« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

9月4日と6日、松浦さんとコミュニケーションワークショップ

前にもお知らせした松浦さんのコミュニケーションワークショップ。

東京調布にある「クッキングハウス」は、心の病気を体験した人たちが働いている不思議なレストラン。代表の松浦幸子さんは、クッキングハウスをはじめた精神保健のソーシャルワーカーさん。
メンバーさんたちが日常的に練習するSSTは、相手にも、自分にも、きもちのよいコミュニケーションのとりかたを学ぶこと。
それって、病気のあるなしにかかわらず、誰にとっても必要な練習と感じて、ずっと学び続けています。

わたしがクッキングハウスからもっとも学んだことは、できるだけ「わたし」を主語にして、自分も相手も大切にしなだら「私メッセージ」で語ることをこころがけること。若いころの私、とても乱暴なコミュニケーションをしていたので余計に、その違いが自分でわかるのです。
松浦さんがみえるせっかくの機会。はじめての方でも大丈夫なので(現に、今お申し込みいただいてる方は初参加の方が多いです)、

お一人でも、お友達さそっても、どうぞ気軽にご参加くださいな。

**********
ワークショップは2日あります。
9月4日(金曜日)@津幡町の紅茶の時間 水野宅 9:30受付 10:00~4:00 参加費3000円
20名まで。この日はお昼一品もちよりでおねがいします。もちよりがご負担の方は、ランチ代として500円。
ご予約の時に、その旨、お教えください。
9月6日(日曜日)@上荒屋クリニック(御経塚イオン近く)敷地内「えがお」
9:30受付 10:00~4:00
参加費 3000円(学割あり、2000円) 
お昼は各自ご用意ください。近くに食べるところもあり、買いにもいけます。
***********
はじめての方でももちろん大丈夫。松浦さんの笑顔をみているだけでも、やさしいきもちになってきますよ。
クッキングハウス28年の歴史を通して松浦さんが伝えてくださることから、私は、生きていく勇気や希望をいつももらっています。
参加ご希望の場合は、私までご連絡を。
4日か6日、どちらの日か、ご参加を心よりお待ちしています。

お申し込みは、私までsue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

|

2015年8月30日 (日)

明日は伊那へ出前紅茶

去年秋にうかがった伊那へ出前紅茶、「いのちの未来の語りあい」。
セジュールの戸枝さんがおしらせを出してくれています。

110829_ 去年逢えた方とまた逢えるかな、お初の方と逢えるかな。
昨日できたての「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」、手でもっていきます。

月、火と石川を留守します、その間いただいたメールにはお返事ができませんこと、ご了承ください。

*******戸枝さんより

昨年に引き続き、スウさんのお話会を開きます。
今回もゆっくりと出逢い、ゆっくりと気づきましょう。

日時:8月31日(月)
昼の部・・・13:30~16:00 「“場”ってなんだろう」
会 場:いなっせ3F 荒井区公民館
 スウさんは、石川県津幡市の自宅で毎週1回 水曜日の午後にオープンハウス「紅茶の時間」を開いています。
紅茶の時間を始めたきっかけ、ずーっと続けてきた原動力、今の思い、次世代の人に伝えたいこと 等々お話していただきます。
 今、あらゆる世代にとって『孤立』が大きな社会問題になっていますが、人と人が出逢うことの意味、“場”とは何かをみんなで考え合うひとときになればいいなぁと思います。

夜の部・・・19:00~21:00
会 場:いなっせ5F 503研修室
 昨年、スウさんから「12条する(不断の努力を普段から)」という言葉をプレゼントしていただきました。
 今回も、楽しみな語りあいになりそうです。
 夜の部に参加することも12条することの一つです。
多くの方々においでいただきたいと思います。

参加費:500円(18歳以下無料)

|

100万分の1に。

150628_ 安保法案に反対する人たちの集まりは、今日、全国で100カ所以上、かと言われています。
国会前にはもちろん、大勢、あつまります!石川からかけつけるひともいます。
娘もその100万分の1になりに国会へ。

日本のどこにいても、100まんぶんのいちのpeaceのpieceに!
ちいさくても、つんつんつつく、つつき続ける。
    ↑
これ、きのうお聴きした篠原久美子さんのお話のなかでの、私がもちかえったキーワード。
篠原さんは、ドラマリーディング「空の村号」の脚本を書かれた方です。

おおきな権力でなく、ちいさくてよわいものたちが、一人ひとり、それぞれにつんつん、つんつん、壁をつつきつづけるんだ。
そのおとなりのひとも、つんつん、そのまたとなりも、つんつん、そのまたとなりのひとも、つんつんつん。あなたもわたしも、疲れたらちょっとやすみつつ、また、つんつん、つんつん、、、、。
あのベルリンの壁だって、そのようにしてくずれたのだからね。

みんなして、今日、100万分の1になろう!
私もなるよ!

金沢はこのお天気じゃきっと雨だろうけど、
それでも犀川河川敷桜橋下流にむかって右側
(って、ちょっとたのしい会場名でしょ?地元人しかわからんかなあ〜・笑)に、あつまれ〜〜〜。
11:00〜12:30集会。そのあとデモ。
「安保法案に反対するママの会:石川」のママたちのスピーチも聴いてね!

*********

夕べは、できたて「けんぽうBOOK」を、雨の集会にもっていくため、一冊ずつ、濡れないようにナイロンの袋にいれたよ。私も今日は長靴で行くか?!

この天気じゃ、本はあんまりたくさんもっていけないかもなので、もしも売り切れたらごめん。もちろん家には在庫があるからご安心を

|

2015年8月29日 (土)

明日、国会前で。そして全国で。

明日、国会前で若者たちがうたうそうです!
ジモリ、こと、自由の森学園卒の子たちが。

********

30日。ジモリの子たちが国会前で歌うのは12時30分から。いつものシールズの北庭areaから、国会議事堂を背にして50メートルくらい下がって歩いていった門のある希望のareaと呼ばれる場所辺りみたいです。
わたしはこれに間に合うようにいくつもり、そのあと、シールズのほうに行きます。

その選曲がさすがジモリ! 最後の曲はジモリの子と卒業生で作ったオリジナルとか。vimeoで見たけど、すごくいい! みんな楽しそうに歌ってる。

民衆の歌
http://youtu.be/BYkcszqW8mI

ヒロシマのある国で
http://youtu.be/QCUDlaVQX3g

世界がいつか愛で満たされますように
https://vimeo.com/107800892

*******

娘も国会前のどこかにいます。

私は石川で、安保法案を廃案に県民大集会
@犀川河川敷桜橋下流にむかって右側。
11:00〜12:30 集会のあと、デモ.武蔵まで。
できたてのけんぽうBOOKも持って行きます。


|

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」できあがりました。

150829_ わたしとあなたの・けんぽうBOOK』が出来上がりました。

以前からおはなしの出前で語っていた憲法のこと、あらためて、一冊の本にしよう、と思いたったのは今年の5月、安保法案国会がはじまったときです。
その時点での目標は、わかりやすい憲法の小冊子をつくること、でしたが、国会審議と伴走するうち、どうにもそれだけではすまなくなりました。

これまで70年近く、戦争をしない国、と世界に知られてきた日本の未来と私たちの暮らしを、大きくかえうるとっても重大な分かれ目のこの法案。
それをていねいな説明もなく、主権者である国民の声を聴こうともせず、この国のリーダーとされる人が無理やりおし通そうとしています。それは、憲法に指をふれずに憲法をこわすこと、立憲主義をこわすこと。
その一方、今の状況を自分事ととらえて、民主主義ってなんだと考え、行動する人たちが、日本中で日々あらたに生まれています。国と、そこに暮らすpeopleの想い、双方をなんとか少しでも伝えられたら、と思いました。

そんなわけでこの本は、憲法の専門家ではない一市民の私と、編集に関わった娘との恊働作業による憲法ブックレット、同時に、今という時代のリアルタイムの記録です。
150829__2

目次からいくつか見出しをひろうと―

紅茶の時間/私の依って立つところ/ホウテキアンテイセイ、って?/憲法違反はリトマス試験紙/あなたはほかの誰ともとりかえがきかない/13条のうた/“ふだん”の努力/わたしの12条宣言/誰が書いたの?日本国憲法/改正草案って、どんな案?/緊急事態条項に要注意/アンポホウセイ、どこが9条 違反?/9条を持っているということ/憲法を親友に/平和のものさし/民主主義ってなんだ/みるく世がやゆら、といった感じです。

もしもお手に取って気に入ってくださったときは、どうか周りの方にもお知らせいただけたらうれしいなと思います。 

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」は、B6版152ページ、600円。 冊子ご希望の方は、どうか私までご連絡くださいませ。
(送料は、2冊まで164円。冊子代金10000円以上のお申し込みにつきましては、送料サービスとさせていただきます)。

sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

tel:076-288-6092 fax:076-288-6093

石川県では、金沢ビーンズさんでお求めいただけます。

インターネットからのご注文はmai works の WEBSHOP からどうぞ。

*********

イラスト・デザイン・編集担当のmai worksより

2015年の国会がはじまってからというもの、「安保法案」とか「集団的自衛権」という言葉が毎日ニュースに飛びかっています。その中味はというと、、、うーん、文字に書くだけでも難しくてクラクラしそう!

そのクラクラ感のかげに隠れつつもこの国が今戦後もっとも大きなターニングポイントに立っている、と感じた私たち親子は、焦りました。そして、その難しそうな鎧をやわやわとほどき、今何が起ってるの?何が問題なんだっけ?ということを、わかりやすく解いていく本をつくりたいと思いました。  

憲法って何のためにあるの?という「きほんの・き」から、私たちが憲法に親しみを持ったきっかけ、憲法をよく知るための、改正草案とのミニ比較講座まで。

コメントをはさみながら水先案内してくれるキャラクター、ティーとコトリの活躍にも乞うご期待。「憲法」の本は数あれど、硬軟織まぜながら、なかなかユニークなものに仕上がっているのでは、とコッソリ自負しています。
なんとなくモヤモヤするけど、詳しいところはよくわからないんだよね、という方にこそお手にとってもらいたい作品です。

|

武井さんたちが、OVERSEAs!を

あすわか弁護士さんの武井さん、この夏、アメリカに旅立つ前日にほんのちょこっと金沢駅でお会いしただけだけど、お話がびんびん通じて、とてもすてきな感覚と実行力のパワーをおもちの弁護士さん、といっぺんでファンになりました。

アメリカにいらして、アメリカ在住の日本の人たちともたくさんあって、この安保法制は外国にすむ日本人たちにとっても、おおきな関係がある!って実感したそうです、そして、OVERSEASをたちあげられました。新聞も大きく取り上げてすごい反響です。

中国との関係を考えてみても、この法制はとっても危険、って思う!武井さんはもと、中国でもお仕事してらした方なんですね。この会をたちあげた武井さんの想いを読んでみて下さいね。私たちの知らないことがまだまだある!大事だね、外からの視点も。

外国にお住まいのおしりあいにぜひ、このこと、しらせてくださいね。
ドイツのユキさんにもどうかつたわりますように。

*******武井さんwrote:

SEALDsや皆さんが本当に心血そそいで頑張ってるのを目の当たりにして、自分でできることを精一杯やりたいと思うようになりました。
そんなことでSEALDs、MIDDLEs、OLDsに続き、OVERSEAsっていうのを立ち上げることに。

【安保法制に反対する海外在住者/関係者の会】その名もOVERSEAs!
https://www.facebook.com/pages/OVERSEAs-PEACE-for-World/980605138640687?notif_t=page_new_likes

活動内容

・↑コミュでの海外関係者からのメッセージ発信
・署名サイトで賛同者・メッセージを募る
・OVERSEAsの名前やロゴなどを自由に使って頂き、各地で行動して頂く

【私達のメッセージ/発起人より】

武井由起子(元総合商社勤務@中国など/現弁護士)
私は、現在、弁護士として、憲法カフェにおいて憲法の基本的な考え方を多くの市民の方にお伝えしてきているのですが、その際に参加者の方から「中国と戦争になるのではないか?日本はどうしたらいいか?」といった質問をたくさん頂きます。

