« 日野原重明さんの言葉 | トップページ | NHKに電話しました。 »

2015年8月 3日 (月)

高校生たちのティーズソウルデモ

きのう2日の、高校生達のデモ。ティーンズソウル@渋谷。
IWJさんが、16歳の女の子のスピーチをかきおこしてくれています。映像もみられます。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/256101

おとなたち、子どもたちが生きて来た年数が少ないから知識が少ないなんておもったら、大間違い。まっすぐな目で見、こころで感じて、自分の言葉にしています。

****全文読んでほしいけど、彼女のスピーチの一部をここに。

私がこの戦争法案に反対する理由は、今、与党が決定しようとしているプロセスが立憲主義を踏みにじるものだからです。こんなやり方を許したら、時の政権が都合の良い解釈で、やりたい放題にできてしまうからです。ただ、戦争に行きたくないから反対しているのではなく、この国の民主主義を守らなければならないから、今、声を上げているのです。

 この法案が廃案になれば、あるいは、政権が変われば、問題が消えるわけではありません。世界がますます不安定になり、リスクが高まっていくのは、事実だと思います。でも、今は間違いなく反対の声を上げるときで、声を上げるべきです。

 では、その先にどんな未来を思い描いたら良いのでしょうか。この、民意の高まりを好機に、右も左も立場を越えて、皆でこの国のあるべき姿について、考えはじめようではありませんか。

 最後に、デモなんてしてないで勉強しろとか、ただ騒ぎたいだけだろ、とかよく言われます。でも、今デモをしなかったら、私たちは将来、あの時ちゃんと抗議をしとけば良かったって、きっと、いや絶対後悔すると思うのです。

 確かに高校生に理解できていないことは多いです。でも、知ること大事だし、知ろうとすることも大事だと思います。自分たちに十分関係あるこの法案について、『ちょっとよく分からないや』と言って、私たち高校生は黙ってないといけないですか!? そんな大人に勝手に決められるか、決められてたまるか、と思います。平成27年度8月2日、私は安保法案に反対します」(取材・写真:芹沢あんず、撮影:須原拓磨、記事構成:平山茂樹)


*********

その下にある、IWJさんのこれまでの記事の目録をみれば、シールズやシールズ関西の学生さんのスピーチももっともっとよめます。

IWJさん、いつもいつもありがとう。よませてくれて。
みなさまも、どうぞこの市民メディアをささえてくださいませ〜〜。会員登録して、読んでくださいませ〜〜。ほかにも、いろんな人の貴重なインタビューがたくさんよめますよ。
今日ご紹介の記事をクリックすれば、その下に、会員になるポチっ、もすぐにわかりますので。

|

« 日野原重明さんの言葉 | トップページ | NHKに電話しました。 »