« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月28日 (月)

10月11日 関川村に出前紅茶

Photo 10月11日は、出前紅茶 in 新潟県関川村 2:30~5:00
「ほめ言葉のシャワーと、平和。」

子育て中の若いママが、一生懸命、この場を用意して下さってます。
主催:peace のpiece @関川村 村民会館大ホール
参加費 前売り1000円(当日1200円)
お申し込みは、川鍋さん090-6943-4216
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=850390165081511&set=gm.468203463390499&type=3&theater

******

水野スウさんは、石川県のご自宅で週に一度「紅茶の時間」を開き、そこで、いのち、気持ち、性、子育て、原発、戦争と平和、憲法について、仲間たちと語り合い、学び、行動をしてこられた方です。
また、出前「紅茶の時間」として依頼があれば全国各地へ出かけ、おはなしやコミュニケーションワークショップ、けんぽうかふぇ等を行っておられます。

今回は、「子どもたちに贈りたい。ママたちに贈りたい。ほめ言葉のシャワーと、平和。」というテーマでおはなしをお願いしました。

水野さんの著書の中にこんな一文が」あります。
「どんなときも、自分への愛をどうかたやさずにいてくださいね、と願います。一人ひとりの、内なるおだやかな心なしには、おおきな意味での平和だって、ありえないのだから。」(『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』より)

まずはママがおだやかな気持ちになって、それからママと子どもたちの間にやさしい言葉が行き交って、お家のなかがもっと平和になって、それが地域や、世界の平和につながっていってほしい。このおはなしの会がそのきっかけになればいいな、と思っています。

また、子どもを持つ親として、「子どもたちの未来がどうか、平和であってほしい」と願うことは自然なことですが、平和を手渡すために、今 具体的になにができるのか?
水野さんのおはなしを通して、それぞれが考えたり、ママたちの間で話あったりする機会になってくれたら嬉しいです。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

今回の対象は主にママですが、もちろんママではない方のご参加も大歓迎です!

お子様連れOK!(会場の後ろの方に遊べるスペースを設ける予定です)

参加を希望される方は、準備の都合上、10月8日までに参加表明をして下さると助かります。よろしくお願いします。

********

この会を企画した若いママのかやのさんが、こんなすてきなおたよりを、チラシの裏面に書いてくれました。
離乳食の10倍粥のように、って表現(下を読むとわかりますよ)、いかにも、あかちゃん育ててるおかあさんの表現ですてき!
当日、そのように感じてもらえるように語らなくちゃね。

かやのさん、ありがとう。お逢いできるのがますます楽しみです。
(お母さんとは出逢ってるけど、娘さんと逢うのははじめてなんです)

                ↓

はじめまして。このイベントを企画した川鍋と申します。二児の母です。
子どもを授かった時から、「子どもたちの生きる未来が平和でありますように」と、ずっと願っていましたが、最近、その思いが強くなり、この様なおはなし会を開くことに致しました。

大きな意味での平和も、まずはママの平和から。
日ごろ、自分のことは後回しに、育児・家事・仕事を精一杯頑張っているお母さんたち。たまには自分に“ほめ言葉”をプレゼントしませんか?

講師の水野スウさんには、ママたちの心をホットにする「ほめ言葉」のお話(←子育てにも生かせるのでは!)や、最近よく耳にする「けんぽう」のお話をしていただく予定です。「憲法」と聞くと難しいお話の様に感じるかもしれませんが、スウさんの「けんぽう」のお話は、離乳食の10倍粥のように、やわらかく、やさしく、「自分を大切にする。相手を大切にする。」ということにも通じるお話です。

このおはなし会をきっかけに、頑張っている自分、ありのままの自分を大切にできたり、子どもとの接し方が少し変わったらいいな、と思っています。

一人でも多くのママたちに聴いてもらえたら嬉しいです。皆様のご参加をお待ちしております。

お子様連れOK.
わーわー騒いでもOK.

お気軽にご参加ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まだまだ残席あります!
ぜひぜひご参加ください꒰#'ω`#꒱੭♡

|

福井に、出前紅茶

098 10月10日 出前紅茶in 福井 1:30〜3:30
「ほめ言葉のシャワー〜きもちは、言葉をさがしている」
主催:福井県市民後見研究会

福井県で、こういう研究会をされてる方達が、今回は、これまでのような後見制度にくわしい方を講師に迎えての勉強会、ということでなく、
なぜかわたしをよんで、紅茶のことやほめ言葉のシャワーの話を聴いてくださることになりました。
ということで、参加対象は、会員以外のどなたでも。
@おさごえ民家園(月見5丁目、旧土屋住宅 0776−34−3795) 入場料100円

参加ご希望の方は、堀さん090−5681−5038(夕方6時以降)まで、ご連絡をお願いいたします。



|

9月30日出前紅茶@金沢

9月30日(水)出前紅茶のおしらせ。

「生活のなかに憲法があった〜〜アレン・ネルソンさんを起こそう!」 (アレンさんは、元米軍海兵隊ベトナム帰還兵)」

12:00〜1:30  @真宗大谷派金沢東別院内 

金沢教務所2階広間 主催:石川県宗教者平和協議会、略して、石川宗平協。   宗教者にかぎらず、ご参加はどなたでも。  入場無料です。

********

この日は水曜日なので、もどってから紅茶です(まあさんは家にいるので、いちおう1:00からあいてますが)。 先日、北陸朝日放送で、「安保法制に反対するママの会@石川」の特集を夕方のニュースでしていて、それがとてもよくまとまったいいものでした。7〜8分あります。

見逃したけど見たい!っていってるママもいるので、紅茶で3:00から録画をいっしょに見ましょうね。

|

2015年9月23日 (水)

祭日紅茶

Photo 祭日ならではの紅茶。
寝屋川から久しぶりの人が訪ねてきたり、福井から親子でやってきたり、
そして、さんしょ歌い隊のお仲間たち(8月の横井久美子さんのコンサートの前座に、「13条のうた ほかの誰とも」をコーラスで歌ってくれたひとたち)がさそいあって紅茶にきたり。
Yさんの梨園の秋月が、きょうの、季節のデザートになりました。

最近見た映画のはなし、深いきもちのはなし、それから最後は、やはり政治のはなし、けんぽうのはなし、それぞれができる12条のはなし。
本当に、今から、ここから。できることはいっぱ〜〜いあるよね、と確認しあいました。

保育園におつとめのひとが、この夏、「ぞう列車よ、走れ」を園の子どもたちとうたったこと、その園に通う子のおじいちゃんが、実は正真正銘のぞう列車に金沢からのって、東山動物園まで行って、ぞうを見てきた子どもの一人だった!という話をしてくれました。
しかもその人が、なんと私たち夫婦もよく知っている人だったので、なおびっくり。
木下大サーカスがことし金沢にきて、そこからぞう列車の話になり、歌を子どもたちが覚えて歌い、そこから、当時小学校5年生でぞう列車にのった人の存在を知り。
その方は園の子どもたちに、ほんとうのぞう列車のおはなしをしに来てくれたそうですよ。

|

採決不存在!

17日の、あのごちゃごちゃの8分間。

何がおきたのかもわからないうちに、委員会で安保法案可決、って!!
本会議採決の前のこれが、採決不存在です。

参議院特別委員会での「採決不存在」について、緊急署名のおねがい。
すぐに署名しました。

FBではしてましたが、ブログにはまだのせてなかったことに気づき。
昨日の東京新聞には記事として載っていましたが、朝日、日経には載っていなかったそうです。   

●「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い
http://netsy.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-6f5b.html

署名の締め切りは25日です。
どうかあなたも!

|

今日はふつう紅茶、来週は少し遅めに。

120104_ シルバーウィーク最終日の今日は、水曜日。
いつも通りに紅茶の時間は1:00〜6:00までひらいています。
いつもながらのはやらない紅茶です。
どなたでも。

*****来週はちょっと遅めに紅茶をはじめさせてもらいます。こういう理由で。

9月30日(水)出前紅茶のおしらせ。
「生活のなかに憲法があった
〜〜アレン・ネルソンさんを起こそう!」
(アレンさんは、元米軍海兵隊ベトナム帰還兵)」
12:00〜1:30 
@真宗大谷派金沢東別院内 金沢教務所2階広間
主催:石川県宗教者平和協議会、略して、石川宗平協。
  宗教者にかぎらず、ご参加はどなたでも。
  入場無料です。

   *******

宗教者平和協議会。40年も前から原発に反対しつづけている若狭のお寺の中嶌哲演さんや、知りあいの真宗大谷派のお坊さまたちの活動のこと、教会の方も、日蓮宗の方も参加してること、時折いただく通信で少しだけ、知っていました。

その会の石川県事務局のお坊さまから、先日お電話。
9月30日の総会の前に話をしてください、とのこと。
ひょえ!?なんで私?

実はこの日は、加賀のこうせんぼうのお坊さま、佐野明弘さんが、アレン・ネルソンさんのお話をされることになっていたのです。だけども佐野さん、その日どうしても秋田に行かねばならず、急遽、誰かぁ〜〜!となった時、佐野さんが私の名をあげてくださったとのこと。
北陸でアレン・ネルソンさんを語るにもっともふさわしい方は、佐野さんをおいて他にありません。現に、アレンさんのお骨は今もこうせんぼうに眠っています。2004年には、とくべつ紅茶で佐野さんに語っていただいてもいます。

私がアレンさんと出逢えたのも、佐野さんのおかげ。アレンさんからたくさんのことを教えていただきました。

とはいえ私の知るアレンさんは、佐野さんのとはくらべものにならない、彼のごくごく一部。それでも佐野さんのピンチヒッターでお声かけていただいたからには、おひきうけしないわけにはいかないなあ。ましてや、こんな今だからこそ、アレンさんの言葉を伝えたい。
私の知るアレンさんのお話と、私と憲法とのおつきあいのこと、語らせていただきます。

「生活のなかの憲法」っていうすてきな題をつけていただいたことだし、アレンさんにもおとなしく眠っていただいてるわけにはいきませんものね。

水曜なので紅茶の日ですが、私の戻るのは2時すぎになるかと思います。
まあさんは1:00になったら紅茶をあけていてくれますが、この日みえるなら、どうぞ遅めにいらしてくださいませ。

|

たっぷり充電して、さあ、また。けんぽうをかたる旅も。

150920_ シルバーウイークを、みなさんはどのようにすごされでるでしょう。
都内や全国各地で、安保法反対のデモにいらしたかたもいるだろうし、
鬼怒川の災害ボランティアに行かれた人もいるだろうし、少しは休養を、ということで自分にやさしいエネルギーを充電した人もいるでしょう。

写真は、9月20日の朝、金沢城の上の空。

娘夫婦は、遅い夏休み、ということで2台のバイクでツーリング。
京都の嵯峨野や西宮、1260キロの想い出巡りの旅を満喫して、東京にもどったところ、とか。
けんぽうBOOKを夏中かかりきりで親子でつくっていたので、彼女とパートナーとの夏休みはずっとおあずけでしたから。

私は関西の出前旅からもどり、のこりの休日はほとんど家でしずかにすごしました。
けんぽうBOOKのお問い合わせや、発送作業をしながら。
まあさんは金沢のジャズストリートの日々を満喫。

それぞれに、たっぷり充電して、これからの長い日々にそなえましょう。

政治をかたることがすでに暮らしの一部になったひと、これからのひと。
いづれにしても、そういうひとをふやしていくことが、これからの日々の課題。
とおってしまった法律を、つかわせないようにするもしないも、主権者の私たち次第なのだから。

憲法を知ろう、知りたい、という熱気は、私のとこにいっぱいとどいています。
法律が通ってしまったからって、憲法を今から知ること、ちっとも遅くはないからです。

けんぽうを語る出前ーー内容的にはそれぞれの場に応じて、ちょっとだったり、たっぷりだったりしますが、

9月30日@金沢
10月11日@新潟県関川村
10月23日@岡山
10月25日@因島
10月30日@川越
10月31日@川口
11月6日@松本
11月7日@長野

また一つ一つは、追って詳しく。どこかで、けんぽうを知る、語る、ひとときをご一緒できたらうれしいです。

|

2015年9月22日 (火)

11月、松本へ出前けんぽうかふぇ

Photo 松本のゆかりさんが、こんなふうにかいてくれました。

*********

【やさしいけんぽうのおはなしかい】開催します。
金沢にお住まいの、正確には金沢のおとなりですけど(^_^;)、水野スウさん。この方を松本にお迎えして、「やさしいけんぽうのおはなし会」をしたい!そう思って早1年。11月にようやくその夢が実現できそうです!