弁護士になる前に総合商社に勤務して中国駐在をした経験から、日本は資源が少ない国で、中国は最大貿易相手国の一つ、戦争なんかできるのか等とお話しました。
だって、中国からは日本の輸入衣料品の7割をはじめ、通信機その他多くのものを輸入していているし、アメリカ、EUに次ぐ投資先なんです。
そして、当時、中近東を出張した経験から、戦後海外での戦闘で人を殺していない日本は非常に好感を持たれており、アメリカ人のようにパスポートを見せないよう気をつけなくても良く、むしろ安全であったとも。
そんな話を皆さん興味深く聞いて下さり、平和や安全保障を考えるには海外のことについての知識が不可欠だと感じていました。

そして、今年の夏、アメリカ各地で現地の日本の方々と話す機会を得たのですが、その方々の知見は大変に興味深いものでした。
たとえばIT会社に勤める方の「日本は弱いからこそ安全だ」という意見。
えっ?と思ったのですが、これからの戦争では国対国ではなくて、テロリストやサイバーが相手。その場合、強いところが狙われるし、強いところの武器はまさにその国を攻撃するツールとなると。
そして、何かあったら狙われるのは在外邦人たる自分たちだとおっしゃいました。

こういう意見は日本の皆さんに届いていますか?
海外にいる方々はまさにこの法案の是非に必要な知見を持ち、且つ当事者なのです。それを、ぜひ日本の皆様に知って、そして考えて欲しいと、湧き出る気持ちをおさえることができませんでした。

湧き出る気持ちがおさえられない人たちがつくった、SEALDs、MIDDLEs、OLDs・・・。
私たち、OVERSEAsも、始動します!
海外の声を、知見を、日本へ!
世界の人たちが平和に生きていけるように。
私は、安保法制に反対します。

|

2015年8月28日 (金)

9月4日と6日、松浦さんワークショップ、参加者募集中

110824_ 前にもお知らせした松浦さんのコミュニケーションワークショップ、参加者募集中!
松浦さんがみえるせっかくの機会。はじめての方でも大丈夫なので(現に、今お申し込みいただいてる方は初参加の方が多いです)、
お一人でも、お友達さそっても、どうぞ気軽にご参加くださいな。

東京調布にある「クッキングハウス」は、心の病気を体験した人たちが働いている不思議なレストラン。代表の松浦幸子さんは、クッキングハウスをはじめた精神保健のソーシャルワーカーさん。

メンバーさんたちが日常的に練習するSSTは、相手にも、自分にも、きもちのよいコミュニケーションのとりかたを学ぶこと。
それって、病気のあるなしにかかわらず、誰にとっても必要な練習と感じて、まだ夜行寝台列車が走っていた頃、よくそれに乗ってクッキングハウスに通いました。その学びが楽しくて、実際、役にたつので、私も長続きしているのだと思います。

わたしがクッキングハウスからもっとも学んだことは、できるだけ「わたし」を主語にして、自分も相手も大切にしなだら「私メッセージ」で語ることをこころがけること。
若いころの私、とても乱暴なコミュニケーションをしていたので余計に、その違いが自分でわかるのです。

**********

ワークショップは2日あります。
9月4日(金曜日)@津幡町の紅茶の時間 水野宅 9:30受付 10:00~4:00 参加費3000円
20名まで。この日はお昼一品もちよりでおねがいします。もちよりがご負担の方は、ランチ代として500円。
ご予約の時に、その旨、お教えください。

9月6日(日曜日)@上荒屋クリニック(御経塚イオン近く)敷地内「えがお」
9:30受付 10:00~4:00
参加費 3000円(学割あり、2000円) 
お昼は各自ご用意ください。近くに食べるところもあり、買いにもいけます。

***********

はじめての方でももちろん大丈夫。松浦さんの笑顔をみているだけでも、やさしいきもちになってきますよ。

クッキングハウス28年の歴史を通して松浦さんが伝えてくださることから、私は、生きていく勇気や希望をいつももらっています。

どちらの日も、10:00からはじめたいので、なるべく遅刻されませんよう。
参加ご希望の場合は、私までお申し込みのご連絡をお願いしますね。
4日か6日、どちらの日か、ご都合の着く方、ご参加を心よりお待ちしています。
tel:076−288−6092 メールは、sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

|

2015年8月26日 (水)

わたしとあなたの・けんぽうBOOK

120822_ 毎年、この時期になると律儀に咲き出すスカシユリ。

**********

安保法案国会がはじまると同時に、私が自分に課した宿題。私が日ごろ、おはなしの出前で語っている憲法を、一冊のちいさな本にまとめよう!と。

書きはじめた時は、もっと薄いブックレットになるはずが、国会審議を通して、安保法案の中味が次々あきらかになり、それとともに、民主主義そのものが壊されていってるエライ事態になってきました。

こりゃあもう、憲法の存立危機事態だわ!と確信して、リアルタイムの出来事も書き足していくうちに、あらら、152ページにもなってしまいました。
とはいえB6版なので、もとより、小さい本には違いないんですが。

 目次からいくつか見出しをひろうとーー

紅茶の時間/私の依って立つところ/ホウテキアンテイセイ、って?/憲法違反はリトマス試験紙/あなたはほかの誰ともとりかえがきかない/13条の うた/“ふだん”の努力/わたしの12条宣言/誰が書いたの?日本国憲法/改正草案って、どんな案?/緊急事態条項に要注意/アンポホウセイ、どこが9条 違反?/9条を持っているということ/憲法を親友に/平和のひとかけら/みるく世がやゆら、etc.

ね、ちょっとおもしろそうでしょ?
このブックレット、「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」は、お値段もかわいい600円。

8月29日に刷り上がってきますので、ただ今ご予約いただいている方から、順次、発送をはじめます。 興味をもたれました方、私までご一報くださいまし。sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

30日は安保法案の廃案を求める県民大集会で、犀川の桜橋河川敷(桜橋下流に向かって右側)に行くので、その時逢えそうな方には手渡しで。
集会は11:00〜12:30、その後、武蔵までデモ行進とのことです。

* 追記:

完成しました!
インターネットからのご注文は mai works の WEBSHOP へどうぞ!

 

|

2015年8月25日 (火)

9月4日と6日、松浦さんとコミュニケーションワークショップ

20108 前にもお知らせした松浦さんのコミュニケーションワークショップ。まだ参加人数に余裕があります。
松浦さんがみえるせっかくの機会。はじめての方でも大丈夫なので(現に、今お申し込みいただいてる方は初参加の方が多いです)、
お一人でも、お友達さそっても、どうぞ気軽にご参加くださいな。

東京調布にある「クッキングハウス」は、心の病気を体験した人たちが働いている不思議なレストラン。
代表の松浦幸子さんは、クッキングハウスをはじめた精神保健のソーシャルワーカーさん。
その松浦さんと学ぶ、コミュニケーションワークショップを今年も開催いたします。

クッキングハウスと出逢って16年になる私。メンバーさんたちが日常的に練習するSSTは、相手にも、自分にも、きもちのよいコミュニケーションのとりかたを学ぶこと。
それって、病気のあるなしにかかわらず、誰にとっても必要な練習と感じて、まだ夜行寝台列車が走っていた頃、よくそれに乗ってクッキングハウスに通いました。
その学びが楽しくて、実際、役にたつので、私も長続きしているのだと思います。
原発や憲法のおはなしの出前先でも、できるだけ私メッセージで、「わたし」を主語にして、きもちで語ることを意識しているけど、それもクッキングハウスから学んだことです。

ワークショップは2日あります。
9月4日(金曜日)@津幡町の紅茶の時間 水野宅 9:30受付 10:00~4:00 参加費3000円
20名まで。この日はお昼一品もちよりでおねがいします。もちよりがご負担の方は、ランチ代として500円。
ご予約の時に、その旨、お教えください。

9月6日(日曜日)@上荒屋クリニック(御経塚イオン近く)敷地内「えがお」
9:30受付 10:00~4:00
参加費 3000円(学割あり、2000円) 
お昼は各自ご用意ください。近くに食べるところもあり、買いにもいけます。

***********

このワークショップでは、その日に参加している人からだされる具体的な「課題」を、SST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)で、またはサイコ ドラマの手法で、どのように表現したら、受けとめたら、少しでもきもちが楽になるか、何か解決につながるヒントがあるか、自分の考え方以外の考え方や見方 を発見できるかどうか、などなど、参加してる人たちと一緒に考え合い、自分の弱さもだしあいながら、SSTやサイコドラマを体験しながら、学んでいきま す。

本当は、自分はこうしたいと思ってるのだけど、それをどうやって相手に伝えたらいいかわからない、自分のパターン以外思いつかない。
最近いやな出来事があったけど、それをどうとらえたらいいのか、自分一人じゃわからないで混乱している。過去のある出来事にいまだにこだわっている。

などなど、そういった日常のこと、過去のことも、その日、みんなで練習できる、解決の糸口を見つける、よい「課題」になります。
自分が本当はどう感じているのかに気づく時間、自分のコミュニケーションのくせに気づく時間でもあります。
リーダー役の松浦さんがいつも、参加してる私たち一人ひとりをとても大切にしてくださるので、ワークショップに参加しながら、相手のことも、そして自分のことも(これ、大事!)、だんだん大切に思えてきます。

対人援助のお仕事してる方には特に、松浦さんが誰かを聴いている時の聴き方、ひとへの向き合い方、言葉の返し方、それからその人のいいところをなにげなく言葉でつたえてくださるところ、などなど、見ているだけでも学べるところがいっぱいあると思います。
はじめての方でももちろん大丈夫。松浦さんの笑顔をみているだけでも、やさしいきもちになってきますよ。
クッキングハウス28年の歴史を通して松浦さんが伝えてくださることから、私は、生きていく勇気や希望をいつももらっています。

どちらの日も、10:00からはじめたいので、なるべく遅刻されませんよう。
参加ご希望の場合は、私までお申し込みのご連絡をお願いしますね。
4日か6日、どちらの日か、ご都合の着く方、ご参加を心よりお待ちしています。
tel:076−288−6092 メールは、sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

|

2015年8月24日 (月)

8月30日、総掛かり行動@日本全国

140321_ 8月30日(日)には、全国つつうらうら、安保法案に反対の行動を。
石川でもするよ!のおしらせ。

前日に、「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」ができあがってくるので、
それもバッグにいっぱいいれて、参加しようとおもってま〜〜す。
ちいさな本です、手にとって見てみたいひと、私をみかけたら、声かけてくださいね!

********

◆安倍政治を許さず、安保法案の廃案を求める石川県民大集会

日時 8月30日(日)、午前11 時~12 時30 分
会場 金沢市 犀川河川敷・桜橋下流に向かって右側
内容 集会とデモ行進
   (デモコースは片町~香林坊~武蔵ケ辻)

呼びかけ
「戦争法反対! 憲法改悪阻止!」を呼びかける八団体
(石川県憲法を守る会、石川憲法会議、石川県平和運動センター、石川県労働組
合総連合、九条の会・石川ネット、戦争をさせない1000 人委員会・石川、戦争を
させない石川の会、青年法律家協会北陸支部)

連絡先 石川県社会法律センター (076‐231‐2110)

=================

◆「戦争法を許さないピーステント」の再開もあります。

開催日
 9月14日(月)~9月18日(金)

時 間
 午後3時~午後6時迄
 18 日(金)は午後2時~午後5時迄です

場 所
 いしかわ四高記念公園口

内 容
 座り込み、リレートーク、署名、シール投票、チラシ配布、パネル宣伝など

|

23日夜、「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」@金沢

23日夜、福井のけんぽうかふぇから、ここへ直行。 
「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」

主催したTNGのひとりのこうへいくんがスピーチしてるとこでした。若者もいっぱい、over30も、ミドルも、それより先輩達も、かふぇにいっぱい!

