさしいプッシュもあって、ひささんが紙芝居にした「ひとつは、すべて」。
その紙芝居を、奈良井さんがギャラリーの中で読んでくださいました。本邦初!つまりその初演をみれた、というわけ。

紙芝居の朗読の前には、ひささんの新作「大きな木」の絵本も、その原画を私たちが見ながら、その横で、奈良井さんが朗読してくれました。

**********

ひささんは、6月27日(土)のとくべつ紅茶のゲストとして、自分語りをしてくださることになってるおかあさんです。
おはなしのタイトル、「わたしの選んだゼロ地点 17歳(あのとき)の気持ち」は、ひささん自身がつけてくれました。150226_

10代で家をでて独立したこと、さまざまな職業を経て、今は絵描きさんをしてること、お子さんを育てながらの悩みや葛藤も、自作の絵や詩のなかにいっぱい。娘さんとの対話から、娘さんのつぶやきを詩集にしたちいさな絵本のことや、地元FMのラジオ番組では、原発も憲法も沖縄もどんどんしゃべってること、平和への熱いキモチ、などなどいっぱい語っていただこうとおもってます。

ぜひぜひ、お運びくださいませ!お名前をおしらせいただけると、なおありがたいです。

@紅茶の水野宅 1:30open おはなしは2:00から。ティータイムはさんで、きもちキャッチボールタイムもいれて、5:00まで。参加費は500円。

この日のおはなしの中心になるだろう絵本「光り届く あたらしい朝」や、「優しいあかりに包まれて」、「ずっとそばにいてくれたんだね」、今回のパノニカさん展にあわせてつくったミニ絵本「あなたが見ている世界を教えて」などなど、当日おわけできる作品ももってきていただくことになっています。お楽しみに!
150614__3

|

笠木さんコンサート第二部

笠木さんコンサートの第二部は、森海、こと、「森は海の恋人」グル―プが選んだ一曲、「長良川」から。
手話つき、岩田健三郎さんの「長良川」のパタパタ絵本つきで。

私の選んだ一曲は、祝島のひとたちの暮らしを歌った「豊かな青い海」です。
歌の前に、こんなこと語りました。

笠木さんとの出逢いは、さかのぼること、21年前。石川で初のコンサートがひらかれたその年の、4会場の一つが、紅茶だったこと。
夏休み中でもあり、娘の同級生やら、金沢の小学生やら、子どもたちもたっくさん来て、ベランダも階段も2階も、どこもかも家中が会場になって、150人であふれたコンサートでした。

そのちょうど20年後の去年11月、同じ紅茶の場で、今度は30人限定のおとななコンサートを。それが、笠木さんの最期のコンサートになってしまったこと。

その日も歌ってくださった「豊かな青い海」を、最初に聞いたのは、4年前のクッキングハウスでした。

原発にずっと反対し続ける祝島の人たちの日々の暮らしや、スェーデンの自然エネルギーの現実を描いた、「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会のあと、鎌仲監督のお話を聴き、その夜、笠木さんと増田さんを迎えての、クッキングハウス・コンサート。

歌のサビの部分、

♪魚と野菜と いいともだちがおれば
  ほかに何がいるのだろう わたしのこの人生

っていう歌詞を聴いた時、なぜだか私、涙がぽろぽろ、こぼれた。

そうだよ、ほんとうに大切なもの、必要なものって、こういうこと。
もっともっとほしい、儲けたい、まだまだ足りない、という原発的な価値観の、真反対の、しあわせのものさしを、こんなにもシンプルな言葉で歌にしちゃう。それが、笠木さん。

ラストコンサートで聴いた時にも、やっぱりぽろぽろ。
悲しくてじゃなくてね、そうそう!って思って泣けちゃう、大好きな歌。

あ、笠木さんが、原発問題や祝島に目を向けるようになったきっかけの一つは、若狭のお坊様の中島哲演さんだった、っていう話もしました。
哲演さんが、小さな車にスピーカーつけて、原発反対を訴えておられた、今から30年近くも前のこと。そのスピーカーから流れていた歌が、笠木さんの「私の子どもたちへ」だったんです!

