« 私たちの声を石川の議員さんへ | トップページ | IWJスタッフさんのメールから。 »

2015年7月22日 (水)

コゾクラ

コゾクラは、金沢の夏のごちそう。ブリの赤ちゃん名。コゾクラ→フクラギ→ガンド→ブリ、と出世します。

赤ちゃん時代のコゾクラは、さっぱりしていて、脂ののったブリ、マグロ、ノドグロなどはちょっと苦手な私でもおいしくたべられます。さっと煮ます。

150721_ まあさんの食べ方はいつもアートのようにきれい。さすが金沢生まれ、育ち。コゾクラの頭のてっぺんとこの身までお箸でほじってきれいに食べます。私の食べ方はいつまでたってもぐちゃぐちゃでここまで美しくない。

コゾクラのエピドードふたつ。

①ア!今日のコゾクラ、めずらしく安い、しかも大きくてお買い得!って買って帰って、煮て出したら、あのねぇ、ここまでそだっちゃったコゾクラって、もうおいしくないんだよ、とまあさん。今から40年前、まだまだ金沢の主婦になりきれてないころの話。

②大学生だった娘が久しぶりに帰って来て、「あ〜〜、アレ食べたいなー、何ていう魚だったかな、ちっちゃくて細くて青い感じで。煮て食べるの。あ、思いだした、キザクラだ!」。。。。黄桜?それってお酒じゃなかったっけ、、

というわけで、コゾクラ見るといつも、キザクラ、って思いだしちゃう。
写真は、翔とマーガリンのお皿の上で、アートになってるコゾクラ。

|

« 私たちの声を石川の議員さんへ | トップページ | IWJスタッフさんのメールから。 »