 

今日の北陸中日では社会面でおおきく!

4人の若者たち、集まって行動おこしてくれて、ありがとう!

政治の話がしにくい。そうだよね。そう感じてる若者も、おとなも、いっぱいいるね。だからよけいに、自分の想いを話せる場(放せる場)、意見を言える場、大事だね!
学ぶことがどんなに大事か、って、若者もおとなも、とっても思った夜でした。
また一緒に学んでこ!

一歩踏み出してみるとね、ちがう景色がみえてくるかも、って思う。
私もそうやって一歩一歩あるいてきたよ。

出て来てスピーチした若者、憲法守ってない政府に、きちんとモノもうしてた。

今日24日の北陸中日新聞社会面。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1151971921483769&set=pcb.1151972111483750&type=1&theater

「戦争しない日本 誇り」

「安保法案反対」若者のうねり

金沢で88人議論 「成立図る政府 暴走」

安全保障法案に異議を唱える若者の声が列島各地で上がった。大学生らのグループ「SEALDs」の呼びかけに60ヶ所以上が答えた23日の全国若者一斉行動。「政府は暴走している」「立法手続きを無視」。法案に反対する次世代のうねりが広がった。

金沢市内では、地元の10代~20代の若者が企画した安全保障関連法案を考えるイベント「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」が、中心部のカフェで開かれ、来場者88人が法案への不安を話し合った。

11日から有志4人が集まり、準備した。企画者の一人で富山県高岡市の高校生笠谷航平くん(16)は、「戦争しない国を続けている日本に誇りを持っている」とスピーチし、法案成立を急ぐ安倍政権を批判。「嫌なことは嫌って言おうと思ってここに来ました」と力を込めた。

イベントの中心はディベートで、笠谷君や別の金沢市内の高校生(17)らが若者同士で政治の話がしにくい雰囲気について意見交換。聴衆にも登壇を促すと、20~30代の来場者らも入れ代わり立ち代わりステージに上がり、法案への意見や平和への想いを語った。

金沢市の大学生沢端ひかるさん(21)は、「安全保障は法案に反対だとしても考えるべきだ」としつつ、「憲法違反の法案を通そうとする政府は暴走していると思う」と訴えた。デモに参加したことはなく、スピーチも初めて。ほかの参加者が口々に不満を語るのを聞き、「政府の説明は足りていないことを実感しました。もっと、若い人の関心も集めて行けたらと思います」と話した。

バーカウンターの上にスクリーンを設置。SEALDsの抗議行動の映像などを上映した。地元弁護士による法案の説明もあった。

呼びかけ人の一人の保育士橘南さん(22)は「いろんな立場の人がしゃべってくれたことがうれしかった。でも、なにかを伝えるにはもっと勉強が必要だと思ったし、知ろうとすることを止めずにいたい」と活動の継続を誓った。(福岡範行)

|

けんぽうかふぇ@福井

Photo きのうの出前けんぽうかふぇは10:00〜4:30まで、talk&think&speak about わたしたちのけんぽう!@福井。

午前、午後でいれかわるひとあり、ずっと参加してくれてた人あり、子ども達の遊ぶ声も聞こえる中、通して29人ものひとが参加してくれました。

おはなしのメニューは、この日のみなさんのお顔やリクエストをききながら進めて行きました。
午前は、紅茶ってこんなとこだよ、からはじまって、そもそも憲法って?・13条の発見など。
午後は、ふだんの努力の12条・安保法案ってどこが9条違反なの?・自民党改正草案ってどんな案?などなど。

弁護士さんも、お坊さんも、もと先生も、元自衛官さんも、CAPの活動してる人も、子育てグループの人も、そして、「安保関連法案に反対するママの会@福井」のママたちも。
バラエティ豊かな顔ぶれで、みんなの語る時間も、夕方のふりかえりタイムもたっぷりあって、それがとってもよかったかな。

セルフサービスのドリンクバーつき、雅美さん手作りのおいしいカレー(ごちそうさま!準備大変だったでしょう)、夕方にはお日様が料理したほっこほこのカボチャ、などなど。

「ママの会」@福井は、「ママの会」@石川ともすでにつながっていて、この日を初日として、「私たちの声を福井の議員さんに届けよう」の呼びかけをスタートさせました。

********

この日のけんぽうかふぇに参加していた福井のおかあさんの感想がめっちゃうれしく、共感したので、お許し得て、ここに紹介させていただきますね。

そう、彼女がここに書いてるように、今の内閣がここまでひどいやり方で民主主義や立憲主義をこわしてなければ、おおくの人がよくわからないうちに、安保法案がするっと通っていたかも。
その意味で、安倍さん、磯崎さんに、複雑なきもちで、私も、感謝してるんです。

******↓******

Photo_2 自分で勉強して、左脳的にわかっていたことが、
スウさんのお話しで、まるで絵本のストーリーを聞いているように、
そうだよね、やっぱりそうだよね、と自分の中に
落ちていくのがわかりました。

自分なりにできることをと、読んだり調べたりしている中で、
とにかく感じるのは、憲法のすばらしさ。三権分立の美しさ。

本当に、今回のようなことがなければ私はずっと
憲法のことなど知らずに、新聞など大して読まずに、
国会中継などほとんど見ずに、過ごしていたでしょう。
それだけでも安倍政権に感謝しなくてはいけません。

知り合いの弁護士さんにお願いして小さな憲法勉強会を開いたときに
わかったのは、本当に安倍さんはそれだけのことをやってきて、
それに対して自分は何もしてこなかったということ。
それを聞いた弁護士さんが12条の不断の努力で会を締めくくられました。
このとき、スウさんの12条宣言の意味が、心からわかりました。



|

2015年8月20日 (木)

「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」のおしらせ

Photo_2 「紅茶の時間」から、最新作の本のおしらせ。

戦後70年の夏、私の宿題として、夏中ずっと書いていた「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」が、8月29日に刷り上がってきます。

私が平和を考える時のよりどころはなんといっても憲法ですが、まさに今、その日本国憲法の立ち位置が大きく揺らいでいます。
それもあってなおのこと、私が依って立つところの憲法って何なのか、自民党は憲法をどのようにかえようとしているのか、安保法制って?

そんなことをできるだけわかりやすい言葉で読む人に届けたい、と考えました。
この本は、憲法の専門家ではない一市民の私が、自分の理解できる言葉で紡いでみた、私なりの憲法解釈ブックレットです。

7つの章からなる各章のタイトルは、こんなふう。
1章 社会とつながってる
2章 13条ーーあなたは、ほかの誰ともとりかえがきかない
3章 12条ーー“ふだん”の努力
4章 誰が書いたの?日本国憲法
5章 9条を持っているということ
6章 自民党憲法改正草案って、どんな案?
7章 平和のひとかけら

サイズはこぶりのB6版、152ページ 600円。
もしも手にとってお読みいただけたらとってもうれしいです。
ご予約を頂いた方には、本ができ次第、お届けしますね。
なお、もうしわけありませんが、送料は実費のご負担をお願いいたします。

* 追記:

完成しました!
インターネットからのご注文は mai works の WEBSHOP へどうぞ!

|

8月23日はTNGの「私たちの未来と安保法案」

Photo 8月23日、SEALDsからの「若者全国一斉行動の呼びかけ」に呼応して、金沢でも!
安保法案に対して金沢でも何かできることはないかと考えている若者が集まって、動き出します!
4人の、10代と20代の若者たちが芯になって、この日を今、一生懸命準備中。

大人のみなさま、応援をどうぞどうぞよろしくお願いいたします。参加してくださったらとてもうれしいし、来れなくても、どうか宣伝してくださいませ!

生まれたばかりの若者グループ、その名前は、TNG。
T は think
Nは next
Gは genaration
若者たちが、次の世代のことを考えようよ!っていってるのです。

2014.8.23.(Sun.)18:00〜21:00
会場は、片町にあるカフェ アルコプレーゴ。(前に中庭のような、広場のあるとこ)
テーマは、Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜

参加費は30歳以下は1000円、それ以上の方は2000円。(1drink+軽食付き)

ご参加の方は、主催のTNGThinking about Next Generationまで、
下記の連絡先へお名前、年齢を明記の上お申し込みください。

mail tng.nen.kanazawa@gmail.com

私はこの日、福井に出前けんぽうかふぇに行きますが、終わったら特急電車に乗って、金沢駅から会場のカフェアルコに直行しま〜〜す。
金沢でこんなふうに若者たちが立ち上がったことが、とにかくうれしくてうれしくて。


|

31回目のぶどう狩りおはなし会は、いちごいちえ(ぶどういちえ??)

150819_ 31回目、19日のぶどう狩りおはなし会。
今年はいつもの年よりも涼しく、風の吹き渡るぶどう畑で、おなかいっぱいのぶどうを堪能しました。
私のおきにいりは、さっぱりしていて、実がぷりりとしていて皮ごとたべられるシャインマスカット。セキレイも好き。ことしの家へのおみやげと娘たちへのプレゼントはこれに決まり!

今年が初の参加、という紅茶つながりの人、7月15日に四高記念公園で逢えた若いママ。6年ぶり!に参加できたたかちゃん。
ずっと時をおいて、ひさびさに参加してもかわらないぶどう狩りおはなし会の雰囲気が、大きな安心感をくれるのです。それはひとえに、律子さんのおだやかな笑顔におうとこがとっても大きい、といつも感謝!

おはなし会の始まる前にとびこんできたのは、タラちゃん!!30年前に、石川で初のインド料理のお店、「ルビーナ」をはじめたマックスダさん。

ちょうど昨日、亡きお母様の写真を整理していたら、とくべつ紅茶のゲストとして、タラちゃんがお母様と一緒に来てくれた時の写真や、律子さんとの写真がいっぱい出て来て、その翌朝、私のフェイスブックを見たら、あ!ぶどう狩りの日だ!とわかって、急遽、予定を変更。高松の律子さんちめがけてかけつけたのだという。ひさ〜〜しぶりのうれしい再会。
「これはねえ〜、きっと、おかあさんが、今日はそっちに行け!って言ってくれたの!」とタラちゃんが、あいかわらず大きな深い瞳で私を見つめました。うん、私もそう思う!

*******

もちよりおはなし会では、初参加の0さんが、きれいなコカリナを吹いてくれました。律子さんの今年の平和の絵本は、「石の祈り」。広島の路面電車の下の敷石に像を彫って、その石が、世界のいろんな国々に、届けられているのですって。150819__2

そんな石の物語、はじめて知りました。一緒に聞いていたタラちゃんが、「インドでは、1947年からずっと、ヒロシマの日には国旗を半旗にしてなくなった人たちを追悼するんだよ」と教えてくれました。国としてそれを続けていること、タラちゃんの話ではじめて知りました。

おはなしは、ゆかいなジャマイカのおはなしと、エリナーファージョンのすてきなおはなし「ボタンインコ」。こんなふうにおはなしを語れる、って、きっとその人の人生をゆたかにしてるなあ、って感じる語り方でした。

私の歌った、♪for the first time in my lifeは、もともと、娘が生まれた時のきもちや兄を突然亡くした時のきもち、そして、なに
げない毎日でも、好きな人と居る時の景色って、なぜかいつもとちがってみえる、そんなきもちを歌にしたもの。
4年前のぶどう狩りの日に歌った時は、東北の震災のあった年で、毎日のあたりまえの暮らしが実は奇跡なんだ、っていう想いでうたったけど、今年はまた別の想いで歌ったよ。

70年間、戦争してこなかったこの国の日々、戦地に夫や息子を送ることなく過ごして来た平穏、それもまた、今という時代には、当たり前の日々じゃないこと。何もせずに、この日々がこれからも続く、って確信は私にはないんです。
そんなきもちもこめて歌ったよ。
毎日は、ほんとにいちごいちえ。3番の歌詞は、こんなです。

♪ 今日という日に お初に出逢います
  きのう 今日 そしてあした ちがう風がふく
  きっと毎日が 生まれて 死んで
  二度とない いまこの時を あなたと いるのです

  for the first time in my life  今日の日は はじめて
  風も空も ちがってみえる あなたと一緒で
  for the first time in my life  今日の日は はじめて 
  花も草も ちがってみえる あなたと一緒で

*********

おはなし会のあとは、放課後お茶の時間。この時間にやっとこれるひともいて、この日はまるで、ぶどう狩りおはなし会同窓会みたい。
初参加の長野の方は、11月にけんぽうかふぇに行く予定の方ともしっかりつながってる方でした。ひとの網の目は、すごいぞ!