*******

二部の後半は、金森俊朗さんが選ぶ、笠木さんの歌、6曲。

「水田」。
3億の中の一つがぼくになった、という言葉ではじまる「ぼく」(この歌も大好き、憲法や原発や自然や子どもや遊びを歌にする笠木さん、こんな歌も書くんだねえ!と感動する歌詞)。
「太陽とあそぼ」。150613_
喧噪と混乱、わめいたり、怒鳴ったり、と家族の日々のリアルを歌った「家族」。
子どものころの笠木さんにサンタクロースはこなかったけど、ついにきた「サンタクロース」(笠木サンタから、私たちはなんといっぱい贈りものをもらってることだろう!)。
そして、生涯かけて、うまずたゆまずあきらめずに12条をしつづけてきた、まさに笠木さんならではの歌、「平和の暦」。

フィナーレは、おなじみ、「あなたが夜明けをつげる子どもたち」と「私の子どもたちへ」を、会場のみなさんとの大合唱で。

笠木さんを知る人にも、まったく知らない人にも、笠木さんが蒔いてきた歌の種、育ててきた人と人、その豊かなひろがりが、笠木さんの歌詞を通して伝わった、とってもいいコンサートだったなあ、と思います。

******

自分の想いは自分で表現するのだ。
下手でもいい、自分の言葉で。
つくった歌のように、生きていけ。

いつもそう言ってた笠木さん、彼の遺した言葉と歌を、過去にしちゃいけないよね。

笠木さんの歌を歌い継ぎながら、私(たち)もまた、あたらしい表現(言葉であれ、歌であれ、文章であれ、行動であれ)を、創りだしていくことを、さぼっちゃいけないんだね。

150614_ 写真は、昨日のコンサート会場をかざった墨田の花火のあじさいや、かすみ草のおすそわけ。
すてきな花を用意してくれた、ともちゃん、ありがとう。あなたの司会、最高でした!

|

2015年6月14日 (日)

笠木さんコンサートの第一部

昨日の、笠木さんが遺したメッセージを歌う、「あなたが夜明けをつげる子どもたちコンサート」は、笠木さんにゆかりの人たちはもちろん、これまで笠木さんをまったく知らない人たちもあつまって、会場は満員。

150613_ お花も、野の花、庭の花、あじさい、どくだみ、かすみ草、、、であふれ、「森は海の恋人」のみなさんがつくった大きな手づくり看板もかざられて、会場の雰囲気も最高!

長年の相棒の増田康紀さんが岐阜から駆けつけ、そして笠木さんが歌と表現の種を蒔いた、でえげっさあとコーラスグループ旬と川崎草汰くんが、次々に笠木さんの作詞の歌を歌っていく、第一部。

オープニングは、笠木さんのコンサートがいつもそうだったように「私に人生といえるものがあるなら」を会場のみなさんと一緒にうたうことから。

「一粒の涙」「僕らの学校」憲法9条をうたった「なぜ」長良川への飛び込みを歌い、さらには人生の大きな川に飛び込む勇気をうたう「飛び込み」、そして「君が明日に生きる子どもなら」

「君が明日に〜」は、はじめて聴いた時にも涙があふれた歌。今回もまた。

 ♪見てごらん、芽がでたよ ちいさな芽だよ
   見てごらん、花が咲いたよ 〜〜
   見てごらん、種もみだよ 〜〜
   君が明日に生きる子どもなら
   この国の土に種を蒔きなさい
   君のこころに種を蒔きなさい

何度聞いても、いい歌詞だなあ!!笠木さんは詩人です!

第二部のご報告は追ってまた。
写真は午前のリハーサル風景。150613__2

|

2015年6月12日 (金)

明日、笠木さん追悼コンサート

いよいよあしたで〜〜す!

141023_cd 笠木透追悼コンサートinいしかわ
「笠木透からのメッセージ~あなたが夜明けをつげる子どもたち」

なお、チケットがまだ10枚ほど残っています。
行けるよー、友達さそうよー、という方ご連絡くださいと!
もう手持ちのきっぷがなかったので、お声あんまりかけられないな、っておもってたけど、大丈夫!
いけそうな方、水野にご連絡くださいな。
メールでもお電話でも。076−288−6092 おとりおきしておきますので。

プログラムやきっぷに、「語り 金森 水野」ってかいてあるんですが、金森さんと私のジョイントトークじゃないこと、あらかじめ、ご説明しておくね。
金森さんが、笠木さんとのご縁のなかから選んだ6曲を紹介しながら語り、一曲ずつに歌がはいり、私は私の大好きな笠木さんの一曲をご紹介して、という意味の「語り」です。

でえげっさあの川崎さんwrote:

笠木透さんが残した数多くの歌の中から、特に
「明日に生きる子どもたちに届けたい歌」を選び、
その中に込められたメッセージを、金森俊朗さん、水野スウさんの語りと、
笠木さんと交流の深い、出演者たちの歌でお届けします。
石川ならではのスペシャルイベントです。

日時 6月13日(土) 開場13:00 開演13:30
場所 松任学習センター ライブシアター
出演 増田康記 でえげっさあ 旬 川崎草汰
語り 金森俊朗 水野スウ
参加費 1000円
主催 同コンサート実行委員会・日本生活教育連盟石川サークル・紅茶の時間・森は海の恋人・でえげっさあ・旬
後援 いしかわ県民教育文化センター

明日、松任でおあいしましょう!お待ちしております。


|

2015年6月11日 (木)

ことしも、ノーベル平和賞の候補に!!