スウさんは、「紅茶の時間」という、どんな方でもお茶を飲みに来てください、というスペースと時間をもう30年以上も提供してくださっている女性です。スウさんのもっとも新しい本「わたしとあなたのけんぽうBOOK」を持って、金沢から松本まで来ていただき、「やさしいけんぽうのおはなし会」(仮題)を開催します。

日程は11月6日(金)午後。場所はたぶん「あがたの森公民館」。今から予定しておいてくださいね。

昨年、長野県伊那でスウさんのワークショップに参加して、憲法って日本の「最高法規」だから、知っておいた方がいいし、知っていれば、きっとあなたの味方になってくれるんじゃない? 憲法13条の幸福を追求する権利について、私はこう読む…、あなたはあなたのままでいいよ、そんなふうに憲法をお話してくれた人に出会ったのが初めてで、スウさんは、法律家でも弁護士でも先生でもないけど、憲法のことがすーっと胸に落ちてきて、どうにもこうにも感激しちゃったんです!

そして、この3月。春休み中の息子とともに、金沢へ会いに行っちゃいました。スウさんのご自宅の「紅茶の時間」にうかがってきました。紅茶の時間が生まれたときのお話、「褒め言葉のシャワー」のお話、金沢でゆるーくつながっている人たちとの「ピースウォーク金沢」のお話などなど、嬉しいお話をいっぱい聞くことができたんです。

憲法12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民はこれを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
憲法は権力をしばるもので、国民のわたしたちの自由や権利を保障してくれています。でも、この12条では、わたしたち国民にも「不断の努力をせよ」と言っているのですね。

この不断の努力を、スウさんは「普段から不断の努力」と言っています。普段から不断の努力をしなくては、せっかくの憲法が活かされないのですよね。
まさに、昨年7月の「集団的自衛権を可能にする閣議決定」では、憲法9条の解釈を変えられて(国民の多くは許していませんが)しまいました。それから今年の「安保関連法案」までの一連の騒動になってしまったのはご存じの通りです。

この憲法で権利や自由が守られているわたしたちが、この憲法のことを放っておいてしまってはダメだよね。もっと知らないと。知りたいよ!って。
憲法は有名な「9条」だけで構成されているものではありません。1条から103条、そして「前文」という素敵な文章で成り立っています。

そして、その憲法は、子育てしているわたしたちのようなお母さんはもちろん、すべての国民、個人の味方であり、「宝物」です。今、この憲法が踏みにじられ、いじめられています。

もっと憲法のこと、知りたいし、みんなにも知ってもらいたい! いじめられている憲法を、大切に思ってほしい。そんなふうに思いました。
ですから、ぜひスウさんに会いに来てください。詳しいことが決まったら、こちらでお知らせしていきますね。
2015年9月22日(火)神津ゆかり

******

実はこの翌日の11月7日、長野に別のかたがけんぽうかふぇでよんでくださることがきまっていたので、その前の日に、ママたちのとこへ、となった次第です。

|

天野祐吉さんの言葉。

天野祐吉さんの言葉、大好きでした。ユーモアとぴりり、が同居していて。その言葉は人間味があった、ぬくかった。

おつれあいさんが、国会前の抗議行動に参加してらしゃるとのこと。
今日の朝日新聞。天野さんのこの言葉は、夫から妻への言葉だけど、私もこれを言い続けるし、行動し続けます。
               ↓

 「ダメなものはダメだと、何度でも、しつこく言い続けることが大切なんだよ」

全文はこちらから。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11977224.html

ここは抜粋です。↓

(前略)

東日本大震災後、「脱原発」を訴えるデモが首相官邸前で繰り広げられた。天野さんはデモに参加したがったが、伊佐子さんは「危ないから」と制し、問いただした。デモに行ったって何も変わらないじゃない――。すると天野さんは穏やかな笑顔で答えた。

 「ダメなものはダメだと、何度でも、しつこく言い続けることが大切なんだよ」

 伊佐子さんは、法案が衆院を通過した7月半ばからデモに参加。夫の遺骨を納めたペンダントを胸元で握りしめ、群衆の中で声を張り上げた。車いすの人、転んだ時に抱き起こしてくれた人、すれ違いざまにペンライトを渡す人……。いろんな人と交わった。

 「足を運び、デモの『空気』に触れて、生前の夫の言葉が、ようやくわかった気がしています」

■(CM天気図)若者のことば、新鮮な空気 天野伊佐子

 日本は、とんでもない方向へと、まっしぐらに進んでいこうとしている。

 安倍さんたちはナンダカンダとヘリクツをつけては憲法9条を勝手に解釈し、強引に安保法案を通してしまった。日本は70年前に敗戦を経験し、「もう軍隊は持たない、戦争を放棄する」と世界中に宣言した。なのに憲法違反という声があがろうが、おかまいなしなんだそうだ。

 そんな国会でのやりとりを見て、このままでは危ない国になってしまう、権力の暴力はたくさんだ、と思った人が、国会前に集まった。その中でひときわ輝いていたのは、「SEALDs(シールズ)」という学生たちの集まりだ。若者らしい素直なことばが生きていて、真正面から各世代に届き、全国各地にひろがった。

 ラップのリズムに合わせたシュプレヒコールは、ときにユーモラスで、思わずプッと噴き出してしまう。それはまるで側面から相手をギャフンと言わせる、粋のいいヤジのようだった。

 空気は、窒素と酸素と“ことば”で出来ていると思う。粋のいいヤジには、権力や権威がふりかざされて呼吸しにくくなっている状況を、パッと切りひらく働きがある。学生たちの“ことば”は、国会でのやりとりを見てアップアップと呼吸困難になりかけていたわたしたちに、新鮮な空気と希望を送りこんでくれたように思う。

 権力の暴力を目のあたりにした国民をナメていると、安倍さんはとんでもない、しっぺ返しを受けるんじゃないかな。ジミントーという空気だけを吸っていると、ますます想像力貧乏になり、窒息しちゃうよ。そうなる前にたまにはコッソリ国会前に行き、集まった人たちの空気を吸ったほうがいいと思うけど、余計なお世話かな。

 ■天野祐吉さん「CM天気図」抜粋

 ジョン・レノンが死んで、ことしで25年になる。この四半世紀の間に、この地球上で戦争のなかった日は一日もなかったんじゃないだろうか。

 そんなときにまた、自民党から憲法の改定案が出た。第九条を変えるなという強い世論に気をつかって、表面的にはかなりおだやかな調子になったけれど、しかしそのぶん巧妙に、“自衛軍”が海外で戦争をすることができるようにする条文を新しく加えている。

 ま、憲法の改正については、これからいろいろな議論がされていくことになるんだろう。できれば、そういう議論の場のバックミュージックに、ジョン・レノンの「イマジン」を流してほしいものだ。

 「『イマジン』がきこえる」/05年11月3日

     *

 日曜日の選挙は大方の予想通り自民党の大勝に終わったが、自民党政府のやることの中でも反対したい政策があれば、デモという表現で意思表示する方法はある。

 残念ながら、ぼく自身はからだが弱って参加しにくくなってしまったが、たしかにデモは選挙と並ぶ民主主義の大切な表現行為だろう。

 そう言えば、商品をあの手この手でデモンストレーションするのが広告の仕事であり、それが自由に許されているのも、民主主義のおかげである。

 ひどい政策だけじゃなく、ひどいCMにもみんなでデモしたら面白いと思うけれど、そんなヒマはないか、でも。

 「でも、デモがある」/13年7月24日

     *

 明治神宮外苑の国立競技場をぶっ壊して、8万人を収容する“世界一”の巨大な競技場をつくるんだそうで。かと思ったら“成長最優先”なんていう首相の言葉が、派手に新聞に躍ったりして。

 むかしの中国では、品評会などでの入選順位を、1等・2等・3等……ではなく、1品・2品・3品……と呼んだそうな。で、その審査のモノサシでははかれないが、すぐれて個性的なものを「別品」と呼んで評価したという。

 別品。いいねえ。世界で1位とか2位とか、何かにつけてそんな順位を競い合う野暮(やぼ)な国よりも、戦争も原発もない「別品」の国がいいし、この国にはそれだけの社会的・文化的資産もある。

 「『別品』の国へ」/13年10月9日

|

法廃止はこれから、という大見出し。

ほうりつができたってね、それをつかわせない、廃止する、そういうことが、私たちにはできる!

9月20日の東京新聞です、北陸中日には載ってなかったと思う。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=905858646160010&set=p.905858646160010&type=1&theater

|

アーミテージの提案通りの、あんぽほうせい

9月22日の北陸中日、とってもわかりやすいです。

安保法制は、2012年にアーミテージが提案した内容そのもの。
アメリカのいいなりになるための法律だってことが一目瞭然。

必要のないホルムズの嫌い総会(もちろん、機雷掃海、です。こんな変換ってちょっと楽しいので残しとこ)に安倍さんがなんでこだわったかの訳もよくわかる。

山本太郎さんが、国会で、カンコピですよ!っていってたこともね、これみるとうなずけますよ。

この図式はわかりやすいテキストとして、保存版です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=666280073509149&set=pcb.626754210799976&type=3&theater

|

2015年9月21日 (月)

けんぽうBOOK、増刷へ

8月29日にすりあがってきた「けんぽうBOOK」、9月12日に2刷が届きました。

初版とくらべて、表紙が淡いピンクに。
表紙の紙もかわりました、ほめシャワの表紙に使われてるのと同じ、マーメイド、という名の紙です。すこし厚目で、てざわりもあるので、より、本っぽくなりました。前よりきっとちょっとは丈夫な本に。

私の自前の本は、付箋をつけたり、あたらしい事実を本の余白に次々かきこみを入れているので、すでにそうとう貫禄のある、古い教科書みたくなりましたが。

*******

本を読んだ方が、それぞれにこのBOOKのこと、ご自分の言葉で紹介してくださっています。

明治大学の図書館におつとめだった飯澤さん、ご自身の出してらっしゃるかっぱ通信に、とてもすてきに書いて下さいました。

********

(前略)
13+12=25。この数式なんでしょう。正解は、あなたはほかの誰ともとりかえがきかない13条+”ふだん”の努力の12条=生存権の25条。

基本的人権などという言葉をふりかざさなくても、この視点で社会を見回せば、私たちのささやかな日常のいとなみが、どんなにか憲法と深く結びつき、身近なものであるかが分かる。