人がすくなくなってから姿をあらわしたメイちゃん、貫禄あるねえ!
150819__3

|

2015年8月19日 (水)

今日19日は、ぶどう狩りおはなし会

110821_ 今日19日は、紅茶の日ですけど、毎夏恒例、ぶどう狩りおはなし会を、はまなす文庫の律子さんと紅茶とでよびかけてしています。ことしで31回目。というわけで津幡の紅茶は留守するので、ご注意。

律子さんちの午後からのもちよりおはなし会では、文庫連や金沢おはなしの会のお仲間たちが、てあそびやわらべうた、おはなしをいくつか。律子さんはこの日はかならず戦争と平和、核、に関連した絵本を読んでくださいます。
お子さん連れの方もおおいです。
私は♪for the first time in my life 生きてきてはじめて、という歌を歌うよ。

午前中は、かほく市高松の今本ぶどう園さんにいて、高級ぶどうを食べ放題(もちろん、入園料をはらってからね)!お昼ごはんは律子さんち。
今からでも行ってみたい方、律子さんちの場所は、今本ぶどう園さんにきいてみてね、ほんとにすぐ、おとなりみたいに近いのです。お車は今本ぶどう園さん横にとめていらしてください。

おはなし会のあとは、放課後お茶の時間をするので、私は夕方ちかくまでおります。写真は去年のセキレイ。まだ色がまだらで、それがきれいだったので。

|

いのちの未来の語りあい@上伊那

Photo 去年、10月にうかがった信州の伊那へ、今年もまた。
今年はどんな人と出逢えるかな。
主催者の上伊那子どもサポートセンターさんが、こんな呼びかけをしてくれています。

*************

昨年に引き続き、スウさんのお話会を開きます。
今回もゆっくりと出逢い、ゆっくりと気づきましょう。

日時:8月31日(月)
昼の部・・・13:30~16:00 「“場”ってなんだろう」
会 場:いなっせ3F 荒井区公民館

 スウさんは、石川県津幡市の自宅で毎週1回 水曜日の午後にオープンハウス「紅茶の時間」を開いています。
紅茶の時間を始めたきっかけ、ずーっと続けてきた原動力、今の思い、次世代の人に伝えたいこと 等々お話していただきます。

 今、あらゆる世代にとって『孤立』が大きな社会問題になっていますが、人と人が出逢うことの意味、“場”とは何かをみんなで考え合うひとときになればいいなぁと思います。

夜の部・・・19:00~21:00
会 場:いなっせ5F 503研修室

 昨年、スウさんから「12条する(不断の努力を普段から)」という言葉をプレゼントしていただきました。
 今回も、楽しみな語りあいになりそうです。
 夜の部に参加することも12条することの一つです。
多くの方々においでいただきたいと思います。
参加費:500円(18歳以下無料)

|

2015年8月17日 (月)

23日。若者全国一斉行動。金沢ではTNGが生まれました。

Photo 金沢でも若者たちがうごきだしました!
SEALDsからのよびかけ、若者全国一斉行動をきっかけに、同じく23日に、金沢でも行動をおこします。

4人の、20代中心の若者たちが芯になって、この日をつくっていきます。
大人たち、応援どうぞよろしく!

TNGという生まれたてのグループです。
T は think
Nは next
Gは genaration

どうぞいっぱい宣伝してください。

今度の日曜日。会場は、片町にあるカフェ アルコプレーゴ。(前に中庭のような、広場のあるとこね)
あと1週間です!

Listen×Know×Talk
〜私たちの未来と安保法案〜
2014.8.23.(Sun.)
18:00〜21:00

@caffe ALCO prego
金沢市片町1丁目3番21号
charge...
under 30 years old ¥1000
over 30 years old ¥2000
(1drink+軽食付き)

ご参加の方は下記の連絡先へ
お名前、年齢を明記の上お申し込みください。
主催/TNG
Thinking about Next Generation
mail tng.nen.kanazawa@gmail.com

*********

SEALDsからの若者全国一斉行動の呼びかけをきっかけとし、安保法案に対して金沢でも何かできることはないかと考えている若者が集まって動き出します!

私たちの生活の中で生活に大きく関係しているのに、考えることを諦めがちになってしまう政治。
考えてはいても、なかなか周りと共感したり共有することが難しい政治。

10代、20代を中心とした若い世代が自ら関心を持ち、政治を考える、知ろうとするきっかけとなる1日になりますように。

|

2015年8月16日 (日)

テレビと映画のおしらせ。

150808_ 今日16日、BSTBS の「週刊報道LIFE 」夜9:00〜10:00。
シールズの学生さん(そのうちの一人は萌子ちゃん)二人と、ドキュメンタリー映画を撮る大学生、アジアと交流を持つサークルの大学生二人が参加しての、生放送。

今年3月、萠子ちゃんと一緒にベルリンやアウシュビッツを訪ねた紅茶つながりのお母さんが、この番組のことをしらせてくれました。彼女は、萠子ちゃんと出逢ってシールズを知ったことから、もう7回も国会前にいってるそうです。

ぜひみてね!

*******

こっちは映画です。これもぜひ!
中垣さんからのおしらせ。
昨日は、「アラヤシキの住人たち」を見て、ハシゴはできなかったので。今週だけなので、なんとか見にいかねばとおもっています。あ、ナレーションが、Coccoさん。

****

☆三上智恵監督の新作、『戦場ぬ止み』(いくさばぬとぅどぅみ)、
香林坊・シネモンドで上映中です!
http://cine-monde.jimdo.com/%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%B8%AD%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81-1/

☆上映期間は一週間だけ、8月21日(金)まで。
 上映は一日一回だけ [12:25~ ]
 上映時間:2時間9分

 監督:三上智恵   ナレーション:Cocco

2014年8月14日、政府は辺野古沖を「包囲」。沖縄は再び戦場になった──。
民意は無視され、日々増していく緊張。
はたして今、沖縄で何が起きているのか?
基地をめぐる人々の思い、「いくさ」に翻弄され続けた70年に終止符を打ちたい
という切なる願い。
三上智恵監督が『標的の村』に続いて放つ渾身のドキュメンタリー。

|

2015年8月15日 (土)

浅田さんの、平和の句

150815__2 毎朝、北陸中日一面の左側にふっと目をとめる。
今日8月15日の「平和の俳句」は、大好きな浅田正文さんの作!でした。

「千枚の青田に千の平和あり」

これに、ドナルドキーンさんがこんな訳を。

「A thousand rows
Of growing plants of rice
A thousand testimonies of peace」

浅田さんは3.11の翌日、福島原発から25キロのおうちを離れて、おつれあいさんといっしょに金沢へ。それから4年余り。金沢にお住まいで、関東から避難してきた子育て中のママたちのおとうさんみたいな存在、やわらかいけど強い、すてきな方です。
去年夏には、とくべつ紅茶でご夫婦にかたっていただき、そのあと、新潟の三条へも「いのちの未来の語りあい」で一緒にお話にいきました。

そんな浅田さんの句、東京新聞や北陸中日をとってない方のために、今日の朝刊のおすそわけを。

*******

きのうの安倍さんの美辞麗句ばかりで主語のない、こころのともなわない、4つのキーワードだけをいかにも形だけ入れた、むなしい談話に、ずっと不快なきもちでいたので、翌朝、浅田さんのこの句を読めたこと、すごくうれしい!

子や孫たちに謝罪の宿命を負わせてはならない、という談話に、めっちゃめちゃ、違和感ありました。謝りたくないのは、ほかならぬ安倍さんなのですね。

|

アラヤシキの住人たち

150815_ 「アラヤシキの住人たち」、観てきました@シネモンド。
長野県小谷村の真木という集落で、ともにはたらいて生きる、共働学舎の人たちの農を中心とした暮らしを、淡々と描いた作品。

映画の最初に映し出された言葉は、
「あなたという人は地球始まって以来、ぜったいいなかったはずなんです。
あなたという人は地球が滅びるまででてこないはずなんです。
わたくしはそう思っていますーーー宮嶋眞一郎」と。

監督の本橋成一さんは、共働学舎を創設した宮嶋眞一郎さんの教え子さんだったとのこと。
4月にクッキングハウスに出前にうかがった時、参加してた誰かが封切り直前のこの映画のちらしを持って来てて、あ、きょうどうがくしゃの映画ができたんだ、って気になっていたのです。

静かだけど、とってもこころのふかいところに届く、響く、いい作品。
信州の四季のうつりかわりを追いながら、日々、することはたくさん。きょうどうがくしゃのメンバーたちのそれぞれが自分のできることをして、競争でなく、協力しあって生きる暮らし。
言葉よりも、誰かがしてるのを見て、感じて、自分で学んで行く、そんな生き方、暮らし方。
はっとするとこ、じわ〜〜んとするとこ、いっぱいある。ここでは、どんなひともそのまんまで認められてる。

今日は映画初日ということで、宮嶋信さんとエノさんがシネモンドにいらして、すこし舞台でお話してくださいました。農に生きる人は、ほんとに地に足がついてるなあ、穏やかだけども、たしかな存在感のある、信さんでした。

「アラヤシキの住人」は今週金曜日の21日まで。10:15〜。
三上智恵さん監督の「戦場ぬ止み」も、21日まで。12:25〜。
辺野古の今。これも見に行かなくちゃ!

|

高遠菜穂子さんのお話 アイデアニュースより

橋本正人さんのアイデアニュース。
イラクで支援ボランティアをされている高遠菜穂子さんの講演会リポート。

橋本さんの報告は、いつもとてもわかりやすくよみやすく、正確にまとめられていて、とてもありがたいです。

高遠さんの、現実のおはなし。
戦地にいった兵士がかかえる心の傷。moral injuryというあたらしい言葉があるという。

アメリカがしていること。世界から日本はどう見られているか。
日本がはじめて海外で戦闘ができるようになる法案、と、安保法制は世界に報じられていること。
ぜひよんでみてくださいな。http://ideanews.jp/archives/7671

|

2015年8月14日 (金)

創価学会の会員さんたちが。

創価学会員さんが、個人のひととして、今の公明党のやり方はおかしい、と声をあげはじめています。

創価学会の一番はじめの方が、治安維持法で牢屋にまで入っていた方だった、と知った時は(多分15年くらい前だったかもしれない)、そうだったのか、、、って感動したものです。
そういう方がはじめたこの学会、その牧口さんは、今の状況をどのように観ておられるだろう。

*******今日14日の朝日新聞より。

 自民党と連立を組む公明党の支持母体・創価学会の足もとで「異変」が起きている。安全保障関連法案をめぐり、学会関連の大学関係者や学会員の一部が公然と反対の声をあげたり、法案の白紙撤回を求める署名を集めたり。信仰と政治の間で葛藤を抱えながらの行動だ。

安保法制は「池田大作先生の教えに反する」創価大関係者ら公然と批判
特集:安全保障法制

 創価学会の池田大作名誉会長が創立した創価大と創価女子短大。教員や卒業生らが11日、安保法案に反対する「有志の会」を設立した。声明は戦時中に弾圧を受けて獄死した牧口常三郎・初代会長に触れ、「いかなる圧迫にも屈せず、民衆のために声をあげること。これこそが創価教育の魂」などとしている。13日現在、氏名を公開した学校関係者だけで200人以上が署名を寄せている。

