« 19日の朝日新聞のBe | トップページ | 今日23日の紅茶のこと »

2015年12月22日 (火)

八事朗読バンド、はじめて聴けたよ。

19日、名古屋駅でエコブランチの紀子さんとおちあって、ほんのすきま時間でランチをごちそうになりました。おとうふとおうどんのお店。                            そのお店のある通り、きんいろのイチョウの葉がなんともまぶしくてきれいでした。いっときの強い風に吹かれて、きらきらきらきらまいあがり、渦をまいてダンスをし。                                                  
 ランチご一緒した奈良ゆうじさんは、午後から、ご自分のコンサート(ガイアシンフォ二ー6番で、演奏されてる方だそうです)。私は、そのあと、バンドエイドの出演する朗読会とコンサートに。

*********

151219_ エコブランチさんたちとランチをして、文化のみちの百花百草、というところまで送っていただく。
その名のとおり、草花のそれはうつくしいお庭、そしてきもちいい空間でした。

前からずっと親しいバンドエイドこと、名古屋の坂東さんたちの朗読グループ「八事朗読バンド」の出演するコンサートがちょうどこの日、ここであったのです。
しかもそのコンサートの時間がどんぴしゃり、豊橋に行くまでのすきま時間に参加できるというのだもの、これは聴きにいかないわけがない!

主催の「グリーンコンシューマー名古屋」さんは、環境のことを考えて買いものや生活をする人という意味だそうです。
出たい人が出るコンサート、っぽいとこもあり、プロの語り手さんや歌い手さんの登場もあり。とにかくみんな楽しみながら表現してる、だからきらきらしてる、すてきな時間でした。

やごと朗読バンドさんたちの出し物は、バンドエイドのブログから引用するとーー
  ↓

アイウエオの歌、台湾バージョンと八紘一宇・アジア解放バージョン。アニメーションから音楽を録って伴奏にして、会場の皆さんにも声を出してもらいました。
「桃太郎 海の神兵」から芥川龍之介の「桃太郎」につなぎました。桃太郎が鬼が島の征伐を思いたったのは、お爺さんやお婆さんのように、山だの川だの畑だのへ仕事に出るのがいやだったせいで、老夫婦もこの腕白者に愛想をつかしていたので・・・というお話です。
 次は藤村歌留多。これくらいのお客様の数なら、ちょうど良さそうな距離で見ていただけたかも。いつかは本当に歌留多とりをやってみたいんだけどね。
そして浜口国雄の「便所掃除」。長年温めてきた作品をついに初演。手作りで小道具も揃え、Fさんの独演でした。今なら「トイレの神様」の男版かな? 
そして「ぎなた読み」。お客さんがしっかり笑って反応してくれてホッとしました。一度ぜひ今も流されている和歌山放送のCMを聴いてみたいものです。今年度の日本民間放送連盟賞の最優秀賞をとったラジオCMです。
そして、毎度の「あなたの声」で締めくくりました。

私からの感想もしっかり書いててくれました。
 ↓

 で、なんて言ったって、もっとも古くて最も遠くから来てくれた金沢の水野スウさんも一番前で聞いてくれていて、「哲学のある作品メニューで、とっても面白かったよ!今まで八事朗読バンドのイメージが分からなかったけど、ただ上手に読もうとしている朗読ではない、ということが分かったよ」とのコメント。最高に嬉しかったわ。スウさんは気持ちを真っすぐに受け止めてくれる天才です。

ですって!でも、ほんとにそう思ったのです。
作品の選び方に芯がある。日本が台湾やアジアを占領した時、日本語を国語としてその人たちに習わせた、その時の「アイウエオの歌」なのです。
サトウハチロー作詞の「桃太郎 海の神兵」、つづいて芥川の「桃太郎」もすごかった。
教訓めいたこと何もいわずとも、これらの作品が歴史を物語ってる。
藤村のカルタの絵は、岡本太郎さんのお父さんの、漫画家岡本一平さんの作、でした。
「便所掃除」には、おもわずう〜〜んとうなっちゃった、作品もだけど、その表現の仕方も。
ぎなた読み、というのは、なぎなた、を、な、ぎなた、と読む読み方のこと。
「ゆで卵。ゆでた、孫。」「おかんむり。おかん、無理。」「浅い、眠り。朝、居眠り。」 と、文章の区切りやアクセントを変えるとまったく違う意味になっちゃう。
めっちゃおもしろいのが、書き留める間もないほど、次から次へ。すんごく楽しめた。
はじめてバンドエイドのお仲間たちの朗読きいて、いまどき朗読グループは数々あれど、こんな哲学もって、こんな視点でしてる、って、なんとマレ!とおおいに感心した次第です。

八事バンドさんの車で名古屋駅まで送ってもらって、私は豊橋へ。
19日、20日と、3つのけんぽうかふぇ。そのご報告はまた追って。

|

« 19日の朝日新聞のBe | トップページ | 今日23日の紅茶のこと »