ペシャワール会の中村哲医師の談。アフガンで活動d家居るのは9条に守られているから。武器で助けられたことは一度もない。

「憲法を親友に」。そうすれば、改めて知ってるつもりの9条のかけがえのなさも、自民党憲法改正草案が如何に主権在民をふみにじるものであるかも知れるのです。

可愛い手書きイラストを水先案内人に、素敵な市井の憲法談義。

150921_

**********

13+12=25、の暗号に気がつくあたり、さすが、飯澤さん。

飯澤さんは大学図書館を退職された時の集いの記念に、とほめシャワをたくさんご注文くださったかた。
あとから、飯沢さんが図書館員になられた時、その辞令を出したのが、当時、明治大学にいた私の父だったと判明して、そのふしぎなご縁にびっくりしたものです。

飯沢さんも、この数ヶ月、何度も国会前の抗議行動にいってらしたようです、
ああ、peaceの pieceは、ここにも。

|

宝塚のかざぐるまキルト

18日夜、かぶちゃんちに、宝塚の章子さんがキルトをいっぱいいれた大きな袋をサンタクロースみたいにかついで持って来てくれた。

ずっと原発のことを学び、行動し、すみれ発電所までお仲間たちとつくってしまった章子さん。たぶん、20年以上前に、神戸紅茶でよんでいただいた時、私もお会いしてたのだ。

その後、章子さんは、金沢の路子さん発信のかざぐるまフレンドシップキルトを、大きさもテーマもさまざまに、何枚も何枚も、縫い続けてきてたひとだったのです。

そして、宝塚での一枚目のキルトには、なんと、宇吉堂のウキコさんも参加しているのだった!
150918__3

2年前、かぶちゃんが、子育て中のおかあさんたちと語り合える場をはじめたい、って言った時、参考になりそうな本だよ、と、章子さんは「まわれ、かざぐるま」の本をかぶちゃんにプレゼントまでしてくれてたのです。今となってはもう25年も前の本なのにねえ。

ああ、こんなふうにして、世代交代、バトンタッチしていくのだ。
想いも、言葉も。

かぶちゃんちのお子たちもかわいかったし、ソラちゃんっていうワンちゃんもめっちゃかわいかった。よく私のひざにのってくつろいでました。150918__4

|

ほめ言葉のシャワーから平和へ@宝塚

18日の夜は、宝塚のかぶちゃんちに泊めていただく。

9月8日の夜、私のFBを読んで、逢いたいなあ、とつぶやいたかぶちゃんに、実は豊中に行くよ、と伝えたら、その翌々日の10日に、とある場所で、京都紅茶のかつこさんとかぶちゃんとが、奇跡のようにはじめて出逢ったのです!
この出来事がかぶちゃんの背中をおしたらしい。

19日に出前紅茶@宝塚をする!とこころに決めて、まわりに声をかけはじめたかぶちゃん。急でもあり、シルバーウィークの初日でもあり、行きたいけど行けない〜〜という人続出。それでもかぶちゃん、初心貫徹しました、あきらめなかった。

*******150918__2

当日はちょうど10人の、子育て中のママや若い人があつまって、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」のおはなし会。

はじめて逢う人がほとんどなので、紅茶の時間のはじまりからわりと詳しく、話すは放す、であること、きもちは言葉をさがしていること、DOの土台としてのBEがあること、などを話してから、ほめシャワ、13条のうた、けんぽうのお話、12条する、、と続きます。

とはいえ、2時間枠なので、けんぽうのこと、そうたくさんは語れない。
でもこの日も、けんぽうBOOKがテキストブックがわりになって、大活躍。
この本つくってほんとによかったってこんな時、思う。
おうちに帰ってから子育ての合間に読んでもらえたら、きっと語りきれなかったたくさんのこと、あとから知ってもらえる予感がする。
とにかく今こそ、憲法を知るとき、ですから!

時間に余裕のある人たちが残ってくれて、小一時間ほど、放課後紅茶。ここでまた少し深い話も。

それにしても、その日の未明、安保関連法案が国会本会議で強行採決、というまさに19日、宝塚で憲法を語るなんて。この先ずっと忘れられない日になりそうです。

私がこういうことしているのは、私自身がpeaceの piece、平和のひとかけら、だと、はっきりもう自覚しちゃったからです。そう思う人がどんどんふえていってほしいな。
we all are pieces of peace! って言いあえるようになりたいものです。

|

「民主主義ってなんだ?」

150917_ そうそう、17日、大阪駅から梅田の阪急線に向かう地下街の本屋さん、Book 1stで見つけたよ!
「高橋源一郎×SEALDs 民主主義ってなんだ?」
この本が地下街の通路にむかって20冊ぐらい、ずらりと並んでいたのだもの、見逃すわけないよね。

即、買いました!(実は、別口で購入予約をすでにたのんでいたのだけども)
うれしくって、店員さんにおもわず、「ほしかったんです!」って言ったら、「今日、入荷しました!」って。

SEALDsを立ち上げる前からの、奥田アキくん、牛田くんの話、それからマナさんの話。彼らと明治学院大の高橋源一郎さんとがおりなす、民主主義ってなんだ、のトーク。授業みたいでもあり、若い彼らのレクチャーみたいでもあり。

とってもよみやすい、彼らのリアルがいきいきとよくつたわってくる。
それにしても、いや〜、ほんとによく勉強してる!

ギリシャのアテナイの時代からの話。
そして今が今の、民主主義ってなんだ?これだ!の話。
かれらの不断の努力。
それはこれからも続いてく。

もちろん私も、これからも。

******

金沢にもどってからフォーラスの大きな本屋さんにも、かほくイオンの本屋さんにもいったけど、この本、見つけられなかった。
探し方が下手だったのかもしれないけど、すくなくとも梅田のようにすぐわかるとこにはおいてなかったよ。

|

豊中へ

17日、18日と、豊中の子育て支援センター、ほっぺさんに出前にいってきました。これで3年連続,豊中へ。今年は地域支援保育士さんたちのファシリテーター研修会ということで。

豊中とのご縁も、もとはといえば、「ほめ言葉のシャワー」つながり。
豊中の団地の中にある笹部書店さんが、たった一人のお客様のご注文にこたえて、ほめシャワをとりよせてくださったことから。
その後、笹部さんが異業種交流の勉強会によんでくださって、参加していた保育園の園長先生ともつながって、その保育園でもお話させてもらい、それが次々バトンタッチされて今に至ります。

ことしは、2日にわたってほぼ同じメンバーでの研修会、ということで、紅茶の時間のこと、コミュニケーションの練習の場、ともの時間のこと+いくつかのワークショップができました。
気持ちボ―ル、しあわせまわし豊中バージョン、おみやげ言葉のリレーや、ほめ言葉のシャワーのリレーなどなど。

1日目の夜は、市内の子ども園で、職員さんと保護者さんまぜまぜの場で、お話とほめシャワのワーク。
70いくつもの、いわれてうれしい言葉のリレーを聴くと、こころがふかふかになります。

*******

150918_ 2日目の午前中はフリーだったので、阪急をのりついで、西宮北口の次の駅の門戸厄神へ。
娘が大学にはいってすぐに住んだのがこの町。
駅前のカフェ、SPOONには親子でよく行きました。
7年前、ほめ言葉のシャワーの本つくりの編集会議の詰めも、このカフェで真剣にしたのでした。


|

2015年9月19日 (土)

わたしの12条宣言 mai works ver.

Kenpobooklogo2_4

mai works の mai です。
母が関西に出前中なので、今日は私の投稿です。

今日の未明、ついに安保法案が参議院本会議で可決されました。
でもね、たくさんの人が「終わりじゃない。ここからはじまり」って言っているし、
(そこがこれまでとは違う空気な気がする!)
私も、ここからが本番、って思ってます。

国民に誠実でない方法で憲法違反の法案を成立させる政治家のこと、
やっぱり私は信頼できないな。
そしてそのような政治家が、法案を誠実に運用するとも思えないな。
だから、「あぁ、もうだめだ」って目をつむってしまったら、
それこそ相手の思うつぼなんです。
のど元過ぎれば暑さ忘れる方式で忘れちゃうことも、相手が望んでいることだよね。

憲法とこの国に住む人がないがしろにされたこの理不尽さを、
私はしっかりと感じて記憶したいし、
一人でも多くのひとに感じて、記憶してほしい。
そして、次の選挙につなげたい。

憲法の中身を知ると、今起こっていることがどんなにへんてこりんか、理不尽か、
よくよくわかります。
そのことを知ってほしくてつくった『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』だけど、
私、この前人生で初めて街角でスピーチしたんです。
この本をつくろうと思ったきもちについて、こんなふうに。

-------------------

私がこの本の中で特に伝えたかったことは二つあります。
一つ目は憲法を守る義務があるのは国民ではなくて、
総理大臣や国会議員や公務員や天皇陛下、といった
私たち国民にはない権力をもつ人たちだということ。

彼らに一定の権力が与えられているのは、
あくまでも国民が生活する場としての国を運営するためです。
だけど、権力というのは時として
国民の望まない方向へと暴走していってしまいがちだということは、
数々の歴史が証明しています。
たとえどんな横暴な人間が政権をとったとしても、
国民の自由と権利が守られるために、ないがしろにされないために、
権力をしばるための機能として、憲法が存在しているのです。

そのことを前提にして考えると、9割の憲法学者や、
かつて内閣の憲法解釈を担ってきた元内閣法制局長や、
法の番人と呼ばれる最高裁の元長官が違憲だといい、
国民の8割が説明不足と感じ、6割が今国会での成立に反対だという安保法案が、
このまま通ってしまうことを、私はおかしいと思います。

たとえ、もしもあなたが安倍総理を支持していて、
安保法案の中身に賛成だとしても、
やっぱりこんなやり方はおかしいよって声をあげる必要があると思います。
なぜって、一度こんなルール違反にOKを出してしまえば、
この先あなたが支持しない人が総理になって憲法違反をしたとしても、
文句が言えなくなってしまうからです。
この状況にあって、なおも立ち止まってくれない安倍内閣に、
私たちは堂々と「おかしい!」と声をあげる権利がある、ということを、
憲法は教えてくれています。

私はさっき、本の中で伝えたかったことは2つだと言いました。
もう一つは、この「おかしいと思うことに声をあげる」というのが、
私たちの権利であると同時に、責任でもある、ということです。
憲法が命じる矢印の向きは、ほとんどが権力をもつ側にむけられていますが、
12条は、私たち国民にむけて書かれた条文です。

第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。

「不断の努力」というのは、絶え間のない努力、という意味です。
憲法が私たちに自由や権利を与えてくれているからといって、
それにあぐらをかいて私たちが何もしなくていい、なんてことはありません。
政治家は変なことはしないだろう、という
根拠のない信頼感に頼っていたらだめだよ、
今の自由や権利をこれから先も持ち続けていくためには、
私たちが絶え間のない努力をしなくちゃいけないと、憲法は言っているのです。

そのことを、本の中では「12条する」と表現しました。
だから、権力をもつ側が、おかしなことをしようとしたときに、
おかしい、って声をあげることは、立派な「12条する」なんです。