 呼びかけ人の一人で創価大非常勤講師の佐野潤一郎さん(50)は「憲法軽視は許せない」と感じていたが、公明党を公然と批判する声はほとんど聞こえてこなかった。やがてツイッター上で同じ考えの学校関係者とつながるようになり、一緒に声をあげることに決めた。「『安全保障関連法案に反対する学者の会』も活発に活動している。私たちだけ何もしないわけにはいかない」と話す。

 愛知県安城市の学会員、天野達志さん(51)は法案の白紙撤回を求める請願書をツイッターで公開中。広島など各地から署名が届いており、公明党の山口那津男代表に届ける予定だ。「組織を攪乱(かくらん)するつもりはなく、異を唱えたい人が声を上げられるようにしたいだけ。悩みながらやっています」

 両親も熱心な学会員だ。「『平和の党』の理念があるから選挙も手弁当で応援してきました。党の綱領には『常に民衆の側に立つ』とあるのに、なぜ『向こう側』に行っちゃったんだという思いです」と話す。

 天野さんの活動をネット上で知り、独りで署名集めを始めた人もいる。

 東京・渋谷で2日、千葉県の50代の公務員女性がベンチに腰掛けている人たちに署名を呼びかけていた。祖母の代からの学会員。公明党の選挙活動にも積極的に関わってきた。だが、2003年の自衛隊のイラク派遣を与党として支持した時から疑問を感じ始めた。昨年の集団的自衛権行使容認の閣議決定で見限った。「創価学会の生命尊厳、絶対平和主義に反する」。選挙活動には関わらないと決めた。

|

19日の紅茶は、ぶどう狩りおはなし会へ

140820_ 来週19日は、毎夏紅茶の恒例、ぶどう狩りおはなし会です。(なので津幡紅茶は留守になるのでご注意!)

ことしで31回目。細川さんも私も皆勤記録を更新し続けてますが、これってすごいことだよねえ、2人がともに、その日をみんなと共有できてること、感謝です。

この日は、だれでも参加できるぶどう狩りおはなし会。

10:00にかほく市高松町の細川さんち集合。おとなりのぶどう園の入園料(おねだんあがってなければ大人は1000円、園内のぶどう食べ放題)をおうちで集めて、みんなの顔がそろったら、今本ぶどう園さんへ。
巨峰やマスカットやセキレイやふじみのりや、、、ぶどう棚の下で、大粒のぶどうを好きなだけ。

ぶどうでお腹がいっぱいになったら、律子さんちにもどっておひるごはん。お弁当でもおかず一品でもおもちください。律子さんは毎年この日のために、おおなべいっぱいのすいとんを用意して下さいます。今は具だくさんのお汁ですが、戦争中は、ごはんのかわりに小麦粉でつくるすいとん、実もあるかないかの、すいとん汁だったはず。

ごはんのあとは、もちよりおはなし会。文庫やおはなしの会のおかあさんたちによる、てあそびや昔話など。律子さんはこの日はかならず、戦争や原爆や平和の絵本を何か一つ、よんでくださいます。毎年毎年、くりかえしよんで、平和がどんなにたいせつか、ちいさなひとたちのこころとからだにしみていくように。

私は、ここ数年は、歌っています。
今年は4年ぶりに、♪For the first time in my life  生きてきてはじめて を歌おうかな、と。

4年前は震災の年の夏で、日々のなにげない暮らしがどんなに奇跡みたいなことか、って、あなたと一緒の今日という日は、生きてきてはじめての日なんだよ、ってきもちで歌いました。

ことしはまた違うきもちで歌います。
70年前まで、この国では、死ぬ理由がわからないまま、たくさんの人がなくなっていったし、大好きな人と一緒にいられる、昨日や今日やあしただって、ちっとも当たり前のことじゃなかったんだよね、というきもちで歌おうと思います。

120819_ この日は、ぶどう狩りだけのひとも、午後のおはなし会からの参加のひともいます。お時間許す方は、おはなし会のあとの放課後お茶の時間もどうぞごゆっくり。

写真はハニービーナスだよ。

|

8月23日全国若者一斉行動、金沢でも動くよ!

8月23日、全国若者一斉行動に呼応して、金沢の若者たちが動き出してるよ!!
23日、私は福井に出前紅茶のけんぽうかふぇででかけるけど、この集まりは夕方6時かららしい。私も遅刻しても駆けつけるよ!

そのミーティング、私はでれなかったけど、みゆきちゃんがくわしく報告してくれてるので、読んでみてね!おお〜〜〜いよいよ、金沢でも!!

*********

きのうはおつかれさまでした!
「全国若者一斉行動×kanazawa 第1回ミーティング!」
https://www.facebook.com/events/1636513419957731/

10代から70代の方々27名にお集まりいただきました。

改めて思い起こしてみたら年齢も職業も、まさに日本の縮図にように多種多様!

大学の先生から、保育士、農家、市会議員、弁護士、小学校の先生、会社員、
医師、現場監督、高校生、助産師、刺青師、学童野球のコーチに、主婦、
小学生と幼児までいて、
・・大学生だけがいなかったという(@_@) だいがくせーーい!

2日やそこらで、・・続々と、部屋いっぱいに。
こんな集客、いったい だれができるでしょう。みんなの顔がわかる人が誰もいない。絶対、この日、このときでなければ、一生出会わなかったであろうと思われる人もいるわけで。 

参加者が言いました「小原さんが声をかけたから集まったんじゃない」ほんとにその通り。

南ちゃん、 歩くん。

ふたりの20代の若者が、この保守的な石川県で名前と顔を出し、想いを文にして表現して呼びかけた、その勇気に呼応して、これだけ多種多様な、なんでもくくれない人たちが、この夜に時間を割いて、自分の意志で 集まったので
す。

こんな多くの人たちを目覚めさせて、つないで、
ある意味、安倍政権、すごいっ!!

高岡から来たキレイな瞳をした若い男性に「学生さん?」ときくと、
「高校一年生です」    ・・・・一同びっくり\(◎o◎)/!
親子で国会前にも足を運んでいるとのこと。すばらしい!

23日のアクションについては、

人をできるだけ集めて 野外で「反対」の声を可視化すべき
人数に関係なく、参加し、理解を深め判断する一歩に。
法案に賛成の人にも来て意見を述べてほしい。

強い気持ちや100%の確信ではなく
ざわざわとした気持ちをだいじにしていいんだということ。
参加することで、考え始めるということもあるんだってこと

など、幅広い意見が出ましたが、かなり出たところで

最終的には10代20代の4人でやりたいことを話しあい、まとめてもらうことにしました。4人で話すと、自然と決まってきたようでした。

大人たちは、彼らがやりたいことを 精一杯サポートしていこう!
と確認をしました。

***********
8月23日(日)夕方からのイベントになります!
***********

また会場・時間など決まったことがあれば、お知らせいたしますので
引き続きご注目ください!

10代20代のみなさん、もうすこし仲間を増やしたいでーす!
ぜひ、ご一緒に~~!!

今後の予定は、またお知らせいたしますので、ご注目くださいね!

☆参加者のみなさま  タグ付け、シェアご自由にどうぞ―!

|

私たちの声を、民主党県連さんに。

120810_ 昨日12日。
安保法制に反対するママの会@石川の、『私たちの声を石川の議員さんに届けよう』プロジェクト。呼びかけからの20日間に寄せられた、4歳から80代の方達までの、175通のメッセージを、昨日は民主党さん県連事務所におとどけに。
(その様子は今日13日付けの北陸中日新聞に大きく)

近藤さん、田中さん、県議の一川さん、市議の麦田さん、みなさんで待っていて下さって、ママ達の想い、不安も疑問も、市民の声にならない声もたっぷりと、真剣に聴いてくださいました。

ママ達の想い、市民の声にならない声をたっぷり聴いて下さって、ありがたかったです。近藤さんがまっすぐ聴いてくださってることがママにも伝わったせいでしょう、ほんとうに思っていること、不安なこと、自分の分も、おあずかりしたみなさんの想いもあわせて、若いママが語っていること、横でみていて感じました。

国が今、毎日、民主主義をこわしてるけど、
私たち一人ひとりが、今、民主主義してる、って感じたよ。

このママの会は、今、全国で30以上生まれているそうです。声を議員さんにとどけようプロジェクトは石川が初、だけど、こういうことしよう、という声は他県でも広がっているそうです。

みなさまのお声、まだ募集中です。
声をあげられないひとがどうやったら声をあげられるか、
この声届けプロジェクトが、すこしでもその受け皿になれたらうれしいです。

ママの会@石川のママ達は、まさに私の娘と同年代。ちょうど紅茶をはじめたころの私の年代です。きのうは付き添い役みたいにして行きながら、ママ達のがんばりに胸が熱くなる私でした。

*******

ママの会@石川では
今後も、与党、野党両方の議員さんに直接、働きかけを行って
行きます。

安保関連法案に関して「ここが知りたい!ここが不安!私はこう思ってる!」のメッセージは

石川県にお住いのお子さまからご年配の方まで
全てのみなさまから受け付けています。

現在お届けが済んでいる議員さんへも
追加のメッセージを随時お届けしていく予定ですので
メッセージはまだまだ募集しています。

私たちの未来に関わる法案。お子さまの夏休みの課題にも、
もってこいかもしれません!

ご家族と、ご友人と、ぜひお話しながら書いてみて下さいね。

<参加していただく方法>
★安保関連法案について思っていることを文章にして
(短くても長くてもいいです)FBメッセージかkoetodo@gmail.com
 まで送ってください。
★お名前と年齢、住んでいる市町名をお書き添えください。
(そのまま議員さんに届けます。どうしても抵抗ある方は匿名でも可。でも説得力を持たせるために出来れば実名で!)
★議員さんへの質問もぜひ。
 お返事を取りまとめてどこかで公開できるようにやってみます。
★いただいた文章はFB上や新聞で公開させていただく場合があります。
 その場合は文章と市町名のみとし、お名前は非公開とします。
★正直で丁寧な文章でお願いします。乱暴なものは仲介できません。
★☆第4次の締め切りは8月15日です!☆★

続きを読む "私たちの声を、民主党県連さんに。"

|

横井久美子さんのコンサートで

横井久美子さんのコンサートが、8月8日、馬場小学校近くのカフェ「シャマロン」にて。さんしょ歌い隊のあこちゃんから声かけていただいて、聴きにいきました。

本当に!いいコンサートでした。
前座では、さんしょ歌い隊のみなさんが、「13条のうた ほかの誰とも」を歌って下さったのです。吉岡さんのピアノもすてき。最後のハモリもすてき。
さんしょのみなさんが、この歌を愛してくださって、練習重ねて歌って下さって、こんなにうれしいことはありません。

久美子さんのお歌もまじかでかぶりつきで聴けてしあわせ。
しかも笠木さんの歌からはじまったのです。
ましてや1曲目が、だいだい好きな「時は流れて」。もう鳥肌がたちました。
7月の紅茶コンサートのとき、ほっとらいんさんやしずくさんといっしょにきてくれた宇治日和の多美子さんが、一曲だけ歌って下さったのが、この歌だったんですもん!
懐かしい「おいで一緒に」もみなで声をあわせて。この訳詞も、そういえば笠木さんだったのでしたね。

150814_cd 去年7月、久美子さんは笠木さんと国分寺でコンサートしているのです(そのライブCDも買ってきましたよ)。
笠木さんは杖をつきながらも、おおいに語り、7曲をうたわれたのですって。
笠木さんはよく、「文化で闘え」と話されていた、と、そのコンサートの様子もこの日、久美子さんがお話してくださいました。

久美子さんと一緒に全員でうたうところでは、私の後ろにいらした男性の男声コーラスがきこえて、私、ステレオ状態でコンサートを楽しみました。
30数年前から、歌と音楽でつながってる仲間たち、この日は同窓会のように全国から集まって、このコンサートをひらいたのでした。それがすてきだよね!

