« 8月30日、総掛かり行動@日本全国 | トップページ | わたしとあなたの・けんぽうBOOK »

2015年8月25日 (火)

9月4日と6日、松浦さんとコミュニケーションワークショップ

20108 前にもお知らせした松浦さんのコミュニケーションワークショップ。まだ参加人数に余裕があります。
松浦さんがみえるせっかくの機会。はじめての方でも大丈夫なので(現に、今お申し込みいただいてる方は初参加の方が多いです)、
お一人でも、お友達さそっても、どうぞ気軽にご参加くださいな。

東京調布にある「クッキングハウス」は、心の病気を体験した人たちが働いている不思議なレストラン。
代表の松浦幸子さんは、クッキングハウスをはじめた精神保健のソーシャルワーカーさん。
その松浦さんと学ぶ、コミュニケーションワークショップを今年も開催いたします。

クッキングハウスと出逢って16年になる私。メンバーさんたちが日常的に練習するSSTは、相手にも、自分にも、きもちのよいコミュニケーションのとりかたを学ぶこと。
それって、病気のあるなしにかかわらず、誰にとっても必要な練習と感じて、まだ夜行寝台列車が走っていた頃、よくそれに乗ってクッキングハウスに通いました。
その学びが楽しくて、実際、役にたつので、私も長続きしているのだと思います。
原発や憲法のおはなしの出前先でも、できるだけ私メッセージで、「わたし」を主語にして、きもちで語ることを意識しているけど、それもクッキングハウスから学んだことです。

ワークショップは2日あります。
9月4日(金曜日)@津幡町の紅茶の時間 水野宅 9:30受付 10:00~4:00 参加費3000円
20名まで。この日はお昼一品もちよりでおねがいします。もちよりがご負担の方は、ランチ代として500円。
ご予約の時に、その旨、お教えください。

9月6日(日曜日)@上荒屋クリニック(御経塚イオン近く)敷地内「えがお」
9:30受付 10:00~4:00
参加費 3000円(学割あり、2000円) 
お昼は各自ご用意ください。近くに食べるところもあり、買いにもいけます。

***********

このワークショップでは、その日に参加している人からだされる具体的な「課題」を、SST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)で、またはサイコ ドラマの手法で、どのように表現したら、受けとめたら、少しでもきもちが楽になるか、何か解決につながるヒントがあるか、自分の考え方以外の考え方や見方 を発見できるかどうか、などなど、参加してる人たちと一緒に考え合い、自分の弱さもだしあいながら、SSTやサイコドラマを体験しながら、学んでいきま す。

本当は、自分はこうしたいと思ってるのだけど、それをどうやって相手に伝えたらいいかわからない、自分のパターン以外思いつかない。
最近いやな出来事があったけど、それをどうとらえたらいいのか、自分一人じゃわからないで混乱している。過去のある出来事にいまだにこだわっている。

などなど、そういった日常のこと、過去のことも、その日、みんなで練習できる、解決の糸口を見つける、よい「課題」になります。
自分が本当はどう感じているのかに気づく時間、自分のコミュニケーションのくせに気づく時間でもあります。
リーダー役の松浦さんがいつも、参加してる私たち一人ひとりをとても大切にしてくださるので、ワークショップに参加しながら、相手のことも、そして自分のことも(これ、大事!)、だんだん大切に思えてきます。

対人援助のお仕事してる方には特に、松浦さんが誰かを聴いている時の聴き方、ひとへの向き合い方、言葉の返し方、それからその人のいいところをなにげなく言葉でつたえてくださるところ、などなど、見ているだけでも学べるところがいっぱいあると思います。
はじめての方でももちろん大丈夫。松浦さんの笑顔をみているだけでも、やさしいきもちになってきますよ。
クッキングハウス28年の歴史を通して松浦さんが伝えてくださることから、私は、生きていく勇気や希望をいつももらっています。

どちらの日も、10:00からはじめたいので、なるべく遅刻されませんよう。
参加ご希望の場合は、私までお申し込みのご連絡をお願いしますね。
4日か6日、どちらの日か、ご都合の着く方、ご参加を心よりお待ちしています。
tel:076−288−6092 メールは、sue-miz★nifty.com(★を@にかえてくださいね)

|

« 8月30日、総掛かり行動@日本全国 | トップページ | わたしとあなたの・けんぽうBOOK »