今年もまた、ノーベル平和賞の候補に正式にきまりました。

あたらしいネット署名にも賛同しました。
戦争法案に対する要請に賛同するフォームもありますよ。
私は全部に賛同しました。

この法案を廃案においこんでこそ、日本国民として、ノーベル平和賞を堂々とうけとれるって思う!

****************

https://www.change.org/p/ノルウェー-ノーベル委員会宛-世界各国に平和憲法を広めるために-日本国憲法-特に第9条-を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください/u/11057823?tk=3-Kl0dSQZhX8u1Zc47aMjxn8ykC-OR_8EvV_DWqOgRU&utm_source=petition_update&utm_medium=email

|

2015年6月10日 (水)

日本はなぜ、基地も原発もーー

alのむつみさんおすすめ本、「日本はなぜ、基地も原発も止められないのか」(矢部宏治・著/集英社)、議員さんにお電話レクチャーの帰りに、うつのみや書店で見つけて早速よみました。

Photo 法律の上に憲法がある、この国の最高法規が憲法。法律は憲法を超えない。
でも、それより上に位置するものがある、という事実をつきつけられて、ががが〜〜ん、うっすらそうかとおもっていたけど、ここまではっきり証拠をしめされて証明されると、、、うう、おちこむ。

憲法成立のときのことも、より具体的に、しっかりと。
それは、内田樹さんが「憲法の空語を充たすために」にかいておられるように、敗戦後の日本で、憲法を書く主体としての日本人がいなかった、ということとすっごく重なる。今の憲法の、一番のよわさ、脆弱さは、自ら書いてない、ということ。

まるで極上のミステリーのようだ、とむつみさんが言ってたけど、たしかに。でも、これ、架空のおはなし、ではないのだものねえ。

沖縄のことも、どうしてここまで人権が無視されてきてるのか、あれだけの基地が集中していて、沖縄で暮らす人たちの上(米軍の住宅地の上空をのぞいて)を毎日飛んでるのか。

この70年間を矢部さんは、数々の公開された文書、資料、記述で検証する、天皇、軍部、アメリカの思惑、安保村、国連、国連憲章、条約、密約、協定、等々々、、、。

それらが頭の中を駆け巡り、なんども打ちのめされる。
希望を見いだすのにも、努力がいるね。
でも、自分たちで、それを見いだした国の実例もあるのだね。

アジアに真のともだちがいまだいないこの国が、しなくちゃいけないことは、だからこそ、いまの安保法案をとおすことでないし、今の草案のような憲法をつくることではないんだ、ってはっきりと感じたよ。

むつみさん、いい本教えてくれてありがとう。

|

2015年6月 9日 (火)

議員さん(の事務所)にお電話してみる

Photo_2 友人が、議員さんに今回の安保法案のことで電話してみた、という話をきいて、
私も今日、2人の県選出の議員さん、OさんとYさんの事務所にお電話してみました。

どちらもはじめに東京の事務所にかけて、すこしお話。テレビで国会をみていてもなにがなんだかわからなくなってきてること、6日に、議員さんが地元にかえって街頭演説した時に、安保法案のこと、どんなふうにお話されたのか、教えていただきたくて、ということから。

東京事務所ではどちらもくわしいことはわからなかったので、今度は県内事務所の方にかけて、秘書の方とお話しました。

特にO事務所の秘書さんとは長々おはなししました。
今の国会論議が本当にわかりづらいことは秘書さんもすっごく感じてらっしゃいいました。
お話したのは、こんなことです。

*******

「絶対に戦争にまきこまれることはありえません」と首相が断言しても、志位さんとの後方支援のやりとりをテレビでみていたら、やはりアメリカ軍と一体化であることがはっきりして来て、私、ますます不安になりました。

金沢の主婦の方が、そのやりとりをまるごとかきおこしてFBに載せたところ、3日間で、そのシェアの数が6000になって、それが新聞記事になったこと、ご存知ですか。これって、一般の方達の、この法律がいったいどういうことなのか知りたい、って強い関心のあらわれだと思うんです。ええ、6月1日の北陸中日の社会面に大きくでていましたので、ぜひぜひごらんになってくださいな。

これまでの解釈とは大きくちがってくる重要な法律ですよね、しかもそれをまとめて一気に、というのでよけいにこんがらかります。

今日の報道では、24日までにはとおさない、って出てましたけど、接して急がないで、そして私たちがわかるように具体的に説明してほしい、って強く願っていること、先生にもおつたえいただけますか。

