« 長野へおとどけの2回目 | トップページ | 明日の紅茶は早じまい »

2015年12月 8日 (火)

初のけんぽうかふぇ

151122_ 昨日7日は、東京に住む娘が、都内の雑貨やさんのお店を会場に、初のけんぽうかふぇ。

こじんまりとした集まりで、参加して下さった方とのやりとりもまじえながら、伝えたいと思ってたことがかなり伝えられたもよう。
お店も、もともとすてきな雰囲気のある大好きなお店で、聴きにきてくださった方たちもみなさん、いい雰囲気をつくってくださってたらしく、はじめてだけどとても話しやすかったそうです。

娘が語るのは、憲法を解説することではなくて、自分が憲法とたしかに出逢った瞬間のきもちや、その後、自分なりに憲法をどう理解していったか、その過程の話。
この夏、けんぽうぶっくを親子でつくったことにも、彼女なりの必然があったので、そのことも。

憲法のはなしは、暮らしのはなし。
そんな視点から、市民が、自分の言葉で憲法をかたっていく。
このことが今、とっても大事、って思ってる。

娘のちいさなけんぽうかふぇも、そんなpeaceのちいさな一粒。
無数に集まれ、peaceのささやかなpieceたちよ!

|

« 長野へおとどけの2回目 | トップページ | 明日の紅茶は早じまい »