« 松本のおはなし会 | トップページ | 11月のとくべつ紅茶のおしらせ »

2015年11月 8日 (日)

長野におとどけ

7日は、朝、中川村をでて(前夜の山田さんと中川村村長さんの講演会のあとは、そのまま会場となったお宿に4人でとまり、温泉にはいって、ゆかりちゃんとはそこで別れて)、織座さんと、現在、織座農園で一緒に農業してる若いみわちゃんと、3人で一路、長野へ。
高速道路使っても2時間半くらいかかるので、やっぱり結構遠いね。長野を、南北行ったり来たり。

途中の信州の紅葉が、超美しい!!桜も、瑞々しい葉っぱがついたまま、真っ赤に染まり、北陸の紅葉とはひと味違う、実にいい彩り。
前の日、松本から中川村に向かったときも、アルプスの山々を眺め、里山や雑木林、いろとりどりのあたたかな紅葉をうんとたんのう、こころにごちそう。

*********

151107_ 7日の会場は、信州大学工学部の前にある、お茶ぐらゆいまある。
もう38年、よしもとさんご夫婦がここでお店をひらいてらして、数えきれないほどのライブや、出逢い、やものがたりがたっぷりつまってそうな、すてきなお店!
お店の前には、こんなわんちゃんが出迎えてくれて、お店のなかにはシーサーがいて、ちいおばさんのカレンダーもかかっていて。151107__2

この日のけんぽうかふぇを企画してくれた「ほうきの会」の野池さんは、律子さんともつながるおはなし会仲間。つい10月末にも、律子さんが、野池さんの主宰するおはなしの語りにでかけたばかり。
野池さんは、ことし6月の紅茶けんぽうかふぇに参加され、みんながもっとけんぽうを知らなくちゃ!って思ってくださって、この日のすてきな場を用意してくださったのでした。

ランチをたべながら、うちあわせ。長野へは連続2回おはなしに行くので、一回目のこの日は、こういうメニューで語ることに。
まず、けんぽうのきほんのき+日本国憲法のおいたち(ベアテさんのことも)+紅茶の時間のこと、ほめ言葉のシャワーのこと+私が憲法と親しくなったきっかけの13条+それが改正草案ではどう変えられようとしているかを語って、来月の予告につなげる。

*******

ゆいまあるさんのお店の座席がほぼうまり、奥の席に声がとどかないといけないので、私の前には、まるでライブするみたいにリッバなマイクがあって、ちょっとどきどき。
ほうきの会のお仲間たち、おはなし会のお仲間もおみえだったでしょうか、ご夫婦や、男性のご参加もあり。
3時間枠なので、途中ゆっくり休憩もいれつつ、13条のもとうたも聴いていただき、みなさんが、今日おうちに持ちかえりたいと思う言葉やきもちを、単語な感想として折り紙にかいてもらって、それをひとことづつ発表して、シェアリングとしました。

今日は13条を中心に話したので、単語な感想も、
「わたしはしあわせになっていい」「あなたはほかの誰ともとりかえがきかない」「憲法って、私の味方だったんだ」「ベアテさん」「自分のしあわせは自分にしかみつけられない」「いったりきたりが平和」
「家内とも会話が必要、もっとコミュニケーション」「13条こそが憲法の核心、と確信」といった感じ。

151107__3 野池さんは沖縄生まれ。辺野古のことが気になって、今は、おうちのある那覇と長野をいったりきたりの生活をしながら、辺野古ですわりこんだり、いろんなところへ「沖縄を感じる会」の出前にでかけています。
そんな暮らしをするようになることを夫さんに相談した時に、「わがままではない」と認めてくれた夫さんの言葉が、この日のけんぽうかふぇの話と見事に重なった、と語って下さいました。

一人ひとりが違っていて、その一人ひとりのしあわせは、そのひとにしかきめられない。他人のしわあせになる権利を邪魔しない限り、わたしはわたしらしく生きていっていい、幸せをおいもとめていい、それは決してわがままなんかじゃない、
と、憲法はいってくれているのです。そのことを象徴するような、野池さんの言葉だなあ、と感じました。

*******

来月のゆいまあるでの2回目おはなし会は、12月5日、土曜日、時間は今回より一時間はやめて、1:00〜4:00と変更になりました。

次回は自民党がだしている憲法改正草案の中味と、12条についてくわしく。
わたしにできる、あなたにできる、わたし/あなたにしかできない「12条する」、ってなんだろう。それをかんがえあえる時間になっていけばいいなとおもっています。
来月は、13条の替え歌バージョンで歌いますね。
お申し込み、私経由でもかまいません。長野にお近い方、どうぞおでかけくださいな。


|

« 松本のおはなし会 | トップページ | 11月のとくべつ紅茶のおしらせ »