« IWJスタッフさんのメールから。 | トップページ | 映画「パーソナルソング」 »

2015年7月23日 (木)

グラウンディング

150516_ きのうの紅茶。ひさ==しぶりにオリーブさんっ!レディース鍼灸の「織歩」さんを、彼女がはじめて以来、かも。mizuhoさんがつれてきてくれたよ。

ちょうど、福井から小さな女の子ふたりもお母さんと一緒に来ていたので、そしてこの日はマトリョーシカちゃん(紅茶のおもちゃの中で永遠のベスト)に興味ないみたかったので、チベットのシンギングボウルをとりだして、あの不思議な波動を私が鳴らして聴いてもらってた。

みいさんがその音色にはまって、まるでボウルで胡麻するような感じで(もっともボウルの外側にすりこぎ様の棒はあるのだけど)ひたすら鳴らしてるとこに、オリーブさんmizuhoさん登場。

singing bowlから響いて来る、ふしぎな波動、周波数、振動。それがとってもここちよい。
ひとのからだもね、じつは周波数だしてる、その中心がお尻のうしろのセンコツってとこにあってね、お腹のなかの赤ちゃんはおでこの横の蝶ケイコツってとこでその振動をききとってんだよ、、、みたいな話を、東洋医学を学んで来たオリーブさんが話してくれた。

人のからだも振動してる、っていう話から突然、じゃあ、アレクサンダー・ローエンってひとの開発した、グラウンディングのワークしてみよう、ってことになり。

まっすぐに立って、体重を、ちゃんと足の乗せるべきとこに乗せて、頭のてっぺんから下まで、そのもっと下まで、一本の針金がまっすぐに通ってる意識で立って、それからゆっくり身をかがめ、膝をすこしづつ曲げて行って、また伸ばして、、、ゆっくり呼吸をしつづけて、、、、ってオリーブさんに指導してもらってるうちに、あららら不思議、ぶるぶるぶると足がふるえだしたよ。

このグラウンディング、地に足をつけて立つ=生きる、ってことを、日に一度でもしてみるとからだとこころにいいそうだよ、とのこと。不思議な体験、させてもらいました〜。一人でできるかどうかわかんないけど、してみよ、って思ったよ。

*******

「私たちの声を石川の議員さんに届けよう」のちらしもプリントアウトして
あったので、持って行ってもらいました。一次〆切は7月24日まで、と一日早まったけど、まだ引き続いて集めますからね。日曜日に上映会のある「アオギリにたくして」の会場でも、「私たちの声を届けよう」のブースをだせることになり、そこでもご説明、お願いをさせていただきます。

私は昨日の夜から今朝にかけて、私の声を文章にしてかきました。そしてお世話してるママんとこに届けました。届けっ!私の声、石川議員さんっへ。

koetodo@gmail.comあてにうまく届かないときは、私経由でよければ、世話人さんにメールでとどけますので、そういってね。

|

« IWJスタッフさんのメールから。 | トップページ | 映画「パーソナルソング」 »