私は初め、スピーチしてって言われた時、
とてもじゃないけど自分に出来る気がしませんでした。
今だって、怖いし緊張しています。

だけど、私の友達には、憲法を守る義務があるのは総理大臣や国会議員だということを
知らない子もいます。
政府がルール違反をしようとしているときに、
そのルール違反はおかしい、と政府に伝える責任が私たちにあるということを
知らない子もいます。
そういう人、他にもたくさんいると思うんです。
だから、そのことを知ってしまった者の責任として、
そのことを知らない人へ伝える責任があると思ったから、
今私はここでスピーチをしています。
それが私の「12条する」ということなんです。

今この話を聞いてくださっている方の中に、
もしも立った一人でも、安保法案に賛成でも、反対でも、よくわからなくても、
自分の「12条する」はなんだろう? とふと考える方がいてくれるとしたら、
私はとても嬉しく思います。

--------

参議院での採決の過程によって、はからずも、
あの日スピーチで言ったこと、けんぽうBOOKに書いたこと、
それがそのまま証明されました。

私たちが「ちょっと待って、一旦止まって」と言っても、
権力はその声を聞かず、ふりきってしまうことがあるんだね。
選挙で選んだら、あとはもう政治家に任せておいて大丈夫ってことじゃなくて、
正当な手続きで選んだ人であったとしても、ルール違反をすることがあるんだね。
憲法がなんのためにあるのか、
そしてなぜ憲法に12条の「不断の努力」があるのか、
そのことがよ〜くわかりました。
だけど、このままだと、その憲法が機能不全になってしまいます。

ここから先、問われていくのは、主権者である私自身。
次の参院選まで、このきもちを忘れないで持ち続けて選挙で示すこと。
忘れっぽい私が、忘れないでいるために。
いろんな考えの人がいる中で、おもいを選挙に反映させるために。
私は何をしていこう。

それに、デモに行くまでではないんだけど、
なんかモヤモヤするって人ともつながりたいし、話したいな。
政治には無関心なんだよね、って人とも、つながる方法がないかなって考えたいな。
けんぽうBOOKは、そんな人にこそ読んでもらいたくてつくりました。
それを、どうやって手渡していくことができるかな。

たとえすぐに答えが出なくても、私は考え続けることをやめないでいようと思う。
違和感もモヤモヤもまだ言葉にできないきもちも全部大切にしながら、
進んでいこうと思う。
私が無関心であることが、権力をもつ側にとってはどうやら都合がいいらしいので、
だから私はこれからも、おかしいことはおかしいって言おうっと。
そう決めた私の心は、自分でも意外なほど晴れ渡っているよ。

これが、わたしの、12条宣言。

mai works

|

2015年9月17日 (木)

きりりんの替え歌

国会の様子が気になって、早起きしてFBをチェックする。夜の間も委員会はひらかれなかった。今日の午前中に委員会か?
市民の本気がいま、国を揺さぶってると思う。
金沢では、ピースウォークの仲間たちやママたちの会が、緊急行動をする。

150917_ 北陸中日をめくったら、とびこんできたのは、きりりんさんの記事!
しおりアーティストのきりりんさんが、この夏、いくつもの童謡の替え歌をつくったのです。
どれもとってもいい替え歌なので、記事になればいいなあ、って思ってました。
今日17日の石川県版にのってるよ。
きりりんさんが替え歌をつくろうとおもったわけ。
やさしくてふわりとしてるけど、強いきもちなど。いい記事です。

替え歌二つ、ここにご紹介するね。

「うさぎとかめ」のメロディで。

♪もしもし アベよ アベさんよ
 日本のうちで アナタほど
 憲法 守らぬ 人はない
 どうして そんな人が 総理なの?

「あめふり」のメロディで。

♪アベさん 安保法案
 廃案に
 なったら 国民 
 うれしいな
 ピンチ ピンチ ジャパン ジャパン
 法案 いらん いらん
 ピンチ ピンチ ジャパン ジャパン 
 アベさん いらん いらん

提案です!今日の金沢の緊急集会のどこかで、みんなで歌ってほしいなあ!
もちろん、全国のどこの集会でも、デモでも!

******緊急行動ってこれだよ!

■9・17 緊急アクションのお知らせ■ シェア大歓迎!!
強行採決に阻止に向けて、今も国会前でたくさんの方々が声を上げています。
ママの会@石川も、本日17日、弁護士さんや、議員さんたちと連携して、緊急アクションを行います!

まずが15時から、石川県庁北口にて
民主党・近藤前衆議院議員と連携し
自民党本部に向けての抗議を行います。
自民党に向けて思いを飛ばしましょう!!!
そして夕方から、四高記念公園の
ピーステントにて、国会前と連携してアクションを行います!
21時までアクションが可能なように手続きをして下さったそうですので、楽器やライトを持って集まりましょう!
ママもパパも子どもたちも、どうぞお誘いあわせの上、とにかくどなたでもご参加ください!!

黙っていたら押し流される。
ひとり、ひとりの思いをカタチにするとき。
ママたちも諦めません。
だれのこどもも ころさせない。
安保関連法案に反対するママの会@石川

*******

ではでは、私は今から豊中に、いってきま〜〜す。
何度もかいてるけど旅の間はパソコンよめませ〜〜ん。ので、お返事もできないし、みんなの動きもフォローできないけど、応援してるよ、きもちは一緒だよ!

|

出前紅茶でアレンさんのことを

Photo 9月30日(水)出前紅茶のおしらせ。
「生活のなかに憲法があった
〜〜アレン・ネルソンさんを起こそう!」
(アレンさんは、元米軍海兵隊ベトナム帰還兵)」

12:00〜1:30 
@真宗大谷派金沢東別院内 金沢教務所2階広間
  宗教者にかぎらず、ご参加はどなたでも。
  入場無料です。

   *******

しゅうへいきょう、って聴いたことありますか。

いや、私も、この名前では知りませんでしたが、フルネームは、宗教者平和協議会。
お寺も、教会も、日蓮宗の人も、いろいろな宗教、宗派の人たちが、この平和協議会で活動しておられます。

40年も前から原発に反対しつづけている若狭のお寺の中嶌哲演さんや、知りあいの真宗大谷派のお坊さまたちの活動のこと、時折いただく通信で少しだけ、知っていました。
全国組織のこの会は県内にもあって、それが石川県宗教者平和協議会、略して、石川宗平協。

その会の事務局のお坊さまから、先日お電話。
9月30日の総会の前に話をしてください、とのこと。
ひょえ!?なんで私?

実はこの日は、加賀のこうせんぼうのお坊さま、佐野明弘さんが、アレン・ネルソンさんのお話をされることになっていたのです。だけども佐野さん、その日どうしても秋田に行かねばならず、急遽、誰かぁ〜〜!となった時、佐野さんが私の名をあげてくださったとのこと。

北陸でアレン・ネルソンさんを語るにもっともふさわしい方は、佐野さんをおいて他にありません。現に、アレンさんのお骨は今もこうせんぼうに眠っています。2004年には、とくべつ紅茶で佐野さんに語っていただいてもいます。

私がアレンさんと出逢えたのも、佐野さんのおかげ。アレンさんからたくさんのことを教えていただきました。

とはいえ私の知るアレンさんは、佐野さんのとはくらべものにならない、彼のごくごく一部。それでも佐野さんのピンチヒッターでお声かけていただいたからには、おひきうけしないわけにはいかないなあ。ましてや、こんな今だからこそ、アレンさんの言葉を伝えたい。

私の知るアレンさんのお話と、私と憲法とのおつきあいのこと、語らせていただきます。
「生活のなかの憲法」っていうすてきな題をつけていただいたことだし、アレンさんにもおとなしく眠っていただいてるわけにはいきませんものね。

水曜なので紅茶の日ですが、私の戻るのは2時すぎになるかと思います。
まあさんは1:00になったら紅茶をあけていてくれますが、この日みえるなら、どうぞ遅めにいらしてくださいませ。

|

政務調査費返還の裁判

津幡町の町会議員さんたちの、政務調査費の使い方がおかしい、と津幡の男6人衆が原告となって、裁判をおこしたのはもう5年ぐらい前のこと。

地裁では、町議さんたちの,一部の不適切なお金の使い方を裁判所がみとめて、お金を返しなさい、という判決がでました。
それを不服とした町が原告となって、控訴。
その裁判の判決が、金沢高裁で9月16日に出ました。
判決の内容は、一審の時とほぼ同じ。原告の控訴は棄却されました。

津幡町の議員さんの政務調査費(いまは、政務活動費と呼ばれている)は、月額25,000円です。号泣で有名になった兵庫県の県議とくらべると、それはわずかな額かもしれません。

でも、この裁判を起こすまで、領収書なしでも誰もそれを問題としなかったことや、政務調査とはまったく関係のないずさんな使われ方がされていたこと、などは、やっぱりおかしなこと。それが粘り強い調査によって、明らかになりました。

長い裁判の間に、政務調査費の支出にレシートが義務づけられるようになったし、それに、政務活動費自体が廃止されることにもなるようです(すでにお隣の内灘町ではそうなります)。

********

町議会と町にはしかるべき距離がなければいけない。
それがくっつきすぎると、今回のようなことがあたりまえになっちゃうんだ。

こういう状態は、規模はちがえど、国会と国の今の状態と同じ、とあるひとがいってたけど、ほんとですね。
国会と内閣、立法府と行政府の間には、本来なら、ちゃんと距離がなければならない。
内閣より上にあるはずの国会なのに、多くの国会議員が内閣とくっつきすぎて、一体化しちゃってる。三権分立がおろそかにされすぎてる。

ちいさな町から見えて来る政治。
それはこの国の縮図。
一人ひとり民主主義していかないと、そういうこともみえてこないんだな、と感じた今回の裁判でした。

6人衆さん(まあさんもその一人)、本当におつかれさまでした!
民主主義をみせてくれて、ありがとう!

|

17日の金沢緊急行動!

国会の委員会はまだはじまってない様子。
日本中のきもちある人がそれぞれの12条しはじめてるね!!

私は朝から関西にむかうけど、お知らせだけでも!!
ママたちの会@石川からのよびかけです。

**********

行ける人、ぜひ!
■9・17 緊急アクションのお知らせ■ シェア大歓迎!!
強行採決に阻止に向けて、今も国会前でたくさんの方々が声を上げています。
ママの会@石川も、本日17日、弁護士さんや、議員さんたちと連携して、緊急アクションを行います!
まずが15時から、石川県庁北口にて
民主党・近藤前衆議院議員と連携し
自民党本部に向けての抗議を行います。
自民党に向けて思いを飛ばしましょう!!!
そして夕方から、四高記念公園の
ピーステントにて、国会前と連携してアクションを行います!
21時までアクションが可能なように手続きをして下さったそうですので、楽器やライトを持って集まりましょう!
ママもパパも子どもたちも、どうぞお誘いあわせの上、とにかくどなたでもご参加ください!!
黙っていたら押し流される。
ひとり、ひとりの思いをカタチにするとき。
ママたちも諦めません。
だれのこどもも ころさせない。

安保関連法案に反対するママの会@石川
■9・17 緊急アクションのお知らせ■ シェア大歓迎!!

強行採決に阻止に向けて、今も国会前でたくさんの方々が声を上げています。

ママの会@石川も、本日17日、弁護士さんや、議員さんたちと連携して、緊急アクションを行います!

まずが15時から、石川県庁北口にて
民主党・近藤前衆議院議員と連携し
自民党本部に向けての抗議を行います。

自民党に向けて思いを飛ばしましょう!!!

そして夕方から、四高記念公園の
ピーステントにて、国会前と連携してアクションを行います!

21時までアクションが可能なように手続きをして下さったそうですので、楽器やライトを持って集まりましょう!

ママもパパも子どもたちも、とにかくどなたでもご参加ください!!

黙っていたら押し流される。

ひとり、ひとりの思いをカタチにするとき。

ママたちも諦めません。

だれのこどもも ころさせない。

|

2015年9月16日 (水)

明日から関西です。

111211_ 明日17日から関西に出前です。17、18日は職員さんの研修や保育園の職員さん、保護者さん対象なので、
フリー参加は、ぐっぱさんの主催する19日宝塚での出前紅茶のみ。
自宅にもどるのは20日です。

その間は、FBやメールがよめませんので、けんぽうブックのお問いあわせやご注文は、
どうかmai worksまでお願いいたします。

http://maiworks.cart.fc2.com/

******
https://www.facebook.com/events/1481829175477393/
石川県を中心に
「ほめ言葉のシャワー」や「紅茶の時間」など
いろんな立場、いろんな世代の人が集まれる
あたたかな場をつくりながら
コミュニケーションや、平和のための学び
素敵な未来のためのとりくみを続けておられる
水野スウさんが関西に来られるのに合わせて、
ぐっぱでもスウさんとの時間を過ごせることになりました*^^*

安全保障関連法案成立に向けて走り続ける政府。
声をあげる人たち。
見守る人たち。
こんな今、改めてみんなで話したいこと
共有したいことはありませんか。

スウさんのことをご存知ない方も
きっときっと、とても豊かで穏やかな時間になると思います。

・19日(土)午後13時~15時頃(お部屋は17時まで)
・場所 宝塚市勤労市民センター 2階和室
(キッズスペースあり)
・参加費1500円

|

けんぽうBOOKのあるところ

150829_ 「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」、
おかげさまでいろんなところに日々、旅立ってます。
運んで下さる方がた、お友達にご紹介くださる方がた、ほんとにありがとう!!

北陸中日新聞で紹介してくださったおかげで、毎日、おといあわせやご注文のお電話をいただきます。いい記事かいてくれた記者さんにも感謝。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20150912/CK2015091202000054.html

本は、紅茶の時間にはもちろんありますが、お店の方が気軽に買いに行けるという方に、
「けんぽうBOOK」をおいて下さってるお店をご紹介します。

金沢ビーンズさん(石川県庁近く)
近江町市場の中のメロメロポッチさん
泉野出町の宇吉堂さん(今すぐだと在庫がないと思いますけど、ちかぢかまたお届けします)
大額のブックショップ.リードさん(9月17日からお店に並ぶはず)

東京なら、
調布の不思議なレストラン・クッキングハウスさん
練馬の、冷えとりと雑貨のお店のキャンディケイトさん

北海道なら、
札幌のブックカフェ louis ルイさん

そしてon line shopなら、 mai works からもお申し込みいただけます。
どうぞよろしく。彼女が、けんぽうBOOKの案内人、ティーとコトリの産みの親です。

http://maiworks.cart.fc2.com/

17日から3日間、関西に出前するので、留守中のご注文はとりわけ、mai worksにお申し込みいただけるとありがたいです。
私はスマホを持たないため、県外にいるとメールをよめませんので。

|

2015年9月15日 (火)

奥田アキくん@公聴会

15日公聴会で、奥田アキくんが意見をのべました。すばらしかった!
不断の努力。
こちらから動画で聴く、見る、ことができます。

伝わるように、伝える努力を、路上でも、国会でもしているんだなあ。

https://www.youtube.com/watch?t=1&v=5dsMhkj6eHk

|

ほっとらいんさんと

120912_ 13日の夜は、小松のすてきなお寺さんのお部屋をお借りして、ほっとらいんさんを囲んでの、食べて、飲んで、交流会コンサート。

小松の保育士さんコーラスグループの旬さん、さんしょ歌い隊のみなさん(金大と保育専門学校と看護学校に通う寮生さんたちから生まれたグループ、30何年前の結成とか!)、でえげっさあの川崎さん、小松のちょっと出てみよっさに出演してたご夫婦デュオのひだまりさん、、、と、歌でつながってる人たちと一気にあえました!その上、20年以上前に、紅茶で出逢っていた、おーぷんはうすつながりのYさんとも再会でき。

ほっとらいんさんのコンサート、と思ってでかけたのだけど、続いて川崎さんも歌い、誰さんも歌い、彼さんも歌い、の交流コンサートとなり。
いつしか、スウさんも!ってことになり、ひょえ〜〜、いきなりのご指名。

ずっとうたってきたみなさんとちがって、“突然変異”のごとく、この近年、なぜか突然うたいはじめた私。
タクさん、急に伴奏をお願いしてもいいの?って訊くと、タクさん、さすがです。「ま、きっとなんとかなるでしょ、スウさんが歌えばそれにあわせるから」ですって!

すごいなあ、タクさん。♪for the first time in my lifeと、♪ほかの誰とも、ほんとの即興で、その場で、ギター伴奏してくださいました。タクさんといきなりコラボできたことに、めっちゃ感激した私です。
歌い終わるなり思わず、タクさんと熱い握手!やったね!

8月末から、なんともまあ忙しい日々がつづいていただけに、この夜は、自分へのおおきなごほうび時間。たっぷりと栄養を充電できました。
ほっとらいんさん、みなさん、本当にありがとう!

|

2015年9月13日 (日)

10月、関川村に、出前紅茶にいきます。

150705_ 新潟県の関川村に、10月11日、うかがうことになりました。
まだ先の話だけどもとりあえず、予告編。またお知らせはいたしますが。

私をよんでくれるのは、その村に住む、ちいさな赤ちゃんを持つママです。
彼女のおかあさんとは、クッキングハウスつながり。
7月のパパラギコンサート(笠木透さんが35年以上も前につくられた「パパラギ」の組曲)@クッキングハウスに参加していた近さんに、「けんぽうBOOK」をお送りしたところ、娘さんもすぐに読んでくださったのですって。

関川村には、笠木さんも何度もコンサートにいらしてます。
その村にいけることがまず、うれしいな。
若いママがよんでくれることが、うれしいな。

*******この会を企画してくれたかやのさんの呼びかけ文です。
主催者名、peaceのpiece、っていうのも、すてきですね。
そうなの、ひとりひとり、みんな平和を創るひとかけら、一粒なのですものね。

********

水野スウさん、おはなしの出前お願いします~!

水野スウさんは、石川県のご自宅で週に一度「紅茶の時間」を開き、そこで、いのち、気持ち、性、子育て、原発、戦争と平和、憲法について、仲間たちと語り合い、学び、行動をしてこられた方です。
また、出前「紅茶の時間」として依頼があれば全国各地へ出かけ、おはなしやコミュニケーションワークショップ、けんぽうかふぇ等を行っておられます。

今回は、「子どもたちに贈りたい。ママたちに贈りたい。ほめ言葉のシャワーと、平和。」というテーマでおはなしをお願いしました。

水野さんの著書の中にこんな一文が」あります。
「どんなときも、自分への愛をどうかたやさずにいてくださいね、と願います。一人ひとりの、内なるおだやかな心なしには、おおきな意味での平和だって、ありえないのだから。」(『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』より)

まずはママがおだやかな気持ちになって、それからママと子どもたちの間にやさしい言葉が行き交って、お家のなかがもっと平和になって、それが地域や、世界の平和につながっていってほしい。このおはなしの会がそのきっかけになればいいな、と思っています。

また、子どもを持つ親として、「子どもたちの未来がどうか、平和であってほしい」と願うことは自然なことですが、平和を手渡すために、今 具体的になにができるのか?
水野さんのおはなしを通して、それぞれが考えたり、ママたちの間で話あったりする機会になってくれたら嬉しいです。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

今回の対象は主にママですが、もちろんママではない方のご参加も大歓迎です!

お子様連れOK!(会場の後ろの方に遊べるスペースを設ける予定です)

参加を希望される方は、準備の都合上、10月8日までに参加表明をして下さると助かります。よろしくお願いします。

場所:関川村村民会館2階大ホール

日時:10月11日(日)14:00開場、14:30スタート

主催:peaceのpiece(かわなべ)

※当日の準備を手伝って下さる方や、チラシを預かりますよ~という方、大募集中です☆コメント、メッセージ下さい(^^♪

https://www.facebook.com/events/468199360057576/

|

19日は、宝塚へ出前紅茶に。

Cajo2hd5 9月17日、18日と、豊中の子育て支援センターさんの研修会+保育園での出前紅茶で関西へ。
そのつながりから急遽、19日に、宝塚に出前紅茶にうかがうことに。

企画して下さったのは、以前から「ほめ言葉のシャワー」を読み、お仲間たちとそんなワークショップを重ねてきた、かぶみほさんです。

「ぐっぱの、みんなで話そう」(ぐっぱって、何だろね?)テーマは、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」。@宝塚勤労市民センター 
1:00〜4:00まで。参加費1000円~1500円くらい・〇〇さんのケーキつきかも・・・・

参加ご希望の方、私か、または、
https://www.facebook.com/events/1481829175477393/?ref=22&action_history=null&source=22
までどうぞご連絡を。

ゴールデンならぬシルバーウイークの初日、ということでもうみなさん予定がはいっているらしく、ごくごくこじんまりした集いになりそうです。
だけどその分、一期一会、一瞬いちえの時間になりそうかな、と楽しみにしてでかけます。
みほさんとお逢いするのは、私もこの日がはじめてなので、よけいにわくわく。

********みほさんのよびかけ文より。

石川県を中心に「ほめ言葉のシャワー」や「紅茶の時間」などいろんな素敵な場をつくりながら、コミュニケーションや、平和のための学び素敵な未来のためのとりくみをされてる水野スウさんが関西に来られるのに合わせて、スウさんを囲んでの時間をみんなで過ごしたいと。
来週、安全保障法案が成立するかも、という今。こんな今だからこそ、改めてじっくり話したいこと知りたいこと、共有したいことがありませんか。
スウさんのことをご存知ない方もいると思いますがきっときっと豊かで穏やかな時間になると思います。

|

けんぽうBOOKが紹介されました。

150829_ 私がこの夏、自分への宿題に課した本、「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」、
北陸中日の記者さんが、法案通る前になんとしても記事に!と取材にきてくれて、昨日9月12日の総合石川版に載りました。
こうした本をつくって、語って、少しでも多くの人に憲法を身近に感じてもらうこと、それが私なりの、私にできる12条の実践、「12条する」です。

http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20150912/CK2015091202000054.html

憲法 やさしく解説 津幡・水野さん
「憲法の存在を感じ、行動をする入り口になれば」と語る水野スウさん=津幡町津幡で

小冊子を自費出版

 津幡町のエッセイスト水野スウさん(68)が、憲法をやさしい言葉で読み解く小冊子「わたしとあなたのけんぽうBOOK」を自費出版した。「空気のようなもの」と例えられる憲法の存在にあらためて気付き、その大切さを知る内容。憲法をめぐる最近の国の動きも追っており、水野さんは「憲法について考え、話し合う際のツールになれば」と話している。(小室亜希子)

 水野さんは三十二年前から「紅茶の時間」と題して、さまざまな人が語り合う場を自宅で開いている。十年ほど前からは憲法について出張して話す活動も。小冊子はこれまで語ってきた内容をまとめようと、今年五月から製作に取り掛かった。

 全七章で構成され、憲法は何のためにあるかや、成り立ち、戦争放棄をうたう九条などについて、水野さんの体験を踏まえながら解説する。国会で審議中の安全保障関連法案についても、これまでの経緯や問題点を平易な文章で紹介している。

 水野さんが今回特に強調したかったのが、自由と権利を持ち続けるために「国民の不断の努力」を求める一二条だったという。

 一内閣の判断で従来の憲法解釈を変更するなど、安倍政権の動きに触れながら「みんなが無関心だったら憲法の中身は空洞化していく。一人一人が不断の努力で行動しないと、憲法を守れない」と危機感を募らせる。

 八月末に印刷した千冊が飛ぶようになくなり、千冊を増刷した。水野さんは憲法への関心の高まりを感じるといい「戦後七十年たってようやく民主主義が生まれ始めたのかもしれない。その芽を育てるために役立ててほしい」と力を込める。

 小冊子はB6判、百五十二ページ。六百円(税込み)。問い合わせは、水野さん=電076(288)6092=へ。

|

12日の弁護士会主催の集会 その2。私のスピーチ

140321_ 弁護士会の集会で、あみだくじでトリになった私も、最後に短くスピーチ。

この夏、私が自分に出した宿題。この10年、語って来た憲法のおはなしをまとめて、わかりやすい憲法の本をつくる!

そう決心したのは、安保法案国会がはじまった日でした。
でもいざ国会がはじまってみると、憲法きほんのき、だけの本でおわるわけには行かなくなりました。だって安倍政権が今してることは、もう単なる9条違反にとどまらない。立憲主義、国民主権、民主主義そのものを、ぶっこわしてることだから!(私にしたら珍しいカゲキ言葉ね)

で、国会を見ながら、書き足して、書き足して、こんな本になりました。
伝えたいことのいっぱい詰まった本だけど、今日は特に、12条のことを。

「憲法が国民に保障する自由と権利は、私たち国民の不断の努力で、これを保持しなければならない」

憲法は権力をしばる道具だから、その矢印のほとんどは国にむけられてる。だけど12条はちがう。その矢印は、私や、私たちに、向けられてるんです。
憲法にしばられてる側は、それが窮屈だから、いつだってそのしばりをゆるめようとするでしょう?
だからわたしたちは、9条があることにあぐらかいてちゃいけないんだよね。
国がへんなことしないか、いつもちゃんと見ていて、一人ひとり、自分にできる12条の実践、「12条する」、必要があるのだね。

安倍さんがあんまりひどいことするので、今、みんな気づき始めた。
こうやって集会に参加すること、デモすること、新聞に投書すること、憲法を学ぶこと、石川のママの会がしてること、、。そのどれもが、12条すること。
いい12条してる人見たら、私はすぐいっちゃう、あ、いい12条してるね!って。

一人ひとりができる12条はみんなちがう。
大きい「12条する」も、ちいさな「12条する」も、みんなみんな大事で必要。
それはすべて、peaceのpiece、平和のひとかけら、そんな無数の平和のpieces、かけらが集まんないことには、今の流れはとめられない。
一人ひとり12条することが、民主主義をつくっていくのです。

という、スピーチのあとは、「13条のうた」の替え歌で、「12条のうた」を。
「戦争はいやです!」のとこは、ママの会のママたちや、紅茶仲間にたのんで一緒に声をあげてもらったよ。

♪だれでもない わたしが しなくちゃならないこと
 わたしたちの自由と権利 ひとまかせには できない
 「せんそうはいやです!」と声をあげること
 不断の努力 日々 普段から 重ねてく12条

*******

集会のあとのデモの列が長く続きました。
弁護士さんたちだけでなく、若者もママも、ミドルもオールズも、つまり組織でくくれない一般people、あわせ て590人が、大きな声をあげながら、金沢の街を歩きましたよ。
沿道で手をふったり、拍手したり、声をあわせてくれるひともいましたよ。

|

12日の集会。その1、ママの会@石川さんのスピーチ。

120320_ 12日、弁護士会主催の安保法案反対の集会が3:30から玉川公園にて。

一般募集した3分スピーチ、7人がかたりました。
金沢大学有志の会の先生も語り、
8月の日曜日、金沢のカフェで「安保法案と私たちの未来」をテーマにトークイベントをした、TNGの若者たち、も語り、
「安保関連法案に反対するママの会@石川」のさなえちゃんも語り。

ママの会@石川のFBに、そのスピーチ全文がのっていたので、ここにもご紹介。
すばらしいスピーチでした。長いですけど、読んで下さいね。

スピーチの中にでてくる脚本家の篠原久美子さんは、ドラマリーディング「空の村号」の脚本を書かれた方です。このお話は、私もじかにお聴きして、ほんとに勇気づけられ、希望を確信した言葉でした。
その「空の村号」で、空くんの妹役を演じていたさなえちゃんの、凛とした声が、ひろい公園中にひびきわたりました。

********

金沢弁護士会主催の「STOP!! 安保法案!市民集会&パレード」にて
ママの会@石川もスピーチをさせて頂きました。

久しぶりの晴天!

涼やかな秋風と共に、老若男女彩り鮮やかな590人が
街中をパレードしました。

党派を超え、議員さんも沢山参加していらっしゃいました。

夜は若者主催の「CHOOSE OUR FUTURE, DON'T LET 'EM〜戦争法案に反対するサウンド・パレードin金沢〜」に参加。

子どもたちも楽器を手に、歩き切りました!

沿道から手を振って下さる方、拍手をして下さる方、パレードに参加するママをフォローし、ベビーカーを押して下る年配の方 etc etc…

こうしてみんなが心を寄せて、手を取り合って生きていく道を、
私たちは歩んで行きたいのです。

★ママの会@石川★スピーチ全文★

「みなさま、こんにちは!
安保関連法案に反対するママの会@石川です。

私たちは安保法案が衆議院で強行採決された7月15日をきっかけに、facebookでママの会@石川を立ち上げました。

SEALDsが必死に声を上げている様子に、自分にも何かできないかと思いを募らせつつも、一歩を踏みだす勇気が無かった私に、8歳の息子が言いました。

「ねぇ、ママ。俺の友達に自衛隊になりたい子がいるんだ。、震災の時に自衛隊の人たちが地震や津波で困ってる人たちをたくさん助けているのを見て、自衛隊になるって決めたんだって。でも、俺、このままじゃ自衛隊は戦争に行かされちゃうからダメだって言ったんだ。俺、友達が戦争に行くのも、人を殺したり、殺されたりするのも嫌だ。ママ、どうしたらいい?」

胸が張り裂けそうでした。
もう二度と、子どもにこんなことを言わせたくない。

世界の中で、誰かが犠牲になることによって
平和が保たれるという考えや

力で力を押さえつけなければ抑止にならないという思考は
もはや古い。

原爆を落とされ、原発を54基も抱え、原発事故で今も尚、核の脅威にさらされているこの日本だからこそできる平和外交や、
対話をもって折り合いをつける方法を、探っていくことができると私は思っています。

日本中で様々なアクションがある中で、
私たちは議員さんに直接訴えかけようと、県民のみなさまから安保法案に関するメッセージを集めました。

これまでに集まった、4歳から戦争を経験された86歳の方の切実な思いが詰まった声は、193通に上ります。

この思いのオモミを、しっかりと議員さんに感じ取って頂きたいと、この1か月半で
私たちがメッセージをお渡しした議員さんは、
与野党の国会議員さんも合わせると35名をこえました。

約2時間かけて、ひとつひとつのメッセージにじっくりと目を通し、とても丁寧なメールを下さった議員さんもいれば、
適当にあしらったり、背を向け、メッセージを返送しようとする議員さんもいます。

対話をする中で「集団的自衛権はいらない」と明言した公明党議員さんや
「次の選挙は4年後だから、その頃みなさん、安保のことなんて忘れてしまってるのでは?」
と笑った自民党のベテラン議員さんもいました。

私たちがこれまで「政治」に積極的にかかわって来なかった意識の低さが、
有権者を軽く見る感覚を生んだなら、それは反省しなくてはならないと思いますし、
与党議員さんの仰っていることに纏まりがない状況で、安保法案を無理やり押し通すやり方は認められません。

クリックする度にビックリが飛び出すリアルなレポートは
私たちのFBページで日々更新中です^^是非、チェックして下さいね。

さて、私たちは、集まったメッセージに多く書かれていた「法案の中身が分からない。もっと丁寧に説明してほしい」「国民の声を無視しないでほしい。」という思いを込めて、
あえて「廃案」ではなく、国に継続審議を求めるよう、石川県議会と金沢市議会に請願書を提出しました。

右も左も分からない私たちに、たくさんの方が心を寄せて下さり、請願を提出することができました。関わって下さったすべてのみなさまへ心からお礼申し上げます。

この請願は15日の13時から金沢市議会で採決されます。

傍聴人数の制限はないとのことなので、是非、金沢市役所本会議場で、私たちと一緒に請願の行方を見守って下さい。

最後に、「非戦を選ぶ演劇人の会」の立ち上げ人である劇作家の篠原久美子さんが仰っていた言葉をご紹介したいと思います。

「今、大きな力に対して、
一人一人が小さくつつき始める時代になった。

小さな力を大きなものに加え続ければ
ある日突然、ごとりと動く。

それは物理法則だ。物理法則は必ず起こる。

それを私たちは社会におけるパラダイムチェンジと(根本的変換)呼んできた歴史がある。

誰が変えたか分からないけど、いつの間にか、タイムイズマネーがスローライフに変わったように
「集団的自衛権とか、言ってた人がいたよね?」「え?そんな時代あったの?」というような時代がいつか来ると信じて、其々が様々な方法で、あらゆる方向からつつき続ける。」

私たちママの会は「だれのこどももころさせない」を合言葉に、
世界中と手を取り合うことで、パラダイムチェンジを起こしたいと考えています。

誰かにおまかせして傍観するのではなく、ひとりひとりが主体性を持って
何があってもあきらめずにつつき続けます。

ママの会のシンボルフラワーであるガーベラの花言葉は「希望」そして「常に前進」です。

若者や子どもたちに希望を抱くだけではなく、私たちひとりひとりが希望となり、
これからも「対立ではなく対話を求め」また愛をもって、働きかけを行って行きます。

其々のやり方で、信じる道を切り開きましょう。

ありがとうございました。

********ねえ、すばらしいでしょう?パチパチパチパチ!

|

2015年9月11日 (金)

19日の宝塚。

Photo 9月17日、18日と、豊中の子育て支援センターさんの研修会+保育園での出前紅茶で関西へ。

そのつながりから急遽、19日に、宝塚への出前紅茶の企画がとびだしました。
ご参加の方の人数しだいで、実現できるかどうか、きまります。

企画して下さったのは、以前から「ほめ言葉のシャワー」を読み、ご自分たちでもこれまでそんなワークショップを重ねてきたおかあさんとその仲間たちです。

テーマはたぶん、「ほめ言葉のシャワーから平和へ」。

私のところへ、コメントかメッセージくだされば、企画してくださってるかたにお知らせしますね。

********こんな呼びかけです。

石川県を中心に
「ほめ言葉のシャワー」や「紅茶の時間」など
いろんな素敵な場をつくりながら
コミュニケーションや、平和のための学び
素敵な未来のためのとりくみをされてる
水野スウさんが関西に来られるのに合わせて
スウさんを囲んでの時間をみんなで過ごしたいと
急きょイベント考え中です。

来週、安全保障法案が成立するかも、という今。
こんな今だからこそ、改めてじっくり話したいこと
知りたいこと、共有したいことがありませんか。

スウさんのことをご存知ない方もいると思いますが
きっときっと豊かで穏やかな時間になると思います。

5人くらい~開催可能かな?と思っていますが
皆様、ご都合いかがでしょうか。
ご予定がまだはっきりしない方も
コメント、メッセージなど頂ければ助かります。
開催出来そうでしたら、引き続きこちらのページで
詳細をお伝えしていきます。

スウさんのお泊りや移動のきっぷのこともあるので
はやめに開催可能かどうか決めたいと思いますので
参加希望の方は、急で申し訳ありませんが
早めに参加表明よろしくお願いいたします。

・19日(土)午後13時頃~
・場所 宝塚某所(笑) 子どもたちも遊べる場所
・参加費1000円~1500円くらい?
・〇〇さんのケーキつきかも・・・・

|

勝手な約束!

