« 19日、20日、愛知にお届け | トップページ | ママレボの和田さん »

2015年12月17日 (木)

紅茶の年末年始のおしらせ

151125_ 紅茶からのおしらせです。
12月23日水曜日の紅茶は、いつもどおり1:00〜openしているのですが、
2:00〜4:00ころまで、私は留守します。
とても大切な場にださせてもらうことになり、その間は、まあさんが紅茶に居て留守番しててくれます。

この日にかぎらず、この10年余りの紅茶は、私がしている、というより、2人で紅茶している感が、とても強いです。
出前紅茶で私が県外に出ているときの対応とか、ぶっく発送作業とか、駅までの送迎とか、現実に、一人ではとてもまわらない日常を、2人コンビだからこそ協力しあってやっていられる、と思っています。
その意味でも、まあさんは、とても頼れるこころ丈夫な私の相棒です。

***

12月26日(土)は、出前紅茶のけんぽうかふぇ@金沢西町の茶論(さろん)花色木綿さん。
10:00〜12:00ごろ お茶がついて、500円

はないろもめんさんは、尾崎神社斜め向かいにある古民家再生の、とてもおちつく居心地のよいカフェ。
土、日、月の午後だけひらくカフェですが、この日も、お店のはじまる前の時間に、こんな企画をかんがえてくださいました。
お問い合わせとお申し込みは、陣内(じんのうち)さんまで 090−9447−0173
お車は尾崎神社境内に、お代前払いにて駐車できます。

***年末年始の紅茶の予定をおおまかにお知らせしておきます。

今年のしまい紅茶は、12月30日、いつもどおり1:00〜6:00 open @水野宅
来年の初紅茶は、1月6日、いつもどおり。
1月13日は、『未来(みらい)に逢いにきませんか」のとくべつ紅茶。柴田未来さんと出逢い、語り合う時間。1:00〜3:00 その後、ふつう紅茶を6:00まで。
1月20日は、「何を怖れる』上映会1:30〜 映画のあと、松井久子監督をまじえて、きもちキャッチボールタイムで5:00まで。参加費500円。
日本のフェミニズムのさきがけとなった人たち。こういう人たちが声をあげ、行動しつづけてきてくれたこと。あらためて知りました。
田中美津さん、上野千鶴子さん、樋口恵子さん、池田恵理子さん(NHKディレクター時代に、お会いしてる方でした)さらにもっと多くの女性たちが、道をきりひらいてきたんだなあ、と。
そして1月27日が、お待たせ、新年紅茶恒例、お薄の時間です。お抹茶をおかわり何杯でも。

|

« 19日、20日、愛知にお届け | トップページ | ママレボの和田さん »