あこちゃんwrote :
8月8日から3日間、学生時代のサークルの先輩たちと一緒に過ごしました。
8日は、東京の先輩が企画した横井久美子さんのコンサート。沈黙は共犯。すべての行動は、ひとりのあふれる思いから始まる、という言葉が心に響きました。
年老いた私の母に、あなたの歩んできた人生は、とてもステキな人生!と、心を込めて歌ってくださいました。
前座では、水野スウさん作詞作曲の「ほかの誰とも」を先輩たちと合唱しました。うれしかったです。

|

この一週間

Photo すっかりごぶさたしました。気づけば、前回からもう一週間もたってる!
読んで下さってる方は、私が夏バテでダウンしちゃったかと心配してたかも。
ごめんね!だいじょうぶ、元気にしています。

書き込みごぶさたしたわけは、5月末からとりくんでいる私自身の“宿題”の、ラストスパートが先週末からの、この一週間に集中してて。
それまでは宿題と平行してブログやFBを更新できていたけど、さすがにこの数日間はそれもできず、でした。ほんっとにひさしぶりに、貫徹もしちゃった!(もちろんその夜は爆睡)

*******

その間に、
5日の国会特別委員会では、自衛隊がはこべる武器弾薬の中に、法の上では、核兵器も運べる!!ことが明らかにされ、

翌6日、広島の平和式典では安倍ソーリの挨拶に「非核三原則」が入らず、
被爆者からはもちろん、全国からの怒りの声があがり、
9日の長崎の式典では「非核三原則」を入れた挨拶になり。
(いかにこころが伴なってないか、ってことだね)、
また、広島と長崎の市長の態度の違いも明らかに。
長崎の市長は、はっきりと安保法制への意見をのべていましたね。

11日は川内原発が再稼働され、約2年の原発ゼロがストップ。
規制委員会委員長は、規制基準をクリアしたからといって、安全とはいってませんといい、
委員会も国も、自己の場合の責任は事業者である九州電力にあり、といい、
(無責任体制は、福島のあともなんにも変わってない!)

週明け国会では、安保法案が国会でまだ審議中にもかかわらず、それを先取りした日米合同軍事訓練プログラムができてることがあきらかにされ、
その翌日、沖縄で、米軍ヘリコプターが米軍の船に着陸失敗の事故、しかもそこに2人の自衛官が一緒にのって訓練してた!ことがわかり、

と、なんとまあ、書いてるだけでも息切れしそうですが、
とにかく宿題が一段落したので、またおいおいに書いて行きます。
この間にも、金沢で意味ある動きがおきてますからね!

|

2015年8月 7日 (金)

9月、松浦さんと、コミュニケーションワークショップ

東京調布にある不思議なレストラン。その「クッキングハウス」代表の松浦幸子さんと学ぶ、コミュニケーションワークショップを今年も開催いたします。Photo
相手にも、自分にも、きもちのよいコミュニケーションのとりかたを、クッキングハウスでメンバーさんたちがいつも練習している手法をとりいれながら、一緒に学んでいきます。

9月4日(金曜日)@津幡町の紅茶の時間 水野宅 
9:30受付 10:00~4:00 参加費3000円
20名まで。この日はお昼一品もちよりでおねがいします。

9月6日(日曜日)@上荒屋クリニック(御経塚イオン近く)敷地内「えがお」
9:30受付 10:00~4:00
参加費 3000円(学割あり、2000円) 
お昼は各自ご用意ください。近くに食べるところもあり、買いにもいけます。

このワークショップでは、その日に参加している人からだされる具体的な「課題」を、SST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)で、またはサイコドラマの手法で、どのように表現したら、受けとめたら、少しでもきもちが楽になるか、何か解決につながるヒントがあるか、自分の考え方以外の考え方や見方を発見できるかどうか、などなど、参加してる人たちと一緒に考え合い、自分の弱さもだしあいながら、SSTやサイコドラマを体験しながら、学んでいきます。

本当は、自分はこうしたいと思ってるのだけど、それをどうやって相手に伝えたらいいかわからない、自分のパターン以外思いつかない。
最近いやな出来事があったけど、それをどうとらえたらいいのか、自分一人じゃわからないで混乱している。
過去のある出来事にいまだにこだわっている。

などなど、そういった日常のこと、過去のことも、その日、みんなで練習できる、解決の糸口を見つける、よい「課題」になります。
自分が本当はどう感じているのかに気づく時間、自分のコミュニケーションのくせに気づく時間でもあります。

リーダー役の松浦さんがいつも、参加してる私たち一人ひとりをとても大切にしてくださるので、ワークショップに参加しながら、相手のことも、そして自分のことも(これ、大事!)、だんだん大切に思えてきます。

対人援助のお仕事してる方には特に、松浦さんが誰かを聴いている時の聴き方、ひとへの向き合い方、言葉の返し方、それからその人のいいところをなにげなく言葉でつたえてくださるところ、などなど、見ているだけでも学べるところがいっぱいあると思います。
はじめての方でももちろん大丈夫。松浦さんの笑顔をみているだけでも、やさしいきもちになってきますよ。

クッキングハウス28年の歴史を通して松浦さんが伝えてくださることから、私は、生きていく勇気や希望をいつももらっています。

どちらの日も、10:00からはじめたいので、なるべく遅刻されませんよう。
参加ご希望の場合は、私までお申し込みのご連絡をお願いしますね。
4日か6日、どちらの日か、ご都合の着く方、ご参加を心よりお待ちしています。

|

核兵器まではこべる???

5日の参院の安保法制審議で、民主党の白さんが質問して明らかになった事に、驚愕!!か、か、かくへいき、っていま、言った??

その日は、昼間は紅茶シネマをしていて、夜はでかけていたので、10時の報ステまでテレビをみておらず、突然でてきたこの言葉に、びっくりしすぎて、夫婦で一瞬、言葉も出ず。

はい。中谷防衛大臣がそうこたえたのです。うしろで聞いてた岸田外務大臣(広島選出)の、え?え?ちょっとちょっと!というあわてた表情は、何を意味してたのか??

後方支援という名の兵站。消耗品としての武器弾薬の輸送ばかりか、提供までできる、といった文脈の中ででてきた発言です。

中谷さん、法的には、核兵器や劣化ウラン弾まで運べることは、排除されてはいない、と。
それって、その政策が内閣の判断でかわったら、核兵器までも運べてしまう、っていうことでもあると思うよ!

もしもアメリカにたのまれたら、アメリカの核兵器はこべません、って本当にことわれるの?

この言葉が、70年目のヒロシマの日の前日にでてきたって、、、いったい、、。どういうことだろう!!!

他国軍に提供できる「弾薬」には、手榴弾(しゅりゅうだん)とミサイルに続いて、核兵器まで含まれるとの政府の考えが示された。法律上は提供可能でも、政策判断として行わないとの政府答弁に対し、野党は法案に歯止めがなく、他国軍への「後方支援」が際限なく広がりかねないと問題視した。

|

2015年8月 6日 (木)

100人の声・命を読む

Photo 8月6日、70年目のヒロシマの日、
朗読公演「100人の声・命を読む」@県立音楽堂交流ホールにて。 
http://asanogawaclub.web.fc2.com/
11:30〜5:30
入場無料。直接会場へどうぞ。

戦後70年・被爆70年で「命の尊さを伝えたい」をテーマに、北陸の県民有志100人が作品を朗読する。
浅野川倶楽部の高輪眞智子さんが、ことしもお世話くださいます。

私は「わたしの12条宣言」を朗読します。たぶん1:30ころ。

|

2015年8月 5日 (水)

私たちの声を、とどけてきましたよ。のご報告

Photo 昨日8月4日、「安保関連法案に反対するママの会@石川」の「私たちの声を石川の議員さんに届けようプロジェクト」のママたちと議員さんの事務所へ。
手渡したのは、155人分の想いのずしりとした重みです。
声はこれからもまだ集めています、どうぞひとことでも!

ママの会@石川のメンバーがくわしく報告してくれています*****

石川県選出の国会議員のみなさまの事務所へ
これまでに集まった155通のメッセージと要望書、質問書をお届けしてきました!

今回お届けした要望書にも
① 早急に私たちとの対話の場を設けて頂きたいこと。
② 質問にご回答いただきたいこと。
を明記し、8月10日までにお返事を求めました。

議員事務所をハシゴすること自体、はじめてのママたち。

夏休み中の子どもたちの手を引いて、事務所のドアを叩くのは緊張しましたが

私たちは議員さんと「対立」したいのではなく、直接「対話」を望んでいること。

メッセージは、安保法案に不安を抱く母親たちから波紋の様に広がり、短期間で県内の子どもからお年寄りまでの幅広い年齢層のみなさまから集まったことをお伝えして

議員さんご本人にしっかりと目を通して頂き、
面談を実現して頂けるよう、お願いしました。

実際に足を運んだことで学びも多かったです。

まず、事務所によって雰囲気も対応も全く違うんですね。

開かれた雰囲気で迎えて下さると、しっかりと地元の声を聞き、国政に活かして下さるんしゃないかと期待が持てますが、

いくらHPで好印象なことが書いてあっても
実際にお尋ねした時の事務所の反応の仕方で、
あぁ建前と本音は違うのかなと、疑ってしまいます。

私たちの急な呼びかけにこたえて、ごく短い期間で、こんなにたくさんの方が真剣に書いてくださったことが、
この法案に対しての不安の大きさのあらわれ。
「ずしりと重い155通のメッセージは県民のみなさんの想いの重み」

受けとってくださった事務所の方には、議員さんにこの重みをしっかり伝えてくださるよう、期待します。

以下、お伺いした議員事務所でのご報告です。

●岡田直樹参議院議員事務所●http://okada-naoki.net/profile/

女性の事務の方お二人と、男性秘書さんお一人が、
みなさんで立ち上がってきちんと受け取ってくださいました。

「メッセージ書いてくださった皆さんに見せたいので」と、写真撮影をお願いしたら
「それは勘弁してください!」とどうしても無理とのこと。

私たちは何か悪いことしているのかしら?と
ちょっと不安になる一場面でした。

しかし「かならず確実に議員にわたします」とのことで
誠実に対応してくださいましたので
お礼を言って失礼することに。

写真は、事務所のネームボードだけになりました。

●馳浩衆議院議員事務所●http://hase-hiroshi.org/

以前、メンバーの知り合いを通じて
直接ご本人にお渡しさせて頂いておりましたが
政策秘書の方からご連絡を頂き
追加分のメッセージなどをお届けに上がりました。

にこやかに迎えて下さった女性秘書さんは
応接室に通して下さり、受け渡しのお写真も
「あら、私なんかでいいんですか?」とおっしゃりながら
笑顔で対応してくださいました。

市民の声を聞くのは議員の一番大事な仕事。
馳議員も政策秘書さんも、良い機会なので
私たちと会談の場を設けたいと真剣に考えて下さっているそう
です。

「この法案を通すために、
地元での説明をしっかりする、ということになっていますので」
とのことでした。

話しやすい秘書さんだったので
こちらの思いもすこし伝えてみました。

「ママたちみんな、不安で仕方がない」
「泣きながら訴えてこられるママもいる」
「国会中継を真面目に見るのは初めてだけど
安倍さんの説明が、ぜんぜんわからない」
「ネットTVでの火事のたとえは逆に単純にしすぎて、
火事と戦争は違う、って感じてしまう」

私も男の子がいますので、、、と秘書さん。

短い時間ですが、そして意見や立場は違いますが、
人間同士の話ができた嬉しさはありました。

●山田修路参議院議員事務所●http://yamada-syuji.com/

こちらも女性スタッフさんが
「私以外の事務所の者が皆出てしまっているので
私がお受け取りする形でもかまいませんか?」とにこやかに迎えて下さいました。
このメッセージが集まった経緯や思いに、耳を傾けて下さり
メッセージを受け取って下さいました。

●佐々木はじめ衆議院議員事務所●

小松の事務所にお電話しました。

秘書の方が丁寧に対応して下さり、早速、メッセージと要望書などをお送りすることなりました。

週末に佐々木議員が小松に戻られた際に、面談の日程などについてご本人と相談し、ご連絡を頂けることになりましたので
面談の日程などが決まりましたら、こちらでもお知らせ致しますね。

●北村しげお衆議院議員事務所●

七尾の事務所にお電話しました。中々、七尾には帰って来られないとのことで、国会事務所の方にお電話しましたが繋がらないので、繋がりましたら、またご報告させて頂きます。

北村議員は「北村しげおと語ろう会」という会を少人数でも自宅の居間や集会所でも開催して下さるとのことなので、ぜひ、お願いしたいですね。

。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.゜+..。*゜+.。*゜+.*.。゜+..。*゜+。*゜+.*.。゜+..。*゜+.。*゜+.*.゜+..。*゜+

議員事務所の皆さま。お忙しいところ、本当にありがとうございました!