まわりのおかあさんたちの不安も、どんどん大きくなってます。このまま、政府がソーゴー的に判断する、ってだけで進めるのは、党にとってもけっしていいことでないと思うんですよね。これまで支持して来た人たちの想いも大事にすすめていかないと。

*******

秘書さんとの会話の中で、急いではならないことと、実にわかりにくすぎること、意見の一致するところも多々、ありましたよ。

どちらの秘書さんも、6月1日の北陸中日は、読んでくれそうな感触。
O事務所の方からは、「ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?」のマンガと、できるかぎりわかりやすく安保法案を説明したという資料を、私宛に送ってくれることになりました。

電話できるひと、どうかかけてみてね。もちろん、メールでもfaxでも。しーんとしてるのが、一番まずいですもんね。それは今のやりかたにOKってことだから。

******県選出の議員さんの連絡先です。

馳 浩(はせひろし)衆議院議員 1区 自民党
http://hase-hiroshi.org/
国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
     衆議院第一議員会館 812号室
TEL(代表)03-3581-5111(内線50812)FAX 03-3508-3609
金沢事務所
〒920-8203 金沢市鞍月5丁目181番地AUBEビル5階
TEL(代表)076-239-1919 FAX 076-239-1920
佐々木紀(ささきはじめ)衆議院議員 2区 自民党
http://sasaki-hajime.jp/
住所 〒923-0926 石川県小松市龍助町47-4 
TEL 0761-21-1181 FAX 0761-21-1172 
国会事務所は公開してないようです。
北村茂男(きたむらしげお)衆議院議員 3区 自民党
http://kitamura-shigeo.jp/
国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館624号室
TEL: 03-3581-5111 (代) 内線50624
TEL: 03-3508-7160
FAX: 03-3508-3710
七尾事務所
〒926-0031 石川県七尾市古府町へ部12
TEL: 0767-52-5565
FAX: 0767-52-5564
Email: nanao@kitamura-shigeo.com
岡田直樹 (おかだなおき)参議院議員 自民党
http://okada-naoki.net/
議員会館
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 
     参議院議員会館807号室
TEL:03-6550-0807   FAX:03-6551-0807
金沢事務所
〒920-8203 金沢市鞍月4-115金沢ジーサイドビル4F
TEL:076-255-1931 FAX:076-255-1961
山田修路(やまだしゅうじ)参議院議員 自民党
http://yamada-syuji.com/
国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館805号室
TEL 03-6550-0805 FAX 03-6551-0805
金沢事務所
〒920-0025 石川県金沢市駅西本町3丁目14-24 オネストビル302
TEL 076-256-0270 FAX 076-256-0271


|

年金の情報漏れの件で

Photo 6月4日に、うちにかかってきた電話。6日に放映するNHKスペシャルのための簡単な世論調査にご協力いただけますでしょうか、という若い男性の声で。

設問は、年代、今、そこに住んでる人の人数、貯金のが、100万円以上/500万以上/1千万以上か、というもの。
あらら、こんなことにおこたえしたら、もし私がお金持ちならねらわれちゃうじゃないですか〜、といって、こたえませんでしたが。

電話をきってから、ざわ〜〜っていやなきもちがしました。
日本年金機構の情報漏れ事件のすぐあとだったので。きけば、同様のことを訊く電話が、各地にかかってる模様です。

年金機構に、訊こう!ってことで電話してみました。
0120−818211に。

わりとすぐにつながりました。やさしい受け答えで、私の年金番号をいうと(名前は言う必要なし)すぐにしらべてくれて、大丈夫です、とのことでした。

電話口の方に、いっぱいいっぱいお電話かかってきて毎日たいへんでしょうに、ていねいに対応してくださってありがとうございました。おからだどうかこわさないでくださいね、っていってから切りました。

みなさまも、もし心配なことがあったら、確かめてみるのもいいかもしれませんね。

|

7日、4回目の安保法案のシール投票

150607_ 7日のシール投票、「安保法案は、憲法違反?あなたは、どう思う?」にご参加のみなさんおつかれさまでした!10人ぐらいでよびかけました。

百万石祭はもう終わった、と思いきや、その余韻はまだ今日も続いていたのだった!時計台の下でしたんじゃ、たこやきやさん、ポテトフライやさんの営業妨害になってしまうので、今日は、もう少し公園に近い木の下で、シール投票しました。

結果は
「安保法案は憲法違反?あなたは、どうおもう?」
「そう思う」    63
「そう思わない」   5
「わからない」   33
でした!ジャスト1時間にかぎってのシール投票だったので、全体数はいつもよりすくないです。それに、お祭り気分のみなさんに声かけるのはちょっと勇気がいったね。

中学生や高校生は、授業で憲法をうっすらと習ったことがあったとしても、今が今の国会における憲法がどうか、という問いは、ニュースなど関心もって見てない限り、きっとむずかしかったとおもいます。う〜〜んう〜〜ん、と考えながら、シール投票する子がおおかったです。

一人の高校生男子は、迷わずに「憲法違反と思う」の枠にシールを。理由を聞いたら即、「だって大臣には守る義務があるから」と。素晴らしい!憲法をよく知ってるなあ。

大人でも、それを知らない人はきっとまだまだ多いです。憲法が身近でないから、実は自分の暮しとつながっているもの、って考えにくい。

小林節さんが、学生さんたち(SASPLあらため、SEALDs)のの反対行動に駆けつけて、夜の雨の中、国会前で語ってくださったこと。

「70年間 憲法九条で「専守防衛」でやってこられて、
大国日本はですね、「専守防衛」で身を守ることが、世界の迷惑にならないんです。
だからこれで行けるんです。
間違ってこのまま「世界の警察」までやってしまったら、
アメリカと同じで、経済的に滅びるし、世界中を敵に回します。」

この言葉の意味を本当に重く受けとめたいです。

|

2015年6月 7日 (日)

シール投票ボードの7日用

7日には、全国で安保法案の反対行動が繰り広げられるそうです。
また、それに対抗?してか、自民の改憲宣伝行動も全国で。
9:30〜10:30 金沢駅の兼六園口でするらしいです、もし様子見に行ける方いらしたら、みてきてね。

7日、ピースウォーク金沢では、安保法案のシール投票を。
「安保法案は、憲法違反?あなたは、どう思う?」とといかけての投票です。
12時すぎ(12:15)より1時間ほど。中央公園の時計台の下あたりで。
どうぞいらしてくださいませ。投票しに、そのあとは、街行く人に投票を呼びかける人になってくださったら、なおうれし。

3 人の学者さんの違憲発言を記事にした,6月5日付け、地元の北陸中日、北国、朝日、毎日、読売新聞のコピーを等倍でボードにはって持って行きま す。どこの新聞の扱いが大きいか小さいか、一目瞭然。今から、「シール投票中」のボードの文言を、書き直します。

********

150607_ 明日、あ、もう今日だ、のシール投票用に、こんなボードをつくりました。
安保法案に関しては4回目なのでボードに紙をはりたして、つぎはぎコラージュのリサイクルですが。

地元でよめる新聞5紙のボードは、おnewです。あなたの読んでない他紙では、こんなに大きなニュースになってます、と知ってもらうきっかけに。150606_

|

2015年6月 6日 (土)

またまたまたまた、シール投票します!

Photo わが家で今、八重のどくだみが咲いてます。

みゆきちゃんと相談して、またまたシール投票!することに決めました。
この時間にいらっしゃれる方、どうぞいらしてください。
投票する側でも、投票を街行く人にお願いする側でも。

189人の憲法学者さんたちが、安保法案は違憲、と意見をいってるけど、「わたしたち」はどう思ってるんだろう。それを知りたいな。

********

6月7日(日)12時集合 12:15~13:15(予定)
「安保法案は憲法違反?あなたは、どう思う?
    そう思う/思わない/わからない」緊急シール投票!

場所☆いしかわ四高記念公園(もと中央公園)入り口付近(時計台のところ)
主催 ピースウォーク金沢
https://www.facebook.com/pwkkanazawa2015

その後 今後のアクションについて場所を移して、ピースウォーク金沢ミーティングも少々。
こっちにも出れそうな方いらしたら、迷子になるといけないので、水野までおしらせください。

|

2015年6月 4日 (木)

3人の憲法学者が、安保法案は違憲、と。

今夜の報道ステーション。

年金のニュース(これも一大事なニュース)のあとに、今日の憲法審査会の3人の憲法学者さん全員の、今の安保法制の集団的自衛権は違憲、というニュースをNHKのニュースよりもくわしく。

自民党が推薦した早大の長谷部恭男さんまでが、違憲、という意見をいっていることに、自民党はおおあわて。それをいくつか、報ステのなかで紹介していました。

とんでもないよ、こっちが呼んだ参考人まで、違憲っていっちゃったんだから。
タイミングとして最悪だ。
マスコミはこぞって、違憲、と書くだろう。
そんなもの成立させていいのか、って当然なるだろう。

成立させていいって、私も思わない。
ほんとに、ほんとに、そうなってほしいです。
たくさんのひとのいのちがかかっている今回の安保法案なのです。
これだけ専門家がこぞって、今の憲法で認められない、と言っていることに対して、大きなちからを持つ人たち、どうぞもっと謙虚になってください。

東京新聞、4日の夕刊より。
小林節さんの言葉がとりわけ、いいです。
後方支援(国際平和支援法)のことにふれ、
前の方で闘わない、って言ってるだけだ、言葉遊びはやめてほしい、と。
長谷部さんも、よくぞいってくださった。

**********

衆院憲法審査会は四日午前、憲法を専門とする有識者三人を招いて参考人質疑を行った。

いずれの参考人も、他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案について「憲法違反」との認識を表明した。自民、公明両党の与党が推薦した参考人を含む全員が違憲との考えを示したことで、衆院で審議中の法案は憲法の枠内だとの政府の主張に対する疑義が鮮明になった。

 参考人として出席したのは、自民、公明、次世代の各党が推薦した長谷部恭男(はせべやすお)早稲田大教授、民主推薦の小林節(こばやしせつ)慶応大名誉教授、維新推薦の笹田栄司(ささだえいじ)早稲田大教授の三人。

 長谷部氏は、安保法案のうち集団的自衛権の行使を容認した部分について「憲法違反だ。従来の政府見解の論理の枠内では説明できず、法的安定性を揺るがす」と指摘。小林氏は「私も違憲だと考える。(日本に)交戦権はないので、軍事活動をする道具と法的資格を与えられていない」と説明した。笹田氏も「従来の内閣法制局と自民党政権がつくった安保法制までが限界だ。今の定義では(憲法を)踏み越えた」と述べた。

 いずれも民主党の中川正春委員の質問に答えた。法案提出前の与党協議を主導した公明党の北側一雄委員は「憲法の枠内でどこまで自衛の措置が許されるかを(政府・与党で)議論した」と反論した。

 国際貢献を目的に他国軍支援を随時可能にする国際平和支援法案が、戦闘行為が行われていない現場以外なら他国軍に弾薬提供などの後方支援をできるようにした点について、長谷部氏は「武力行使と一体化する恐れが極めて強い。今までは『非戦闘地域』というバッファー(緩衝物)を持っていた」と主張した。

 小林氏は「後方支援は特殊な概念だ。前から参戦しないだけで戦場に参戦するということだ。言葉の遊びをしないでほしい。恥ずかしい」と述べた。

 審査会は、参考人が立憲主義や改憲の限界、違憲立法審査をテーマに意見を述べた後、各党の委員が質問する形で進められた。

 安保法案をめぐっては、憲法研究者のグループ百七十一人が三日、違憲だとして廃案を求める声明を発表したばかり。安倍政権の憲法解釈に対し、専門家から異議が強まっている。



|

紅茶けんぽうかふぇ、しました

150603_ きのうの紅茶けんぽうかふぇには、16人ご参加。
紅茶のテーブルをかこんでの、ちょうどいい人数。

けんぽうかふぇしようと思ったわけ+憲法の基本+13条+12条+9条+日本国憲法がうまれた背景+ベアテさん+改正草案の中味+13条替え歌+ワークショップ+単語な感想、という、なんとも濃い〜〜メニューの2時間半に、みなさん、ようおつきあいくださいました。

草案の中でも、特に要注意!の「緊急事態条項」。大災害を口実に、私たちの自由や権利が簡単に奪われちゃう危険性、おおいにあり!ってこと。麻生さんが言ってた、「ナチスの手口」をくりかえさせてはいけないよね。

改憲で、いきなり9条には手をつけないけど、来夏の選挙でも安倍さんが今の支持率だったら実行されるだろう、お試し改憲にこれが出て来るのだから、ほんとにこのこと、みんなにもっと知ってもらわなくちゃね。
(多くの人が、自民党を支持しなければ、そうならないけども)

単語な感想のなかでもっとも多かったのは、「12条する」でした。
国の思うがままにさせないためにこそ、今の12条はあって、それをひとりひとりが実行することが今、どんだけ大事かってこと。

安倍さんと志位さんの国会のやりとり「後方支援=へいたん=武力と一体」をFBに書き起こしたみゆきちゃんの、なんてすてきな12条の実践。それをシェアすることも、ひとりひとりがそうすることで、12条をしてるってこと。シェアはすでに1万回をこえたらしいよ。

まさに、12条のうたの歌詞どおり。
♪誰でもない わたしが、しなくちゃならないこと
 わたしたちの自由と権利 ひとまかせにはできない
 「戦争は いやです!」と声をあげること
 不断の努力 日々、普段から 重ねてく12条

今回のかふぇのおみやげは、
「13条のうた」のCDか、「いのちの未来と原発と」か、ほめシャワはがき5枚か、一筆メモ帖2冊か、の4種類から一つ選んで+「わたしの12条宣言」+憲法と草案の比較早見表+あすわか弁護士さん作の改憲解説パンフ+自民党改憲マンガの解説+ノーベル平和賞を、9条を守って来た日本国民へ、の高鷲さんの記事コピー+みゆきちゃんのFBのひろがりを記事にした北陸中日のコピー。

