« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月28日 (水)

明日から埼玉へ。

明日からまたけんぽうのおはなし出前の旅にでかけます。

Photo 10月29日、浦和の保育園で
30日、川越紅茶で  お申し込みは、金子さんへ 049−232−6357
31日、川口で。 この日は満員御礼、札止めとなりました。

家に戻るのは11月1日の夜です。1日のお昼ころ金沢にもどって、そのまま午後からのオレンジゴスペル・ワークショップに参加するので。

お話の出前は、11月6日午後、松本で。
11月7日午後、長野で。
こちらはまだ間があるので、おといあわせは水野までどうぞ。

私はスマホをもたず、留守中はパソコンが読めないので、お返事が即できませんこと、ご了承くださいませ。

********

11月4日(水)は、紅茶恒例、23回目の賢治さんの時間+スペシャル。
「細川律子さんと読む/律子さんが読む、宮沢賢治の世界」
(紅茶は1:00〜open) 2:00〜5:00 参加費300円 @紅茶・水野宅

4:00ころお茶をいっぷくして、4:30からは関川村の紙芝居のはじまりはじまり〜〜!
10月によんでいただいた関川村で、近(コン)さんが、紙芝居を二つ、読んでくれました。
「屁振りあんにゃ」、もうもう抱腹絶倒、お腹が痛くなるくらいおかしい!
もう一つは「二代目ももたろう」、ストーリーもコンさんのオリジナル作品。
みんなが知ってるももたろうとは、似てるようで、すんごくちがうよ。
おかしくっておもしろくって、でも実はとっても大切なことに気づかせてくれる、奥の深い作品です。
どちらも、絵はコンさんが描いたもの。これもとても味があっていいのです。
関川村での、忘れられないすてきなおもてなしでした。

関川村のコンさんも、岩手出身の律子さんも、幼い頃から昔話を聴きながら育って、今、ふるさとの言葉で、お話を語っている。
この2人がじかに逢えたらいいな、そうだ!11月の賢治さん紅茶に来ない?もちろん、紙芝居も持って!とお誘いしたら、遠い道のりを、コンさんが上越の橋本っちゃんと一緒に来て下さることに。

とくべつ紅茶は5時頃おひらきとなりますが、残れる方、コンさん、橋本っちゃんと、夕ご飯をどうぞご一緒に。
7時半頃からは、これまたすごい、村に伝わるお話「大蛇伝説」を、迫力満点のコンさんのすばなしでお聞きします。

|

シールズの新しい本「民主主義ってこれだ!」

151028_ 岡山、因島で留守してる間に、届いていました。
シールズの、「民主主義ってこれだ!」

さっそく読み出してます。
めっちゃおもしろい!
若者たちの考え、言葉、思想、行動、
ぐいぐい引き込まれながら読んでいますが、おふとんのなかにもちこんだら、たちまちzzzzz.
なんせ、ここんとこはとびきり、自転車操業の日々だったので。
(でもとても充実してる一瞬一瞬でした)

この本、明日の埼玉行きにももっていきます。
新幹線で読もう。
そして、浦和、川越、川口であうおかあさんたちにもかならずこの本、紹介しよう。

できたら、前に出ている本、高橋源一郎さんとのコラボトークの、「民主主義ってなんだ!」とあわせて読むともっとわかると思う。こっちの本もおすすめですよ。

「民主主義って、これだ!」という題の本ではあるけど、
民主主義は、永遠に未完の理想でもあるので、
なんだ!?と問いかけ、その一瞬一瞬で、
これか?これだ!いや、これか?これかも!と
問いつづけ、問いなおし、
そうやって一歩一歩すすんでいく、そのプロセスそのもの、の本なんだと思う。

|

2015年10月27日 (火)

旅からもどって

Photo_3 今回の旅。
岡山への出前ご注文がまずはじめにあって、それを因島の友に知らせたら、因島でも、といって場をつくってくれた友から、今日届いたファックス。

******

ほんと、足を伸ばしていただいてよかったなあ、と感謝です。
清々しい風が私たちの心の中に吹き込んだみたいです。
憲法の話ーー立憲主義や国民主権、戦争放棄、基本的人権、、、と頭の中がめちゃ緊張する中味のはずなのにね!

ブログで、マイちゃんのこの12条宣言、
「たとえすぐこたえがでなくても
考え続けることをやめないでいようと思う、
違和感も、もやもやも、、。
そう決めた私は、自分でも意外なほど、晴れ渡っているよ」
を見つけたときは、おおげさかもしれないけど、救われた気分になりました。

スウさんの、
「内なるおだやかな心なしには、大きな意味での平和だってありえないのだから、、」
に、あたたかさと広さと共感と感謝と。
見つけたこの文章そのままのスウさんと過ごせた2日間、やっぱり感謝です。

********

読んで、うれしさがじわわ、、、とこみあげました。

そのように、聴いた人が、こころの立ち位置を確認してくれたり、
あ、すこし位置がかわったな、と感じてくれたり、
もやもやざわざわの不快感が、一グラムでも軽くなったりしてもらえたら、私の方こそ、うれしいな、ありがとう!だな。

だってそのことのために、私はけんぽうの手渡しお届けの旅をしてるのだもの、今回の旅で何度も何度も、それを実感したよ!