ママの会@石川では
今後も、与党、野党両方の議員さんに直接、働きかけを行って行きます。

安保関連法案に関して「ここが知りたい!ここが不安!私はこう思ってる!」のメッセージは
石川県にお住いのお子さまからご年配の方まで
全てのみなさまから受け付けています。

私たちの未来に関わる法案。お子さまの夏休みの課題にも、もってこいかもしれません!

ご家族と、ご友人と、ぜひお話しながら書いてみて下さいね^^

<参加していただく方法>
★安保関連法案について思っていることを文章にして(短くても長くてもいいです)FBメッセージかkoetodo@gmail.comまで送ってください。
★お名前と年齢、住んでいる市町名をお書き添えください(そのまま議員さんに届けます。どうしても抵抗ある方は匿名でも。でも説得力を持たせるために出来れば実名で!)
★議員さんへの質問もぜひ。お返事を取りまとめてどこかで公開できるようにやってみます。
★いただいた文章はFB上や新聞で公開させていただく場合があります。その場合は文章と市町名のみとし、お名前は非公開とします。
★正直で丁寧な文章でお願いします。乱暴なものは仲介できません。
★☆第3次の締め切りは8月7日です!(変更しました!)☆★

|

出前紅茶のけんぽうかふぇ@福井

130727_ 8月23日、福井へ紅茶けんぽうかふぇの出前にうかがいます。
清水さんがこんなすてきなよびかけをしてくださってます。
参加ご希望の方、私までおしらせくださったら、清水さんにつなぎますね。

********

子どもたちが未来に向かって自分らしく生きていける社会であってほしい!
すべてのお母さんの願いはきっと同じ。

でも今その願いを脅かす法案が国会で審議されています。
今まであまり意識してこなかった憲法や政治。
でもこれらは私たちの生活と深くつながっています。

ゲストの水野スウさん(石川県在住)は週1回自宅を開放して、だれでもどうぞという場「紅茶の時間」を作っています。
また、生活の中で生きている憲法について語り合う「紅茶けんぽうかふぇ」を開いています。

スウさんをお招きして、福井で開催する「紅茶けんぽうかふぇ@ふくい」で、あらためて今、憲法について考えてみませんか。

みなさんのご参加をお待ちしています。

8月23日(日曜日)
午前の部 10:00~12:00
ランチタイム 12:00~13:30(一品持ち寄り)
午後の部 13:30~16:00

出入り自由です!
ランチタイムにいらっしゃる方は、食べ物を一品持ってきてくださいね。

参加費 500円 
スウさんの交通費と必要経費としてご協力ください。

お子さんとごいっしょでも大丈夫です。
でも様子をよく見て、出入り自由してくださいね。

この会は「スペースきーの」と「安保関連法案に反対するママの会-福井」が協力して取り組んでいます。

場所については、参加の連絡をいただいた方に、個別に連絡させていただきます。

****呼びかけ文、ここまで。

|

今日も、パーソナルソングみます@紅茶

150723_ 今日5日も、「ふつう紅茶内ミニとくべつ紅茶」で「パ―ソナルソング」ミニ上映会を。
2:00〜@紅茶・水野宅。

認知症やアルツハイマーのかたに、そのひとそのひとの想い出の音楽をiPodで聴いてもらうと、ものすごい変化が起きる!

アメリカのソーシャルワーカーのコーエンさんがそれを発見しました。思い入れのある音楽を聴くと、ひとは音楽とともに何かを思いだすのではないか、そう思って次々、いろんな施設、病院、お宅にでかけていって、その人の耳にiPodをあててみると、、。

その人にとっての特別な音楽を聴いた時の、表情の変化、からだの変化、突然しゃべりだす人、踊りだす人。その瞬間を逃さずおさめたドキュメンタリー。

音楽のちからって!誰もが、こころのなかに音楽をもってるんだ!

音楽を聴いて「I feel love」という94歳。
聴いてたら、「ここにいるみんなのこと、とっても好き!って思った」というやはり90歳くらいの方。
誰でも、からだんなかに、beatを持ってるんだね。

完璧上映会ではないのですが、はじめて映画を見る方は、水出し緑茶のお茶代として、一回につき、200円頂戴いたします。よろしく!
先週もいらした方からはお茶代はいただきません。
今日は暑い日になりそうで、わが家のみどりのエアコンがはたしてどこまで効いてくれるか、と案じつつ。

|

2015年8月 4日 (火)

磯崎補佐官の参考人招致

この間FB友達になったばかりの方が、3日の参考人招致がみれますよ、と教えてくださいました。テレビニュースではここまでまるごとみれないので、とてもありがたいです。こちらをぜひどうぞ!

https://www.facebook.com/kazuhiko.kawai.7/posts/991914537517883?notif_t=like

補佐官という立場にある磯崎さんが参考人として呼ばれることも異例なら、鴻池委員長さんが質問すること自体、異例。
首相補佐官とは、どういう仕事か、と訊かれて「総理を助けたり、助言を与えるのが仕事」と磯崎さん。

この法案を審議してる最中にもかかわらず、磯崎さんが、9月中旬までにあげたい、と述べたことについて、委員長は二院性の意義をはっきりと。
「軍部が戦争に至った道を、貴族院がとめられなかった。そういう先の大戦の反省から、先人達が一生懸命、参議院をつくりあげたのだ。衆議院と参議院は違う。参議院は衆議院の下部組織じゃない、官邸の下請けじゃない」と。

委員長のこの言葉は、首相に対してもいってるな、と感じました。
はじめから60日ルールありき、ってあまりに参院を軽視してることだから。

野党を代表して、民主の福山さんが質問。
法の安定性を維持しながら安保法案をつくろうという時に、補佐官であるあなたが、法的安定性は関係ないといって、ちゃぶ台をひっくり返した。辞任に値する。自らの判断で辞するべきだ。なぜ居座り続けるのか。

法的安定性のことを、「そんなもので国が守れるか」と。法的安定性とは「そんなもの」なのか?こういう考え方が、立憲主義をまったく理解してない、ということだ。

「憲法改正を味わってもらう」発言。上から目線の発言。これも、立憲主義の根本を理解していないことだ。

磯崎さん
9月中旬までに、といったのは、なかなかむずかしい、ということを言いたかった。
法的安定性そのものを否定したのではなく、政治状況の変化を説明するつもりが、ああいう言葉になった。あの発言は過ち。
改正のことは、改正の手続きを体験してもらう、という意味だった。

磯崎さんがいすわればいすわるほど、首相と基本的スタンス同じだと示すことだ、と福山さん。そのとおりです。同じです、もともと。

安保法制作成の中心メンバーである磯崎さんが、法的安定性を否定してること、この日の参考人招致でよくわかりました。それだけで、辞任すべきと思います。こういう考え方の人に、日本の未来をかえる法律をつくってもらいたくありません。

磯崎さん、自分の発言の時は、下を向いて、原稿をよみあげて、反省のきもちは、私にはまったく見れませんでした。

|

2015年8月 3日 (月)

NHKに電話しました。

今日のテレビラジオ番組欄をみて、えええ〜〜!磯崎さんの参考人招致の質疑の国会中継がない!!なんでなんで。
立憲主義を否定する人の意見がまるごと、たとえ15分でも聞ける貴重な機会なのに、と、受信料払ってる視聴者ですが、と名乗って、NHKに電話しました。ここだよ→0570−066−066

同様の電話、どうして国会中継しないのだ、という問い合わせはすでにいっぱいかかってきてるって。
NHKが国会中継するには、一定の原則というものがあり、それにのっとって中継するとのこと、その原則をよみあげてもらいました。3番目の原則の中に、「重要な委員会の質疑に関して、総合的判断(あ〜,毎回この言葉が使われますね、国会答弁でも)をして適宜」とあったので、今日の磯崎さんへの質疑こそ、まさにそれにあたりませんか?と。

ま、電話の受けてさんを責めるのは本意にあらず。
でも、こういう原則があるなら、これがそれでしょ、今でしょ!this is it!って声はもっともっと届けていいと思います。
あなたもぜひぜひ。そういう声がた〜〜くさんあれば、モミイさんも上層部も無視できずに、中継すべき、って判断するかも。強行採決の翌日にそのような判断がされたように。

ネット中継があるとしても、それはネット環境にいる人の話。
受信料で成り立つ公共放送の矜持として、今日は中継すべきです。私は今から仕事ででるけど、NHKの中継だったら、録画して丸ごとあとから見れるのになあ。

|

高校生たちのティーズソウルデモ

きのう2日の、高校生達のデモ。ティーンズソウル@渋谷。
IWJさんが、16歳の女の子のスピーチをかきおこしてくれています。映像もみられます。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/256101

おとなたち、子どもたちが生きて来た年数が少ないから知識が少ないなんておもったら、大間違い。まっすぐな目で見、こころで感じて、自分の言葉にしています。

****全文読んでほしいけど、彼女のスピーチの一部をここに。

私がこの戦争法案に反対する理由は、今、与党が決定しようとしているプロセスが立憲主義を踏みにじるものだからです。こんなやり方を許したら、時の政権が都合の良い解釈で、やりたい放題にできてしまうからです。ただ、戦争に行きたくないから反対しているのではなく、この国の民主主義を守らなければならないから、今、声を上げているのです。

 この法案が廃案になれば、あるいは、政権が変われば、問題が消えるわけではありません。世界がますます不安定になり、リスクが高まっていくのは、事実だと思います。でも、今は間違いなく反対の声を上げるときで、声を上げるべきです。

 では、その先にどんな未来を思い描いたら良いのでしょうか。この、民意の高まりを好機に、右も左も立場を越えて、皆でこの国のあるべき姿について、考えはじめようではありませんか。

 最後に、デモなんてしてないで勉強しろとか、ただ騒ぎたいだけだろ、とかよく言われます。でも、今デモをしなかったら、私たちは将来、あの時ちゃんと抗議をしとけば良かったって、きっと、いや絶対後悔すると思うのです。

 確かに高校生に理解できていないことは多いです。でも、知ること大事だし、知ろうとすることも大事だと思います。自分たちに十分関係あるこの法案について、『ちょっとよく分からないや』と言って、私たち高校生は黙ってないといけないですか!? そんな大人に勝手に決められるか、決められてたまるか、と思います。平成27年度8月2日、私は安保法案に反対します」(取材・写真:芹沢あんず、撮影:須原拓磨、記事構成:平山茂樹)


*********

その下にある、IWJさんのこれまでの記事の目録をみれば、シールズやシールズ関西の学生さんのスピーチももっともっとよめます。

IWJさん、いつもいつもありがとう。よませてくれて。
みなさまも、どうぞこの市民メディアをささえてくださいませ〜〜。会員登録して、読んでくださいませ〜〜。ほかにも、いろんな人の貴重なインタビューがたくさんよめますよ。
今日ご紹介の記事をクリックすれば、その下に、会員になるポチっ、もすぐにわかりますので。

|

日野原重明さんの言葉

Photo_2 1日の報道特集で、日野原重明さん。103歳になられる聖路加病院のお医者さま。

東京空襲の時、病院にきた負傷者、やけどした人たちに、治療する薬も何もなくて、新聞紙を燃やして炭の粉にして、ふりかけた。そんなもの、もちろん効き目があるわけない。みな、死んで行きましたよ。僕は一体どれほどたくさんの死亡診断書を書いただろう。