かふぇに参加した人が、この日のおみやげを便利なツールとして、すこしでもまわりの人に伝えていってほしいな、それもまた、その人の、12条すること。peaceのpieceです。そういうpiecesが無数に集んなくちゃ、今の流れはとめられない。

それにしても、12条宣言の輪読がぴったり16人におさまって(最後の読み手は、まあさん)、それもこの日の、とてもすてきな瞬間でした。

長野から、福井から、金沢から、津幡から、来てくださって、紅茶けんぽうかふぇを共有してくださった方たち、ほんとにありがとうございました。
機会があれば、またきっと。

|

2015年6月 2日 (火)

ひささん個展@加賀山城温泉

110830_ 6月27日にとくべつ紅茶でお話を聴かせていただくことになっている、ひささんの個展のおしらせ。

初日の14日には、ひささんの紙芝居もあり、私も加賀に見にいくつもりです。
語りは、奈良井伸子さん!「空の村号」で、空くんを演じた、2月の紅茶ピースウォークカフェで、「戦争のつくりかた」の紙芝居を読んでくれた、奈良井さんです。

***********ひささんより。

2015年6月14日(日)~7月5日(日)

HISA展2015「あなたが見ている世界を教えて」
絵・詩・言葉・絵本

作家:Rakugakiya HISA ひらたひさこ

会場:Gallery PANNONICA
〒922-0254
石川県加賀市山代温泉温泉通り31-4楽歩館1F
(山代温泉通り商店街振興組合運営施設)
TEL. : 0761-77-5772  Open 13:00頃~24:00頃

定休日:火曜日(月1回連休あり)
※火曜日が祭日の場合は翌日お休みです。
期間中のお休み: 6/16、17(火水)23、30(火) 7/4(土)URL:http://pannonica.aikotoba.jp/

後援:北國新聞 山代温泉観光協会 北陸放送 FM石川

≪期間中イベント≫
初日!オープニングイベント
6月14日(日)14:00~
・紙芝居「ひとつはすべて-東北での出会い-」
作・ひらたひさこ 語り・奈良井伸子

・HISA展「あなたが見ている世界を教えて」参加者の皆さんとお話タイム
・参加型ライブペインティング「だいすきな木」
(HISA展3会場、来場者で作り上げていく森の土台となる絵をペイントします)

+++++++++++++++++
最終日!HISAのお絵かきワークショップ
7月5日(日)14:00~
「手作りクレヨンと越前和紙で色遊び!しぜん色カードを作ろう」
講師:ひらたひさこ 参加費:500円  
北海道の手作りクレヨン工房Tuna-kai(トナカイ)さんの自然からいただいた色で作られた
クレヨンで、手漉き越前和紙にお絵かきしましょう。
土や草で遊んでいた懐かしい記憶が蘇るようなお絵かきの時間です。

≪常設参加コーナー≫
大好きな木を思い出して描き入れる みんなでひとつの森づくり(石川・富山・福井 巡回)

-----------------------------------

山代温泉通りの大好きなギャラリーです。お隣には、カフェ&バーのSWINGがありギャラリーも夜遅くまでご覧いただけます。同じ通りにランチやアイスもあるcucuriというお店がOPENしました。
温泉や町並みを楽しまれて、HISA展へぜひぜひお立ち寄りください♪

ギャラリーパノニカでは、3年半ぶりの展示でわたしもとても楽しみにしています。

☆詳細 HISAブログ
http://rakugakiyahisa.blog14.fc2.com/blog-entry-1492.html

|

明日の紅茶は、紅茶けんぽうかふぇ

Photo_2 明日、6月3日(水)は、紅茶けんぽうかふぇ 2:00~4:30 
@水野宅 小さなおみやげつきで参加費300円

4月のクッキングハウスで語って来た憲法の話を、ホームグラウンドの紅茶でも。

国会では今が今、平和の名のついた戦争法案の審議真っ最中ですが、この日のテーマはそれではなくて、憲法です。
来夏にも改憲が表舞台にのれば、そのあとには国民投票。
それまでに、改正草案がどんなものかぜひ知っていただきたく、ちかごろはこのテーマでよく語っています。

前半は、憲法のきほんのき+13条+12条+憲法草案の中味を中心に。
後半は、一緒に考えたり語り合ったりの、ワークショップを中心に。
そして、12条する、ってどういうことか、も考えあいたいよ。

紅茶はいつもどおり1:00~6:00までopenしてるので、早めに来るのも、遅くまでいるのも、ご自由に。

私は明日の午前中、長野からみえるかたと細川さんといっしょに津幡でおちあい、10月に細川さんといく長野でのおはなし会のうちあわせをします。
もちろん、紅茶があく1:00までにはもどります。

