« 9月4日と6日、松浦さんワークショップ、参加者募集中 | トップページ | 「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」できあがりました。 »

2015年8月29日 (土)

武井さんたちが、OVERSEAs!を

あすわか弁護士さんの武井さん、この夏、アメリカに旅立つ前日にほんのちょこっと金沢駅でお会いしただけだけど、お話がびんびん通じて、とてもすてきな感覚と実行力のパワーをおもちの弁護士さん、といっぺんでファンになりました。

アメリカにいらして、アメリカ在住の日本の人たちともたくさんあって、この安保法制は外国にすむ日本人たちにとっても、おおきな関係がある!って実感したそうです、そして、OVERSEASをたちあげられました。新聞も大きく取り上げてすごい反響です。

中国との関係を考えてみても、この法制はとっても危険、って思う!武井さんはもと、中国でもお仕事してらした方なんですね。この会をたちあげた武井さんの想いを読んでみて下さいね。私たちの知らないことがまだまだある!大事だね、外からの視点も。

外国にお住まいのおしりあいにぜひ、このこと、しらせてくださいね。
ドイツのユキさんにもどうかつたわりますように。

*******武井さんwrote:

SEALDsや皆さんが本当に心血そそいで頑張ってるのを目の当たりにして、自分でできることを精一杯やりたいと思うようになりました。
そんなことでSEALDs、MIDDLEs、OLDsに続き、OVERSEAsっていうのを立ち上げることに。

【安保法制に反対する海外在住者/関係者の会】その名もOVERSEAs!
https://www.facebook.com/pages/OVERSEAs-PEACE-for-World/980605138640687?notif_t=page_new_likes

活動内容

・↑コミュでの海外関係者からのメッセージ発信
・署名サイトで賛同者・メッセージを募る
・OVERSEAsの名前やロゴなどを自由に使って頂き、各地で行動して頂く

【私達のメッセージ/発起人より】

武井由起子(元総合商社勤務@中国など/現弁護士)
私は、現在、弁護士として、憲法カフェにおいて憲法の基本的な考え方を多くの市民の方にお伝えしてきているのですが、その際に参加者の方から「中国と戦争になるのではないか?日本はどうしたらいいか?」といった質問をたくさん頂きます。

弁護士になる前に総合商社に勤務して中国駐在をした経験から、日本は資源が少ない国で、中国は最大貿易相手国の一つ、戦争なんかできるのか等とお話しました。
だって、中国からは日本の輸入衣料品の7割をはじめ、通信機その他多くのものを輸入していているし、アメリカ、EUに次ぐ投資先なんです。
そして、当時、中近東を出張した経験から、戦後海外での戦闘で人を殺していない日本は非常に好感を持たれており、アメリカ人のようにパスポートを見せないよう気をつけなくても良く、むしろ安全であったとも。
そんな話を皆さん興味深く聞いて下さり、平和や安全保障を考えるには海外のことについての知識が不可欠だと感じていました。

そして、今年の夏、アメリカ各地で現地の日本の方々と話す機会を得たのですが、その方々の知見は大変に興味深いものでした。
たとえばIT会社に勤める方の「日本は弱いからこそ安全だ」という意見。
えっ?と思ったのですが、これからの戦争では国対国ではなくて、テロリストやサイバーが相手。その場合、強いところが狙われるし、強いところの武器はまさにその国を攻撃するツールとなると。
そして、何かあったら狙われるのは在外邦人たる自分たちだとおっしゃいました。

こういう意見は日本の皆さんに届いていますか?
海外にいる方々はまさにこの法案の是非に必要な知見を持ち、且つ当事者なのです。それを、ぜひ日本の皆様に知って、そして考えて欲しいと、湧き出る気持ちをおさえることができませんでした。

湧き出る気持ちがおさえられない人たちがつくった、SEALDs、MIDDLEs、OLDs・・・。
私たち、OVERSEAsも、始動します!
海外の声を、知見を、日本へ!
世界の人たちが平和に生きていけるように。
私は、安保法制に反対します。

|

« 9月4日と6日、松浦さんワークショップ、参加者募集中 | トップページ | 「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」できあがりました。 »