« 21日のピーススタンディング@金沢 | トップページ | 明日の紅茶で、「生きづらさの理由」 »

2015年6月23日 (火)

金沢市議会の意見書のこと

おとといのピーススタンディングにかけつけた人が、NHKのニュースで知ったんだけど、ショックだった、とこんな話をしてくれました。

全国の地方議会が、安保法制に対して賛成/反対の意見書をだしてる。圧倒的に「反対」や「慎重に」が多い中で、
「賛成」はたった3市議会なんだけど、なんとその一つが金沢市議会なんだって!と。

スタンディング中のみんなも一瞬ざわめいたのだけど、金沢市議会の意見書がだされたのは、去年6月、つまり、集団的自衛権閣議決定もまだされていない時期だったことが判明。
ちょうどそこに来てくれた市議の広田みよさんが、あとからくわしい報告をFBにアップしてくれました。

みよさんの解説を読んではっきりわかったけど、金沢の賛成意見は、今がそうです、という意味じゃ必ずしもない、ってこと。
金沢市民にとっては不名誉でも、全国的に見れば、圧倒的に地方議会は安保法制に反対してる、ってことがわかります。

このNHKニュースでまちがってるのは、ここの部分。
「去年7月の閣議決定以降、先週までに、全国の地方議会のおよそ14%に当たる246の議会から提出され、国会に受理されていることが分かりました。」
金沢の意見書は、その決定前にでてるわけなので。

そして不名誉な部分は、ここ。
「さらに、それぞれの議会の意見書の内容を調べたところ、▽賛成の立場が3つの議会、▽反対の立場が181の議会、▽慎重な審議を求めるものが53の議会などとなっています。
このうち賛成の立場では、石川県の金沢市議会が「我が国を取り巻く安全保障環境は急激に不安定になりつつあり、安全保障法制の整備を推進するよう強く要望する」としています。」
でも、これよんだら誰でも、今が今の話って思ってしまいますよね。

***

これを書いた後で、金沢市の安保法制に対する意見書(去年の6月21日に出されたもの)について、市議会事務局にお電話してみました。
とてもていねいにくわしく説明のうえ、どのような意見書を提出したかもファックスで送ってくださいました。

「安全保障法制の整備を推進するよう強く要望する」という意見書で、内容的には、安倍さんが集団的自衛権行使容を含む与党協議を開始したのにあたって、それを先取りして後押しする、といった意味あいのもの。

でもその文面を読むと、さすがに1年前のものなので、今国会で審議されてる安保法制の中味とは多少ピントがずれてる感がいなめません。
(と、市の担当の方もおっしゃってました)

だからなおさら、これがNHKの全国調査にのったのは残念。
衆参の事務局がNHKに閣議決定前の分の金沢の意見書も加えて応えたことがミス、
また、一つ一つの意見書がいつ出されたのか、きちんとチェックしなかったNHK側の不備かもしれません。

もともとは、金沢保守議員会というところからこういう意見書を出したいという提案がでて、
それを6会派で話し合い文面など多少調整して、5会派が賛成したので、意見書として採択されたものだそうです。

4月の統一地方選で、議員の顔ぶれも去年とはかわってきています。
今年の6月金沢市議会に、うんと注目、です。議会の最終日は7月3日。

意見書採択の時に、賛成反対意見の討論がおこなわれるのがどうか訊いたところ、多くは会派間で事前に話しあって一応の結論をだしておくので、
3日の意見書採択は形だけのものになりやすいとのことでした。
その結果は翌日の北陸中日の紙面でわりとくわしく載るようです。

みよさん、森さん、熊野さん、こんな意見書がきっとまた例の会派からだされるでしょうが、採択させたくないね!応援してますね!

|

« 21日のピーススタンディング@金沢 | トップページ | 明日の紅茶で、「生きづらさの理由」 »