安倍さんが4月にアメリカにいってオバマさんに約束したことで怒ってたら、その4ヶ月以上も前にこんなことが。
12月の選挙のすぐ後に、自衛隊トップがアメリカにいって、こんな約束(安保法制は2015年の夏までには通る、と)を、米軍のエライひとたちと会って話してたんだ!
このことが国会で追求され、その後、正式に明らかになりました。

総理大臣は知っていたのか?
この自衛隊トップのかわのさんが勝手にしたのか?(まさかそんなわけないよね)

このこと、みんなが知らなくっちゃね!そして怒らなくちゃ!

*********

[東京 10日 ロイター] - 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は10日の定例会見で、昨年12月に訪米した際の米軍幹部との会談記録とされる文書について、「同一のものは(内部で)確認できなかった」と防衛省の見解を繰り返す一方、「同じ題名の文書は存在した」と語った。

河野統幕長は「会談の詳細は相手もあるので差し控えたい」と述べ、流出した文書と内部で確認した文書の相違部分については明らかにしなかった。

外部に流出した文書には、河野統幕長が米軍幹部に対し、現在国会で審議中の安全保障関連法制の成立時期について、「来年夏までには終了するものと考えている」と発言した記録が残っている。

文書を入手した共産党を含め、野党は河野統幕長を国会に呼ぶことを求めている。河野統幕長は「国会の判断と(防衛)大臣の指示に従う」と語った。

|

石川のママたちのこと

安保法制に反対するママの会@石川のママたち、そしてほかのママたちもすんごく12条しています!
昨日の北陸中日新聞は、議会傍聴に行くママたちのこと、そして、ママの会の市井早苗さんへのインタビュー記事がそろって載りました。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=619202421554749&set=gm.621854827956581&type=1&theater

|

2015年9月10日 (木)

9月12日は!

140321_ 9月12日土曜日、参加できる方、集まれ〜〜〜!!

金沢弁護士会による安保法案に反対する集会、パレードがあります。
いろんなひとの3分スピーチもありますよ。
安保法制に反対するママの会@石川のも、
私のもちょびっと。

     @金沢市「玉川公園」(玉川図書館横)
      3:30から4:40まで

そのあと、このパレードは、
若者たちのサウンドパレード「GIVE PEACE A CHANCE」に合流します。
若い世代のこんな企画、金沢では初のこころみ!
もちろん参加は年齢制限なしで〜〜す!

    @ 四校記念公園 
            夕方5:00から集会  5:30 出発       

          

|

2015年9月 8日 (火)

松浦さんとの2日間の学び

Photo 9月4日と6日、わが家とかみあらやの「えがお」を会場に、クッキングハウスの松浦さんと学ぶコミュニケーションワークショップ。
金沢,津幡はもちろん、内灘、かほく、七尾、珠洲、輪島、加賀、福井、富山、そして名古屋から!それに立教大学の実習生さんも。

今年は特に初参加の方がおおかったので、松浦さんはまず、クッキングハウスってどんなところ?からはじまって、メンバーさんたちが日ごろしているコミュニケーションの練習、SSTの説明を。

SSTと呼ばれるソーシャルスキルズトレーニングは、認知行動療法の一つ、精神の障害をもつ人たちのリハビリプログラムの一つでもあります。
そのまま訳すと「生活技能訓練」、ってめっちゃ固いイメージ!
でもクッキングハウスで実践されてるSSTは、ちっとも固くないよ。

SSTは、
自分にも相手にも、きもちのいいコミュニケーションをとれるようになるための練習。
相手を責めたり、上から目線でいう「あなた」メッセージでなく、自分を主語にして、「わたし」メッセージで、自分のきもちを言葉にして相手に伝える練習。
自分がこうなりたい、と思う、すこし先の未来にむかって、仲間たちの応援をもらいながら(ここが大事!)、日々の対人関係をスムーズにしていくための、実践的な練習。

SSTが日本に導入された四半世紀前につけた訳語が固かったので、まだまだそのイメージでSSTをとらえてる人も多いんじゃないかな。
そう思いながら松浦さんの話を聴いてて、ふと私の頭に浮かんだ訳語は、こんな感じだよ。

S=すてきな未来のために
S=すごく役に立つ、 人間関係をよくする
T=とりくみ

みんなもこんなふうに自由に訳をつけてみたら、SSTともっとみぢかにつきあえるかもしれませんね。

********

コミュニケーションの練習のまえには、きもちをリラックスさせる準備体操としてのウォーミングアップを。ゲーム感覚で、思いつく言葉を気楽にだしてみることから。

今の自分の気分を言葉にしていう「気分調べ」はかならずします。
それぞれの気分調べをききながら、松浦さんは、午後から、実際にSSTの課題としてとりあげるテーマを見つけます(ここが松浦さんのすばらしいところ、28年におよぶ、クッキングハウスでの経験のたまもの)。

ランチの後は、午前中の話の中から、この日練習できそうな課題をとりあげて、実際のロールプレイで練習してみます。
はじめは、その人だけの個別の問題、と思われていたものが、実際にからだを動かし、言葉を発して相手につたえるロールプレイをして行く中で、参加してる他の人たちにも、それが自分にも共通の問題だったと気づいて行く、この時間が私はいつもすごいな、すてきだな、って感じるのです。

何人かの課題を実際にSSTで学んだ後は、ゆっくりとしたシェアリングタイムをかならず。
その日、そこに来て、数時間をともにすごして感じたことを、また自分の言葉で言っていく。

「えがお」でのワークの時は、最後に、サイコドラマの手法をもちいて、一人のひとの人生を曼荼羅で描いて行く、という場面も松浦さんがつくってくださいました。

現在の自分、過去の自分、未来の自分、自分の大好きなひと、尊敬する人、大好きなものたち、そして、自分をずっと見守り続けて来てくれた守護天使。
たくさんの登場人物から、それぞれ、自分にかけてほしい言葉をその人がかけてもらう、という、その人の人生のゆたかな曼荼羅もよう。
こればっかりは、こうして文字で書いて伝えることがなんとも難しい。
参加して体験してみないとわからない感覚ですが、私はこのサイコドラマの時間も大好きです。

*******Cailztsb

毎年一回、2日間、松浦さんに石川にきていただいての半日ワークショップも、もう10年以上になります。

わが家での参加は11人、えがおでの参加は26人、どちらもサイズ的にはこれくらいがちょうど、これ以上だと多すぎる感じですね。ひとりひとりとていねいに向き合うためには、ワークショップの人数はただおおければいい、というものではないから。

わが家では、ことしもまあさんが、お台所裏方さんをすべてしてくれました。おかげで、誰もが学びに集中できます。またそのおかげで、まあさんも知らず知らず、SSTやわたしメセージを学んでいるのです。だから、ありがとうは、互いに行ったり来たりです。

今年初参加の、奥能登からきたソーシャルワーカーさんたちが、来年はぜひ珠洲に松浦さんをおよびしたい!と。
はい!私も賛成です。いい勉強会がいつも金沢で、となると、参加がむずかしい人もいるよね。かの地でもこんな学びを必要とする人たちがきっといるはず。
来年は珠洲でも、松浦さんとの時間をもちましょう。私も応援協力しますね。

******

クッキングハウスから学んだコミュニケーションワークショップのことは、「紅茶なきもち」という本に書いています。興味ある方、読んでみてね(本は、紅茶にもありますが、金沢ビーンズさんにも)。紅茶には、クッキングハウスのご本も、SSTの冊子もあります。

また、わが家でもこの10年、ほそぼそとですが、コミュニケーションの練習の時間を月いち土曜の午後に持っています。こちらは紅茶とちがってクローズドの場なので、きもちのいいコミュニケーションを学ぶことに関心おありのかたは、どうぞ私までお問い合わせくださいな。

|

2015年9月 3日 (木)

けんぽうBOOK、増刷へ

150903_ ママたちとのけんぽうかふぇのあと、金沢ビーンズさんへ。

まあまあ!特等席にBOOKその他の本をおいてくださってました。ありがたし!

8月29日土曜日にすりあがってきた「わたしとあなたの・けんぽうBOOK」。

みなさまの関心がたかくて、短期間にたくさんのご注文。
ほんとにありがとうございます!

早くも、明日の朝一番で増刷分の印刷にかかることになりました。

|

きほんのきのけんぽうかふぇ

141030_ 今日の「わたしとあなたのけんぽうかふぇ」には、20人余りのママと10人くらいのあかちゃん+ちいさな子どもたちが参加してくれました。

今日のメインは、けんぽうのきほんのき。
そもそもなんで憲法があるの、法律とどう違うの、三権分立って何?ということから。

それがきちんとわかったうえで、安倍政権がしてきたことは、していることは、って見ていくと、これまでぐちゃぐちゃになってたことが、だいぶ整理されるのではないかな、と思って、そのようにすすめてみましたよ。

13条と12条のおはなし。
国会前にいったり、こんなかふぇに参加したり、どれもふだんの努力の12条の実践。
こわされそうになってる民主主義を、ひとりひとりが民主主義することでとりもどしていく試みが、日本中で日々毎日!

今日感じたのは、なんといっても、「けんぽうBOOK」が、人数分、そこにあることのありがたさ。
「じゃ次は、○ページをひらいてみてください、そこになんて書いてあるかな、読んでみてくれる?」
「わたしの12条宣言」のページをひらいてから
「この文をみんなですこしずつ、輪読していこうね」などなど、BOOKがまさにテキスト代わり。

もちろん、こういうこと見越してこの本をつくったんじゃないけど、
こうして使ったら、話がよりわかりやすくなるし、とっても実用的!と実感しました。

13条のたいせつさ。ひとりひとりが幸せを追求して、そのひとらしく生きていくこと。
「人々の自由や権利の実現のために、国家権力を拘束する法」、それこそが憲法であると、六法全書で、水島朝穂さんが解説しています。

こういうかんじのかふぇの日は、改正草案や日本国憲法がどのように書かれたか、まではとても行きつかないけど、あとはどうぞ本をおよみくださいませ、です。



|

ママの会からの緊急のお願い

「安保関連法案にするママの会@石川」から、緊急のおねがいです。
あした、ママたちと一緒に県庁にいけるかたいらしたら、どうかママの会@石川にご協力願います!!
私は松浦さんのワークショップなので、一緒できないけど。

<急募>
明日の12時~13時半、県庁まで来られる方、大募集

ママの会として、石川県議会に「請願書」というものを出すことになりました。
「安保法制、強行採決せず、もう少し丁寧に進めてほしい、と、石川県として国に意見をしてください」とお願いするものです。

同様の意見書は、日本中の自治体からすでに出ているものなんですが、石川県ではいままで、採択されることがありませんでした。
自民党さんがとても強い土地柄でそんな意見書が通る確率は、0%と思われています。
ただ、国会での審議が明らかになるにつれ進め方にあまりにも無理があるんじゃないかと思っている議員さんは、与野党問わず、ひろがっています。
支持者さんも、口には出さなくても、今回ばかりは議論がたりないと思っている方が増えているようです。

そこでお願いです!