憲法は独学で学んだ。憲法は、いのちを守るもの。人間の根本になるものが、これほどしっかり書かれているものは、ない。
9条の「戦争放棄」は、理論ではないのです、行動によって、実践によって、示すもの。

どうして医師が憲法に関わり、発言するのか、と訊かれる。
憲法はいのちを守るものだから、ひとのいのちを守る医師がそうするのは当然のこと、と。

|

梅原司平さんコンサート@志賀町

Photo 昨日2日、梅原司平さんと被爆ピアノのコラボコンサート@志賀町文化会館。実行委員会の熱意あふれて、会場は超満員。

歌のコンサートなんだけど、志賀町と福島と原発と憲法と日本と世界を知る、いろんな人の言葉でつむがれた、豊かな物語のある、社会科の授業のような、いっぱい笑って、何度もじんとくる、そんなコンサートでした。

司平さんの「折り鶴」は、つくられて、日本中の子どもたちに歌われて、世界でも歌われて、もう33年になるという。この日は、広島のピアノ調律師の矢川さんの手でよみがえった被爆ピアノの、すばらしい演奏部分もたっぷりとある、スペシャルバージョンでした。

富山空襲(1945年8月1日)の日、司平さんはお母さんのお腹の中にいて、戦火に逃げまどうお母さんがどぶにおっこっちゃったのを、司平さんのお姉さんが必死にひきづりあげて、それでいのちびろい、おかげで司平さんも生まれて来てくれたのでした。

司平さん、「国で一番えらいのは国民。今、政治が問われてるんじゃない。私たち一人ひとりが問われているんです」と。

*******

コンサートには、福井の雅美さんと一緒にいきました。津幡からの行き帰り、車中はまるで7月にあった9条の会北陸交流会の、2人分科会のようでもあり。8月23日に雅美さんちでする紅茶けんぽうかふぇのうちあわせも車のなかでたっぷり。

志賀町の道の駅では、名物の枯露柿(ころがき)いりソフトクリームをなめながら、足湯なんかしちゃって。いい一日でした。

|

2015年8月 2日 (日)

磯崎補佐官に感謝。

Photo_2 磯崎陽輔首相補佐官って、安保関連法案担当だけでなく、自民党憲法改正推進本部事務局長、でもあるんですね。
そういえば「ほのぼの一家の憲法改正ってなあに?」というマンガを片手に講演してる映像、見たことありました。

安保法制は憲法違反、の声がますます大きくなってきてる今が今、磯崎さんが「法的安定性なんて関係ない」って言っちゃった。国民よりも、国を守ることこそ最優先、新しい法律が、法的にとか憲法的にどうこうとか、そんなの関係なくね?って。

磯崎さん、よくぞ言ってくれました。感謝しちゃいます。

主権在民をまったく無視して、立憲主義って何かも知らない人が、この一連の安保法案をつくり、改正草案にかかわり、私たちにおしつけようとしてるんだってこと。
そのことをこんなにも端的に、見事に、わからせてくれた人はいない。
安倍さんが、どうごまかせば国民にばれないか腐心してる時に、磯崎さん、安保法制の本質を全国民に暴露しちゃった。(いや、大半の人にはもうばれてたかも)

集団的自衛権は9条違反、総理大臣が憲法守らないのは99条違反うんぬん、よりもっと基本のキ的なこと。
法的に安定してない、この先またどう変わるかわからない、法的信頼性のない安保法制を、しかもこんなむちゃくちゃなやり方で通すこと自体、法治国家としてあり?
こんなこと認めたら、国民主権も民主主義も憲法も、根っこからくずれちゃう。

そこにこそ、私は本気で怒ってるんです。だから本当に止めたい、って思ってるんです。

|

私たちの声を石川の議員さんへプロジェクトより

Photo 安保関連法案に反対するママの会@石川からの中間報告です。

強行採決のあった15日以降にたちあがったこの会、私たちの声を石川の議員さんに届けようプロジェクトをスタートさせ、これまでに集まったメッセージは150通以上!

ご家族分おくってくださるかたも、はじめは何書いていいかわからないといっていた人も、ママの会メンバーとのメールやり取りくりかえすうちに、書いてくれたりしたそうです。一次〆切までに集まった声はすでに、県内選出国会議員の馳さんとか、宮本しゅうじさんにとどけられはじめています。
どうぞ、ひとことでもいいので、声をおよせくださいませ。

あつまった『声」は、紙にして今のところ、96ページ!
ネットでのメッセージ〆切は、8月7日です。

今日は志賀町での梅原司平さんコンサートに行くので、その時もよびかけちらしもっていって、お願いしてみるつもりです。
コンサートは、被爆ピアノとのコラボ。福井からくる雅美さんと一緒に行きます。このまえは、福井での小森陽一さんの講演を一緒に聞きました。

***********

「私たちの声を議員さんへプロジェクト」へのご協力ありがとうございます。
第二次〆切の7月31日までに
150通ほどのメッセージが集まりました!

このようなアクションをするのは初めての人たちが動いており、短い時間でたくさんのメッセージが集まってきていることなどを認めた手紙を付けて、
ここまでに集まった皆さまからのメッセージをまとめ、
昨日、石川県選出の宮本しゅうじ参議院議員へお送りしました。
事前に事務所へ連絡し、必ず本人に渡しますと約束してもらいました。
後日、読んで頂いた上での反応やお返事を
こちらのページにてご報告させて頂きますね。

また、先日、メッセージをお渡しした馳浩衆議院議員への要望書についての返答期限が本日(8月1日)となっておりますので、議員事務所にお電話をしております。
まだ繋がらない状態なので
繋がりましたら、レポートをこちらのページでもご報告させて頂きます。

ママの会@石川では
今後も、県内選出の国会議員さんをはじめ、県議、市議の皆様へ働きかけを行って行きます。
与党のみなさまだけでなく、野党のみなさまへのメッセージも
大歓迎です。
メッセージは石川県にお住いのお子さまからご年配の方まで
全てのみなさまから受け付けています。

第三次〆切は8月7日です。
短くても構いません。
お子さまの声も、是非、届けて下さい!

メッセージはkoetodo@gmail.comまでお願い致します!
そして、シェアなどで広げて頂けたら嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願い致します!
===================================
<参加していただく方法>
★思っていることを文章にして(短くても長くてもいいです)FBメッセージかkoetodo@gmail.comまで送ってください。
★お名前と年齢、住んでいる市町村名をお書き添えください(そのまま議員さんに届けます。どうしても抵抗ある方は匿名でも。でも説得力を持たせるために出来れば実名で!)
★議員さんへの質問もぜひ。お返事を取りまとめてどこかで公開できるようにやってみます。
★いただいた文章はFB上や新聞で公開させていただく場合があります。その場合は文章と市町村名のみとし、お名前は非公開とします。
★正直で丁寧な文章でお願いします。乱暴なものは仲介できません。
★☆ 第3次の締め切りは8月7日です!(変更しました!)☆★

|

2015年8月 1日 (土)

学生と学者の共同行動。水島朝穂さんのスピーチ

IWJさん、ありがとうありがとう!よみながら、観ながら、泣いちゃっています。
昨日、31日の、学生と学者の共同行動での、水島先生のスピーチ。

民主主義って何だ、これだ!憲法学何十年やってきて、今日はじめてわかった、っていう水島朝穂さん。

ベルリンの壁が崩壊するのを目撃した先生の言葉。
そこに集まってる人たちだけじゃないんだよ。そこに向かってる人たち全部会わせて100万人、ってことなんだよ。
それも最初はほんの少しの人たちからはじまったんだよ。
だから、ここにいる人たちだけじゃないんだよ。この安保法制に反対してるのは。

IWJさんによる、水島朝穂教授スピーチ書き起こし*********

水島朝穂教授「早稲田大学の水島です。今、全国憲法研究会の代表をしています。

 さっきから『憲法を守れ、守れ』と言われていると…我々はそれで飯を食っております。飯を食っている人間がここに来ないのは、やっぱりヤバイ、ということで学者の会呼びかけ人ですけど、今日、初めて来まして、感動しました。

 何に感動したかというと、ずーっと砂防会館からデモをやってきた時、今コールしていた彼が(SEALDs奥田愛基さん)が、『民主主義って何だ』って言ったんです。そしたら、その後(みんなが)『これだ』って言ったんですよ。

 それを見た瞬間(思い出したのは)、私は24年前、東ベルリンに住んでいて、壁が崩れるときの一年半前に行きました。あの時、壁を崩した市民勢力が最初、89年の9月4日に、ライプツィヒで権利を求めてデモをやったんです。

 でも、みんな怖くて来なかった。でも1000人が集まった。

 『就職に響くぞ』『大学退学だぞ』…いろいろと秘密警察が脅したんですよ。『じゃあ、月曜日にもう一回集まろう』『ダメだよ、会社クビになるわ』…でもみんな行った。そしたら5000人になってた。

 そして10月2日、2万人になった。10月9日、7万人になった――。

 それを見たベルリンの人たちが『俺たちもやろうじゃないか』と言ったんです。89年の11月4日の土曜日に、アレクサンダー広場という、私が住んでいた目の前にある広場に集まろうと。呼びかけたのは俳優とアーティストと作家です。『おもしろそうだ』ってみんな思った。

 もう一つあるんです。警察にちゃんと許可をもらった。東ドイツはデモをしてはいけないんですよ。でも芸術家の集会だから警察が簡単にハンコを押しちゃった。

 さぁ集まった。100万人が集まった!

 そして弾圧された政治指導者が立ち上がって、『We are the People』って言ったんですよ。俺たちが人民だ、と。この東ドイツの体制は人民民主主義。『ドイツ民主共和国』なんて嘘っぱちじゃないか、俺たちは壁の向こうに行けないじゃないか、行かせてくれ! と叫んだんですよ。

 そしてその11月4日の大デモンストレーションの後、5日後にベルリンの壁が崩れたんです。これはどういうことを意味していますか?

 最初はベルリンの壁は崩れてなかったんです。一番最初は、小さな小さなデモから始まった。でも『定期的に月曜日に集まろうね』と、どんどん膨らんで、ついに100万人になったんですよ。

 私はそこに住んでいて、上から見て、そこには100万人も入れません。『“100万人”は嘘ですよ』と新聞は書いた。当たり前だよ。せいぜい10万人くらいですよ。でも違うんですよ。そこに向かって電車に乗り、車で、徒歩で一杯集まってきた人、ひっくるめて100万人なんです。

 だから、ここにいるのが2万だとか3万だとか、砂防会館に4000だとか、明日の夕刊フジや産経新聞が書くんですよ。でも、その向こうに1000万、2000万の国民が見ているんです。だから8割の国民が納得していないじゃない。

 8割の国民が納得していない政権は、退陣願いましょうよ。

 今日の夜10時から、NHK第一放送、NHKジャーナルに出演してこのデモのことを話します。

 今、新しい民主主義が国会前で始まっている。それはなにか。今まで私が、45年前、高校生でここでデモをやった時、どっちかというと後ろからついていったデモだったんですけど、全然違うの。今日、先頭で、学生といわゆる学者が一緒に歩いたんですよ。

 そして、『民主主義って何だ』って彼らが問うたら、『これだ』と言ったんですよ。私、初めて、憲法やって33年、飯食って来ましたが、今日、初めて、憲法って何だって分かりました。

 これなんですよ。

 俺たちが人民なんです。だから、それに反対するあそこにいる政権には退陣を願いましょう。廃案しかない。廃案しかあり得ない。がんばりましょう」

映像も見れますよ。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255866

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »