« 一緒にfutureを考える | トップページ | 奥田ともし牧師のおはなし »

2015年11月30日 (月)

おしどりマコケンさん、福島取材報告

おしどりマコケンさんの、福島取材報告。
ノンストップ約2時間半、それでもまだ足りない感じの、ジャーナリスト魂を感じるお話でした。

*********

3.11のあと、情報をもってる人たちだけがどんどん東京から逃げ出して行ってた、という話に、満州で、関東軍だけが人々を置き去りにしていち早く逃げ出した話を思いだしたよ。
軍は、国民を守らない。このこと、きもに銘じとかねば。

ネットで東電記者会見の生中継みてても、ほんとに知りたいことがでてこない。
早くから手をあげてても指名してもらえない人たちがいる。ネットで生中継みつづけ、質問と答えとヤジの書きおこししているうちに、記者会見の勢力図もみえてきた。
突っ込んだ質問する人ほど、あててもらえない。

一次情報がほしいのに、本当に訊きたいことを誰も訊かないなら、と自分たちで、記者会見場にはいっていって、2011年4月から取材をはじめたマコケンさん。

福島原発の生のライブカメラをずっと見ていて、毎晩、白い煙が出るのは何でしょう、と質問すると、水蒸気の放出だとわかった。
夜はよりはっきり見えるので煙も見えやすいけど、実は一日中、各建てやから放出していたことが、マコさんの質問によってわかった。しかもその水蒸気には、「はい、放射能も、含まれてございます」と、東電の答。
その量はどれほど、と質問ずっとしていて、答えがでたのがその年の7月で、毎時10億ベクレル、空中にだしていたという!

おしどりさんの存在と行動は、東電にとっても、保安院、規制庁にとっても、国にとっても、想定外。
みんなが想定外の人になる、想定外のことをする。
それこそ、もっとも国がいやがること。
みんなで、ふつーのひとを返上して、想定外人間になろう、と強く思ったこの日のお話でした。

☆おしどりマコ・ケンの福島取材のまとめを、 林衛さんがツイッターでくわしく報告して下さってました。林さん、ありがとうございます。
http://togetter.com/li/906393

|

« 一緒にfutureを考える | トップページ | 奥田ともし牧師のおはなし »