« けんぽうかふぇ@福井 | トップページ | 8月30日、総掛かり行動@日本全国 »

2015年8月24日 (月)

23日夜、「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」@金沢

23日夜、福井のけんぽうかふぇから、ここへ直行。 
「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」

主催したTNGのひとりのこうへいくんがスピーチしてるとこでした。若者もいっぱい、over30も、ミドルも、それより先輩達も、かふぇにいっぱい!

 

今日の北陸中日では社会面でおおきく!

4人の若者たち、集まって行動おこしてくれて、ありがとう!

政治の話がしにくい。そうだよね。そう感じてる若者も、おとなも、いっぱいいるね。だからよけいに、自分の想いを話せる場(放せる場)、意見を言える場、大事だね!
学ぶことがどんなに大事か、って、若者もおとなも、とっても思った夜でした。
また一緒に学んでこ!

一歩踏み出してみるとね、ちがう景色がみえてくるかも、って思う。
私もそうやって一歩一歩あるいてきたよ。

出て来てスピーチした若者、憲法守ってない政府に、きちんとモノもうしてた。

今日24日の北陸中日新聞社会面。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1151971921483769&set=pcb.1151972111483750&type=1&theater

「戦争しない日本 誇り」

「安保法案反対」若者のうねり

金沢で88人議論 「成立図る政府 暴走」

安全保障法案に異議を唱える若者の声が列島各地で上がった。大学生らのグループ「SEALDs」の呼びかけに60ヶ所以上が答えた23日の全国若者一斉行動。「政府は暴走している」「立法手続きを無視」。法案に反対する次世代のうねりが広がった。

金沢市内では、地元の10代~20代の若者が企画した安全保障関連法案を考えるイベント「Listen×Know×Talk 〜私たちの未来と安保法案〜」が、中心部のカフェで開かれ、来場者88人が法案への不安を話し合った。

11日から有志4人が集まり、準備した。企画者の一人で富山県高岡市の高校生笠谷航平くん(16)は、「戦争しない国を続けている日本に誇りを持っている」とスピーチし、法案成立を急ぐ安倍政権を批判。「嫌なことは嫌って言おうと思ってここに来ました」と力を込めた。

イベントの中心はディベートで、笠谷君や別の金沢市内の高校生(17)らが若者同士で政治の話がしにくい雰囲気について意見交換。聴衆にも登壇を促すと、20~30代の来場者らも入れ代わり立ち代わりステージに上がり、法案への意見や平和への想いを語った。

金沢市の大学生沢端ひかるさん(21)は、「安全保障は法案に反対だとしても考えるべきだ」としつつ、「憲法違反の法案を通そうとする政府は暴走していると思う」と訴えた。デモに参加したことはなく、スピーチも初めて。ほかの参加者が口々に不満を語るのを聞き、「政府の説明は足りていないことを実感しました。もっと、若い人の関心も集めて行けたらと思います」と話した。

バーカウンターの上にスクリーンを設置。SEALDsの抗議行動の映像などを上映した。地元弁護士による法案の説明もあった。

呼びかけ人の一人の保育士橘南さん(22)は「いろんな立場の人がしゃべってくれたことがうれしかった。でも、なにかを伝えるにはもっと勉強が必要だと思ったし、知ろうとすることを止めずにいたい」と活動の継続を誓った。(福岡範行)

|

« けんぽうかふぇ@福井 | トップページ | 8月30日、総掛かり行動@日本全国 »