« 記者会見での応援コメント | トップページ | 田原のゆずりは学園へ »

2015年12月24日 (木)

東三河の豊川へ

Photo 先週土日、東三河へけんぽうかふぇ出前にいってきました。

父は刈谷生まれなので、この地方からお声がかかるって、それだけでもうれしいのに、いってみたら、ほんとにすてきな人たちに逢いまくりで、こころがたっぷり充電されてかえってた、そういう旅でした。
早く報告載せたかったけど、でっかい大切なこと、友人の弁護士さん、柴田未来さんの記者会見があったので、それを終えてから、と思ってて今になりました。

*******

豊橋の、のりpeaceさん、こと渡辺則子さんが中心になってお仲間たちに声をかけてくださったのでしたが、東三河の3場所とも、どれもこれもすてきな場所、ひとたち、そしてそのつながりの豊かさ、みなさんひとりひとりのありように、私はずっと感動していました。

ずっと前から、実は間接的につながってたのりpeaceさん、今回じかにはじめてあって、大好きなひとになったよ。
25年も前の「まわれ、かざぐるま」も読んでくださってた。

私のことを最初に東三河につなげてくれてたのは、30年近く前、紅茶によくきてくれてたかんべちゃんだったのでした。
その後、彼女が岐阜に越して、おはなしつながりで渡辺さんたちと出逢い、のりpeaceさんも文庫をされてることから、紅茶仲間の細川律子さん、川口のちいさいおうち紅茶の落合美知子さん、2人ともすでに東三河におよびして、おはなしを語ってもらっていたのです。
時をこえて、こうして本当に互いに逢える、って、すごいこっちゃ〜〜。

19日の夜は、豊川の恵の実(えのみ)保育園でおはなし。
さくら・さくらんぼ保育園の流れをくむ、幼子たちの育ちをよく学び、よく考えて、ていねいに設計されたきもちのいい園舎。
おなじみのさくらんぼの椅子がたくさんありました(実は紅茶にも一つ、あり。さくらんぼ保育園の椅子をつくってらした方の娘さんがかつての紅茶にいて、ひとつ、わけてくださったのです)。
さくさ、さくらんぼの保育のことは、紅茶の時間をはじめる前に知っていて、つてを頼り、ひと月に一回、さくらんぼ保育園の16ミリフイルムを福井大学の先生からおかりして、シリーズで紅茶映画会もしてました。

恵の実保育園のすてきな園長さん、保育士さんたち。
クリスマスのかざりつけをしたホールに、椅子を丸くならべて、さくらんぼの椅子をテーブル代わりにして(そのようにつくられているのです)、一枚一枚、ちがう布をテーブルクロスにして、
手づくりのケーキと、コスタリカ?だったかな、の紅茶がみんなにあたる。けんぽうのおはなしをしにいって、こんなおもてなししてくださること自体、この園の姿勢をあらわしてるようでよけいにうれしくなる。

保育士さん以外の方もききにきてくださってた。
そのお一人は、昔むかし、川口の落合さんちの紅茶でお会いしたことのある方。えのみで今、保育士さんをしてる人のお母さんで、ちょうど豊川にいらしてた時だったので、この夜、参加してくださったというすごいシンクロ。
私の話のあとでは、園から、沖縄にいった人たちのお話を聴くこともできました。こういうことが語り合える園、大事だね。

|

« 記者会見での応援コメント | トップページ | 田原のゆずりは学園へ »