« アラヤシキの住人たち | トップページ | テレビと映画のおしらせ。 »

2015年8月15日 (土)

浅田さんの、平和の句

150815__2 毎朝、北陸中日一面の左側にふっと目をとめる。
今日8月15日の「平和の俳句」は、大好きな浅田正文さんの作!でした。

「千枚の青田に千の平和あり」

これに、ドナルドキーンさんがこんな訳を。

「A thousand rows
Of growing plants of rice
A thousand testimonies of peace」

浅田さんは3.11の翌日、福島原発から25キロのおうちを離れて、おつれあいさんといっしょに金沢へ。それから4年余り。金沢にお住まいで、関東から避難してきた子育て中のママたちのおとうさんみたいな存在、やわらかいけど強い、すてきな方です。
去年夏には、とくべつ紅茶でご夫婦にかたっていただき、そのあと、新潟の三条へも「いのちの未来の語りあい」で一緒にお話にいきました。

そんな浅田さんの句、東京新聞や北陸中日をとってない方のために、今日の朝刊のおすそわけを。

*******

きのうの安倍さんの美辞麗句ばかりで主語のない、こころのともなわない、4つのキーワードだけをいかにも形だけ入れた、むなしい談話に、ずっと不快なきもちでいたので、翌朝、浅田さんのこの句を読めたこと、すごくうれしい!

子や孫たちに謝罪の宿命を負わせてはならない、という談話に、めっちゃめちゃ、違和感ありました。謝りたくないのは、ほかならぬ安倍さんなのですね。

|

« アラヤシキの住人たち | トップページ | テレビと映画のおしらせ。 »