« シールズの新しい本「民主主義ってこれだ!」 | トップページ | 浦和におとどけ »

2015年10月28日 (水)

明日から埼玉へ。

明日からまたけんぽうのおはなし出前の旅にでかけます。

Photo 10月29日、浦和の保育園で
30日、川越紅茶で  お申し込みは、金子さんへ 049−232−6357
31日、川口で。 この日は満員御礼、札止めとなりました。

家に戻るのは11月1日の夜です。1日のお昼ころ金沢にもどって、そのまま午後からのオレンジゴスペル・ワークショップに参加するので。

お話の出前は、11月6日午後、松本で。
11月7日午後、長野で。
こちらはまだ間があるので、おといあわせは水野までどうぞ。

私はスマホをもたず、留守中はパソコンが読めないので、お返事が即できませんこと、ご了承くださいませ。

********

11月4日(水)は、紅茶恒例、23回目の賢治さんの時間+スペシャル。
「細川律子さんと読む/律子さんが読む、宮沢賢治の世界」
(紅茶は1:00〜open) 2:00〜5:00 参加費300円 @紅茶・水野宅

4:00ころお茶をいっぷくして、4:30からは関川村の紙芝居のはじまりはじまり〜〜!
10月によんでいただいた関川村で、近(コン)さんが、紙芝居を二つ、読んでくれました。
「屁振りあんにゃ」、もうもう抱腹絶倒、お腹が痛くなるくらいおかしい!
もう一つは「二代目ももたろう」、ストーリーもコンさんのオリジナル作品。
みんなが知ってるももたろうとは、似てるようで、すんごくちがうよ。
おかしくっておもしろくって、でも実はとっても大切なことに気づかせてくれる、奥の深い作品です。
どちらも、絵はコンさんが描いたもの。これもとても味があっていいのです。
関川村での、忘れられないすてきなおもてなしでした。

関川村のコンさんも、岩手出身の律子さんも、幼い頃から昔話を聴きながら育って、今、ふるさとの言葉で、お話を語っている。
この2人がじかに逢えたらいいな、そうだ!11月の賢治さん紅茶に来ない?もちろん、紙芝居も持って!とお誘いしたら、遠い道のりを、コンさんが上越の橋本っちゃんと一緒に来て下さることに。

とくべつ紅茶は5時頃おひらきとなりますが、残れる方、コンさん、橋本っちゃんと、夕ご飯をどうぞご一緒に。
7時半頃からは、これまたすごい、村に伝わるお話「大蛇伝説」を、迫力満点のコンさんのすばなしでお聞きします。

|

« シールズの新しい本「民主主義ってこれだ!」 | トップページ | 浦和におとどけ »