******

因島では、ふりかえりの時間に、「こんなにも憲法違反してるアベさんを、誰が、どうしたら、罰することができるの?」というまっすぐな質問がでました。

裁判することもきっとそのひとつだろうけど、
それができるのはやっぱり、主権者である私たちの、意識と行動によって、なんだろうと思う。

はっきりと、彼を支持しないと意思表示すること。
内閣支持率が超一気に下がって、彼が今の地位にとどまれなくすること。
一日も早く、今の政権を退陣させること。
来夏の参院選で、彼をささえる応援団の議員たちに議席を与えないこと。

そのために自分ができることを、自分のできる12条を、私もまた、考え続けるよ、行動し続けるよ。

日々、息するように私が私の12条をすること、それが民主主義をつくってるはるかな道への、一歩一歩だと思ってるから。

|

因島で

因島のいんのしまいさんちは、この5年間くらい、ほんとに何度も泊めていただいて、まるでお里のように安心できる場所。

娘さんが、前日の蔵での出前紅茶に参加してくれました。その間は、いんのしまいさんがちいさな2人をみていたので、ゆっくり話が聴けたもよう。

ちいさなひとって、本当にすぐ大きくなる。
この前あった時はまだ赤ちゃんだったけど、すっかりかっこいいお兄ちゃんになってた彼は、今、森のようちえんに通っているそうです。
そのようちえんの名前が、「おてんとさん」。
おてんとさ〜ん、あつまれ〜、って呼ぶと、子どもたちがあつまってくるんですって。
きっと一人ひとり、I am a piece of おてんとさんだ、って自覚してんだね。

*******

いんのしまいさんがそだった実家のおうちで、「スウさんの語るけんぽう〜peaceのpiece」を、10時からお昼はさんで3時すぎまで、ゆったりと。

めちゃめちゃおいしい、みんなの持ち寄りごはんの数々。
集まって来る人たちが、みんな自分のできることをもちより、てぎわよく手伝ってて、とてもきもちいい空気感。
顔なじみのひとたちが何人もいたし、伯方島からは、みみさんがなつかしいお顔の人たちと一緒にきてくれてた。

********Photo

自分が大切にされること、自分を大切にすること、相手を大切にすること。
あなたもわたしもとりかえのきかない存在だとはっきり気づくこと。
そう思うことなしに、平和って、ほんとになりたたないんだ。

なぜって、一人ひとりがそう自覚してないと、国が好き勝手なことした時、私たちはちゃんと怒ることができない。
主権者の一人として、まっとうに怒る、って実はすごく大事なこと。

一人ひとりが自分らしく、幸せに生きていくという13条の中味を実現させてくためには、不断の努力の、12条する、をさぼっちゃならないわけで。
自分がpeaceのpieceなんだって自覚することが必要で。
それって、自分が「おてんとさん」の一員だ、とおさなごが確信するように、思えたらいいことなんだよね。

今回は岡山県でも広島県でも、顔のきちんとみえる、私の生声が届く、ちょうどいい人数のかたたちが集まってくれた。

紅茶やほめシャワや、なによりもけんぽうを、手渡しでお届けにあがりました、という感覚を、どの場でも、私自身が感じながら語れたことがすんごくうれしい。
そして、「ほめ言葉のシャワーから平和」って、ほんとにほんとだ、つながってるんだ、と何度も実感したよ。

市場さん、みねちゃん、ことむさん、めいこちゃん、いんのしまいさん、そして来て下さった方たち、ありがとうありがとう!!



|

岡山から広島へ

151024_ 24日。
お宿のカフェルームからの眺めがなんともすてき。

おっと、そうゆっくりもしていられない。
この日は、市場さんが講師となってお話する、男女共同さんかくカレッジが公民館であるのです。
「セカンドステージへようこそ〜男の地域デビュー」と題する恵子さんの講座に、私もとびいり受講生。

大学でも授業をしている恵子さんの、自然なかたりくち。
知らぬ間に抑圧されて傷ついてきたきもち、そんな自分を大切にするにはどうしたら、という、理論に裏打ちされての、具体的なお話はとてもうなづける。
途中、歌あり、詩の朗読あり、聴く練習のワークショップあり。
なんと、13条のうたまでレジメにあって、私、前に出て歌っちゃいました。

*******

公民館を出て、恵子さんの車は、一路、広島県松永の蔵さんをめざして走る。

その蔵さんで、因島のいんのしまいさんと岡山の市場さんとが、お初に出逢って、私をバトンタッチ。
20数年前は富山にいたあやちゃんとも、ここで再会。あやちゃんは市場さんともつながってた。ほんとにひとの網の目が、どんどんつながってく。

「そのままのあなたが、すてき」をテーマにした蔵さんでの出前を終えて、いんのしまいさんと因島のよしこさん夫婦と次にむかったのは、世羅。

その町で、笠木透さんを偲ぶコンサートがその日にあって、雑花塾の増田さん、山口の上田さんたちが歌うのです。すごいシンクロでしょう?
増田さんには内緒でいったものだから、もちろんすごくびっくりしてた!