*******

今夜は、6月13日にひらかれる笠木透さん追悼コンサートの実行委員会へ。
このコンサートは、前売りきっぷ120枚のみとなっていますので、参加ご希望のかたは、水野までご連絡ください。

|

7000を超えるシェア。

Photo みゆきちゃんのFBへの投稿がうねりをおこしています。
戦争法案、一部には19日までに通すか?の声もあがっています。
金沢でなにかしたいきもちでいっぱいです。

みゆきちゃんが、原口さんへのお返事で書いている「どうしてあのように爆発的にシェアされたのか、今考えています。それを解明することに、大きなエネルギーを集結させる、カギが なにかある と思っている」の部分、ほんとだなあ、とおもいます。

あのかきおこしがハンドメイドであったこと。
若者(exSASPL)たちのつぶやきに呼応して、即、うごいたこと。
数ある審議のなかから、あれを選んだこと(志位さんのが、後方支援の本質をみぬく質問だった)。

どちらの批判もせずに、そのままをかきおこしていること。
手間がかかって大変でも、あれをかきおこさずにいられなかったみゆきちゃんのきもち、、、などなどあいまって、これだけのシェアをまきおこしたのかなあ、と思います。

同時に、これいい!シェアしたい、とポチっをしたひとたちのオモイも、このうねりにはいってる。これだけの大きな波を起こすまでに、シェアした人たちの一人ひとりが、全員一役になってる、ってとこ。市民がこのオモイを共有して、共振してるとこ。
そして、市民と報道の連携で12条してるとこ(ってか、むしろ、報道が後追いしてますが)。

********

原口一博さんのツイッターから。

「安保法制を審議する衆議院特別委における安倍首相と共産党志位委員長との間の質疑を小原さんが書きおこされたものに多くのアクセスが「殺到」したようです。

 小原さんは、審議の一部を書きおこされています。何がどのように審議されているか。偏見や予見を排してフォローしてみようと考えられたのかもしれません。生の情報の持つ力の強さを再認識します」

とかいて、小原さんのFBをシェア。

小原さんがそのお返事を:

「原口議員、シェアしていただき、ありがとうございます。過分なお言葉、たいへん恐縮しております。そして、みも知らぬ一市民に対して、対等に敬意をもって接してくださる原口議員の姿勢は、ほんとうに素晴らしいと感じました。 

とりあげていただいた岡田代表と首相の党首討論で気になったのは、twitterでは「私は総理大臣なんですから」という言葉ばかりが氾濫していて、安倍さんをたたいている。逆に産経ニュースではここだけけずられている。どちらも、なにか納得がいかなかったのです。テレビや新聞では、どうしても編集されたものを見ることになる、それは仕方のないことなのですが、国民も、テレビ放映やインターネット中継で、国会答弁を「まるごと」みるのがいいのにな、と思ったからです。そうすれば、どちらがおかしいのかは、すぐにわかるからです。 

14,000いいね!と7,700のシェアをしていただいた記事が、どうしてあのように爆発的にシェアされたのか、今考えています。それを解明することに、大きなエネルギーを集結させる、カギが なにかある と思っているからです。

私自身は三人の息子を持つ母です。2001年の911をきっかけにして「ピースウォーク金沢」を仲間たちと始めました。 https://www.facebook.com/pwkkanazawa2015 

11年前に「戦争のつくりかた」という本をつくったりぼん・ぷろじぇくとの仲間たちと、新しいページをつくっています。「私たちの声を、国会へ」https://www.facebook.com/rpj.action 全国の民主党の議員さんたちのところへも、応援に行きたいです。 今後ともよろしくお願いいたします。」

私も原口さんのFBに、続いてコメントを:

「原口議員さん 小原さんのFBの投稿をシェアしてくださって、本当にありがとうございます、と私からも言わせてくださいませ。しかも、ご自分がいらっしゃる党でない志位さんと首相とのやり取りのかきおこしを、このように認めてくださっていることの公平性を、いっそううれしく感じました。

小原さんとは、ピースウォーク金沢でよく一緒に行動しています。安保法制の首相会見をはさんで、金沢の街なかでこの法案に対する市民のシール投票も3回、ピースウォーク仲間とともに行いました。

仲間たちの合い言葉は、普段から不断の努力の12条する!です。議員さんのお仕事はまさに、権力にたいしてモノをいい、よい法律をつくっていくことで12条すること、だとおもっております。
10ぱひとからげ+1法案の、なんともわかりにくい国会審議。どうかするどく本質をつく質問をなさって、この法案がこれまでの日本のかたちを根本から崩すものだと、国民にわかりやすく示してくださいませ。応援しています。」

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »