« けんぽうBOOK、増刷へ | トップページ | 9月12日は! »

2015年9月 8日 (火)

松浦さんとの2日間の学び

Photo 9月4日と6日、わが家とかみあらやの「えがお」を会場に、クッキングハウスの松浦さんと学ぶコミュニケーションワークショップ。
金沢,津幡はもちろん、内灘、かほく、七尾、珠洲、輪島、加賀、福井、富山、そして名古屋から!それに立教大学の実習生さんも。

今年は特に初参加の方がおおかったので、松浦さんはまず、クッキングハウスってどんなところ?からはじまって、メンバーさんたちが日ごろしているコミュニケーションの練習、SSTの説明を。

SSTと呼ばれるソーシャルスキルズトレーニングは、認知行動療法の一つ、精神の障害をもつ人たちのリハビリプログラムの一つでもあります。
そのまま訳すと「生活技能訓練」、ってめっちゃ固いイメージ!
でもクッキングハウスで実践されてるSSTは、ちっとも固くないよ。

SSTは、
自分にも相手にも、きもちのいいコミュニケーションをとれるようになるための練習。
相手を責めたり、上から目線でいう「あなた」メッセージでなく、自分を主語にして、「わたし」メッセージで、自分のきもちを言葉にして相手に伝える練習。
自分がこうなりたい、と思う、すこし先の未来にむかって、仲間たちの応援をもらいながら(ここが大事!)、日々の対人関係をスムーズにしていくための、実践的な練習。

SSTが日本に導入された四半世紀前につけた訳語が固かったので、まだまだそのイメージでSSTをとらえてる人も多いんじゃないかな。
そう思いながら松浦さんの話を聴いてて、ふと私の頭に浮かんだ訳語は、こんな感じだよ。

S=すてきな未来のために
S=すごく役に立つ、 人間関係をよくする
T=とりくみ

みんなもこんなふうに自由に訳をつけてみたら、SSTともっとみぢかにつきあえるかもしれませんね。

********

コミュニケーションの練習のまえには、きもちをリラックスさせる準備体操としてのウォーミングアップを。ゲーム感覚で、思いつく言葉を気楽にだしてみることから。

今の自分の気分を言葉にしていう「気分調べ」はかならずします。
それぞれの気分調べをききながら、松浦さんは、午後から、実際にSSTの課題としてとりあげるテーマを見つけます(ここが松浦さんのすばらしいところ、28年におよぶ、クッキングハウスでの経験のたまもの)。

ランチの後は、午前中の話の中から、この日練習できそうな課題をとりあげて、実際のロールプレイで練習してみます。
はじめは、その人だけの個別の問題、と思われていたものが、実際にからだを動かし、言葉を発して相手につたえるロールプレイをして行く中で、参加してる他の人たちにも、それが自分にも共通の問題だったと気づいて行く、この時間が私はいつもすごいな、すてきだな、って感じるのです。

何人かの課題を実際にSSTで学んだ後は、ゆっくりとしたシェアリングタイムをかならず。
その日、そこに来て、数時間をともにすごして感じたことを、また自分の言葉で言っていく。

「えがお」でのワークの時は、最後に、サイコドラマの手法をもちいて、一人のひとの人生を曼荼羅で描いて行く、という場面も松浦さんがつくってくださいました。

現在の自分、過去の自分、未来の自分、自分の大好きなひと、尊敬する人、大好きなものたち、そして、自分をずっと見守り続けて来てくれた守護天使。
たくさんの登場人物から、それぞれ、自分にかけてほしい言葉をその人がかけてもらう、という、その人の人生のゆたかな曼荼羅もよう。
こればっかりは、こうして文字で書いて伝えることがなんとも難しい。
参加して体験してみないとわからない感覚ですが、私はこのサイコドラマの時間も大好きです。

*******Cailztsb

毎年一回、2日間、松浦さんに石川にきていただいての半日ワークショップも、もう10年以上になります。

わが家での参加は11人、えがおでの参加は26人、どちらもサイズ的にはこれくらいがちょうど、これ以上だと多すぎる感じですね。ひとりひとりとていねいに向き合うためには、ワークショップの人数はただおおければいい、というものではないから。

わが家では、ことしもまあさんが、お台所裏方さんをすべてしてくれました。おかげで、誰もが学びに集中できます。またそのおかげで、まあさんも知らず知らず、SSTやわたしメセージを学んでいるのです。だから、ありがとうは、互いに行ったり来たりです。

今年初参加の、奥能登からきたソーシャルワーカーさんたちが、来年はぜひ珠洲に松浦さんをおよびしたい!と。
はい!私も賛成です。いい勉強会がいつも金沢で、となると、参加がむずかしい人もいるよね。かの地でもこんな学びを必要とする人たちがきっといるはず。
来年は珠洲でも、松浦さんとの時間をもちましょう。私も応援協力しますね。

******

クッキングハウスから学んだコミュニケーションワークショップのことは、「紅茶なきもち」という本に書いています。興味ある方、読んでみてね(本は、紅茶にもありますが、金沢ビーンズさんにも)。紅茶には、クッキングハウスのご本も、SSTの冊子もあります。

また、わが家でもこの10年、ほそぼそとですが、コミュニケーションの練習の時間を月いち土曜の午後に持っています。こちらは紅茶とちがってクローズドの場なので、きもちのいいコミュニケーションを学ぶことに関心おありのかたは、どうぞ私までお問い合わせくださいな。

|

« けんぽうBOOK、増刷へ | トップページ | 9月12日は! »