世羅は、今年の夏までクッキングハウスではたらいていた有光さんの町でもあったのです、このコンサート会場で、彼女とも思いがけない!再会をはたしました。


|

岡山で

22日から24日にかけて、岡山で、とっても濃〜〜い時間をフルに味わってきました。

岡山駅でむかえてくださった市場恵子さん。
なんと豊かな、ひとネットワークをずっとずっと紡いできた方なんだろう!
多分そうだろうなあ、と、FBでもたびたび感じていたけど、やっぱり、生でじかに逢って、自由に語りあって、感じるてごたえは、もっともっとそうだったよ。
自分のキモチを、「わたしメッセージ」できちんと伝えてくれるし、たいらな関係性でいられて、一緒にいてとてもきもちがいい。

そういう恵子さんが、私を実にいろんなところに連れて行ってくれました。

151022_ おともだちのあっこちゃんがしてる、牛窓の海の見えるカフェでランチ。
オリーブ園や、海遊文化館(牛窓はよい港、江戸時代には、朝鮮通信使とよばれる外交使節団が何度もおとずれている、その資料館)や、池田藩の殿様が、武士以外の子にも学ぶ場を、とつくった閑谷学校など。

22日の夜は、備前の、これまたお友達のみねちゃんのお店、ランバーさんで一回目の出前紅茶。
ランバーさんの壁の絵は宇吉堂のカメリアーノさんが描いたもの!151022__2
カメさんとウキコさんは阪神の震災のあと、しばらく牛窓で暮らしていたのでしたっけね。
この夜は市場さんちに泊めていただく。

**********

23日。
朝は、市場さんご夫婦のギターつき歌まで聴かせてもらってから、恵子さんちのすぐそばにある禅寺、曹源寺へ。
おっきなかりんが成ってた。
151023_

このお寺におられるち〜さん、元のお名前はプリシラさんだけど、今は「智」というお名前になっているので、ち〜さんとお呼びする。
なんとも表現しがたいくらいの、宇宙を感じるような、すてきな方でした。
ち〜さんの点てるお抹茶をいただきながら、ごくわずかな時間だったけど、魂の響きあう対話をかわせてしあわせだったなあ。

午後は岡山の、またまた恵子さんのお友達のしてるフェアトレードのお店、コットン古都夢さんで、「女たちのおしゃべり会・わたしとあなたのけんぽう〜恋するように、息するように」。
終わってから、残れるひとたちと、ほめ言葉のシャワーのワークも。

夜は、おかやま自由学校そら+ちいさな声をあげよう、のめいこちゃんたちがよんでくださって、紅茶の時間+ほめ言葉のシャワー+けんぽう+ほめシャワワークまで、短い時間ながらフルコースs。

この夜は、恵子さんおすすめの、七つ★ホテルのようなすばらしいお宿で一泊させてもらいました。なんという充足感。

|

2015年10月22日 (木)

岡山へ、いってきま〜〜す

Photo 目の前の雑木林が、しぶい秋色。うちのまわりの紅葉は赤くならないので、地味。だけどもとてもこころおちつく秋色。

昨日は、関西から若いひとが、はじめての紅茶に。
ともだちから紅茶のことをきいて、ほめシャワも読んで、と。

子どもセンターのひとつの場所で、子どもたちと一緒に晩ご飯をつくって、たべる。おしゃべりする。勉強したい子はする。そういう場所に、いる彼女。
こどものかたわらにこんな大人が居てくれることの意味を、きのうはとても思ったよ。

紅茶に3年ぶりに来た人。
顔なじみの人。
重たい荷物からやっと解放された人。
そして子どもセンターの若い彼女。

なにげない会話が、一つの問いかけから一気に深いところにおりていって、その問いのつづきを、その場にいるみなで考えあう、語りあう。

そんな瞬間が、きのうも確かにありました。

*******

では、今から備前、岡山、広島の松永、因島に、いってきま〜〜す。
メール不通となります、スマホじゃないので。

|

2015年10月20日 (火)

11月のとくべつ紅茶のおしらせ

Photo 11月はわが家で、いくつものとくべつ紅茶の時間があります。
気になる時間があったら、今からカレンダーに、紅茶マークをどうぞ!

*******

11月4日(水)紅茶恒例、23回目の賢治さんの時間+スペシャル。
「細川律子さんと読む/律子さんが読む、宮沢賢治の世界」
(紅茶は1:00〜open) 2:00〜5:00 参加費300円 @紅茶・水野宅

4:00ころお茶をいっぷくして、4:30からは関川村の紙芝居のはじまりはじまり〜〜!
10月によんでいただいた関川村で、近(コン)さんが、紙芝居を二つ、読んでくれました。
「屁振りあんにゃ」、もうもう抱腹絶倒、お腹が痛くなるくらいおかしい!
もう一つは「二代目ももたろう」、ストーリーもコンさんのオリジナル作品。
みんなが知ってるももたろうとは、似てるようで、すんごくちがうよ。
おかしくっておもしろくって、でも実はとっても大切なことに気づかせてくれる、奥の深い作品です。
どちらも、絵はコンさんが描いたもの。これもとても味があっていいのです。
関川村での、忘れられないすてきなおもてなしでした。

