« ママの会からの緊急のお願い | トップページ | けんぽうBOOK、増刷へ »

2015年9月 3日 (木)

きほんのきのけんぽうかふぇ

141030_ 今日の「わたしとあなたのけんぽうかふぇ」には、20人余りのママと10人くらいのあかちゃん+ちいさな子どもたちが参加してくれました。

今日のメインは、けんぽうのきほんのき。
そもそもなんで憲法があるの、法律とどう違うの、三権分立って何?ということから。

それがきちんとわかったうえで、安倍政権がしてきたことは、していることは、って見ていくと、これまでぐちゃぐちゃになってたことが、だいぶ整理されるのではないかな、と思って、そのようにすすめてみましたよ。

13条と12条のおはなし。
国会前にいったり、こんなかふぇに参加したり、どれもふだんの努力の12条の実践。
こわされそうになってる民主主義を、ひとりひとりが民主主義することでとりもどしていく試みが、日本中で日々毎日!

今日感じたのは、なんといっても、「けんぽうBOOK」が、人数分、そこにあることのありがたさ。
「じゃ次は、○ページをひらいてみてください、そこになんて書いてあるかな、読んでみてくれる?」
「わたしの12条宣言」のページをひらいてから
「この文をみんなですこしずつ、輪読していこうね」などなど、BOOKがまさにテキスト代わり。

もちろん、こういうこと見越してこの本をつくったんじゃないけど、
こうして使ったら、話がよりわかりやすくなるし、とっても実用的!と実感しました。

13条のたいせつさ。ひとりひとりが幸せを追求して、そのひとらしく生きていくこと。
「人々の自由や権利の実現のために、国家権力を拘束する法」、それこそが憲法であると、六法全書で、水島朝穂さんが解説しています。

こういうかんじのかふぇの日は、改正草案や日本国憲法がどのように書かれたか、まではとても行きつかないけど、あとはどうぞ本をおよみくださいませ、です。



|

« ママの会からの緊急のお願い | トップページ | けんぽうBOOK、増刷へ »