« 高校生たちのティーズソウルデモ | トップページ | 磯崎補佐官の参考人招致 »

2015年8月 3日 (月)

NHKに電話しました。

今日のテレビラジオ番組欄をみて、えええ〜〜!磯崎さんの参考人招致の質疑の国会中継がない!!なんでなんで。
立憲主義を否定する人の意見がまるごと、たとえ15分でも聞ける貴重な機会なのに、と、受信料払ってる視聴者ですが、と名乗って、NHKに電話しました。ここだよ→0570−066−066

同様の電話、どうして国会中継しないのだ、という問い合わせはすでにいっぱいかかってきてるって。
NHKが国会中継するには、一定の原則というものがあり、それにのっとって中継するとのこと、その原則をよみあげてもらいました。3番目の原則の中に、「重要な委員会の質疑に関して、総合的判断(あ〜,毎回この言葉が使われますね、国会答弁でも)をして適宜」とあったので、今日の磯崎さんへの質疑こそ、まさにそれにあたりませんか?と。

ま、電話の受けてさんを責めるのは本意にあらず。
でも、こういう原則があるなら、これがそれでしょ、今でしょ!this is it!って声はもっともっと届けていいと思います。
あなたもぜひぜひ。そういう声がた〜〜くさんあれば、モミイさんも上層部も無視できずに、中継すべき、って判断するかも。強行採決の翌日にそのような判断がされたように。

ネット中継があるとしても、それはネット環境にいる人の話。
受信料で成り立つ公共放送の矜持として、今日は中継すべきです。私は今から仕事ででるけど、NHKの中継だったら、録画して丸ごとあとから見れるのになあ。

|

« 高校生たちのティーズソウルデモ | トップページ | 磯崎補佐官の参考人招致 »