関川村のコンさんも、岩手出身の律子さんも、幼い頃から昔話を聴きながら育って、今、ふるさとの言葉で、お話を語っている。
この2人がじかに逢えたらいいな、そうだ!11月の賢治さん紅茶に来ない?もちろん、紙芝居も持って!とお誘いしたら、遠い道のりを、コンさんが上越の橋本っちゃんと一緒に来て下さることに。

とくべつ紅茶は5時頃おひらきとなりますが、残れる方、コンさん、橋本っちゃんと、夕ご飯をどうぞご一緒に。
7時半頃からは、これまたすごい、村に伝わるお話「大蛇伝説」を、迫力満点のコンさんのすばなしでお聞きします。

******

11月15日(日)のとくべつ紅茶は、
京都あゆみ助産院の、「左古かず子さんと尚子さんの母娘語り」
1:30open 2:00〜5:00(ティータイム+きもちキャッチボールボールタイムもいれて)
 参加費 1000円 @紅茶・水野宅

サコ魔女サンバ、と親しみこめておよびしてる左古さんとは20数年のおつきあい。これまでにも、とくべつ紅茶のゲストで、お産のこと、いのちの不思議のこと、語っていただいたことがあります。時折、ひょいっと親子で紅茶を訪ねてくださることも。なので、左古さん親子を知ってる人は紅茶に何人も。

今回は、かず子さんが、母としての、そしてお産婆さんとしての、これまでとこれからのお話を。尚ちゃんこと、尚子さんが、一人の女性としての、お産婆さんの娘としての、これまでとこれからの、お話をそれぞれにしてくださいます。

紅茶で初の親子ジョイントライブ。どんな時間になるか、楽しみ!!
お時間許す方、夕ご飯もどうぞご一緒に。

*******

11月22日(日)のとくべつ紅茶は、娘が、自分のこと、自分のしごとのこと、語ります。
「Talk about mai works ーー中西万依、mai worksを語る」
1:30open  2:00〜5:00(ティータイム+きもちキャッチボールボールタイムもいれて)
参加費 500円 @紅茶・水野宅

「紅茶の時間」とともに育った娘が、それをどんなふうに感じながらおとなになっていったのかや、大学卒業と同時にmai worksをはじめたわけや、「ほめ言葉のシャワー」をつくったころの話などなど。
いや、それより何より、mai worksっていったいなんじゃらほい。

もちより夕ご飯をはさんで、夜の部もあります。
「オヤコラボけんぽうトーク ーー 親子でコラボしたけんぽうBOOKを、親子で語る」
7:00〜9:00  参加費500円

この夏につくった「けんぽうBOOK」は、文章は私、編集とブックデザインは娘が担当しました。モティベーションも役割もそれぞれ違う、丸い頭と四角い頭が恊働でつくったコラボレーション本の裏話を、どうぞお聞きください。

あわせて、自分が「12条すること」の意味や、これからの希望をみんなで語り合いたいと思っています。

******

11月のとくべつ紅茶に参加ご希望のかたは、私までご一報くださるとありがたいです。
メールか、FBのメッセージか、またはお電話で。076−288−6092

|

10月と11月のおしらせあれこれ

Ca3y85li 10月は、けんぽうのおはなし出前あんぎゃげっかんみたいだにゃ。

どこもこじんまりとささやなか集いだと思うけど、だからこそ、一人ひとりに手渡しできるsomethingがきっとある、と感じるのです。

それに、好きなものの話ができることは、それ自体、しあわせなこと。
その地その地で、今を生き、一緒に未来を考える人たちと、確実に出逢えるのもまた、しあわせなこと。

10月22日、備前で
23日 岡山で午後と夜と。
お申し込みは、いちばさんへ 086−225−4663

24日 広島の松永で、
25日 因島で。
お申し込みは、今井さんへ 084−524−0546

10月29日、浦和の保育園で
30日、川越紅茶で  お申し込みは、金子さんへ 049−232−6357
31日、川口で。 この日は満員御礼、札止めとなりました。

11月6日、松本で。
11月7日、長野で。
こちらはまだ間があるので、おといあわせは水野までどうぞ。

留守中はパソコンが読めないので、お返事が即できませんこと、ご了承くださいませ。

|

2015年10月17日 (土)

日常の風景をかえていく

アキ君が、これからのこと。きちんといってくれてる。
特別委員会の採決をめぐっての意見を述べてるのだけど、それ以上に大切なこと、いっているよ。

自分の日常の風景をかえていく、ということ。

それ以前はとてもそんなことしなかったひとが、政治を考える、かたる、かんがえる、ほんをよむ、
デモだけが意思表示ではない(デモもつづけながらだけども。この彼がいうから余計に、そうおもえる)

みゆきちゃんいつも書きおこしの労をありがとう!
ほんとにlabor of loveだ。

**************

< 是非読んで 奥田愛基くんの質疑応答を書き起こしました♪ 
 SEALDs今後の活動、私でありあなたたちへの メッセージもあり >

参議院安保特議事録(9/17)「改ざん」に対する抗議記者会見
日時:10月15日(木)17:00~18:00
場所:参議院会館内
出席者:地方公聴会公述人)廣渡清吾(学者の会)・水上貴央(弁護士)、中央公聴会公述人)奥田愛基(SEALDs)

☆★ 奥田愛基くんの質疑応答を そのまま書き起こしました。

(廣渡先生は 本会議の投票は終わっているので 法が成立しているとして、法を廃止していくのを目指していくのか、 委員会での採決不存在として、法の成立が無効だ、として抗議していくのか、難しい問題、と)

<奥田愛基さん 質疑応答で>

えっと・・僕もお二方のお話を聞いて、思ったことがありまして、
つまり、問い自体がよくわからないんですよ。

これを本来、なぜ私たちが悩まねばならないんですか? 
どちらかで勝負するのか、・・って思うんですよね。

正当性がなくて、本来成立するはずがない法案がある、って、
それを「ある」っていってたたかうのか 「ない」、っていってたたかうのか、って
どっちなんだい?っていわれるわけですよね?

これ・・おかしくないですか?(笑)

決めてる政権を、どちらにしても 変えなくてはいけないわけですよね。

法が成立しているのだったら、変えていかねばならないし、
なかったことにするのならするので、たたかわなくてはいけないし、
どのような方法でたたかうのかで われてる場合ではない、と思っています。

つまりは、どのような方法であっても 論理的にですね、たたかって行ける方法があるのであれば、
法的な手続きででも、次の選挙ででも、
そこを、ロジカルに訴えかけていく、と。
そういうことなんじゃないかな、とおふたりの話を聞いていて思いました。

もうひとつは、ぼくたち、「違憲訴訟」と言っても応援するしかできないんですけど、応援するのはもちろんなんですが、 
今後も 街宣活動などを続けていこうと思っています。

18日日曜日に渋谷のハチ公のところで 街宣活動を行おうと思っています。そこには野党の方も呼んで、また、ゲストというか 政治家でない方も呼んで、学生のスピーチもして、渋谷という街で、抗議を行って行こうと思っています。それにはもちろん 今回のことも含め、やはりこの法には正当性がないと。やっぱりどのような形であっても 一回廃案にするしかないと。「廃案」がおかしいんなら、認めるわけにはいかない、と、思っています。

これからの動きですけれど、
ありとあらゆる方法で言っていくしかない。

今回は街宣で スピーチ中心に 街の中で、という方法でやっていきたいと思います。 よくSEALDsの特徴として デモ、や デモのスタイルが言われるんですが、実はそのほかにも イベント活動のほか、冊子の作成や、わかりやすい法解説の動画の作成であったり、をやっています。 

今かなり、ママの会や、学者の会や、弁護士の方々も含め 自分たちのできるところでできる限りのことをやっていく、という動きが広がっていると思いますので もっともっとそこのところを、各自で その幅を広げていきたい とおもっています。

「国会前で抗議する」ってことも大事なのですが、
自分たちの日常をどう変えられるか
「日常の風景をどれだけ変えられるか」という問題だと思っています。

なぜなら たしかに この政権の問題であり、この法の問題なのですが、
政権交代をしたところで、同じような方法で法案が通ったらだめなわけで

こういう問題に対して

許してはいけない、黙っていられない、認めてはいけない、と思う人たちが
主体的に動いていくしかない。
そう言うカルチャーをつくっていくしかない。

国会前に関わらず、日常の中でどれだけのことができるのかというのが、我々に問われていることだと思います。

また、8月30日や9月14日、というような、大規模に、いろんな団体に呼びかけて
国会前やそのほかの集まれる場所で 抗議をする、ということも検討しています

以上です。

             文責・小原美由紀


2015/10/15 議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 壊れつつある議会制民主主義にSEALDs奥田愛基氏は「正当なプロセスが踏めないなら国会や委員会の必要性がなくなる」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270517

※ 東京新聞記事 ※

「改ざん議事録の撤回を」 参院特別委で公述のシールズ奥田氏ら訴訟も検討(2015年10月16日東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201510/CK2015101602000126.html

|

2015年10月16日 (金)

駆けつけ警護に国会承認はいらない?!

ええ〜〜南スーダンの駆けつけ警護に,国会承認いらないの?!

しらなかったです。
いる、とばかり思ってた。いのみらにもそう書いちゃったよ〜〜。
いのみら102号に、国会承認が必要、ってかいたけど、それはまちがいであったのだ、、!ごめんなさい、みなさま。

安保関連法に反対するママの会の方が、このようにかいています。

***
初めて、代々木の日本共産党本部にお邪魔しました。きれいな建物で、入ったところには憲法9条の書がありました。

国民連合政府についての対談でしたが、「来年の選挙までは待てない!自衛隊が南スーダンに行ってしまう!どうしたらいいんですか?」と志位さんに直訴?しました。

なんと、スーダンの「駆け付け警護」には、国会の承認がいらないそうで、政権の判断で出来てしまうそうです。それまでに政権を変えられないものか?!

わたしたちの子どもたちと同じような年頃の少年兵士と、自衛隊が銃を向け合うようなことは耐えられないですよね…。

わたしたちが声を上げれば上げるほど、野党が結束したのは、国会終盤で、みんなで目撃したとおりです。個人が自発的にあれだけ動いているということは、政治家たちにとって驚異(脅威)なんだそうです!

デモの夏は終わりましたが、次の秋も、いろんなやり方で、めいっぱい声を上げていきたいなと思いました。

*******(ママの会、ここまで)

そうなんだね。

個人が自発的にうごくことが、きょうい。組織のきまりでうごいてんじゃないこと。
一人ひとりの意志で行動してること。

一人ひとりが考える人になり、行動することが、政治家たちにはきっとなによりのきょうい、おどろきとおそれ。

一人ひとりが12条しながら、a piece of peaceになる。
それが、脅威となるんだ。

|

2015年10月15日 (木)

はだしのゲンをなんとか中国のひとたちにも。

名古屋のバンドエイドさんが、「はだしのゲン」の中国語訳をなんとか中国で出版できないかと奔走中!
News23で紹介されました。

おうちのパソコンで必死に中国語をいれているバンドエイド。
中国の街を、きりりとした顔でずんずん歩いているバンドエイド。
生前の中沢さんの画像も言葉も。

https://www.youtube.com/watch?v=leIyMz47OQI

バンドエイドの12条する、はスケールがでっかいなあ!
ずっとずっと不断の努力をつづけてる、尊敬すべき大好きなひとです。

|

17日にも18日にも、東京で。

18日、渋谷で安保法制に反対する渋谷がいせん!
シールズティーンズソウルや、そして他にもいっぱい。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=683959418372922&set=a.307343079367893.54239.100002766096678&type=3&theater

安保法制に反対する渋谷街宣
2015/10/18/SUN/13:00-16:00
SEALDs、T-nsSowl 、民主党、社民党、共産党、DJ CHABE、and more ...

**********

前の日の17日には調布9条の会の憲法ひろばで、高田健さんがお話されるとのこと。

クッキングハウスメンバーで、調布9条の会メンバーでもあるひとが、おしえてくれました。
@調布市国領のアクロスホール13:30〜 参加費300円

*******

私はここんとこちいさなおはなし会がつづいていて、市内のいろんな集まりにも行けてないけど。
それぞれができるところで、自分の12条する!
17日も18日も、ちいさなおはなし会へ。ひとつひとつが一瞬一会のライブ、と思って語ります。

|

2015年10月13日 (火)

関川村で

翌11日。
関川村まで電車を乗りついて行く予定が、上越から参加する橋本さんが、なんと関川村まで一緒に乗っけて行って下さるとのこと。電車のりつぎにはたえず、寝過ごしの恐怖がつきまとう私!ゆえ、おおいに感謝してお言葉にあまえることに。
そこからさらに3時間、くるまをとばして、新潟県北の関川村へ。

151011__2 今日のおはなし会の主催者は、まだ若いママのかやのちゃん。おばあちゃんにあたるチイさん、おかあさんのみちよさん、20代のかやのちゃん、ふたりのちいさなお子たち。4世代が参加してくれるおはなし会って、はじめてです。

みちよさんつながりの方、かやのちゃんのママ友、世代のちがうそれぞれのつながりの方があつまってくださった。世代を越えて、ゆたかな人間関係をつむいできたんだな、ってことを感じる人たちの、あたたかな輪。
関川村のひと、新発田や柏崎や村上や胎内(という名前の市があるのです)からきてくれたひとたち。
体育館をかけまわる子どももいれば、おっぱいあげてるママもいる。

そんな中でかたらせてもらえるしあわせ。紅茶のこと、ほめシャワのこと、13条のこと、けんぽうのきほんのき。12条することの意味。peaceのpieceである自覚、最後はほめシャワのワークも。

こんな語りをすることが、私の「12条する」。
こんな場をしよう!ときめて、いっしょうけんめいまわりに声かけて、この日を準備してくれたことが、かやのちゃんの「12条する」。
かやのちゃん、あなたがしてくれた12条は、これからまたきっと関川村からひろがっていくと思うよ!!

みちよさんがおひるごはんに用意してくれた、お茶まんまのおにぎり、ゼンマイのくるみ白和え、おいしかった!お茶まんま、というのは、かわかしたシソの葉を煎じて、その汁とお醤油をいれてたいた、シソの香りのするごはんのことだよ。
紅茶のひとやすみタイム用に、と、かやのちゃんがつくったクッキー、ぶどうも村の誰かのお庭でとれたもの、いろんな色合いがきれい。151011_

夜は関川村の民宿にとめていただいて、みちよさん以下3世代と、橋本っちゃんと一緒に、まくろびおてぃっくのお料理をたんのうする。
酵素玄米、重ね煮のお味噌汁、もちきびだんごの揚げたの、あけびの味噌いためや、さといもの酒粕入りグラタン、などなど。見知った素材がまったく違うあじわいでした。

夕ご飯のあとは、村の人形劇団の一員でもあるみちよさんが、紙芝居「屁ふりあんにゃ」を。
抱腹絶倒!おかしすぎる!関川村に伝わるおはなしを、軽妙なタッチの絵でこんな紙芝居にして、演じるみちよさん、ほんとに芸達者だなあ。

******

翌日は、みちよさんたちに、明治時代にたてられた庄屋さんのお屋敷の一つ、渡辺家御新宅、東桂苑(とうけいえん)につれていってもらいました。

今は村が管理しているという、みごとな梁のすばらしいおうち、お庭。ここも入場料100円で、自分たちでお茶やお菓子をもちこんで好きにつかわせてもらえる場所。151012_
ここでは、みちよさんオリジナルの紙芝居「二代目ももたろう」を読んでもらう。これまた、絵もいいし、なんともすてきなストーリー。奥が深い!
この村って、芸能が昔からさかんだったのかなあ、みちよさんのお父さんも村でお芝居してたというし、みちよさんも演劇してて、おなじ演劇仲間と結婚したというし。

151012__3

帰る前に、みちよさんのおかあさんのチイさんちにお寄りする。
そのおうちで、みちよさんが、この旅の最後のだしもの、村に古くから伝わる大蛇伝説の語りを迫力満点で語ってくれました。

帰りはまた3時間かけて、橋本っちゃんの車で上越まで。
行きも帰りもいっぱいしゃべったね、原発のこと、平和のこと、政治のこと、しあわせのこと、、、
とってもゆたかな2日間の旅でした。
おつきあいくださったみなさん、ありがとう!

|

福井にて

福井では、築150年の茅葺き屋根のおうちが会場。
暗い土間からひろい畳敷きのお部屋にはいって、チン、と座ると、室内のうっすらした陰影が、とてもこころをおちつかせてくれる場所でした。

こんなかやぶきの、庄屋さんの古いおうちが何軒もここによりそってる、おさごえ民家園。お茶会やおはなし会やコンサートなど、入場料100円で、気楽に市民がつかえるこんな場があるって、いいな。

この日は、きもちは、言葉をさがしている、ってことと、ほめ言葉のシャワーのはなしを、ゆっくり、たっぷり、ワークショップもまじえて。

話をききたい、この場所がきっとすてき、手作りお菓子の準備も、と奔走してくださった堀さん、ありがとうございました。お集りのみなさまも。

|

2015年10月 9日 (金)

福井と関川村へ

Photo 明日10日から、12日の月曜日まで留守します。
福井の日はもどってから金沢に泊まって、翌朝10日、関川村にいきます。
私はスマホをもっていないので、その間はパソコンがみれません。
用事でお急ぎの方、ごめんね。

******

関川村は、クッキングハウスのみなさんが何度もいってる村。
その村に住む、子育て中の若いママが一生懸命で準備して下さってます。

場所:関川村村民会館2階大ホール

日時:10月11日(日)14:00開場、14:30スタート

主催:peaceのpiece(かわなべ)

かわなべさんより

今回は、「子どもたちに贈りたい。ママたちに贈りたい。ほめ言葉のシャワーと、平和。」というテーマでおはなしをお願いしました。

水野さんの著書の中にこんな一文が」あります。
「どんなときも、自分への愛をどうかたやさずにいてくださいね、と願います。一人ひとりの、内なるおだやかな心なしには、おおきな意味での平和だって、ありえないのだから。」(『わたしとあなたの・けんぽうBOOK』より)

まずはママがおだやかな気持ちになって、それからママと子どもたちの間にやさしい言葉が行き交って、お家のなかがもっと平和になって、それが地域や、世界の平和につながっていってほしい。このおはなしの会がそのきっかけになればいいな、と思っています。

また、子どもを持つ親として、「子どもたちの未来がどうか、平和であってほしい」と願うことは自然なことですが、平和を手渡すために、今 具体的になにができるのか?
水野さんのおはなしを通して、それぞれが考えたり、ママたちの間で話あったりする機会になってくれたら嬉しいです。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

今回の対象は主にママですが、もちろんママではない方のご参加も大歓迎です!

https://www.facebook.com/events/468199360057576/

|

あんぽれくちゃーのお知らせ

10月21日、
こんな勉強会をしますよ〜〜というお知らせです。
私は紅茶の日なので行けないけど、行ける人ぜひぜひ!
すっごく勉強になると思う!
行ったらまた、教えてね〜〜。

*******

「安保法案」可決しちゃったけど、
今後、どうなっちゃうの?
どんな影響があるの?

何だかいろいろ難しくて、分からないことも満載で、
今更聞けない「あんぽほう」

イケメン弁護士・徳田 隆裕さんと、
美しすぎる弁護士・柴田 未来さんが
映像を使って分かりやすくレクチャーして下さいます(^^)

パパもママも、どなたでも!
もちろん、子連れ大歓迎!

分からないこと、知りたいこと
おやつやお茶を持ち寄って
ざっくばらんにお話しましょう♪

参加希望の方はコメントorメッセージにてお知らせくださいませ♪
(下のサイトをひらいてみてくださいね)

日時:10月21日(水)13:00~15:00

場所:教育プラザ冨樫 131号室 (金沢市富樫3-10-1)

定員60名
https://www.facebook.com/events/1604385139782064/?ref=22&action_history=null&source=22

|

2015年10月 2日 (金)

いのみら102号

151002_ きのう、いのみら通信102号がすりあがってきました。
前号は3月はじめだったので、いつも以上のひさしぶり通信です。

FBとちがって、情報量はぐっと少ないけど、しかもnewsじゃなくて、古いニュースにどうしてもなっちゃうけど、私にとっては大事な自前メディア。
今回は、もろ、アンポとけんぽう特集みたくなっちゃいましたが、ま、それも、今という時代のリアルです。

10月に出前にうかがう関川村と岡山に、事前に本をおおくりしておくので、できたていのみらも入れときまひょ。

定期購読のかた、来週中にはお手元にとどきますので、待っててね。

*******

明日はむぎわらぼうし例会。10:00〜12:00 近江町交流プラザ4F。

浅田さんのお話と、花色木綿の陣内智子さんのお話。聞きに行きます。本のご注文をくださってる方もいるので、けんぽうぶっくも、いのみら通信ももっていきます。通信は出たばっかりなので、有料です。一部30円。

|

アレンさんと、13条と12条と

Photo 石川県宗教者平和協議会へのおはなし出前。
私の知るアレン・ネルソンさんのこと、彼から学ぶ9条のこと、私がけんぽうと親しくなったわけ。13条のこと、そして12条のこと。

ネルソンさんのことを語りながらあらためて思ったことは、ベトナム戦争の時も、イラク戦争の時も、兵士の置かれる位置は、かわらないんだなあ、ということ。
ひとをひとでなくさせる訓練をうけて(でないと、人は殺せない、とネルソンさんはいう)、そして戦場にいって、生きてもどってきたとしても、それはもう、もとのその人ではない。

ネルソンさんが長い長いこと、苦しみ抜いた戦争後遺症のPTSD。
それと同じことが、イラク戦争でおきたし、その後遺症は、アメリカでずっとつづいている。そしてアメリカは、今も戦争をつづけている。はてしのない連鎖、、、。
そこに今、日本がもろにそこにつっこんでいこうとしていること。

それでも、それでも、「私」はたねをまく。「私」は木を植える。
ネルソンさんの生きてきたことはそういうことかなあ。
私もやっぱり、種まく人で、木を植える人で、ありつづけたいなあ。
語りながら、そのこと、とっても思ってた。

******

会場で、かたりはじめる準備をしてふと顔をあげると、そこにいんのしまいさんが居て、びっくり!!彼女はいつも風のようにやってくるんだ。そして、10月25日には、彼女の住む因島で、私が語る場を用意してくれる。

それから、きりりんさんや、9月初めの、赤ちゃんいっぱいのけんぽうかふぇに聞きに来てくれた若いママたちや、私のお話会の時たびたび、ひかえめにそっと来てくれてるあつこさんも。
ママたちのなかでそれぞれのできる12条をはじめた人がたくさんいる、と聞いて、うれしいかぎり。
そうだよ、種まきはけっして無駄じゃない。種を蒔かな きゃ、根も芽も、でないものね。

きりりんさんには、突然だったけど、「あめふり」の替え歌をうたってもらいました。
これはきりりんさんの、すてきな12条。

♪アベさん 安保法案 廃案に なったら国民うれしいな
ピンチピンチ ジャパンジャパン 法案 いらんいらん
ピンチピンチ ジャパンジャパン アベさん いらんいらん

この日は、東こうじさんも見えてて、今日のこの話、むぎわらぼうしでもう一度、とリクエストをいただく。まあ!それはなんともうれしいご注文です。

*******

終わってから紅茶へ。

いんのしまいさん、さわこさん、木下さん。何年か前の紅茶ショップで初めて出逢った3人が、またこうして、何のうちあわせもなく、紅茶でシンクロする不思議。

そして集まったみんなで、「安保法制に反対するママの会@石川」のニュース録画をみました。8分なれど、さなえちゃんの想いがいっぱいつまってて、見る度、胸が熱くなる。
消してないから、まだ見れてない人、紅茶でいつか見てね。



|

今週の「女性自身」

今週発売の「女性自身」。大沢たかおさんが表紙の、です。
ぜひぜひ1冊おかいもとめくださいませませ。

「シリーズ人間」
和田秀子さんがかいた、とってもいい記事。

3人のおかあさんの活動が紹介されてて、その一人がこはらみゆきちゃん。

SEALDsの行動やひととなりをいつもいつもFBで知らせ続け、そして安倍さんと志位さんの後方支援国会討論かきおこしをFBに投稿して、瞬く間に6000シェア!というおおきなうねりをまきおこしたみゆきちゃん。奥田アキくんとの話もいっぱいでてきますよ。

(アキ君への脅迫、許せないです!おかしいことをおかしいと、ものいうことを封じようとするって。それこそが危険な動き)

みゆきちゃんの、情報をキャッチするアンテナの感度のよさ、そして実行力、普段からの不断の努力のこと、いつもいつも感心しています。

みゆきちゃんやアキくんたちのこと、しってもらうためにも、どうぞ、今週の「女性自身」を買って読んでみて下さいね、おともだちにも見せてあげてね>

*******

みゆきちゃんをむか〜〜しから知ってる私も、ちょこっと出て来るよ。

あらら、記事の中の、私の年齢がちがってました。

私ね、憲法とおないどしなんです。そしていまはそれがとっても意味のあることだなあ、って思ってる。誇りにも思ってる。

戦後70年のことし、憲法の施行された年にうまれた私が、こともあろうにけんぽうの本をかくなんて、少なくとも今年の春まで夢にも思わなかったこと。
でも、安保国会がはじまったと同時に、書かなくちゃ!って決心したのでした。

今はそれが、必然だったんだなあ、って思っているよ。

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »