« 100人の声・命を読む | トップページ | 9月、松浦さんと、コミュニケーションワークショップ »

2015年8月 7日 (金)

核兵器まではこべる???

5日の参院の安保法制審議で、民主党の白さんが質問して明らかになった事に、驚愕!!か、か、かくへいき、っていま、言った??

その日は、昼間は紅茶シネマをしていて、夜はでかけていたので、10時の報ステまでテレビをみておらず、突然でてきたこの言葉に、びっくりしすぎて、夫婦で一瞬、言葉も出ず。

はい。中谷防衛大臣がそうこたえたのです。うしろで聞いてた岸田外務大臣(広島選出)の、え?え?ちょっとちょっと!というあわてた表情は、何を意味してたのか??

後方支援という名の兵站。消耗品としての武器弾薬の輸送ばかりか、提供までできる、といった文脈の中ででてきた発言です。

中谷さん、法的には、核兵器や劣化ウラン弾まで運べることは、排除されてはいない、と。
それって、その政策が内閣の判断でかわったら、核兵器までも運べてしまう、っていうことでもあると思うよ!

もしもアメリカにたのまれたら、アメリカの核兵器はこべません、って本当にことわれるの?

この言葉が、70年目のヒロシマの日の前日にでてきたって、、、いったい、、。どういうことだろう!!!

他国軍に提供できる「弾薬」には、手榴弾(しゅりゅうだん)とミサイルに続いて、核兵器まで含まれるとの政府の考えが示された。法律上は提供可能でも、政策判断として行わないとの政府答弁に対し、野党は法案に歯止めがなく、他国軍への「後方支援」が際限なく広がりかねないと問題視した。

|

« 100人の声・命を読む | トップページ | 9月、松浦さんと、コミュニケーションワークショップ »