明日、請願書の提出に、一緒にいってくださるママを大募集。
事務局に提出したあと、
自民党さん、公明党さんなど、各会派のお部屋をまわり、
「この請願書を否決しないでください」と
依頼してまわります。

実は今日も行ったんですが、まだ議会期間がはじまっていないので、議員さんがほとんどおられず、、、、
(せっかく、たくさんのママとかわいい子どもたちにお付き合いいただいたのですが)来られる方は、県庁の右側にある議会の建物の1Fロビーに集合でお願いします。

来られない方でも、今の流れに反対したいお気持ちのある方には、たいせつなお願いが!!!!

この請願書、提出はしますが、否決される確率いまのところ100%。つまり、水の泡になることが最初から決まっているものです。
でも、もしも、思いのある市民が、地元選出の県議会議員さんに「否決しないでほしい」と伝えたら・・可能性が1%、2%と出てくるかもしれません。

実際に、広島では自民党県議がたった一人で、意思表示をはじめました。それにつづく方が、全国から現れるかもしれません。
金沢市議会、石川県議会の両方に、ママたちからの請願書を、提出してあります。市議・県議さんの事務所に電話・FAX、もちろん訪問などなど、出来ることがあればぜひ、やってみてください。
金沢市議会は、会期末の15日に可否が決められます。
県議会も、同じくらいの時期かな??

9月1日の時点では、
「9月11日にも、国会で強行採決」という話だったので
もう完全に間に合わないアクションかも・・・と思っていましたが、「強行採決はない」ということに、状況が変わったようなので、ほんの少し、道が開けたところです。

どうか、思いのある方は黙ってあきらめずに、一言でもご自分の想いを伝えてみてください。
その結果を、また私たちに教えてもらえたら助かります。
https://www.facebook.com/pages/安保関連法案に反対するママの会石川/1633698140209880?pnref=story

|

ママの会、県議会に請願書をだします。

Photo ママの会@石川のママたち、日々おさなごと格闘しながら、ほんとにがんばっています。
今日は彼女たち、石川県議会に、「安保法案の継続審議をもとめる意見書を政府に出してほしい」という請願書を出しにいきます。
私はその時間は、けんぽうかふぇで、けんぽうきほんのきのお話中なので一緒に県庁にはいけませんが。

こんなふうに、少しでも自分たちにできることがあるならやってみよう、とけんめいに毎日12条しているママたち(娘とも同年代です)がいとおしくて、みなさんにも、このママたちを、どうかどうか応援してね!とお願いせずにいられません。
彼女たち、どれだけの時間とエネルギーをこのことに費やして毎日、知恵をしぼり、行動してるか、それがわかるだけに。

メッセージをよせていただくことももちろん、このママの会を応援していただくことだけど、集まった(現在189通)のメッセージを議員さんに、各党に届け、また、今回の請願書提出も含め、対話できる公開の場をつくってくださいというお願い文書をつくったり、質問書をつくったり。
その仕事量たるや、たいへんなものがあること、よくよくみえるのです。
声届けのこのサイトをときどきチェックして、あなたのできそうなことがあったら、どうぞ手助けして下さいませ!たとえば議員さんを尋ねる時にいっしょにいってくださるとか。人数少ないと心ぼそいものですもんね。
 
今日、わたしはけんぽうかふぇのなかで、このママたちのことも話します。
彼女たちがこんなに一生懸命なのは誰のためなのかも、いっしょに考えたいです。
ママたちをうごかしているのは、特定のイデオロギーでも、組織でも、党でも、ありません。ひとりひとりの考えで、今、自分がしなくちゃならないと感じたことを、しています。

今日のおはなし会で、ふだんの努力の12条のこともはなします。
ママたちがしてること、まさにこの12条の実践。
今日のおはなし会の最後には、13条のうたも。
12条のかえうたもちょっこっとはいってるよ。
♪だれでもない わたしが しなくちゃならないこと
 わたしたちの自由と権利 ひとまかせはにできない
 「せんそうはいやです!」と声をあげること
 不断の努力 日々 普段から 重ねてく12条

 と。

|

2015年9月 2日 (水)

伊那で「いのちの未来の語りあい」

150902_ 2日間、伊那に行ってきました。

3つの出前のどれにも若者が参加してくれて、感じたきもちを言葉にしてくれてうれしかったな。みんな、いい感覚、感性してるね。

31日の「場って、何だろう」の時は若い新聞記者さんたちが取材に。
どうぞどうぞ、参加者になってください、と、一つの輪の中にくわわってもらって、ワークショップごと、フルに参加してもらい。楽しい時間でした。

この回のしめくくりは♪for the first time in my lifeの歌。
この歌に、いっぱい感じてくれた子がいて、それが私にもつたわってきたよ。
この歌もふしぎな歌です。ごくごく個人的な歌なのだけど、どこかここか、聴く人のそれぞれの人生と重なったり、響き合ったりしてるみたいです。

夜の部は、13条や12条、あべさんの今していること、わたしたちの責任、などなど。参加してる方の、いろんな意見もきけました。

1日のともの時間では、セジュールを会場に、セジュールの若者とスタッフの「ともの時間」をクローズドで。

紅茶の時間→クッキングハウスでの学び→ともの時間がうまれたこと→ともの時間のスタートのころによくしたこと。きもちを言葉にして大丈夫だよ、の練習。安心の空気を育てる練習。
という感じですすめていきました。
きもちボール・『今日の一枚」・ふりかえり、など、あまりよくばらないプログラムで。若者がたくさん参加してくれて、うれしかったです。
カレーランチもおいしかったなあ。

とえださん、かわいいちらしを書いてくれためぐちゃん、参加したみんな、スタッフさん、あんやと(ありがとうの金沢弁)。
また逢えるといいね。

|

30日の国会前のこと、紅茶のおかあさんが。

8月30日の国会前の報告を埼玉の紅茶つながりのおかあさんがしらせてくれました。
彼女はこの春、アウシュビッツやベルリンを訪ねる旅をし、その時出逢った学生さんがシールズのメンバーとなり、
彼女の初スピーチを聴きに国会前に行って以来、もう7、8回も国会前に参加しているのですって。

テレビのニュース画面でも、市民メディアでも、今、たくさんの画像をみることができるけど、
こういう、一人一人が、あの時あそこにいて感じとった感覚、臨場感を共有することも大事ですね。
行きたくても行けない人がいっぱい、でもこうやってその人の12条の実践をわけあえること、それをまた知らせて行くことも、ちいさな12条すること。

*********紅茶のおかあさんから。

前日、初めてだけど国会前に行きたいという数人の方から連絡が入り、自由の森学園の生徒さんたちの歌も聞こうと、6人で早めに現地に着きました。現地で他の人と合流したり、「来てます」というメールを受けたりしながらの数時間でした。

自森の生徒さんが歌う姿とその歌詞に、一人一人を認め合うこと、それが平和の源、という思いが胸の底から湧いてきました。

その後、できる限り中心に近いところまで移動してしばらくたった頃、遠くから地鳴りのような響きが聞こえてきました。沢山の人の頭の向こうに、ものすごい人の波が前進しているのが見えて、あちこちから拍手が湧き起きました。
このときの様子を、シールズの彼女のおかあさんのメールから、一部いただきます。

「昨日の決壊はシールズが前へ前へと言って、その最前線に泣きながら歩く娘たちがいたそうです。
前へ前へといいながら、後ろを振り返ると、どんどん自分のあとに人が続いてくるのをみて、みんなメンバーはぼろぼろ泣きながら、進んだそうです。
あの、合唱の希望のareaの隣のところからの決壊でした。」

国会前では12万人との報道ですが、でも、日比谷公園や周辺もいれると、延べ35万人集まったとか。警察発表の数とも開きがありますが、人数はともかく、とにかく自分の意思で集まった老若男女の集まりから溢れる熱気は凄かった。その場にいる自分を数ヶ月前までは想像さえしていませんでした。

私はこの夏、憲法や民主主義、人間の不完全さや弱さ、そして尊さのようなことを、自分の頭で考えようと努めました。でも、まだまだ知らないこと、わからないことが沢山あります。まわりの人たち、本や情報を有り難く思いつつ、それを何とか想像力で補っていきたいと思っています。
遠い場所、遠い時代に近づくには、想像の翼を広げる、それこそ今まで子どもや本や沢山の素敵な人たちから学んできたことですから。
だからこの歩みは、社会にとっても、私にとっても、これからも続く歩みなのだろうと思います。

****メール引用ここまで。

明日9月3日のテレ朝モーニングバード、玉川さんのそもそも総研では、シールズの2人と、「安保関連法案に反対するママの会@墨田」のママが紹介されます。

そのママが取材されてるところを、娘がまじかにみていて、取材がおわるなり、『ママの会@墨田」のママに、思わず手に持っていた「けんぽうBOOK」をプレゼントしたそうです。
石川のママの会のこともすこし出てきます!といいながら。

|

2015年9月 1日 (火)

9月3日 ”あなたとわたしの”けんぽうかふぇのおしらせ

120805_ さきほど、信州は伊那への出前紅茶からもどりました。
きのうの夜は、けんぽうのおはなしを。

そしてこちらは、金沢の若いママが企画してくれました。
ほんとに、けんぽうのきほんのきからのおはなし会になりそうです。
これまで政治の話なんかしたことないなあ、けんぽうってなあに?っていまさら訊きにくいなあ、
というひともだいじょうぶなおはなし会にしようとおもっています。
あんぽほうせいのこともね。
ママたちに関心もってもらいたいと思ってるので、うれしい企画です。ありがとね。

********

こどもに聞かれても、イマイチわからない政治のしくみ…学校で習ったかな??^_^;
今、ニュースでも話題の中心「安保法制」。どうしてそんなに騒がれているの?
そもそも何がどうなって、今みたいな話になってるの?

そんな「そもそも??」を、
政治の基本のキ、憲法からふりかえってみると…☆

憲法と身近にお付き合いをされてきた
水野スウさんにやさしく教えていただきます(^-^)政治の話って、敬遠しちゃう?
なんかギクシャクしちゃう?
…案外そうでもないかも?!
育児や仕事、毎日のお買いもの…
日常の話題と同じように、
わたしやあなたに身近な話かも^^☆ 

ぜひ、気軽に参加してみてくださいね♪
☆お子様連れ大歓迎♪ ひろびろ のびのびできるよ☆

*****
”あなたとわたしの”けんぽうかふぇ
9月3日(木曜日)10時12時
金沢市民芸術村 里山の家

参加費 300円
(申し込みは不要です)*水野スウさん…紅茶の時間 主宰
週に一度自宅で「紅茶の時間」を開く。
おはなしやコミュニケーションワークショップ、
けんぽうかふぇなど。
著書に、「きもちは、言葉をさがしている」「ほめ言葉のシャワー」「贈りものの言葉」「紅茶なきもち」「いのちの未来と原発と」
 CDブック「13条のうた ほかの誰とも」
「わたしとあなたの、けんぽうBOOK」(8月29日より発売☆☆)

☆終わったあとお時間がある方は、オープンスペースや芝生でご飯を食べながらお話したり、水遊びさせたりもいいですね^^各自でで自由にお持ちください

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »