« みややっこさんの憲法高座 | トップページ | 記者会見リポートその④ママの会石川より »

2015年12月27日 (日)

会見リポートその③、ママの会石川より。

★12月23日「柴田未来さんの参院選立候補記者会見」レポ★その③★
◆登壇者の応援コメント◆

次の世代に何を残せるかみんなで考えようと立ち上がった若者グループ「TNG」の代表の青年や
金沢大学準教授・山崎先生からは

「柴田さんはとても活動的で弁護士の立場から正義というものを強く貫いていらっしゃる方。応援します」

「政党に囚われず、できるだけ保守層にも裾野を広げる柔軟な新しい役割を担える候補者が柴田さんは最適な方です。」

と応援コメントが寄せられました。

東京から応援に駆け付けた水上弁護士からは

「地方公聴会で、安保法については少なくとも国民にきちんと説明している内容とは違うのではないか?

本当に日本の為になっている法律ではないのではないか?

政府が説明しているものと違う法律だと話したところ、
あの場に居た与党の方々もかなり頷いていました。

自民党や公明党の議員の方とお話をすると「言っていることは分かる、確かにあれはおかしいよね。」と仰る方もたくさんいます。

少なくとも、民主主義プロセスにおいて、あの「かまくら採決」ができるというのはおかしい。

あの状態で法律がつくれるならば国会はいらない。絶対やってはいけないことがやられてしまった。

それに対して多くの人が何と言うかというと「よくないね」って言います。
しかし「仕方ないね」とも言うんです。

「仕方ないね」って言っている人は、はっきり言って同罪です。

柴田さんは、絶対に「仕方ないね」って言わない人です。
おかしいことはおかしいって絶対に言います。

もし、柴田さんが「仕方ないね」って言ったら、僕が殴ります!(会場、爆笑)
柴田さんは「正しいことは、正しい」っていう人です。

今、国会で必要なのは、「正しいことは、正しい」と言ってくれる人。

ですから是非、柴田さんには国会で活躍して欲しいです。」

会場の笑いを誘いながら、力強いコメントを寄せて下さいました^^

→→→その④へつづく。

|

« みややっこさんの憲法高座 | トップページ | 記者会見リポートその④ママの会石川より »